ラヴフール (www.lovefool.jp) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2001-02-27

紙とPDA

|  紙とPDAを含むブックマーク



ナオちゃんニュース! 松崎ナオ待望のニューアルバム、遂に完成。前作『正直な人』から約2年半振り、3rdアルバム『虹盤』 2001年4月25日発売。ですってよ! いやーん、奥さん、待ちきれないよう! 


引越しのシロウトとして、一人暮し暦10年目、引越し回数4回の引っ越し黒帯級のうでっちに相談メールを書いたところ、むちゃくちゃ丁寧で詳細なお返事が返ってきて、感動しました。不動産屋のムードにだまされちゃいけないとか、バブル期に出来た物件は要注意とか、家の状況をよくみないとだめとか、自炊に必要な調味料や調理具まで書いてあった。オトナはこうでなくちゃな、と思った。最近すれっからしな環境にいるせいか、人の優しさが砂漠でもらう水のように染み渡ります。


はかせが掲示板で言っていたページを見に行って、件の記述がとても簡潔にまとめられた意見として感動したので転載しておきます。ラヴフールでも何度も言っているように、紙の簡便さを越える新しい価値というのをPDAはまだまだ満たしていないと思うのね。手がかり吸い取り紙というお話でも以前少し書きましたが、電気仕掛けで紙を越えるメモ帳って言うのは「書かない」ってことに徹した方がリアルな気がします。

90 名前:氏名トルツメ投稿日:2001/02/12(月) 23:38


そういやさ、この前電車に乗ってたら、競馬新聞に赤入れてるオッサンみたよ。
なにげに観察してたら、あーでもないこーでもないとページめくってて、
最後は丸めて腕と胴にはさんで電車を降りていったよ。


さて、上の文書で注目するところは、


1)加筆が簡単にできるのか(ライトペンタッチペンでは・・・)
2)情報を詰め込んで一覧できるのか(すばやくアクセスできることも)
3)折りたたみできるのか(携帯性だけでなく、耐久性もだ)


このスレでは、ディジタルペーパーがいかにも簡単に実現されるように書い
てあるけど、この3つだけでも、同時に紙を超えるものはない。実際には乗
り越えなければならない問題はもっとあるけどね。つーか、上の3つの課題
を同時にクリアする材料を教えてくれよ。紙並のコストでね。



今日はカプコンが制作したという話題の「ゼルダの伝説」新作2本とゲームボーイカラーの赤外線センサーでいろんな明かりから宇宙人を捕まえるという異色のゲーム「ちっちゃいエイリアン」の発売日だったんだけど、気が付いたらもう夜だったので買えなかったや。ま、当分買わなくても困らないだけの終わってないゲームはすでにたくさんあるんだけども。

20世紀の名言

|  20世紀の名言を含むブックマーク



一人の敵もつくらぬ人は一人の友もつくれない(テニソン)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010227

2001-02-26

ぱっと手を離す

|  ぱっと手を離すを含むブックマーク



ミルク色の深い霧の立ちこめる湖で木のボートを漕いだ。先っちょを少し赤らめた蓮の花がぽっかりと浮かんでいて、僕はその前でボートを停め、ホルンを鳴らした。懐かしいようなメロディ。その響きが森に吸い込まれた時、霧が晴れ、青い水面に揺れるその姿に顔を上げると、空を覆うかように大きな白い城がそびえ立っていた。


先週から僕んちで一番動いてるゲーム機! それはスーパーファミコン。何が好きって「ドラクエ5」、これ最高。もう三回目ぐらいのプレイなんだけど、長えーのに、今の話しの少し先が常に気になる!ってのの繰り返し。だいたい主人公は勇者じゃない(直接世界を救う人を操作していない)ってとこでものすごいと思うし、途中何年も奴隷になったり、石像になってひとんちの庭でボーゼンと過ごしたり、魔法のじゅうたんに乗ってびゅんびゅん空を飛んだり、いつ話しが収束するのか全く見えない、でも次々に楽しい。次が見たくてたまらんストーリーってのはこういうんだよな、と何年ぶりかに思った次第です。


会社のような自分の力だけではどうにもならない場所で、モノを作っていると何度も「説明」→「判断」の場面に遭遇します。たいていの場合、場の回数を重ねるたびに「つまりそれって言ってしまうとアレのことなんですよ」っていう、簡潔な例え、つまり収束方面に行きがち。あるいは映画なんかを観て、釈然としなかった場合も「要するに何が言いたかったんだよ!」なんて一言で要約したがったりします。でもそれってドキドキが持続できないから、無駄部分(と感じた部分)をテーマに沿って要約したいと感じるんだよね。話しは飛躍しますが、恋愛に置き換えるとどうなんだろう。ここがテーマに沿ってない、とか、要するに○○ってことでしょ? なんてまとめ方向には話しがいかない。多分瞬間瞬間が精一杯だからだと思う。俯瞰しているより渦中にいる方が、体感の度合いが違うんだよなぁ。ま、確実に振り回されますが。僕は恋の渦の中で自分を支える何かからぱっと手を離すような瞬間が好きです。やや三次元ぶっていた立ち位置が急に二次元になるって言うか、今見えてるモノの向こう側に何が続くかなんて一切わかりませんって感じの方が、圧倒的に楽しい。「今」と全身で向かい合っていると無駄に振り返ったり、反省したり、溜め息を付く時間も減るような気がします。



○○君の家に置いてみました、というツレプテクーのCMは、びっくりしたり喜んだりしている子供が最後ぐうぐう寝ちゃってるんですけど、やっぱツレプテクーのゲームは退屈ですって意味だと判断させていただいてよろしいのでしょうか。

ゆうり日記(斉藤さんの子育て日記)

|  ゆうり日記(斉藤さんの子育て日記)を含むブックマーク



バンバン


ある寒い日の街中で

ヒュー
父:寒いねー。
子:バンバン!
父:???
子:風を撃ってるんだよ。寒くなくなったでしょ!






家の中で一番偉い人は誰なのか、背中(普段の生活)を見て分かっていると
思うが。一応すり込みを試みた。


子:ゾイド作ってくれてありがとう!
父:おう!パパってえらいだろー?
子:うん!
父:パパが一番偉いんだよ!
子:えっ?!誰が?
父:だからパパが一番偉いんだ。
子:誰が?
父:だからパパが一番偉いんだ。
子:誰が?
父:・・・

20世紀の名言

|  20世紀の名言を含むブックマーク



人の心はパラシュートのようなもの。開かなければ使えない(オズボーン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010226

2001-02-25

本とオンライン

|  本とオンラインを含むブックマーク



世の中にどれだけ「本」という触れるカタチのテキストで記録されたものがあるのか知る由もないですが、僕の日々の戯言さえ、日本語環境が整ってさえいれば世界中でご覧頂ける現在、「本」というカタチが絶対的に必要なものってあるのかしら、と思うことは日常結構頻繁にあります。新聞も取ってないし、パソコン雑誌、ゲーム雑誌も買わなくなった。もう「鮮度重視な情報誌」は、その情報の確かさは割とやふやながらどんなにがんばってもオンラインのスピードには勝てっこないよね。


ゲームに行き詰まれば、例え真夜中だってグーグルで検索→数分後に解決。たった1ページに書かれた記事の為に1000円前後の売り上げが見込めた出版社はここでも売り逃し。辞書や図鑑のような、あればあったで便利だけど、いつ必要になるか分からないし、そのほとんどが一生縁のない情報だし、必要ない時の方が圧倒的に多い、ランダムアクセス系な知識も、部分更新や追加が簡単で、掲載される情報の量に関わらず場所を取らないオンラインの方が多分好都合。紙に出力したモノより立体的な検索もできるしね。


じゃあ「本」や「紙」として残るべき情報の種類ってなんだろう。ひとつ思いついたのが映画のパンフレット。映画は触れないモノなので、気に入った作品に、よりお近づきになりたい気持ちを物質化して手元に置いておきたい感じはよく分かります。ジャニーズ好きな女の子が、実際に触れないジャニーズ自身ではなく、グッズを買いあさるしかないっていうのと同じ構図ですね。あれはオンラインじゃ意味がない。好きな作家の本はここに入るかも知れない。


もうひとつは、スクラップブック。新聞や雑誌を切り貼りして、手で触れることで情報の価値を確かめる、あるいはコラージュのように1+1=2じゃない価値を生むって種類の情報。これからブロードバンド化がすすんでどんなに回線を太くなっても、ブックマーク管理、ページのダウンロードという階層化された概念じゃなく、おもちゃ箱をひっくり返した時に生まれる偶然の「いい感じ」を、偶発じゃなく自分である程度組み立てられる人には、画面上でそういうことが簡単に出来るツールがまだないせいもあるけど、それがあってなお、出力→製本化したいんじゃないかと思います。それは他に比べるものがなくて、自分の中から対外化したい(触って他人として確かめたい)情報だから。


あと楽譜。あるいは設計図。読むだけならオンライン上にあることはすごくいい感じなんだけども、実際それを必要としている人は、それを自分色に染め直したり、自分に分かるように注釈をいれたりする作業が発生するはずなので、それが実体化して紙になっていた方がいいんだろうなと思います。それを持って人前で説明したり相談したりする機会も多いはずだしね。パソコンで図面を引いても、業者に渡すのはフツーに紙だったりするのは、やっぱその方が都合がいいんだよね、多分。


最後は証書か。これがオリジナルですって言わなきゃいけないもの。レシートや契約書。ま、これは本にするもんでもないんでほっときましょう。


数年前、会社にパソコンを導入させるときの謳い文句は「社内オンライン化はオフィスから無駄な紙ゴミをなくして、業務を効率化させる」という指針だったはず。でもこうやって紙にしておいた方がいいものを並べると、会社で取り扱う種類のものはほとんどオンライン化の恩恵を得ていないことがわかる。上司に注意された書類ミスを訂正する時間は短くなってもミスプリントで使う紙の枚数は何倍にも上がってる。むしろパソコンなんて生活に関係ないや、と思っていたフツーの学生やサラリーマンの方が紙をどんどん減らしてるように思います。誰も出版業界がやばい!なんて言ってくれなかったのにね。


これから映像や音声に関しても同じようなパラダイムシフトがやってくると言われている。オンライン上で映像や音声を買って、その複製化が出来ないようにレコード会社や映画会社が幾重にも複雑なカギを掛ける。まぁ、商売なんでそういうのも大事だとは思うけど、オンラインじゃ意味がない情報の価値をちゃんと把握しないで、「ブロードバンドがやってきた! いつでもどこでも映像!音声!」みたいな、器の在り方ばかりにココロを奪われているとまーた危ないよなぁ、と思った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010225

2001-02-20

ジャスミン

|  ジャスミンを含むブックマーク



例えば、家や会社の決まった机の前に座って毎日なりそれに近い感じでラヴフールを見ていることが別に特別じゃない時間の一部になってしまった人がいるとしましょう。現時点で86人/日。仮に「読者」と呼ばせてもらうとして、読者は何を求めて日常巡るいくつかのサイトの内の一つにラヴフールを加えたんだろうなぁって時々ぼんやり思う。まー、あれだね。同級生とかはここにくればニアリーリアルタイムな僕がいるってとこで、安心したり、また馬鹿言ってらぁって笑ったり出来るのはわかんだけども、トモダチが少ない僕には会ったことない人とか、web上でも挨拶さえ交わしたことない人って方がその86人の割合の中には多分半分くらいいそうで、そういう人たちは毎日凝りもせずに何を見に来てるんだろう。さっぱり分かりません。


ラヴフールも今年で4年目かな? もう「相互リンクお願いします!」とか「是非僕のサイトにも遊びに来てください!」なんて熱意はサラサラないし、第一他人のサイトなんか全然見ないしなぁ。見ても書き込みはまずしません。めんどくせえじゃん。興味もないし。(ネコはお気に入りです)


じゃあラヴフールは僕にとってどういう場所かというと、ひとりごとでも日記でもなく、対外化した昨日という感じでしょうか。週5回会社に行ってブラウザを開いたときに、僕が僕を最初の他人として読みたいものを実は書いてる。更新に掛ける時間はどんなに長くても大抵30分程。そして疲れている時と、書きたいことがない時を重点的に更新しています。


一緒に暮らさなくなってからもう5年経った僕のパパのことばの中で一番ココロに残っていること。


プロって言うのは時たまホームランを打つ人じゃない。常にヒットを打ち続ける人、どんなときもだ。


僕はどんなカタチであれ、自分の中のネタを出力し続けて一生ご飯を食べていくことだけは変えない覚悟でいるので「疲れているから」「今日はネタがないから」という理由で更新しないのは、モノヅクリ屋として志が低い!と自分で自分を言い聞かせてるのです。そして体調がダメな時、ココロが空っぽな時に出てきたサイテーのテキストっつうのを、出力屋さんとして責任の持てるレベルに常に保っておきたいという、ちょっとした修行の場とも実は思っている。やっつけでしか片づけられない仕事が10個ある時でも、その全部をちゃんと前向きなベクトルに乗せて、ポンと尻を叩いて羽ばたかせたいじゃないですか。ここは空っぽでクタクタな頭から漏れた深夜のうだうだした言葉を、翌朝のぜんぜん感情移入できないクールな頭で客観視したときのズレを、限りなくゼロに近づけていくための公開実験場なのだった。


だから、ラヴフールの話題を現実世界で会っている人、例えば会社の先輩の話題として切り出されると、その隙間が気持ちの中で埋まらなくてびっくりする。86/日という電子カウンター上の出来事じゃなく、ここで話題として切り出された感情が純粋に86個どこかに存在することに違和感を感じる。例え、日常のなりゆき巡回サイトの内の一つだとして、指先とモニタ上でだけ起こっている遠い世界の話しなんだと言われても。


ところで今日は最高にクタクタでからっぽ。子供の頃には変な匂いのお茶だとしか思わなかったジャスミンティーが疲れたときにはなんかうれしいやさしい匂いなんだと気づいた。添加物系の色や匂いが苦手な僕は入浴剤とかも否定形。でも試すと案外いいのかも知れないと今思った。今日言いたかったことは実はこの3行だけです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010220

2001-02-19

エスキモーシクシク

|  エスキモーシクシクを含むブックマーク



雪がちらついたり、春の息吹を感じたりせわしない2月です。ショーウインドウもすっかり春めいてきて、分厚いコートを着て鼻垂らしながら(しかもねぐせで)その前を歩く僕はエスキモーのようだよ、と思った。


「行ったつもりでホッカイドー!ホッカイドー!」っていう松坂慶子ラーメンの宣伝を見るたびに「って言うか行けよ!北海道!」って突っ込んでいたんだけど、貯金が一円もないのに引っ越しがしたくて仕方がない最近の僕ちんは「したつもり貯金」に近い生活を始める事になりました。イエーイ!(空元気)。今年度で寮を出なくちゃいけない同期の人たちに聞いたと頃によると、引っ越しにはざっと50万円が必要なんだそうな。ごじゅうまんかぁ、一番良かったときのボーナスと150時間近く残業した月の給料がそんなだった気もしなくもない(少ねー!)。そん時は最初のマッキントッシュを買ったんだっけなぁ。8メガのメモリが1万5千円なので取りあえず合計24メガにしといたとかそういう時代、しみじみ。256メガのメモリが1万円台で買えてOS9.1だけで70メガ近くメモリを食っている今からはとても信じられないような世界です。たった5年前の話しだけどな。


マッキが無印良品の換気扇型CDプレーヤーとおなじく無印デジカメ(9800円)を買ったんだそうだ。僕が心配していた壁に4つ木ねじを打たなくちゃいけないってのはどう対処したの?と聞いたら、ぼろい本棚を壊して、壁沿いに立てかけてボード上に固定したそうです。借家住まいがほとんどの日本家屋で、ねじを4つって結論づけた工業デザイナーってすごい感覚だよな。デジカメ煙草の箱サイズで、非常に軽くていい感じ。画像はもちろん値段相応な感じだけど、マックに対応している格安デジカメってこれが初めてなんだよね。この値段で接続キットもついてて、単3電池一本という機動性と、無駄なものがいっさいない感じはなかなかよいのではと思った。カメラ多すぎるので僕は買わない(買いたいけど増やせない)けども。


金城武でおなじみツレプテクーの「鬼武者」がツレプテクー史上初のミリオンに届きそうとか、ゲームボーイアドバンスに300万台の需要とかで、暗いゲーム業界にちょっとだけ明るい兆し?と思ったのもつかの間、「大リストラ策決行」みたいな見出しの経済新聞を喫煙室で見かけてぞっとする。しかも僕の勤めてる会社じゃん。大事なことはいつも外部から聞かされる。まじ勘弁してよー。


明日はひとりぼっちの戦いの日だよ。小心者の僕はプレゼンが終わるまでいつも腹痛シクシク。しかも12万円とかそういう少額の争い、泣けてくる。寝よ。

「20世紀の名言」

|  「20世紀の名言」を含むブックマーク



いかなる教育も逆境に及ぶものはない(ディズレーリ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010219

2001-02-17

ハムトン

|  ハムトンを含むブックマーク



岐阜キャンプに行ったあんぱんまん主任の話。買い出しに行ったコンビニでこんな商品が目に付きました。


「あの懐かしの味 明宝ハムトン」


その先にあるのはどう見てもフツーのソーセージです。しかも何故か1本300円と高価。冒険を誘うきっかけとしては絶妙な値段です。声に出してみると分かりますが、まず「ハムトン」という響きが魅力的(ぶうこ的)。自然にこみ上げる笑いもさることながら、そのでかいPOPに反して、商品自体には一切「ハムトン」の文字がないところもミステリアス。初対面にして「あの懐かしい」と過去に振り返らせる売り文句も気になります。もちろんあんぱんまん主任は「ハムトン」を買ったのです。さっそく皮をむいてかぶりつきました。「‥うまい!」。魚肉ソーセージとは一線を画す歯ごたえは何となく本格派を思わせます。予想外のうまさに他のメンバーにも食べさせるも反応はイマイチ。「そんなはずない、こんなにおいしいのに」。


しかし「ハムトン」って一体何者? 300円に秘められた数々の謎を解き明かしたくなった私たち科学捜査班は、その日を境に調査に乗り出しました。そしてその長年の調査結果を今回ここに発表したいと思います。



【「ハムトン」という動物】
「ハムトン」とは原材料になっている動物の名前でした。ハムトンは岐阜の山に住み、成体は2メートルを越す大型のほ乳類です。全身を長い金色の毛に覆われ、豚に似た鼻を持ち、下顎から頭を越す牙を2本生やしています。ハムトンはその巨大な体と牙で肉食と誤解されがちですが、木の樹液を吸って生活しています。牙の先には穴が空いており、突き刺した木からストローのように樹液を吸い出すことができます。2本ある牙の一方は吸うために、もう一方は木の中に空気を送り込んで樹液を吸いやすくするために使われています。子供の頃の毛は黒く、昆虫を主に食べています。普段は2本足で歩き、腰のあたりをぼりぼり掻くのが癖す。強敵に会ったときは4本足で逃げます。


【製品「ハムトン」の成分】
製品「ハムトン」は動物のハムトンの肉を加工したものではありません。ソーセージに似た包装から、肉加工製品と思われがちですが、動物ハムトンの手の平から出る分泌物が製品「ハムトン」の主な成分です。6本の指を生やした手の平には肉球が合ったと思われる窪みがあり、そこから半固形物である「ハムトン」の原料を分泌します。


【「ハムトン」の発見と製品「ハムトン」の誕生】
動物のハムトンの発見と製品のハムトンの誕生のきっかけは同時に起こりました。江戸時代、山菜取りに山に入った老婆が遭難しました。霧が深く立ちこめ、空は木々に覆われ昼なのか夜なのかも分からず、どこへ向かっても山を下ることが出来ません。体は衰弱し、意識が朦朧としてきました。その時、熊を思わせる大きなケモノが現れ、老婆に向かってその腕を振り下ろしました。襲われる!と身を固くするとその大きな手は老婆の頭をつかみ、恐怖で開いたままの口に大量の分泌物を分泌しました。あまりの出来事に混乱した老婆ですが、口に入ってくる半固形物はもう何日も食べていない温かな食事を思い出させました。ケモノは去り、衰弱しきっていた老婆は途端に元気になった自分に気がつきました。何という栄養価の高さでしょう。老婆はスキップをするように山を下山し、ケモノの存在を村人に広めました。これがハムトンの発見と製品ハムトンの誕生の直接のきっかけだったと言われています。


【「ハムトン」の分泌物】
野生動物の手の平から出る半固形の分泌物ということで、汚らしいものを想像している方もいるかと思います。しかし分泌物と製品のイメージは著しく異なります。製品のハムトンは茶色に近い暗い色をしていますが、それは外気に触れて酸化してしまったあとの状態です。分泌されている時にはとても爽やかな色をしており、ミントグリーン、ホワイト、ピンクの3層から成っています。外気に触れた途端、酸素に反応し、みるみる色を失い、黒っぽく硬化していきます。大半の栄養素(78%)はそこで失われてしまいますが、今日の科学では酸化前の状態の分泌物を製品化することはむずかしいと言われています。


【製品「ハムトン」の製造法】
野生のハムトンの手の平から直接採取します。製造効率の悪さが製品の価格に響いています。ハムトンが養殖されないのはその巨体に見合うだけの新鮮な樹液を提供し続けることが出来ないことと、野生とは言えハムトンは分泌物の提供に昔から人間に協力的である点が挙げられます。コミュニケーションには「ハム笛」が用いられます。6本の竹を籐のひもで編んだ笛はハムトンが仲間同士で呼び合う声によく似た音を出します。その笛を投げるとハムトンがやってきます。一階の採取で取れる分泌物の量は数キログラムです。しかし全国のハムトン消費量の半月分に相当します。江戸時代には熊笹の葉で包まれて売られたハムトンですが、空気に触れる面積が多いために痛みが激しかったようです。今日ではソーセージと同じビニールで酸素を遮断することで、冷蔵で1ヶ月の保存が可能になりました。全盛期は長ハムトン、中ハムトン、短ハムトンとサイズにより3種類の製品がありましたが、収穫量が年々減っていることから、現在では短ハムトンのサイズが「ハムトン」と呼ばれています。


【「ハムトン」の危機】
そんなハムトンも自然破壊の中で種の存続の危機にさらされています。木々の伐採や酸性雨の影響により個体数は既に50頭を割ったという報告もあります。人工授精なども検討された時期もありますが、ハムトンの種の保存については未知の部分が多く、未だに雄と雌の区別さえ分かっていません。


という話しを「つぼ八」でしました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010217

2001-02-15

仕事でもふだんの生活でもパンチを食らってココロがカスカスです。でもチョコ喰ってがんばろ。


今日たまたま小学校の教科書を読んだ。なんか僕が覚えているのと違っててA4サイズで薄っぺたく、フルカラー印刷だった。デザインもなんかモダンで、文字を読まなくても「なんか楽しそうかも」と思わせる雰囲気がある。僕の頃は算数なんか2色印刷でしかも黒と水色なんかで刷ってあって、ただでさえ冷たい数字の世界を、さらに数キロメートル遠ざけてくれるデザインだったり、国語の本にある挿し絵なんか何かに呪われてるんじゃないかってぐらい怖めの版画だったりしてほとんどトラウマです。影絵でやる天気予報とか今でも怖い。


そこでマッキと話したのは図工の教科書がえれえ楽しそうに見えたこと。絵を描く、とかじゃなく、素材と戯れる様々な方法だけが延々記されてる。紙を裂く、クレヨンで描いた上に薄く水彩絵の具を重ねていく、粘土をわしづかみする。それらを使って光、水の流れ、スピードをイメージしてあるベクトルに向けてやると言った展開例もあった。何かを写実的に観察し、2次元の紙の上で再現するなんてページは一つもないのがびっくりだった。「何かすごい大事なものを忘れてきた気がしましたよ」とはマッキの弁。確かにコンピューターという画材が増えてからというもの、反動的にアナログ的な表現がもてはやされたりしてるけど、筆の味を活かすだとか色鉛筆で細かく線を重ねていくだとか、わりと通常の範疇を超えないテクニックに走っているきらいがあるかもしんない。あまりにありふれた画材の種類を前に、本来無限であるはずの表現に、自分たちでわざわざ限界を設定してしまっているような気がした。ちなみに教科書は1冊190円だそうだ。週刊なんちゃらアート創刊!とかみたいなCMでやってる本やかっこうつけたデザイン専門誌なんかよりは、ずいぶん濃い体験ができたな、と思った。

All About Japan

All About Japanを含むブックマーク

http://allabout.co.jp/




20世紀の名言


神とは背中をそっとしてくれるような働きである(遠藤 周作)

ゆうり日記


プロフィール:ゆうり 3さい おとこの子



ゆうり語

「足が眠たくなっちゃたんだよ」
抱っこを要求する際に、用いる言葉。「抱っこ!」と伴に使われる。
特徴として、酔っ払いの様に足をもたつかせ、今にも倒れそうな振りをする。
しかし、実際には眠くない。
対策としては、(14Kgなので^^;)
1.注意をそらす。猫や好きな車などを指先、「あっ!猫だ〜!」「パトカーだー!」など。
2.ひたすら待つ。諦めるまでひたすら待つ。
3.荷物を多く親が持っている場合などはそれを理由に分からせる。


「テジビ」
うまく発音できない言葉がいろいろあります。
テジビ(テレビ)、てんてい(先生)、ベンド(バンドエイド)・・・
真似して「てんてい」を使って会話すると、「「てんてい」じゃないでしょ!「てんてい」でしょ!」と注意されたりします。
おもしろいです。
因みに、私が小さいころ話せなかったので覚えているのが「おしめさま(お姫様)」でした。


ビールみたいな味だな〜」
飲み物を飲んで美味しかった時に、用いる言葉。表情がとても幸せそうになる。
ジュースでも、お茶でも、牛乳でも美味しかったら使う。



負けず嫌いなジャンケン


やっと、ジャンケンを覚えたのですが、それがちょっとずるいのです。


【はじめての決戦】
子:ジャンケンしよ〜。
父:いいよ。
子:じゃ〜。パパは「チョキ」で、ゆうりは「グー」ね。
父:(ん? 保育園で駆け引きまで覚えてきたか・・・)
子父:ジャンケン ポン!


実は駆け引きではなく(当たり前か)、負けず嫌いなだけでした。ジャンジャン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010215

2001-02-14

バレンタイン向きのお話

|  バレンタイン向きのお話を含むブックマーク



バレンタインデーです。ラヴフールも600000カウントを今朝突破しまして、まぁ、ほどほどにありがとう。


今週は忙しいなぁ。あ、そうだ。先日言っていた会社の昇格試験に受かりました。パチパチパチ。別に給料の計算するときに当てはまる数字がちょっと変わるだけで、偉くもなってなければ、給料も全然変わらないとの話しなので、どうでもいいか。提出した読書感想文は、読書感想文の体裁をとっていながら、相当に現状をアジテートしている内容(こんな下らない本を読む暇があったら、僕にはもっとやらなくちゃいけないことが目の前に山積みです!みたいな)だったんだけど、そういうんでもいいんだなぁ、っていうかちゃんと読んでもらってないのかもなぁ、と思った。そんだけ。


検索エンジンって使ってますか? Googleサイコー!と言い続けて数カ月が過ぎましたが、今日気が付いたらi-modeに対応していた。これがまた素晴らしい。検索結果に現れたどんなサイトも5kサイズに刻んで表示してくれる機能付き! やばい、こんなに便利でいいのか? ラヴフールi-mode用のページを特別に作る必要もなく全然フツーに見れました。NTTドコモは100億円ぐらいGoogleに貢いだって惜しくないんじゃないか? もう一生ついていく!って思った。


もう一つ、i-modeをたくさん利用している人の悩みの種として頭を痛めているのが膨大なパケット料。例えば出会い系サイトなんかに出入りしているだけでこんなに請求されるんだったら風俗にでも行った方がまだまし!という意見はよく聞きます。パケット料って言うのは、通信時間じゃなく、やり取りされたデータのファイルサイズで従量課金しているわけなんだけども、このファイルの中の無駄なタグなんかをざくざくダイエットしてくれる無料サイトが登場。すごいなー。頭が上がりませんよ、わたしゃ。


昨日は前の部署の上司、あんぱんまん主任と久しぶりにメシを喰った。意見が聞きたいと言われて企画書を読ませてもらったんだけど、自分の中で大変参考になったことがいくつかあったのでここにメモしておこう。


・そのアイディアの根本にあるテーマを、誰でも体験したことのあるワンセンテンスにまとめる。
(例:朝の布団は気持ちがいい→そのふかふか感を実現した羽毛布団!)
・そのアイディアが部分的にでも実現化され、活用されている具体例を挙げる。
・そのアイディアを強く必要としている人たちを挙げる。
・そのアイディアを実現したときに既存の何と価値を比べられるのかを明解にする。


この4つを一般的な感覚で満たしている企画書なら、無理なく事が運んでいくような気がした。専門用語はいらない。もし絵が描ける人ならその魅力が最大限に活かされているシーンを図解できれば効果は倍増。熱意は重要だけど、データのねつ造とかは良くないね。正直に、誰にでも分かる言葉で、熱意を注ぐ相手が見えていれば、大抵の願い事は実現します。まんま恋愛にも応用できそうです。おおう! バレンタイン向きのお話でしたね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010214

2001-02-12

2001年ステキな年だったで賞

|  2001年ステキな年だったで賞を含むブックマーク



正月に切って以来伸びっぱなしだった髪を切った。やれやれ、また一つ余計にかっこよくなってしまった。途中に寄ったファミコン屋+レコード屋+古本屋で、ゲームソフトの「鬼武者」と「ガンダム」、DVDフィッシュマンズ「記憶の増大」がそれぞれ中古で4980円(本日限り)と書いてあって、100ぺんぐらいその棚の前を行ったり来たりしたけど、近い将来に割とまじめな投資したいこの頃としては目先の事象に捕らわれている場合じゃない、と観念的な僕を登場させてその危機を突破。しかもすぐそばの棚で5年越しでずっと探してたマリマリインディーズ時代のCDを600円で見つけて大喜び。結局目先なんだけども。


髪を切ってスニーカーを探したけど、やっぱいいのがなくて、ひとりでウェンディーズに入り、シナモンアップルパイケーキみたいな奴とシチューみたいのと、ハンバーガーみたいのを食べる。テーブルを拭いたり、トレイを片づけているおねいさんがやたらに手際よくて、しかもちょっと見ないタイプの美人だったのでしばらく目で追いかける。年齢がとにかく不詳すぎて気になる。18〜28の間だったらどれを言われても「あ、やっぱ?」って答えちゃいそう。そんなどうでもいいことを考えるのにも飽きてきて、本屋で買った漫画を読んだ。もう窓の外は夕暮れだ。新しいゲームのアイディアがぽっと浮かんだのでメモしようかと思ったけど、筆記具なんか持っていた試しがなかったのと、書き留めないと忘れるようなアイディアはあまり価値のあるアイディアじゃない、みたいなことを浜崎あゆみがテレビで言っていたのを都合よく思いだして実践。


ところで昨日一昨日とDVDを立て続けに見たんだけど、そのどれもが「2001年ステキな年だったで賞」にノミネートされそうなっつうかされまくりな、出会いになったですよ。

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)

まず最初に手にしたのが、マッキに借りた浦沢直樹の「20世紀少年」。うわー、今更っすねー。っつうか、これから出てくる作品どれもそんな2歩遅れた感じなんだけども(毎度のことです。5歩先か2歩あとって感じね)、熱が冷めない内にこういうのは書いておかないとね。


あのねー浦沢直樹の作品にちゃんと向かい合ったのって僕初めてなんすよー。YAWARA!の頃とかHappy!の頃とかスピリッツを毎号読んでいたりしたんだけども、もうその王道っぷりな展開と、一切無駄のない絵のうまさと、リズミカルなテンポが怖くて、片目で1ページ飛ばししながらしか見れなかった。呑み込まれそうな気がしたんだよな。で、今回、マッキの薦めるところもあって、半ば仕方なく本を開いたんだけど‥ まいった。予想どおりだった。どうしてこんなテンポがよくてわくわく出来るモノを週刊連載出来ちゃうんだろう。ちゃんとしすぎてて、おもしろくって、もうなんか具合が悪くなりそうだった。3巻まで読んだんだけど、久々に時間を忘れて没頭してた。大体先の展開とかチラチラと感じるんだけど、そんな筋書き云々より、完成されてる構成力にはホント脱帽だと思った。頭の中で完成しているモノを紙に写すだけだとしたって、こんなに上手には写せないよ。器が違う人っているんすねー。そう言う意味では「読むんじゃなかった。僕の嗅覚は正しかった」と思った。

人狼 JIN-ROH DTS Edition [DVD]

人狼 JIN-ROH DTS Edition [DVD]

で次が、先輩が貸してくれたアニメ映画人狼」を観た。みんながどんどんDVDを貸してくれるのはいいんだけどさばききれないっつうの。これは今「アヴァロン」を劇場公開している押井守の前の作品。架空の昭和20年代が舞台で、武装をした特殊警察みたいなのに所属している新人隊員のココロの葛藤を描く、と言ったような内容でしょうか、要するにアクション主体じゃない、割と小説的な心象風景の世界。これがまたよかったっすねー。もう尋常じゃない映像のこだわりや手触り感はもちろんのこと、その世界観に作り手が酔っていたりおぼれることなく、ココロの葛藤がダイレクトに伝わってくる気がした。特に人間の表情を線と一色の色で(例えば浮世絵のように)描いていたり、まだ世界が蛍光灯じゃなかった時代の日本の色とか空気のようなモノをすごく自然に感じることが出来た。ここまで理想のイメージをしっかり絵で描ききっていると、実写で映画を作らなくちゃいけない理由って言うのがどんどん見あたらなくなってしまう。「あの場面、スタントじゃなくてタレントがやってるらしいよー」とかそう言う部分にしか価値が見いだせなくなりそう。「アヴァロン」も見所あったけど、僕は「人狼」の方が映画という映像メッセージとして、素直に完成されているなと思った次第です。始まって10分もしないで、もうどっぷりとその世界の中に入り込んじゃってやばかった。息すんの忘れてたもん。劇場版「パトレイバー2」なんかがピンとくる人にはものすごくオススメな感じ。パッケージの女の子が赤いフードを被っているのは「赤ずきん」をなぞっているのかってことには見終わってからやっと気づいたよ。

度胸星 (01) (ヤングサンデーコミックス)

度胸星 (01) (ヤングサンデーコミックス)

そんで最後が山田芳裕の漫画「度胸星」全4巻。火星で消息を絶ったNASAのクルーの「未知との遭遇」話とトラックの運ちゃんをやっている実直な青年が火星探査プロジェクトに参加するという話しがパラレルに語られるSFと言った感じでしょうか。これもやばいぐらいにおもいしろい。僕は物語を紡ぐっていうのは「何かを明解に伝える」(要点はこれという収束)っていう側面の他に「なんだかわかんないけど先を見たくて仕方がなくなる」(怖いモノ見たさっていう拡散)っていう側面があると思うんだけど、これは明らかに後者の方で、もう1ページ先の予想がつかないってことの連続が、ひっじょーに大きな物語の全体の、輪郭じゃなく、手触りや影や匂いとかでいろんな角度から説明されていくっていう感じですね。しばらくするとそのドキドキがオーバードライヴして、あ、これ描いている本人にも操作しきれないドキドキなんじゃんって思いつつも、ライブ会場の興奮やなんかだって実際そうだもんなって感じで受け入れながら、一緒に坂道を転げるようなスピードで駆け下りていく感じでしょうか。もう走っているのか、落下しているのか、わからないスピード感。そういうのを楽しむ。


去年突然連載が終了して、2ちゃんねるなんかで「ヤングサンデーの新編集長の新体制による打ち切りか!」みたいな憶測を呼んで、それはそれはすごかったですよ。(参考リンクhttp://members.tripod.co.jp/dokyo_boshi/)。SFが好きな人にはさらに10倍楽しめると思うんだけど、そうでない僕でも、涙ボロボロ流しながら読んだので、きっとすごい体験が待ってると思います。はー、俺もいいもん作っていこう。そう素直に思えた、最近珍しい貴重な日でした。いいものを喰ったり、いいものを見たり、聞いたり、いい女とつき合ったりっていうのは、生きていく上で表には分類できないけどあまりに大きな意味と価値を持っているね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010212

2001-02-10

デザイナーが戦う相手

|  デザイナーが戦う相手を含むブックマーク



連休です。予定ないっつうの! いや、予定はいくらでも作れる、したいこともある。お金がないだけ。後輩と残業前の夕飯を食べていて、今の会社の給料で5年後10年後を想像すると目の前が暗くなる、というとても前向きな話題に。僕も去年同じ事を考えた。最近では同じ部署の偉い人に僕はどうがんばると給料やボーナスが倍になるんですか? 今の給料やボーナスは何を基準に決まってるんですか? 月に何度か挙げている作業報告書の仕事分類番号に反映されない作業はまったく査定外ってことですか? みたいな感じになって、1時間近く押し問答した結果、僕に限らずぼやーっとした全体の雰囲気しかみてもらってないことが判明。あまりに悔しかったので、自分のプロジェクトに関しては俺採点表、俺報告書、俺基準達成表、など勝手なフォーマットを作ってプロジェクトが終わり次第、突きつけることにしてみた次第です。そりゃ、ラヴフールもカスカスの乾いた感じになるっつうの。


そんなかわいそうな僕ちんに自分からご褒美!って言うとホントに悲しくなってしまうので勘弁ですが、ゲームボーイアドバンスの予約をしたっつうの。ローソンのロッピィという冴えないオンライン予約機を皆さんご存じだろうか。あれってスーパーファミコンゲームボーイのソフト書き換えシステムもついてんだよ! ゲームボーイ版のスーパーマリオバルーンファイトはアレでしか出来なんだ!って言いながら一度も使ったことないですけどね。そのロッピィの上に大きなPOPが立ってた。ゲームボーイアドバンス予約開始!ってな。ポケモン金銀の予約の時は何回アクセスしても「回線が混雑しています」でヤキモキした親子が全国に200万人ぐらいいたような雰囲気だったけど、今回はなんか呆然とするぐらいつるっと予約できた。さんざんメディアで270万台の需要に対して100万台しか初回は出荷されないから売り切れ必至!急げ!みたいに煽っていたから、イベントを楽しむつもりでちょっとドキドキして、予約開始時間からわざと30分遅れでローソンに行ってみたりして、自分を追い込んで楽しもうと思っていたのによー。色はどれもカンペキにイマイチ、いや、イマ3ぐらいだったけど、もうどうでもいいって感じにシースルーの水色の奴にした。さむーい! オレンジのが出たら即買い換えます。


ところで1101.comの任天堂コーナー「樹の上の秘密基地」にアドバンスのデザイン座談会みたいのが連載されてるんだけど、全然共感できなくて最高。どうしたい、こう見せたい、ここがかっこいい!っていう夢のある話しは1ミリもなくて、インハウスデザイナーサラリーマンデザイナーのこと)の悲哀ばっかりが感じられるツラめの話しが満載です。さんざん社内でいじり倒した挙げ句に、社外のフランス人デザイナー(外注)に放り投げてできたのがあのデザインだそうな。液晶を覆うガラスの周りを囲む台形のゆるーい線とか、任天堂らしくなくてなんかむかつく!と思っていたらやっぱりフランス人の仕業だった。あのラインに自分の固定観念を壊されてハッとしたと任天堂デザイナーは言っているけど、いじりすぎてとっちらかった要素を、単純に外の血を入れて全く違う観点から組み立て直そうという話しだったようですね。


じゃあインハウスデザイナーの仕事ってそもそもなんなんだよっていう素朴な疑問にぶつかる訳なんだけど、どうやらデザイナーを辞めた僕が思うに、デザイナーという職業が「ちゃんと機能する」為には、戦わなくちゃいけない場面って言うのがたくさんあって、それは芸術家や設計者の専門家的な部分ではなくて、偉い人の気持ちをなんとなく動かせちゃう(悪い言い方で言えば)策士的な部分が、想像していたよりずっとずっとほとんどの部分を占めていることが分かったよ。デザインっていうのは、いいものが出来ようが出来なかろうが、結果から成果を割り出すことが出来ない業種なので、なんか面倒くさいことを言って、お金や手間を増やしたがる奴って思われていることが大半です。だからそれをちゃんと「効果的」でデザインに力を入れることが「全体にどう作用する」のかを、フツーのおじさんに翻訳してあげられる策士、あるいは策士的な才能を持つデザイナーが必要。世の中には本当にモノを作っているのかどうか疑わしいのに、なんとなくお金の集まりが良さそうなクリエイター気取りな人っていうのが多いなーって思ったことないっすか。どうやらそれって「翻訳がうまい」っていう才能らしいですよ。で、ここからがびっくりなんだけど、お金儲けをするっていう観点から言ってしまえばアレだ。要するに自分で飛び抜けたモノなんか作れなくたって説明さえ出来れば、お金は動くんじゃん!という結果です(アドバンス対談の隣にあるゼルダ対談がまさにそんな感じなので必見です)。だったら、日本の製造業で言うところのホントのデザイナーって言うのは、ターゲットと商品の大枠やジャンルを偉い人を説得させながら、決めていくところなのでは。徹夜して図面を引いたり、粘土を削ったりっていうのは、モノが出来ていく過程の中の全体の割合として、そんなに重要な位置を占めてないように見えるのでは。という懸念にぶつかるわけです。その自覚が始まって(あるいは幻想が壊れてみて)初めて、デザイナーが戦わなくちゃいけないのが他社の製品なんかじゃないことが分かる気がする。世界を変えるのはそんな相対評価で計れるもんじゃなく、初心をストレスなくアウトプットできる環境に自分で自分を置いたデザイナーだろう、と僕は思うんだよね。戦ってるのは知ってる。でも意味のあるところで戦えてる? そんなことを思う最近なのだった。転職雑誌のCMとか目に付きすぎ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010210

2001-02-08

最近の若者

|  最近の若者を含むブックマーク



篠龍(篠原ともえ宇崎竜童)の「キャラだもん」ってタイトルでも一度自分を裏切っているように、ミニモニのような突き抜け感がありませんね。自制心が表現の邪魔をするいい例だと思います。


ずいぶん前に聞いたニュースによれば、今の小学生の男の子が将来なりたい職業は「大工」なんだそうだ。あと話しは変わるけど、古道具屋で今「卓袱台(ちゃぶだい)」が飛ぶように売れているんだとか(これはトゥナイト2か)。どっちも聞いた時に「あぁ、分かる気がする」と思った。大リーグ選手じゃなく、プール付きの豪邸じゃなく、みんなにそう言わせてしまうのは、幸せはお金で買えなくて、「自分が絶対の責任を持てる半径」の中でしか築けないことに、もう最初っから諦め混じりでスタートしちゃってんだなぁと思った。実際、大リーグ選手とプール付きの豪邸が、大工と卓袱台より、どこがどう優れているかなんて比べようがないし、幸せなんて主観的な感覚だから比べる意味もないんだけども。そろいも揃って大工に、卓袱台っていうモチーフを挙げてくる頭は逆に発想が貧困だよな、と思った。


親戚の子供は小学校6年生で、サッカーテレビゲーム遊戯王のカードが大好きだ。でも、偉人伝を読むことや、日本の城のプラモデルを作ることや、なにより貯金が大好きだという。「何か欲しい物があるの?」と貯金額が未だに0円の僕が問い掛けると「別に。ただ貯まるのが好きなだけ。老後のためにかな」と、からかいとも本気とも取れない返事が返ってきた。冗談は言わないタイプの子供だったから、ちょっとショックだった。いつの時代も前の世代の期待通りな若者なんていないんだけどもさ。


最近、ラヴフールもサバサバした感じが過ぎるなーとお思いのあなた! そんなあなたに今日はプレゼント。会社の先輩、斉藤さんに作っていただいた子育て日記です。晴れて今日ここに公開。子供ほどオリジナリティのある存在っていない。有無を言わさぬ面白さ。


ゆうり日記
プロフィール:ゆうり 3さい おとこの子



タイガーがくる


父:今日は保育園で何して遊ぶの?
子:今日はタイガーがくるよ!
父:怖いな〜。食べられちゃうジャン!(今日も来るのか・・・)
子:檻に入ってくるし、タイガーがガオーってやっても、開けられないんだよ!
父:壊れちゃうんじゃないの?
子:壊れても大丈夫、逃げるの早いから食べられないよ!




ついてから!


洗面で歯磨きしている父母とLDで遊んでいる子


父:もう寝る時間だから、おもちゃ片付けて、ハブ(はみがきの事)しなさい!
子:ついてから!(洗面所へ駆け込んで来て、戸を閉めつつ。)
父:??
子:ロケットなんだよ!
父:(笑)なるほど。(でもどこへ??)




(続)ついてから!


今日も洗面がロケットになってます。


父:このロケット何処へ行くの?(ちょっと期待して聞いてみると)
子:おばあちゃん家!
子:あぶない!降ってきた!
父:え! ??
子:お菓子が降ってきたんだよ!でもよけたから大丈夫!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010208

2001-02-06

ロボに代用できないこと

|  ロボに代用できないことを含むブックマーク



「ミェイプルシナモーン、ミルクカカオー」(裏声で)でご存知「Chattime」ってお菓子がとまんねー。特にメープルシナモンを口に近づけていく時、なぜか一瞬カレーの匂いを感じるあたり、要確認ですよ。


メールマガジンより転載


今日の雑学は お札 についてです。


銀行のCD機で、ピン札がでてきたりすると何となくうれしいものだが、では、お札の寿命はといえば、千円札・五千円札で、およそ一年、一万円札では、およそ二〜三年という。千円札・五千円札の寿命が短いのは、やはり使用頻度が高いこと。一万円札の寿命が長いのは、誰もが手にした一万円札を大事にするため。ちなみに、日銀によると、それぞれの紙幣の流通シェアは、一万円札が約56パーセント、千円札が約37パーセント、五千円札が約5パーセント。



ケモノは苦手だーってずっと思っていたんだけど、カナちゃんちの犬「ガム」はなんだか知んないけど僕にベタ惚れで可愛いです。オスだけどな。僕の顔や耳を舐めたくて仕方がなくて、びょんびょん飛び跳ねて、僕の顎に頭突きでアッパーを食らわして唇から血が吹き出たりしても、ま、いっかと思えるようになった。遊んであげないでいると寂しい声でくんくん鳴いて、泣き落としさせようとするところや、邪魔者扱いして閉めたふすまを助走を付けて突破しようとしてくる時のリズミカルな足音や、ボールを投げてよ!取ってくるから!ってすんげえ得意満面な顔で僕を見上げる時なんかに、フムフム、くるしゅうないぞ、などと思います。


aiboが話題になった時、飼い主のインタビューなんかを見ると、「私の家はペット飼えない建物だけど、aiboがいてくれるからさみしくないの」というような紋切り型の文章をよく見かけたもんだけど、あれがわざわざロボらしいロボなデザインなところを見ても、アレはペットの代替品ではないのだな、と思います。多分全然違うモノの進化過程の第一歩としての犬。つまり人間のそばにいる、意志をもった優しい存在をパッケージするメタファーとして「4本足の犬」という包装紙が選ばれただけなんだろうなと思った。こないだ人型のロボットがパラパラを踊っていたけど、あれも人を模したモノを最終形として目指しているんじゃないんだろうな。手段と目的は時々入れ替わったり、入れ替わることで宣伝などにうまく利用されたりするので要注意です。


話は飛ぶけど、キティちゃんの顔に口や表情がないのは、それで遊ぶ人が感情を投影しやすいようにそうデザインしたからなんだそうだよ。動かない物に対してはそれはベストの選択かも知れないけど、時間軸を持った表現物にはそれは当てはまらないね。例え彫刻のように止まったものでも、動きや仕草が感じられないと、共感を起こすことができない。aiboを初めて見たとき「すっげ!さすが!」って思ったのはわざわざロボットロボットの造形に落とし込んだところ。あれって生き物らしくない関数的な仕草が一番不自然に見えないデザインだと思いませんか。だってロボットだもんって頭で一度理解させることで、逆に生き物らしいちょっとした仕草を強調させることに成功しているし、ロボットなので止まっている姿が「固まった生き物」に見えないところもまた工夫があると思うなー。少なくとも毛が生えていたらそうは思えないもんね。


実際の生きている方の犬を見ていると、動いてない瞬間は一瞬もなくて、動きが命令ではなく、自分の関心にのみ沿ったものであることにまずうれしくなる。もうなんつうか感覚オンリーなとこね。全然理にかなってないとこ。怒られても怒られても繰り返す悪さや、繰り返しをせがむくせに自分ですぐ飽きるとことかね、最高。そしてそれらはロボで代用できるようになってもまるで意味をなさない気がすんのね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010206

2001-02-05

気持ちムカつく

|  気持ちムカつくを含むブックマーク



ブサイケデリコの「コ」は、最初ラブサイケデリックオーケストラって付けたかった時の名残の「o」なんだって。縮めてなかったら致命傷だったな、こりゃ。


節分も過ぎまして、もうオレの中では何が鬼なのかは半年前からはっきりしてんだけれども、オトナのアレって具合に程々に曖昧にしながら、豆の存在なんか微塵も見せずに話しを聞いて、大事なチャンスの瞬間だけは見逃さずにえいや!ブスッ!ってやっちまいたい感じの今日このごろです。(グチです)


「超」って言葉はもうフツーに使われるようになってしまって、あんまり常識の範疇を飛び越えたスペシャルな表現という感じが薄れてきてしまったので、代わりに使えて耳に残る言葉を発見しました。「気持ち」です。よく額縁なんかを壁に掛けている時に、水平をしっかりとることができなくて、遠くの方から見てもらいながら「どうーお?」って聞くと、「うーん、気持ちちょっと右が上がってるかな?」の「気持ち」です。これを「超」の代わりに使う。


超ムカツクよねー! → 気持ちムカツクよねー!
超ブルー → 気持ちブルー
超きもちい → 気持ち気持ちい
超気持ち悪い → 気持ち気持ち悪い
キムチの日持ちに超無知なムチムチ  → キムチの日持ちに気持ち無知なムチムチ


「気持ち」っていう単語を頭の中で、一回「ん? 大したことないって意味だからー」って変換が入る時の引っ掛かり具合がグーだと思うんだがどうか。

映画「AVALON」

|  映画「AVALON」を含むブックマーク

アヴァロン Avalon [DVD]

アヴァロン Avalon [DVD]

映画「AVALON」を観たね。なんか、言いたいことは1行あれば済むくらいシンプルなのに(シンプルであることは大事です)、演出が無駄に仰々しくてストーリーに集中できなかった。オペラ風の音楽が2度も歌詞付きで登場するんだけど、なんでそれが必要なのか分からんし、「現実←→仮想現実」っていう対立関係も、最後にもう一度観客を裏切りたいっていう作りのために、結果的に膨大な曖昧さを許してしまった感じ。なんつうか、CM映えするシーンの少ない「マトリックス」みたいというとわかりやすいでしょうか。あと、実写と境目のないCG技術が話題だったりしますが、そんなのことはストーリーの上では結構どうでも良くて(尋常じゃないこだわりは感じます)、セピア風でつづられる画面が終盤でぱっとカラーになるんだけれども、その時の意味の持たせ方がすごくいいなと思った。裏返しのリアルというか、作り物が手に取るようにリアルになることが、逆に嫌悪感を抱くぐらいのフェイクに感じられる瞬間ってあるじゃないですか。逆に言うと現実世界でもつやつやの野菜を見てプラスチックみたい!って思うような、そういう違和感を的確に描いていて、安っぽい実写映像に、こういう切り口から意味を込めた作品は僕にとって初めてだったので、すごくドキドキしたよ。要点をまとめると優等生じゃないけど、ちょっと光ってるところのある奴、そんな感じでしょうか。ちなみに超場末の小さな映画館には10人もお客がいなかったね。それだけでも観て良かったって思えたかも。

20世紀の名言

|  20世紀の名言を含むブックマーク

あまり他人の同情を求めると、軽蔑という景品がついてくる (バーナード・ショー

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010205

2001-02-02

2個買えるじゃん

|  2個買えるじゃんを含むブックマーク



はい、お察しの通り「いつでも会える」という絵本が大嫌いな俺です。


連日のセガ報道はもう、坂道を転げていく買い物袋のリンゴのようで、拾ってあげるのも忘れて、「あー」ってだらしなく口を開けながら、あるはずのない既視感を感じちゃったりしてる。ドリームキャストが3月1日から9900円!という報道に今日会社は沸いていたけれども、どうなんだ? 一般的な反応としては。僕の会社にいる人はゲーム好きな人しかいないはずなので、ぜんぜんフツーの反応とは思えない。ここがゲーム屋さんのやりがちなもっともあやういサンプル現場です。普通の感覚の人がいなさすぎ。9900円って聞いたときに、今までの半額ならお得だし買うよ、じゃなく、へぇ、じゃあ同じ値段で2個買えるじゃん、お得、って感覚の人たちですからね。


マーケット的には「ドリームキャスト欲しいよなー、でもなー」って優柔不断だった一部の層の肩をぐっと押してあげたところで終わりだろうね。在庫一掃セールだからそれでいいんだろう。でもゲーム機(特に据え置き型)って安いからって理由で買うんじゃないよね。欲しいものや必要を感じたものはいくらだってお金貯めてちゃんと買うんだしさ。ネガティブな意見を続けると、「バーチャファイター4」や「サクラ大戦」などの大物タイトルがツレプテクーで発売予定、とあるのも、実はあんまり売り上げは見込めないと言う見解もある。いや、本体の普及台数以上にソフトが売れることはないし、ドリームキャストより既に普及していてこれからも伸びると思われているツレプテクーの上で売れば、ドリームキャストで出すより売れる可能性は充分にある。でもセガの支持者って言うのは濃い人たちばかりなので、そこに強く訴えかける種類のキラーソフトを投入しても、結局ドリームキャストを持っていた人たちが渋々プレステ版を買う、つまりハードが代わっただけで新しい購買層には広がらないのでは、という懸念だ。逆にハードが代わったことでよくなりそうなのは「スペースチャンネル5」シリーズや「クレイジータクシー」のような、最近のセガの、直接のキラータイトルじゃない、地味目だけど粒ぞろいな傑作群。これはツレプテクーをすでに持っている人みんなが「セガもけっこうおもしろいね」って感じに市場として見込めそう。要するにこれからはハードを牽引しなくちゃいけない義務と言うのがなくなった分、前より自由に創作活動(大作主義だけじゃない、いろんな種類のおもしろさを提供していくという意味)ができればいいなというのが一番の希望。「アーケードのあの人気作を完全移植!」って事を売りにしてきたこれまでのセガのスタイルからは早く脱皮した方がいいよね。ゲームセンターに魅力がない今の時代なんかは特にそう思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010202
1995 | 11 |
1997 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |