Hatena::ブログ(Diary)

小牧多賀子 徒然blog

2017-05-08

秦琴〜しんきん

15:13

f:id:takako-doll:20160711203604j:image:w360

この人の題名は「シャコンヌ

夏の間 ずっとバッハシャコンヌを聴いていて

そのとき生まれたのでこの名前になった。


昨日 突然思い出したのが20数年前に

NHKで放送されたドラマ「蔵」の音楽である。

ストーリーも配役も舞台となった新潟の建物も

なにもかもが素晴らしかった。

なかでも全編に流れる音楽がこれまで聴いたことのない音色で

こころが高鳴った。

哀しいような不思議なような音色と旋律を

静かにパーカッションが支えている、そんな感じだった。

いつしか主人公である盲目の美少女「烈」とこの楽器の演奏者である

深草アキさんが重なってきた。この名前がまた素敵。

そして深草アキさんのライブに行った。

漆黒の髪のもしかしたら盲目の美貌のひと、、、、、、、 

ではない普通のおじさまだった。

初めて見るその楽器が秦琴というものだった。




この時から20数年経って今日「蔵」のテーマを聴いたが

やはり感動は薄れない。

nekonekosennseinekonekosennsei 2017/06/04 01:03 私もNHKの蔵、見ていました。映画よりもこちらの方が配役が好きでした。檀ふみとか鹿賀丈史の方が、小説の雰囲気だった。烈の役もぴったりだったな。

takako-dolltakako-doll 2017/06/04 12:35 私も映画より断然テレビドラマが好きでした。
配役がすばらしかったですね。
あれだけの話をわずか2時間あまりで表現するのは難しいとは思いますが
映画を観て少しがっかりしました。
秋の着物を褒めていただいてうれしいです!!

2017-03-22

うなじ

20:02

f:id:takako-doll:20160905155943j:image:w360


先日電車の中でみかけた若いおんなのひとのうなじがきれいだった。

「その子二十櫛に流るる黒髪のおごりの春のうつくしきかな」

この歌がすぐ頭に浮かんだ。

うつむいてなにかを熱心にみているそのうなじが美しく

まっすぐな髪をひとつの三つ編みにしているのが可愛らしくて 

歌を思い浮かべながらしばし鑑賞した。



この素朴な自然の美にくらべると

山本富士子さまのうなじは国宝級の日本画みたいな美しさだ。

でも甲乙はつけがたい。



素敵なおんなのひとはよくみるけど素敵な男の人はといえば

大昔 冷蔵庫を買った時運んできた人が

森茉莉の「枯れ葉の寝床」のレオみたいな美少年だったこと。

そうするとずいぶん長いこと素敵な男の人をみていないということになる。



f:id:takako-doll:20160905155633j:image:w360

2017-02-03

ふたりのこども

11:37

f:id:takako-doll:20170122110254j:image:w360

ずいぶん昔に作った2人のこどもが抽き出しから出てきた。

身長は10cmくらいで手足が動く。

いつも固定ポーズを作っているので動くとうれしい。

動かして着せ替えたりするのはやはり楽しい。

もっと可愛い洋服をつくってあげようかな

なんて少し自分もこどもにかえってしまう!?


f:id:takako-doll:20170122110050j:image:w360

f:id:takako-doll:20170122110949j:image:w360

f:id:takako-doll:20170122110829j:image:w360

古都古都 2017/03/21 21:27 お人形も好きですが、淡い哀愁が漂う文章も好きです。
どっちも静かで、すきです。
どうか、どんどん書いてください。

楽しみにしております。

takako-dolltakako-doll 2017/03/22 11:27
「どっちも静かで、すきです。」
この文章がとても素敵で うれしくなりました。
ありがとうございました。

話すことも書くことも不得意と思っていたので
今日は楽しい気分になりました。

2017-01-05

小説「午後の曳航」

14:22

三島由紀夫の「午後の曳航」を初めて読んだのはいつだったろうか。

その魅力にすっかり虜になった私は舞台になった横浜に行ってみたかった。

ホテルニューグランドに泊まってみたかった。

海を眺めて外国船を見て元町を歩いてみたかった。

その夢が全部かなって元町を歩いていた時のこと

ふと一軒の紳士用品店を外からのぞいてみて

「小説のお店だ!」

その雰囲気が房子の経営するお店に似ている!

あとで調べたらたしかに小説のモデルになったお店だった。

そこに美しい女主人はいない。

それはそうだ。

もし房子がいたらもう80半ばの老婦人だもの。

房子のモデルはいたのだろうか。

私にとって主人公は息子ではなく房子なのだ。

夏休みの終わる頃なのに赤い下着に黒の絹のレースの着物を着た房子。

今の夏はそんな装いはとても出来ない気温になってしまった。

美しい主人公と息子はあのあとどうなったのだろうか。

チャタレイ夫人の恋人」を読んだあともこのひとたちは

これからどうなるんだろうと思ったものだった。


この写真の人の装いは房子の時代と違うけど

物憂いかんじはちょっと房子さん風かなと載せてみました。








f:id:takako-doll:20170105142310j:image:w360

2016-09-09

写真のピントはどうやって合わせるんでしょう

20:20

f:id:takako-doll:20160905154716j:image:w360


ピントは合ってないけど

窓際に置いたらこんなに明るく写りました。

女にとってライティングは大事。

真上から無神経な青白い蛍光灯を当てられたら

どんな美人だって台無し。


もし 私がお店を開くとしたら性能のいい「うぬぼれ鏡」を置き

もちろんライティングには細心の注意を払って

女の人が楽しい気分になるようにしたい!