ラヴフール (www.lovefool.jp) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2000-02-25 0188

まず手を伸ばす

|  まず手を伸ばすを含むブックマーク



泣いたりわめいたりジタバタしたりの毎日です。すごいスピードで走り抜ける景色にはポップコーンみたいな梅の花。雪原を見渡して白い息が銀色の空に吸い込まれて消えて。


開けばうんざりなため息ばかりがこぼれるそのクチを、君が唇で被ってくれるので、ちょっとだけ甘えたかったです。曖昧で柔らかなそのお腹のしわに触れたかったんです。


悲しみを植え付けたまま君を置き去りにした僕は、呆然と雨の夜を見上げています。かさかさになった唇とココロと、ぐずぐずになったコトバと嗚咽で。


欲しいのは光。それも自分で掻き分けた鮮やかな光。雪の日の下界を見渡すように、眩しい未来。まず手を伸ばす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000225

2000-02-24 0187

リンク

|  リンクを含むブックマーク



ゲーム業界を中心に大きな動きがあったので、その辺のリンク。鮮度命。


★業務用ゲーム機ゴルゴ13」●

Playstationエミュレータ出荷を許可 ●

★業務用ゲーム機『パンチマニア〜北斗の拳〜』発売 ●

ドリームキャストデジタルカメラ「Dreameye(TM)」誕生 ●

★「プレイステーション」ソフトの互換性についてのお知らせ●

ゲームボーイアドバンス関連情報●

★ISAOが「ドリームパスポート3」でネット事業創出●

★RIDGE RACER 64●

WIPEOUT 3●



--------------------------------------------------------------------------------



★スペック倍増iBOOK

トンデモ怪文書館●

坂本龍一インタビュー●

★カタカナ化フォント 日本を引用するグラフィック・デザイン ●

★オルタカルチャー●

★デザインがひろげた'90年代のコミュニケーション

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000224

2000-02-23 0186

|  血を含むブックマーク



本を買うと、買ったことに安心してしまって1ページだって開きもしないっていうのはお決まりなんですが、そんな本達が「今! 今!」ってしつこく呼びかけてくることがあって、その時に仕方なく適当なページをめくると、大抵その時必要な(意味のある)言葉が書いてあってびっくりです。


今日は2週間前に買った川崎和男という有名なデザイナーのやたらに漢字の多いエッセイを、会社の床に転がしておいたままだったんだけど、しつこく僕を呼ぶので開いてみたらこんなことが書いてあったよ。


「気持ち」「命」「カタチ」はどれも「ち」がないと伝わらない。


ホントに数行しか目を通してないので、うろ覚えの上に適当に解釈してますけど、だいたいそんな感じ。


うーん、捉えようによっては格言好きのオッさんって気もするけどね、「カタチ」が人生上大事な3つに数えられちゃうと、やっぱデザイナーの端くれである僕なんか、ビビッと来ちゃうですよ。「ち」はやっぱり「血」と解釈すべきなんだろう。体温の元ってことで、あたたかみや優しさの象徴ですね。「血の通った気持ち」「血の通った命」「血の通ったカタチ」‥。


考えてみれば「血の通ってない命」なんてものは人工生命でもない限り存在しないわけで、そこを重複させて言うってところにミソがある。そこで逆さに読み直してみる。「血の通ってない気持ち」「血の通ってない命」「血の通ってないカタチ」。ますますオッさんっぽくなってきましたが、まーそう言うことが世の中に溢れてるっちゅう話しですな。


最初のふたつ「気持ち」と「命」に関しては、それぞれの人生の中でよりよい答えを見つける努力をして頂くってことでここは片づけて。やっぱ3つめの「カタチ」。アウトプットってことですよ。


でさー、残念ながら目に付きすぎるのだった「温かくないアウトプット」が。


空想の世界だからって人殺しや殴り合いばっかりのゲームにうんざり。映像表現に固執しているだけで商品の購買意欲と切り離されているCMや広告もげんなり、誰かの不幸を積み上げてる番組も雑誌も、網膜に飛び込んでくるだけでぐったり。見なきゃいいんだろうけど、テレビを消すチカラもなくなる。


コンビニに行くとレジで椎名林檎が買えちゃう。音楽家として彼女がどんなにすごくたって、手首に刃物を当てているようなビジュアルやガラスを叩き割るようなのは苦手だよ。


そんな体温低めな世の中に、ふと「血」の持つあたたかさややさしさを思い出せるような、そんな「カタチ」を生み続けていたいものだな、ヒトとして。確かに生きる強さの中には「痛み」「苦しみ」「叫び」も必要かもしれない。そう言うことを表現のテーマに据えたアーティストはデザイナーに限らずあらゆる方面でいるもんだけど、破壊のエネルギーや、否定のエネルギーは出来る限りその中に含みたくないもんだ、と思った。そういうのは二次性徴でローティーンの頃にどどどーって通りすぎちゃうもんじゃないのか? そんなことない??


全然関係ないけど、今日椎名林檎の上京前の頃の垢抜けない写真とかを見せられて、それもどういう気持ちで人に見せてんだろうなぁ、とまた憂鬱な気分になったね。誰だってデビュー前の恥ずかしい時代のひとつやふたつあるっつうの。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000223

2000-02-22 0185

伝える、伝わる、受け止める、受け止めさせる

|  伝える、伝わる、受け止める、受け止めさせるを含むブックマーク



コトバと言うのは、距離や時間や環境の違いで異なる気持ちの違いを埋めるためにある。だけどそのコトバの成り立ちも距離や時間や環境の違いに左右されるので、 残念ながらかなり不完全な伝達道具。大事な誰かを「好き」と言ったり、手料理に「おいしい」と言ったり、不意のプレゼントを「うれしい」と言うのは実に簡単で、その結果、相手が喜んでくれたりするわけだけれども「伝わった」と思っているその感覚は、実際にはけして重なることのない別次元のものだ。


でもカタチのないモノにこそ証拠を欲しがるのは仕方のないことで、つい自分を好きだというその「好き」の種類まで相手に聞いてみて、聞いちゃって想像とかけ離れていたことにがっくりなんてこともしばしば。


ほとんどの小説がボーイ・ミーツ・ガールを軸にしているように、そうした行き違いは普遍的に、恒久的に、受け継がれ、問われ、新しい切り口を見せ続けて行くんだろう。


ケイタイやメールでしか言えない気持ち、ホームページだけに吐露する自分の心情、仮想ペットに話しかけて映し出す自分自身。メディアがどんなに新しくなっても、そこに乗るのは誰かの発信した気持ちであり、昨日より、より新鮮で直球な気持ちを乗せるために、あるいは答えるためにあらゆるメディアは進化してくんだろう。


そんなことを考えずにはいられなくなるちょっといい感じのメールマガジンを今日は紹介。精神科医、香山リカさんの『香山ココロ週報』(ここ)です。


伝える、伝わる、受け止める、受け止めさせる、ってことを、もうちょっと慎重にそして真摯に考えた方がいいよねって、最近のニュースの切り口から鮮やかに気づかせてくれると思います。オススメ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000222

2000-02-17 0184

takanabe2000-02-17

由水さん

|  由水さんを含むブックマーク



木曜日に会社の人たちと焼き肉を食べた。そのメンバーにちょっとかっこいいヒトがいましたよ。みなさんご存じか分かりませんが、先日プレイステーション2が発表になった時に、女の子がてくてく歩いてきてニコッて笑うCGを覚えてますか? アレを作った人がいました。


やっぱさー、ふつうさー、「コンピュウタァ・グラフィックス」とか「3次元美少女」とかって断片だけで捉えると、蛍光灯の下でしか生活しない季節感のない服装の、社会性ゼロな、それでいて特定のディテイルには異常に神経質な困ったちゃんなんかを僕なんかは勝手に想像しちゃうんだけど(ひどい偏見)、会ってびっくり。これがかっこいい。なんなんだ、こんなヒト同じ会社にいたんだ。うれしい。つうか、惚れました。「ちょっとかっこいいヒト」なんて最初に控えめに言ったけど嘘々。すんげえかっこいいです。


ニルヴァーナカート・コバーンみたいな金髪でさ、服装もさらっとお洒落でさ、目にものすごくチカラがあってさ、初対面もあってか、あんまりしゃべりたがらないんだけど、口を開いて出る言葉が短くて的確。やべー、鳥肌立つ。いや、立った。サイボーグ009の002(空を飛ぶヒト)に似てんなぁ、とか全然関係ないことを思いつつ、いろいろ今後の野望とかチラホラ(っつうか無理矢理?)聞かせてもらったね。簡単に言うと、とっくに会社なんか辞めてて、独立に向けて着々と準備を進めているのだった。後はもったいないからここには書かないけどな。


で、鼻息も荒く家に帰ってきて、その人のペェジ(ここ)をのぞかせてもらった。すばらしく基礎力のあるデッサンと、その実力と趣味性を絡めたすばらしい作品群に再びため息。そこで更に愕然とする事実を発見。いっこ年下だって。ショックだ。立ち直れない。宇宙の片隅で膝を抱えるような気分。


なんかねー、デッサンとかからもっかい、ちゃんと復習したくなってきた。技術的にどう新しいものを使おうと、まずは手でつくっていかなきゃイカンって思ったよ。触って確かめて自分だけの財産を作っていかないとね。そして頭の中に理想がちゃんと隅々まで描けないといつまで経っても届きやしないんだ、描けないような理想には。そういう大事な日でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000217

2000-02-16 0183

水道のレバー

|  水道のレバーを含むブックマーク



水道の蛇口が壊れたので、新しいのに換えてもらった。ひねるタイプのものがレバー式に変わった。その時、気がついたこと。「水を出す」っていう行為を連想させる「レバーを下へ」って関連付け(これって重要なデザインです)がいつのまにかなくなっていたこと。そうなんです。レバーを上に向けると水が出るんだよ。ものすごい違和感。前の家は同じメーカーのものでもそうじゃなかったので、きっとこの変更には何か「素直な連想」と「関連付け」を超える理由があるに違いないと思いました。水道屋さんに直接聞いてみた。


阪神大震災で、上から物が落ちてきた時に蛇口が開いて水びたしになる事故が多発したんだって。それからというもの順次、新製品は「レバーを上げて水を出す」タイプに変わってきたんだそう。それだけなら「ふーん」って感じなんだけど、今年の4月1日からはJISで「全部レバーを上げて水を出すってことに決定ね」って決めちゃったそうですよ。びっくりですね。もともと海外では昔からこのタイプが主流らしいんだけど、地震の少ない海外がどうしてその選択をしたのかは不明。誰か詳しい人がいたら教えて欲しいです。


あと、もうひとつ。これは今朝「おはスタ」で言ってて覚え書きしておこうと思ったこと。自動販売機の硬貨の投入口は縦型と横型があるけど、その差について。縦型は硬貨の分別機まで早く転がるので、駅の切符販売機など急ぐ人が多い場所に使う。これに対して横型は分別機を小さく作ることができるので、販売機の奥行きスペースを気にする屋外のジュースの販売機なんかに使われてるんだってさ。今まで知らなかったし、知りたかったことばかりだったのですっきりしました。以上、今日の雑学でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000216

2000-02-12 0182

CD「FAIRWAY」スーパーカー

|  CD「FAIRWAY」スーパーカーを含むブックマーク

FAIRWAY

FAIRWAY

冬の朝の光の中で坂道を登りながら、耳元でスーパーカーの新曲が鳴り始める興奮って言うのは、なんかもーなんつうか、他に言いようのない感慨があるわいな。鳥肌が立つ? 息を荒げる? 目の裏側に涙がびっしり込み上げる? 人生がフラッシュバックする? 生きててよかったなーって思える瞬間が何度も味わえるですよ。


耳鳴りのように聞こえてくるのはどこかの民族音楽? そんなスーパーカーのメンバー以外の声で始まるイントロを過ぎ、ドコドコって被ってくるヘッポコドラムにつんのめるみたいに爆音ギターが疾走! そこに拡がるのはやさしくニュートラルなナカコウのささやくような声と、それに寄り添うように離れないミキちゃんの甘酸っぱいコーラス。


安心を買った。

どうしてかココロを売って買った気がしてたら

゛安心はどこか退屈と似てた″

そんななぜに撃たれていた。

結局は今を忘れるなら

目の前のなれあいもためらいもありふれていると思っていたいだけ。


共感、とはちょっと違うんだけど、彼らの奏でる音やナカコウの感情のこもってない歌声がそっと耳に届く度に、彼らは僕の体温を、あるいは触れていたい柔らかさをあらかじめ知っているんじゃないかと思うような、そんな感触をいつも味わう。


カップリングには同じ曲のリミックスを3パターン収録。メンバーがいじったのも、それぞれの顔が見えるようないい出来だし、隙間なく繋げたような編集も、4種類の曲調が個性的なアレンジなだけに強い対比を見せている。


全体的にアッパーな音で埋め尽くされ、根拠のない高揚感が今までのどの曲にもないカラフルな印象を与える。ファーストアルバムの直球な若者らしさで(それは実際彼らなりの変化球であった訳だけれども)一気に10代や、失われた10代を取り戻したい20代のココロをわしづかみにした「スリーアウト・チェンジ」や、あの、90年代の混沌を一気に総括するみたいなメロウな名作のセカンド「JUMP UP」を過ぎて、その先にある新しい地平の景色を感じさせるには充分な出来。野心や、努力じゃない方法で、あるいは否定じゃないチカラや平熱の気持ちで強い光を放つ彼らは、時代の寵児って言うよりは、僕の目指したい未来そのものだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000212

2000-02-09 0181

リンク特集(ここ3ヶ月分)

|  リンク特集(ここ3ヶ月分)を含むブックマーク



★日記ジェネレータ

Peanuts

@nifty:Teletubbies

Teletubbies on PBS

★ぴかちゃっと

ドラえもん学コロキアム

★ドロえもんのページ

FSP

★着信メロディー配信のページ

★コヨーテ

すがやみつるホームページ

さいとうたかをインタビュー

オフィス北野

堀井雄二ホームページ

★miyadai on the WEB(宮台真司

宇多田ヒカルリンク集

★激動の1999年ゲーム業界を振り返る

★The Major Players

★20世紀のコンピューティングの歩み

★'99年ヒット商品−不安防衛消費

★年間視聴率番組30

中国出身の偽アイボを発見

★早読みネット情報

★「iMac DVDVD再生トラブル」

日本のインターネット利用人口1,500万人

国内パソコン出荷、1,000万台突破

低カロリーの清涼飲料水に関する調査

★公共トイレの混雑に関する調査

木星衛星エウロパ」に生命体が存在?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000209

2000-02-06 0180

像を結ぶ

|  像を結ぶを含むブックマーク



気がつけばチョコエッグの日本の動物シリーズも第3弾になってたりして、シリーズ合わせて96種類?? マボロシツチノコ全然でねーよーとか言いながら、代わりに出てきた琉球リクガメのすばらしい出来に耽溺。中国とかのおばさんをどう使ったって、赤字だろうって言う手間暇掛けた塗装がすごい。これホンモノのカメよかカメっぽいっす。


巷では林檎一色なレコード屋さんで、スーパーカーの新曲が3軒周って全部売り切れ。発売日なのにどういうことだろう。ナカコウってば、デビュー3年目にして、デビュー後初めてのソングライティングをしているそうで(今までのアルバム4枚分の曲は全部高校時代のストックだってさ)、今回のシングルからついに「現在」以降のスーパーカーが走り始めるのだと考えると、すんげえドキドキします。まるで人類が初めて月に行くのを地上で見守るような心境。同じ時代に生きててよかったなぁ。できれば年下でありたかったけど。


恋というのは積み重なった偶然と勘違いが起こすステキな魔法のことなので、それが毎日を楽しくするってことや、何をするにもチカラの源になるってことには大賛成でも、恋に恋するようなのは信じていない。というより幻想をいかに剥がしたり、壊されたりしていくかっていう過程の方がはるかに面白い。とっかかりはどこからでもいいって言うのは割と誰でも言うことだけれども、なんというか、好きな人を仮に料理に例えるとソースや盛りつけなんかのパーツを通り越して、原材料の育った土地みたいな部分まで視野が入っていくと、もはや違いこそ愛というか、それらが運命の積み重ねによって料理の素材となり、今、自分の目の前で像を結んでいることがもう例えようもなく愛おしい。自分と似ている人はいても、同じ人は一人として存在しないように、あるいは誰かの伝記を詳細に書くとその人の人生分時間が掛かっちゃうみたいに「違い」が次々に暴かれていくことが、僕には一番スリリングかなぁ。要するに僕には幻滅ってコトバがないみたい。誰かに怒ったりすることもない。なんで、この人ってこんなに自分と考え方が違うんだろう、何でそんな風に思われたんだろうってことが、他人と時間を共有する上では一番意味を成すし価値があるように思います。それが友人であれ、コイビトであれ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000206

2000-02-05 0179

アップル

|  アップルを含むブックマーク



スペインからお母様が帰っていらしたので、プチ一人暮らしも無事に終え、いつものプチ王様生活に戻った。おみやげは外泊セット(アイマスク+歯ブラシ+靴下)、蛍光ピンクとブルーのでかい膝掛け、チョコレートいっぱい、飛行機でくれるトランプでした。なんだよ、カスタネット片手にバラでもくわえて帰ってくるかと思ったのに、けっこう普通じゃんよ。


本来の意味合いからのズレを気にしていたのは全国でも僕だけじゃなかったようで、さっそく宇多田ヒカルのツアータイトルが変更になったことを今日知った。「インディアンサマー」から「ボヘミアンサマー」へ。


椎名林檎の新しいシングル曲にナンバーガールの女の子がギターで参加してるんだそうな。うわー、聴きたいなぁ、椎名林檎印税を入れない方向で。あの娘(ひさこちゃん)、ぜったいぶうこだって確信しているんだけど、実際どうなんだ? よくスーパーカーのミキちゃんはぶうこか?と聞かれるんですが、ミキちゃんはギリギリのところでぶうこボーダーラインから外れるんだよね。理由はなんとなく同性と仲が悪そうな気がするからかも。


林檎ついでに続けるとアップルコンピューター(アメリカ)がいつのまにかアップル社名変更していて、社名ロゴもiMac風の透明の林檎に変わっていた。もうちょっと言及すると、透明なイメージって言うのはここ数年のiMacの成功だけに乗っかったものではなくて、2000年内に発表されるという新世代のOSMac OS X(テン)」で一新される、デスクトップデザイン・モチーフの「Aqua(水)」から来ていると思われる。デスクトップというメタファーがなくなったのかどうかはわからないけど、切手のように張り付いた(中身の見えている)書類に触るとモーフィングするみたいにそれが画面いっぱいにひろがるっていうような説明を雑誌で見たなぁ。その動きがまさに水のようで、アイキャッチに使うボタンの色なんかにも透明でぷにぷにしたような質感のデザインがされている。


長年、付き合ってきたあのシンプルで理知的なインターフェースがいなくなってしまうのはさみしいけど、15年も変わらずに、おんなじデザインで、便利な未来を予見した人たちの見せる、これから先のもっと新しい未来像なんだ、と思えば、胸も躍るかな。


そう言えば、でっかいキスチョコみたいな無線LAN「AirPort」が日本で既に商標が押えられていて、しかたなく「AirMac」という名前で売られるんだそうな。さえないスニーカーとか、航空会社とか、ハンバーガー屋が混じったような変な名前。ちなみに日本版は電波法がらみのこともあって、出力も海外版よりちょっと弱いらしい。僕も新しいiBookが出たら、セットで買いたいと思っているので、こりゃ海外から輸入コースだね。キーボードもカナ表示は要らないから、すっきり海外版にしたいな。あの白くてでかいキーの上にアルファベットが一文字ずつしか乗ってないのはなんか趣味の贅沢品みたいで美しい。色は絶対オレンジ。それしか考えられないよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000205

2000-02-04 0178

何度でも

|  何度でもを含むブックマーク



ココア色のカウチン、深い緑色の透き通ったペン、あとはマリゴールドっぽい明るい色のストラップ。そういったものをバラバラとあげた。そうしたらそのかっこで絵を描いてくれました。僕はその横で買ったばかりの糸のない白い釣り竿を振り振り、ポイントに投げ入れる練習をしてみた。ねぇ、最後に釣りに出かけたのってさ、いつだったっけ? 天窓からはやらかい光、ジャスミンティーおいしいね。


ギャートルズに出て来るみたいな石のお椀で、石焼きのどんぶり。イエローは首からぶら下げられるのが気に入ったのか、微妙なファイティングポーズのまま彼女の胸で笑っています。


みどりちゃんが眠ったまま言うことを聞かないと言うので、部屋に上がって具合を診てあげた。だぶっていたウサギ(外人のほう)を一匹放してあげたり、ちょっとした覚え書きをきちんと読み直すと、無事機嫌を直したようなので一安心。みどりちゃんはやっぱりかわいい。すねるけど、ちゃんと構ってあげれば、いい子なんだよ。


2度出会えたのだから、と一年前にあなたは言ったのです。「2度出会えたのだから、何度でも巡り会えると信じています」。僕はあの時のコトバを最近何度も反芻します。さみしいからじゃないよ。マリゴールドって嫉妬って花コトバだからプレゼントには向かないって、ずいぶん前に誰かが言ってたのを思い出した。レジに置いてあった絵葉書の文字「ジ・エロティック・エイリアン・ボーイ」。奥歯がしくしく痛いです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000204

2000-02-03 0177

さらに4つのメモ

|  さらに4つのメモを含むブックマーク



毎日だけどだらだらーってのと、時々だけどだらだらーってのとどっちが楽しいのかというと、どっちも義務じゃないレベルでなら毎日の方が楽しいのかしら、と思って今日もてきとーに更新。


1)今日、株価を見ていたらね。ゲーム会社のナムコ株価上場以来初の最高値を更新したっていう話しを聞きました。で、その桁がまたいい数字なんだ。「7650円」。これファミコン世代の人なら誰しもニンマリの「ナムコ点」ってやつですよ。パックマンをはじめとするキャラクターが、スペシャルにステキな技とか出すとボーナスとして表示されるのがこの「7650点」だった。プレイステーション2に対して、発売されるソフトへの期待がこの高値更新を生んだんだそうですが、そんな株価が見せた偶然の数字にも、たった15年前の小学生だった僕が夢中になっていたあの頃の夢なんかを思い出すのでした。今日のちょっといい話。


2)打ち合わせからぐったりして帰ってくると、机に大きな紙袋から届いてた。差出人はうでっち。開けてみるとファミコンソフトの詰め合わせ! 20本以上あったかな? 途端に元気になって大はしゃぎ。え、ちょっと待てよ? 全部定価で買ったら10万以上行くじゃんよ。よく見ると「ハイパーオリンピック」の限定版(バカ殿が走る!)まで入っていたりして、鑑定団が見たらすごい値が付いちゃったりしそう。ありがとう、大事にするよ。誰にもあげません。


3)ポストに手紙が届いていた。そこにラヴフールで手書きの記事を更新した時のことが書いてあった。「手書きの文字はやさしいね。ラヴフールってけっこう厳しいことを書いてあるときもあるけど、あの字なら迫力がないので許せそう」。要約するとそんな感じ。その文章から「迫力がない」と「けっこう厳しい」って修飾語を抜き出すだけでも、僕という個人の75%ぐらいを説明しちゃっている気がします。残りは「どっかいやらしい」とか「いつもつまんなそう」とか? うわ、書いてて悲しくなってきました。


4)ちょっと話しが古いんですが、宇多田ヒカルの重大発表!とかをリアルタイムで見に行っちゃいましたよ。何のことはない全国ツアーの告知だったんだけど、気になったのはそのタイトル「インディアン・サマー」。それって通常「冬の小春日和」を指す、なんかいい感じのコトバなんで僕は好きなんですが、ツアーの日取りを見たら7月〜8月だって! 小春日和どころか真夏じゃん! どういうことですか、ぶうこさん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000203

2000-02-01 0176

4つのメモ

|  4つのメモを含むブックマーク



書きたいこともないのに更新をする気持ちっていうのは、日曜日なのを忘れてランドセルを背負ってるみたいで変な感じなんだけど、てきとーに、つれづれなるままに、メモなど。


その1)母が昨日の夜「明日から旅行に行ってくる」と言ったので、へぇ、いいなと思って「行っておいで」と言った。「いない間、食事とかよろしくね」と言うので「?」と思い「いつまで?」と聞いたら「来週の日曜」との答え。「来週? どこ行くの?」「どこだと思う」「どこよ」「寒いとこ」「北海道?」「ここ」。うれしそうな顔で差し出すパンフレットをのぞき込むとそこに書いてある文字にびっくり「スペイン??」「そう」。突然の逆家出状態のうれしさもさることながら、明日は誰んちの子になろうかなぁとか、そんなことばっか考えたりなんかして。(箸とお茶碗だけ持参)。


その2)テレタビーズの公式資料を会社で読んでいたんだけど、そこで分かったこと。


テレタビーズは花を摘まない。
・テレタビーランドに夜はない。
テレタビーズはテレタビーランドから出られない(ぬいぐるみショーなんかはしない?)
・オッオー、じゃなくて、エッオーで、しかもラテン語だった。


その3)玩具メーカーの取ったアンケートによれば、95年を境に、小さな女の子(幼稚園児ぐらい?)が将来なりたい職業の中から、あるもの2つが消え、その代わりに「セーラームーン」が上位に食い込んだんだそうな。その2つを僕は当てました。ずばり「おかあさん」と「お嫁さん」。でね、おじさんな脳味噌フル回転でほとんど直感的に思ったのは、現在、シブヤなんかで見かける厚底ブーツや金髪や原色超ミニスカートな女の子達は、「おかあさん」と「お嫁さん」よりも「セーラームーン」を憧れとして選ぶだけに飽きたらず、体現してしまった人たちなんだろうなって気がついた。「変身」ってコトバに置き換えるならば、今ある現状からの逸脱? そういうのを常に求めてる。それがいいとか悪いとかじゃなくて、同じように男の子に体現できる「変身」や「逸脱」ってなんだろうね、と思ったけど見つからなかった。男の子は女の子のメイクやお洒落やエステと違い、ハイテクとか乗り物とかの「自分の外部」で自分の性能を拡張したがるので、もともと比べようがないのかもしんない。ちょっと悲しい。


その4)相撲のことを詳しい人にお聞きしたい。相撲を取る前に「はっけよーい、残った!」って言いますけど、これの意味を知りたい。僕の仮説としては、土俵の上は神聖な場所なので、勝負の準備が整い、不備がないことを「八卦(全方位)、準備オッケー、だから、最後の一人(残りの一人)になるまで戦え!」って、意味かなぁと。でも、わりかし相撲マニアなアンパンマン主任によれば「はっけよーい、残った!」は「よーい、ドン!」という意味合いはないはずだと言います。なぜなら、「はっけよーい、残った!」は相撲レスラーが取っ組み合ってから初めて発するコトバだからだって言うんだよなぁ。しかも「はっけ」じゃなくて「はっきよーい」なんだって。ホント? 誰か教えれ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20000201
1995 | 11 |
1997 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |