ラヴフール (www.lovefool.jp) このページをアンテナに追加 RSSフィード

1998-09-23 0030

|  を含むブックマーク



日記ね。グチっぽいやつ。


高校時代、美術部の部長とかやっちゃってた僕は、今だにその頃のつながりで後輩達に呼ばれたりすんのだった。年に1回ぐらいだけどね。で、今日がその日だったんだけど、その内のひとりが結婚すんだって。そりゃ、おめでとさん。かんぱーい! いや、どうもどうも。幸せになってね。


で、近況報告なんかしばしするわけだけど、その中の「先輩(僕のこと)はいつ結婚すんですか」って質問の多いこと多いこと。確かに周りの友達にも所帯持ちは増えてきたけどね。「もう、そろそろですよね」とか、「え? まだなんですか」って大きなお世話だよなぁ。七五三とかじゃないんだからさ。


で、帰り道にはおきまりのセリフ「はぁ、次(に結婚するの)は誰ですかねぇ」だって。そういう時なんて答えたらいいんですかね。困ったんで「いやー、誰だろうね」って質問を質問で返したけど。そんな実りのない会話をしながら、あぁ、僕はホントに他人の日常に興味がないんだなぁと思った。


僕は僕を取りまく世界を、君は君を取りまく世界を、ちょっと離れた空の下で一生懸命生きてればそれでいいじゃん。時々会っておいしいモノを食べたり、昔を懐かしがるのもいいけど、今の自分のグチとか、そこにいない誰かのうわさ話とか、実らなかった恋の遍歴(不幸自慢)とか、全然聞きたくない。時間の無駄。前向きな人とだけ会いたいよ、僕は。


その中のメンバーで、一番仲のよかった女の子が来てなかった。大学時代、卒業制作を年末年始つぶして手伝ってくれたかわいいイモウト。彼女は働いていた印刷会社を最近辞めて、僕の通っていた学校の夜間部を受け直し、この春から通っているんだそうな。「先輩の後輩ですよー」だって。きゃあ、かわいい。僕よりひとつ下なので、卒業したら28才になっちゃうんだよ。今日もその課題に追われて来れなかったんだって。きっと来ていたら「学生は時間があっていいわよね」とか「結婚しちゃった方が楽じゃない?」とかって言われたんだろうな。来なくて正解。大事な時間は素敵な未来のために存在してます。有意義に使おう。そんな前向きな彼女に、僕は会いたかったんだなぁと思った。

マニマニ夢日記

|  マニマニ夢日記 を含むブックマーク



【いつかの未来】
地下鉄の階段を上がって拡がる景色にはっとした。そこは昔のコイビトと来たことのある街だった。僕らは未来を探しにこの階段を昇ったのだけど、そのときの僕の気持ちはいつになく重かった。君はその時、僕じゃない誰かを好きになっていて、さりげなくつないだ手の向こうにも、重なることのない将来のぎこちなさが消えなかった。今日の未来は2番目の未来。うん。負けないよ。そう強い目で前を向く君を、僕は精一杯応援してあげたかった。いつもはそうしてたんだ。でも君がその靴を脱ぐ季節には、もう僕のそばにはいないのだろう。僕は胸に詰まった巨大な何かを吐き出したかった。咳き込んで、むせかえって、目の端に醜い涙がにじむだけだった。君はそんな僕の手を強く引いた。また限界が一歩迫ってきた。


その直後、現在の僕が目白を歩いていた。アトリエまでの道。いつかの何かの約束を抱いて。後ろから聞こえる駆け足の音。覚えのあるそのリズム。突然に高鳴る胸。まさかね、そんなことあるわけない。すっと深く息を吸い込んで、そばまで来たその音に我慢できなくて振り返る。「わーい!」って風に満面の笑みを浮かべた彼女が抱きついてきて、僕は目眩がしそうなうれしさで満たされる。懐かしい匂い。感触。重み、体温。やっべ、涙でそう。でも同時に僕は気づくんだ。抱きしめた君が写真と同じ昔の君だってことを。今あるこの世界が想像の産物だってことを。いいさ、夢だって。ずっと覚めなきゃ、それが現実だもんな。

| ■を含むブックマーク



この風に乗って飛んでくよ。
小さな傘で、今すぐね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/19980923
1995 | 11 |
1997 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |