Hatena::ブログ(Diary)

Welcome to Takajun’s Room

2008-10-28

雪降る余呉(滋賀県)。墨絵のような世界をお楽しみください。(ビデオで視聴できます。)

| 07:29 |

雪降る余呉(滋賀県)。ヒーリングビデオ(Healing Video)風にまとめました。墨絵のような世界を、ぜひご覧下さい。ナレーションは入っていません。

f:id:takajun7777:20081027095219j:image

http://www.takajun.net/video/gallery/yogo_comment.htm から、このビデオを視聴できます。 

当日、雪を期待していたものの、僅か10分程度降っただけで、後は小雨状態。

で、雪の降っているシーンから雪だけを取り出して一部合成をしています。 (^^ゞ

しかし、この雪まじりの小雨が降る中、業務用大型カメラのDSR-130 と Vinten の三脚を抱えて、レンズの水滴を拭き拭き、よくまあ撮影したものです。自分ながら関心してしまいますが、やっぱり、好きなんだろうなあ・・・。

曲はゆったり目の曲を選択し、癒し系のイメージビデオ的に考えて作成しています。ちょっと長いかなあと思いつつも、切ると短すぎるし、こんな感じでいかがでしょうか?

f:id:takajun7777:20081027095235j:image




なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-27

谷崎潤一郎 「細雪」の舞台を歩いて (ビデオで視聴できます。)

| 07:29 |

大阪を中心に京阪神を走る「阪急電鉄」が、毎月発行しているTOKKという乗客向けの無料小冊子(新聞と言うべきでしょうか)の中で、谷崎潤一郎にまつわる沿線紹介があり、これを見て阪急 芦屋川駅 周辺にて撮影、編集したものです。

f:id:takajun7777:20081027130300j:image 阪急芦屋川駅

http://www.takajun.net/video/gallery/sasameyuki_comment.htm にてビデオを視聴できます。

f:id:takajun7777:20081027130259j:image 松子夫人の書による石碑

今回ビデオにて撮影した場所は、阪急芦屋川周辺に集まっていることから、季節の良い時期にピクニックがてら散策するには、丁度良い距離ではないかと思います。

撮影時期は、春の声が聞こえてきたばかりの 3月14日で、桜のつぼみもまだまだ固かったのですが、芦屋川に沿って植えられている桜が咲く季節に、散策されることをお勧めします。

f:id:takajun7777:20081009133215j:image 重信医院前

細雪」に登場するモデルの一つである重信医院が現存しているとは思いもよりませんでした。



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-26

西宮酒ぐらルネサンス(日本三大ゑびす神社)(ビデオで視聴できます。)

| 08:57 |

この作品は、灘の酒と呼ばれる酒造メーカの集まる兵庫県西宮市にある「西宮(えびす)神社で行われたイベントを撮影したものです。

ビデオは http://www.takajun.net/video/gallery/sakagura_comment.htm からご覧いただけます。

f:id:takajun7777:20081024213252j:image 西宮(えびす)神社

西宮(えびす)神社は京都ゑびす神社・大阪今宮神社と並んで日本三大えびすと称され、「えべっさん」の名で親しまれていますが、西宮神社蛭子命(エビスノミコト)系えびすの総本社になり、七福神のえびす様の姿をされています。

当日はNHKのクルーがきており、一般人が入れない場所から神事を撮影することができました。DSR-130を担いでNHKのカメラマンの後ろについて行ったら何のお咎めも無く・・・・(^^ゞ

f:id:takajun7777:20081024213251j:image 神事撮影

同イベントでは人間国宝 吉田文雀氏による文楽の披露もあったのですが、全体の構成からすると編集時にカットし、別のタイトルで1作品にまとめた方がすっきりとしたように思います。

f:id:takajun7777:20081024213253j:image 人間国宝 吉田文雀氏






なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-25

三朝温泉 花湯まつり (ビデオで視聴できます。)

| 08:05 |

三朝温泉/花湯まつりの様子をまとめたものです。目玉は、つたかずら で作った 2t の大綱引きでしょうか。

f:id:takajun7777:20081009135215j:image

この様子は http://www.takajun.net/video/gallery/hanayu_comment.htm からビデオで視聴することができます。

2t もある「かずら」を編み込んだ綱での綱引きは結構面白かったですよ。でも、この様子を展示する大綱引き史料館まであるのは、やっぱり観光客対策?

f:id:takajun7777:20081009135216j:image



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-24

立山 黒部 アルペンルート(ビデオで視聴できます。)

| 08:50 |

夏休みの家族旅行で 立山 黒部 アルペンルート を文字どおり走りぬけてきました。

f:id:takajun7777:20081009110218j:image

http://www.takajun.net/video/gallery/kurobe_comment.htm からビデオで視聴できます。

バックの曲が単調になっていますが、オリジナル作品に使用していた曲は、ネットで公開する際に著作権の問題が発生しますので、曲だけ入れ替えました。ナレーション部分でわずかに かぶって聞こえるのがオリジナル作品で使用した曲ですが、わかりますでしょうか?

f:id:takajun7777:20081009110219j:image


使用したカメラは 3CCD SONY DCR−TRV900 です。

f:id:takajun7777:20081024185038j:image




なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-23

神戸ルミナリエ 光のマジック(ビデオで視聴できます。)

| 07:27 |

神戸ルミナリエを撮影/編集した作品です。

f:id:takajun7777:20081009105528j:image

http://www.takajun.net/video/gallery/lighting_magic_comment.htm からビデオで視聴できます。

曲の選定については、賛否両論がありました。

画像の美しさを殺しているからもう少しスローテンポな綺麗なイメージの曲の方が良いのではないかという意見もあり、曲だけ入れ替えたりしたのですが、私個人としては、このカット割ではこちらの方がよいのではないかと思っています。

とにかくすごい人ですので、一般の方は立ち止まったりするだけでも、たちまちガードマンから勧告を受け、三脚なんかはもってのほかの状態でしたが、DSR-130とVintenの三脚を立てると、しばらく撮影していても、三脚の後ろに立って人ごみを整理しながら「まだ、撮影はかかりますか?なるべく早くお願いします。」というありがたいお言葉・・・・。こういうときは業務用機材の威力を感じます。(^_^)

f:id:takajun7777:20081006184622j:image DSR-130とVinten5

カメラと三脚を合わせた重量は17Kgもありますが、車では近づけないので、両方を抱えて自宅から電車を乗り継いで撮影に行くという、結構な強行軍でしたがそれなりの画像はとれたかなと思っています。

光が交錯してとてもきれいですよ。The Lighting Magic! (約3分)



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-22

グランドキャニオンはとっても広大!(ビデオで視聴できます。)

| 07:51 |

夏休みの家族旅行でグランド キャニオンを訪問した際に撮影したビデオを編集したものです。

f:id:takajun7777:20081014143153j:image 飛行機からの眺望

この様子は http://www.takajun.net/video/gallery/grandcanyon_comment.htm からビデオで視聴することができます。

この作品で少し工夫したのは、タイトルです。PhotoShopをはじめグラフィックソフトには、画像を水彩画のように見せるツールがありますが、あまり活用する機会がありません。

f:id:takajun7777:20081014143154j:image タイトルバック水彩画加工

ここでは、水彩画加工した画面と動画をオーバーラップさせ、水彩画が動き出すようにしました。2002/05に放映された NHK朝の連続ドラマ「さくら」のタイトルも水彩画、CG(2次元移動)から動画に移るパターンが使われています。さすがプロだけあってレイヤーをかぶせて、水彩画自体も動かすところは違うなあと感心しました。

AVID Liquid Silverを使うと、こうした2次元レイヤー作業が簡単にできますので、まね と言われないような手法で、別の機会に使って見たいと思っています。



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-21

「ゴミって何だろう?」 環境キャンペーンビデオ(ビデオで視聴できます。)

| 08:40 |

小学生6年の息子が作った 2分間のビデオ(フラッシュ)です。何か作っているらいしいとは気がついていたのですが、ここまでの出来上がりになるとは・・・

「ゴミって何だろう?」と一度環境について考えてみませんか?

f:id:takajun7777:20081009135723j:image

http://www.takajun.net/video/gallery/what’s_a_dust_comment.htm から視聴できます。

親バカモードですが、中味は辛口。それなりに主張が伝わってきますので、一度ご覧ください。



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-20

ラスベガス見て歩き(ビデオで視聴できます。)

| 09:47 |

夏休みの家族旅行で行ったラスベガス市内風景の一部をビデオにまとめてみました。

f:id:takajun7777:20081021113511j:image

この様子は http://www.takajun.net/video/gallery/lasvegaswalk_comment.htm からビデオで視聴できます。

アップで撮影して、ロングで引くことにより、「何だろう?」=> 「なあんだ」 と思っていただけるシーンがありますが、それに気付いていただければ作者の意図通りかな?(^^)

f:id:takajun7777:20081021113528j:image

杖に注目! 子供に人形と同じポーズをとらせて撮影し、動画から人形の杖を切り出して、動画上でレイヤーを重ねて再合成しています。

しかし、Las Vegas って砂漠の真中にあるので、とにかく暑い、と言うより外気温 42度 は熱い!

持参した パスポートサイズ ビデオカメラ Sony DCR-PC7 は、このあと 調子が悪くなり、勝手にズームが行ったり来たりするようになりました。まあ、5分も電源を入れていると、ビデオカメラが熱くて持てなくなるのですから、カメラも災難だったでしょう。

f:id:takajun7777:20081023103028g:image DCR-PC7




なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-19

ラスベガス ナイトショー(ビデオで視聴できます。)

| 08:40 |

夏休みに家族旅行でラスベガスへ行った際の旅行ビデオです。

f:id:takajun7777:20081019085347j:image

この様子は http://www.takajun.net/video/gallery/lasvegasnight_comment.htm から、ビデオで視聴いただけます。

f:id:takajun7777:20081019085348j:image

編集では特段のテクニックは使っていません。強いて言うならば、上の写真のシーンからの場面転換で、女性の前回転に合わせて場面が切り替わるようにした事くらいでしょうか。この切り替えシーンには、αチャネル合成による切り替えを使っています。

後半の部分で、アーケードの天井を やや長時間にわたって撮影しています。ビデオクラブのメンバーの方から「あの人ごみの中でよく三脚が立てられましたね」と言われたのですが、手持ち撮影です。

人間三脚と化して撮影したのはいいのですが、上方に向けたカメラを動かさないように息を止め続ける事は行 の世界?。腕も痺れてきて、帰りのバスの中では何も撮る気になりませんでした。(^^)



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-18

魔法のほうきで空を飛んでみませんか?(ビデオで視聴できます。)

| 07:24 |

この秋空のもと、魔法のほうきで空を飛んでみたいと思いませんか?

当時小学校 3年生の長男を主人公に、家族全員で何か夢のあるものを作りたいとチャレンジした3分弱の作品です。

飛行シーンは単純な合成と思われるかも知れませんが、実写です。(^^)

f:id:takajun7777:20081014201535j:image

http://www.takajun.net/video/gallery/_video01.htm から、ビデオを視聴できます。

子供が飛んでいるシーンは、半歩進んでは飛び上がる ということを繰り返し、空中にいるシーンだけを繋いだものですが、一回飛んで使える部分は、運がよければ3フレーム、運が悪ければ2フレームという気の遠くなる編集の繰り返しです。

飛び上がった時に、足をほうきに平行にする様に注文を付けたので、撮影が終わった時には足がほうきに当たって、ほうきはボロボロになって使い物にならず、子供ももう飛ぶのはいやだとワメイておりました。

f:id:takajun7777:20081014201536j:image

あと、苦労したのは、画面との効果音合わせです。フレーム単位で音を合わせるのは、音声波形が見えるNonlinerとはいえ大変な作業で、アニメ等の音合わせはもっと大変だろうなと変に感心した記憶があります。

この作品では、生まれて初めて絵コンテを作り、子供と女房に、こういうシーンを撮るということを周知徹底させましたが、なんだか監督気分に浸れて非常に楽しい作品作りができたと思います。

また、「魔法のほうきで飛びたいね」は、2005年11月 第20回国民文化祭・ふくい2005 映像文化フェスティバルにて大林宣彦監督の審査による佳作に選ばれたほか、大阪SUN TV で 2回放映、2005年7月18日発売 ヤフーBBマガジン9月号にも掲載されました。



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-17

バリ レンボンガン島クルーズ(ビデオで視聴できます。)

| 08:45 |

夏休みの家族旅行でBali島へ行った際、Bali本島からレンボンガン島の北にある小島を周回するCruiseに参加した様子をビデオで撮影し編集しました。

f:id:takajun7777:20081009103833j:image

このビデオは http://www.takajun.net/video/gallery/bali_cruise_comment.htm から視聴することができます。

この小島のBeachで約半日、のどかな潮風を受けながら日頃の日本の喧騒を忘れての〜んびり できた事は、本当に素晴らしい経験でした。

f:id:takajun7777:20081015175043j:image

クルーザーでの往路は気持ち良かったのですが、復路は少し海が荒れて、乗客の大半が船酔い状態。こんな中で、長男は平気の平左で、軽食に出されたドーナッツを私たちの分までパクパクと食べていたのが印象に残っています。



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-16

バリ島バロンダンス(ビデオで視聴できます。)

| 09:53 |

家族旅行でBali島へ行った際、Barong Dance バロンダンスの観劇 約1時間の中からハイライトを10分にまとめたものです。

f:id:takajun7777:20081015092321j:image バロン

このビデオは http://www.takajun.net/video/gallery/barong_comment.htm からご覧ください。

Bali の人々の善悪観念として、常に善のみ、もしくは悪のみというものはなく、コインの表と裏と一緒で、善悪は表裏一体となったものだ ということをこのバロンダンスで表現しています。

善の象徴バロン と 悪の象徴魔女ランダ は永遠に戦い続けると。

当地独特の、女性の踊り手の手使いや視線の動きは、形こそ違え、日舞のように型が決まっており、小さい頃からの練習があるように思います。

f:id:takajun7777:20081009103229j:image

Video はナレーションで説明するのではなく、絵で説明するものだ と言う事は分かっているものの、ナレーションがなければ、何を表現してしているのか皆目分からないので、お許しいただきたいと思います。

これをテロップで流すと、テロップを追うのに視線が集中し、映像に目が行かなくなるので難しい素材だったと反省。(^_^;)



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-15

バリ島のまつり(ビデオで視聴できます。)

| 08:08 |

家族旅行で Bali 島へ行った際、祀り(まつり)に出会ったことから、ガイドに祀りを撮りたいと言ってタクシーを停めさせ、撮影した部分だけをまとめたものです。

f:id:takajun7777:20081014133351j:image 祀りの行列

祀りの様子は http://www.takajun.net/video/gallery/bali_comment.htm からビデオ視聴ができます。

バリ もリピーターが多いだけあって、不思議な魅力をもったところです。ネパール もハマる人が多いのですが、私はリゾートとして行くならバリ の方が良いと思います。バリ に行った翌年も再訪したいと思っていたのですが、インドネシアからの独立を求める東ティモール問題で治安が悪くなったため、(バリ は、この件に関しては治安上問題ないらしいのですが)家族連れということもあり断念したままになっています。

ネパール とバリ を比較すること自体が土台無茶なのですが、バリ の方が、南の島だけあって なんとなく陽気さが漂い、食事も海産物が多く日本人の口にも合うように思います。(女性にとっての重大関心事の一つにトイレ問題がありますが、バリ の方がトイレが多い分だけ条件がいいようですね。綺麗さは別にして・・・。もちろんホテル内のトイレは両方とも綺麗です。)

さて、本題の祀りですが、バリ も熱心なヒンズー教徒が多く、ホテルの要所要所にも祠(ほこら)があり、従業員がお祈りをささげていますし、それを受けてBaliの観光本にもあるように、年柄年中、島のどこかで祀りがあるようです。宗教色が強いために、日本のお祭りとは、ちょっと色合いが違うように感じましたので、敢えて作品名には「祀り」という普段使わない文字を当てています。

f:id:takajun7777:20081014133353j:image 寺院の入り口

ただ、寺院の周りには、日本の露天商的なお店(というか、自転車による移動販売店?)が並んでいますから、現地の人にはやっぱり「お祭り」なんでしょうか。

f:id:takajun7777:20081014133352j:image 露天商風景



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。

2008-10-14

(福岡県)柳川 早春譜 「さげもん」めぐりと稚児行列 2 (ビデオで視聴できます。)

| 08:54 |

前回の http://d.hatena.ne.jp/takajun7777/20081013 バージョンから結婚式部分を省略し、木下家のさげもん&雛飾りと水上パレードに絞込んだショートバージョンを作成しました。

f:id:takajun7777:20081013144925j:image さげもん

http://www.takajun.net/video/gallery/yanagawa2_comment.htm からビデオが視聴できます。(約5分)


f:id:takajun7777:20081014134556j:image 水上パレード

前回が てんこもり 状態でしたので、こちらの方がすっきりした感じがするかもしれません。



なお、http://www.takajun.net/video/gallery/mimi_comment.htm は、日本で唯一ネット上で 詩人 谷川俊太郎氏ご本人の朗読ビデオが視聴できるサイトです。