ラヴフール (www.lovefool.jp) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2001-04-29

最初のステップ

|  最初のステップを含むブックマーク



家捜しは楽しい。こないだまで家捜しをしていたspinn寺本君も言っていたけど、自分が本当に望んでいることが、いろんな不動産屋が示す様々な条件の部屋を前に、どんどん磨かれていくと言うか、見え切れてなかった本当の姿を現し始めると言うか。


一度、不動産屋に連れて行ってもらった現地を、いろんな時間に徒歩で駅と往復してみる。そうして、朝、仕事に急ぐ時の気持ちや、夜、仕事にくたびれたときの感じや、雨の日に傘を忘れたときの感じや、うだるような真夏日や、耳がちぎれそうになるような北風を想像しながら、何度も往復する。駅まで来てくれた友達に電話で道順を教える時のこと、鍋を囲みながら足りないお酒や材料を自転車で買い出しに行かなきゃいけない時のこと、病気で誰も看病してくれない時のこと。眠れない夜のこと。


それはさながらゲームのようだし、デザインのようだし、小説のようだ。仕掛けの決定、未来の設計、ストーリーの源泉。僕が始める最初のステップ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010429

2001-04-27

出口

|  出口を含むブックマーク



ひとつ分かったのは、お別れ会はどう終わっていいのかやっぱりわかんないということ。マッキがいなくなるとまずい弁当を分かち合う人がいなくてさみしいなと思ったこと。辞めてく先輩達が助けてくれたのは技術だけじゃなく、泥臭いやさしさがたくさんあったんだなってこと。泣き顔とも笑顔ともつかないそんな顔で、柔らかな草の息吹を吸い込みながらしんみり。お互いが歩いた先が出口だよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010427

2001-04-26

お別れ会

|  お別れ会を含むブックマーク



お別れ会に行ってきた。デザイナー時代に掛け値なしにお世話になった先輩が、会社を辞めてもうすぐ福島の実家に帰る。いつものようにお酒の飲んで、いつものように腹の底から笑って。でもやっぱりもう一生会わない可能性だってあるんだってことを認めたくなくて。帰り道のアスファルトの上でふつうに「じゃーねー」って手を振りたかったけど、やっぱり「お世話になりました」って言わざるを得なくって。言った後の先輩の顔を見て、なんて悲しいことを言ったんだろうって、でも他にどうしたらいいのか、今の僕には分からなかったよ。


明日もお別れ会だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010426

2001-04-25

たった一言

|  たった一言を含むブックマーク



1+1は?と聞かれたら「すんげえ1」、あるいは「2より多め」と答えたい。スーパーカーはあるバラードで次のように唄いました。


ふたりの道にはふたつの意味が、ひとりの道には一つの意味が


読んだまんまでいいですが、ふたつが一つになることで一方の道を結果的にあきらめるなら、選んだ方の答えを2以上にしたいのです。そのためのチカラを下さい。チカラを漲らせるだけの勇気を下さい。それはあなたのたった一言で済むことでしょう?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010425

2001-04-19

takanabe2001-04-19

どうぶつの森、宇多田、松崎ナオ

|  どうぶつの森、宇多田、松崎ナオを含むブックマーク



朝、電車に乗る時、寝ぼけて座席の横に付いている「つ」みたいなカタチの鉄のパイプの上に全体重で腰掛けてしまって、尾てい骨と局部を強く打ち付けた。電撃と共に全身にどっと脂汗が吹き出した。でも周りを気にしてなぜだか澄まし顔。でもやっぱり痛いものは痛いので、泣き出しそうな顔に。


ロクヨンソフト「どうぶつの森」がラヴフールにゆかりのあるサイトの間で話題沸騰中。あれだけ騒いでおいて買っていない僕は仲間に入れず指をくわえたままです。やった人の意見の共通点をまとめてみると大体こんな感じ。


・ゲームっぽくない。
・ノルマをこなすと言うより、その世界に存在し関係することを楽しむ感じ。
・っていうかロクヨンDD(オンライン)の企画じゃん、やっぱ。
ファミコン最高(おまけでファミコンソフトのデータが2本ランダムで付いてくる)
・あたたかい。
・魅力を要約できない。これから要約できる予感もない。
・何が起こるか分からない。不思議盛りだくさん。


3つめと4つめは別格として、それってまんま「恋」じゃん、と思った。うわーん、ずるいー。


らきのんじゃぺんの最新号が宇多田ピカチュウの表紙だったので立ち読み。中途半端な胸元チラリグラビアを一通り確認した後、岡村靖幸の電話インタビュー記事を読んだ。なんか言い訳臭いことしか書いていなかったので、半ページ読んで止めて、しばらく後に松崎ナオのページを見つけた。まぁ要約すれば、永かった霧が晴れまして、自分で納得の行くものが出せました、という内容だったんだけど、そのアルバム「虹盤」の広告を見て気が付いたことがあった。大きく開いた口にのぞく歯に、何か付いているのだ。んー?と思って目を凝らすと歯の一本に虹の絵が合成してあった。でもどれだけひいき目に見ても青海苔が付いているようにしか見えない。またちょっと心配の度合いが増えた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010419

2001-04-18

新しいツレプテクーとゲームキューブ

|  新しいツレプテクーとゲームキューブを含むブックマーク



会社で新しいツレプテクーを買った。後ろにハードディスク用の穴が空いている、今日発売のやつ。そうなんだ。僕の部署には今日の今日までツレプテクーがなかったのだ。ゲーム会社なのに! PSoneDVDプレイヤーはあったので、まぁいっかと言えば、いいような気もしていたんだけど、普通に考えればやっぱり変だったに違いない。僕んちにある初期型と比べて、何となくだけど騒音が小さくなったのと、本体のシボ(プラスチック表面のつぶつぶ)が前より深くなった気がする。逆に言うとそれくらいしか感想はありません。それとワンダースワンカラーも買った。僕が買いに行ったのでオレンジ色です。白黒のは持ってるんだけど、あれと同じ重さで感動! 軽い! アドバンシュの半分以下の重さだ。オレンジ色なせいもあって、水色のアドバンシュよりすぐに愛着がわいた。これで遊びたいゲームが2、3本あればねぇ‥。液晶は言われているほど見にくくはなかったんだけど、ミスタードリラーをやったら落ちてゆくブロックの残像がちょっと気になりました。


ゲームキューブの発売日が決定、と言うか延期になった。7月の予定から9月14日に。任天堂フリークな皆さんは、ハードの延期について何故か慣れっこなので、あぁ、最初の延期ね、というのが正直な感想でしょう。まぁ、年内だったら文句ねぇか、みたいなね。どんなに急いで出したって、やりたくてたまらないソフトを充分に揃えなくちゃ、ツレプテクーみたいに高いばっかりでなんだかわかんないハードになってしまうので、果物が熟すのを待つように樹の下待っていようと思う。「E3で評価が悪かったら、発売自体を棚上げするかも」なんて言う今日の山内社長ですが、僕はこれを自信の裏付けから来る発言だと深読みしてみました。ひいき過ぎるかしら。


マッキが今日の午前中会社を休んで、無事自動車免許を取得したそうだ。早速会社のマックの壁紙を取ったばかりの免許書の画像にしたりして。地味にアピール。多分彼なりのうれしさの表現なんだろうな、と思ってみた。通りがかりの人に指摘されるとちょっとだけ恥ずかしそうな笑顔。ふふふ。


おー、やった! たった今「マリオアドバンス」クリア! もう野菜を見るのはうんざりだ。なんか新しいステージが始まってる気がするけど、多分気のせい! 終わり終わり! やったー! マッキの「くるくるくるりん」と貸しっこしよっと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010418

2001-04-17

アドバンシュのせい

|  アドバンシュのせいを含むブックマーク



あまりの絶望感で具合が悪い。どれぐらい悪いかというと「マリオアドバンス」があっと言う間に最終面に辿り着いたけど、ボスの倒し方がさっぱり分からなくて野菜を持ってオロオロしちゃうぐらい具合が悪い。アドバンシュは何十時間使ってみてもやっぱり人間工学的に納得できないところが多すぎる。みんなが指摘するLRボタンの位置や形状だけでなく、一日1時間もプレイをすると目がしょぼしょぼになるし、背中の変なところが痛くなります。ビジュアルデザイナーが中間色を使いすぎてコントラストが足りないせい(見にくい)と、ボタンの位置が変なところにあるので指に無理なチカラを入れてしまうせい。もう何もかもアドバンシュが悪い。食欲がないのもアドバンシュのせい、日本の不景気はアドバンシュのせい、会議の時あくびが止まらないのはアドバンシュのせい、何かもの悲しい日が続くのもアドバンシュのせい。そんな気分です。


あまりに気が乗らなさすぎる上に、訳のわからん会議ばかりで時間が過ぎていくので、何かお絵かきっぽいことがしたくなって、新しいラヴフールのデザインとか模索してみた。なんかイメージとしては水平垂直で四角の中に収まる感じから脱したいなー、でも面倒なことは極力避けたいなー、そんな感じ。4月中にはりぬーあるすると思うので、適当に期待してください。


昨日ニュース番組かなんかで25年間ほとんど家から出ていない引きこもり男性だかの特集をしていて、別に見るわけでもなくチャンネルを回さずにいたんだけど、その引きこもり男性(ちょっとハゲ)が、外界に目を向けるきっかけとなった音楽が紹介されていた。それが他の誰でもない「松崎ナオ」の音楽なんだそうな。画面には彼女のライブが映っていたらしいんだけど(厳密には彼女のライブを見ている引きこもり男性)、肝心なその部分を適当に回した他のチャンネルで見逃してしまった(流れた曲は「電球」か「白いよ」にちがいないと想像)。ぴろりーんと届いたメーリングリストに「今、4チャンネルにナオさん出てる!」って書いてあるのを見て、慌てて注目し始めたんだけど、時すでに遅し。いくらじっと見つめていてももはや引きこもり男性(ちょっとハゲ)しか出てこないのだった。んむう、もったいない。そして引きこもりに熱烈に好かれるあたりで、ナオちゃんのブレイクはまた数十歩、確実に遠のいたなー、とも思った。以前、音楽の好みが割と隣り合わせっぽい先輩にナオちゃんを聴かせたときも「暗いからもういい」って言われたしな。ちぇ。ニュウアルバムは2枚買いするけどね。オレも暗いし。


帰り道、通りがかりのコンビニで女子中学生が食い入るような目で「egg」を立ち読みしていた。ワカメちゃんみたいな感じのおかっぱのすごく大人しそうな子だったのでちょっと気になった。今年の夏あたりにデビュウしちゃうのかな、とかね。明日、あさってはずっと雨だそうだ。あ、会社休み? いえーい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010417

2001-04-15

分り合えない

|  分り合えないを含むブックマーク



僕の子供は双子でその上、勇者の血を引いてやがって、そんなわけで魔王を倒しました。やっぱドラクエは5が好き。いや6は途中でとまったままだし7は触ってもいないから選考に入ってないですが。


無事世界に平和が戻ったので、うーんと伸びをした。iBookのアダプターで思わぬ出費があったから、ついでにもうやりそうにもないゲームや、もう見そうにないDVDを売ることにした。まぁこれでちょうど1万円でしょ、と思ったらまさしく1万円で、そのお金で2000円の床屋に行って、1500円の「サブカルチャー世界遺産」という本と、中古の岡村靖幸スチャダラパービョークを三枚1200円で買って、夕方4時頃、ひとりでパスタを食べた。その後気づいたこと、魚介類のパスタとアイスティーを食べた後は50%以上の確率で具合が悪くなる。なんでだ? 電車に乗ったら思い切り酔ってしまいました。


サブカルチャー世界遺産」はおもろい本で僕が知った顔で過ごした十代のマストアイテムがほとんど網羅されていて、かつ「サブカルチャーなんてモノはもうない」というテーマでまとめられている。なんつうかズバリ今の僕です。アイテムや趣味の集合でその人なりを表したり、感じたりっていう時代はとっくに終わったのだと90年代以降強く感じます。つか、めんどくせえ。既成のスタイルに自分から収まっていくことや、偉い誰かの知恵の断片で武装するのはうんざり。サンプリングカットアップリミックスもうんざり。ロックのためのロックも、デザインのためのデザインもいい加減にしろ。そういう気分です。分かる人にだけ分かればいいや。


話しはずれますが、会社でデザイン資料として「アイデア」という雑誌を定期購読している。先週デザイナーの人に「こんな本要らない、来月からもうとらない」と言われました。最新号はテクノで超有名なアンダーワールドを内包する芸術集団「トマト」の特集で、印刷ではなかなか再現できないだろう色合いの、下手すると単色とも受け取れるページが延々100ページ近く続いていて、そのページをハラハラめくっていくだけで僕なんかは自分からはけっして出てこない新しいセンスの洪水が脳に直撃して涙が出そうになっていたんだけど、僕の部署のデザイナーのココロは1ミリも動かないのでした。「だってそんな色のページばっかじゃ、絵を描く役に立たないんだもん」。それを聞いて、あぁ、これは説明しても分かり合えっこない、と思って脱力した。彼女は「使える」技法や、今っぽい「キャラクター」の描かれたネタ本が欲しいのだ。美味しい料理を作るのが僕と彼女の仕事だと例えるなら、料理のために「新しいイメージ」「食べたこともない味覚」を求める僕と、「野菜の切り方」や「茹でる時間」「流行の料理」を知りたい彼女。


同じ目的を持っていても、分かり合えないモノってある。だけど僕はそこで終わりにしたくない。僕には僕を伝えるためにどんどん取っ払っていかなければならない「サブカル臭」がまだまだ染みついているんだろうな。僕の欲しい本は僕が買えば済むことだけど、僕の感じることを正しくデザイナーに汲みとってもらうにはまだまだものすごい時間がかかりそうだよなーと思った。


最後に十代のマストアイテムの一部(本に載っていたものから)を公開。僕が十代を終える92年まで。恥ずかしさでいっぱいです。


disc:「ごはんができたよ」矢野顕子、「BGM」YMO、「スネークマンショースネークマンショー、「ビデオゲームミュージック」細野晴臣監修、「未来派野郎」坂本龍一、「非実力派宣言」森高千里、「靖幸」岡村靖幸、「ワールドクリーク」ディーライト、「カメラトーク」フリッパーズギター


book:「ゲームセンターあらし」「タッチ」「北斗の拳」「AKIRA」「ドラゴンボール」「ちびまる子ちゃん」「ジョジョの奇妙な冒険」「感染るんです」


game:「ゼビウス」「リブルラブル」「ポートピア連続殺人事件」「グラディウス」「たけしの挑戦状」「スーパーマリオブラザーズ」「ドラゴンクエスト」「シムシティ


anime:「機動戦士ガンダム」「コブラ」「幻魔大戦」「風の谷のナウシカ」「AKIRA


movie:「ブレードランナー」「未来世紀ブラジル

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010415

2001-04-13

バタバタ

|  バタバタを含むブックマーク



バタバタしてる? してるしてる。iBookを持って仕事を早めに切り上げて修理に行ったっすよ。そしたら2時間前に修理カウンターは受付終了しましたとか言いやがって。なんかそのまま帰るの悔しいから、アダプターが壊れているのか、本体がおかしいのかわかるように、店頭のアダプターを僕のに刺させてもらった。そしたらフツーに充電開始。んだよー、断線かよー。まー、保証書でそれは対応してもらうとして、そのしばらくの時間はどうにもならないからやっぱアダプターぐらい買っちまおうと思って店員に聞くと在庫まるでなしって返事。閉店5分前に他の店に駆け込んで、純正じゃないけどちょっとコンパクトサイズのアダプターを発見! げ! い・い・いちまんはっぴゃくいぇん?? でも選択肢ないしね。買ったさ。


仕事が一段落したと思ったら仕様書レベルのキラーコンテンツ(一等賞になれそうなやつ)を4日間であげなさいっていうお達しがあって「ははは、馬鹿おっしゃい!」と高笑いしたものの、全然本気の命令だったので、笑顔のまま固まりました。でも優秀な後輩とせーの!どん!ってやっつけた。今日完成。やっつけられるものなんだなぁ。個人が持つネタっつうのは有限なので、有限な中でいかに意味のあるタイミングや演出で切り出すかって言うのは重要な才能だと思う。その才能を自分でハンドリングできる人はサラリーマンなんかやらない。自分で会社を建てるでしょう。そう思うとやっぱ4日ねって言われた時に、温め足りないたまごのネタをずるずる出して行ってしまうのは、なんだかひどい消耗。たぶん上の人とか4日で毎回出来るもんなんだ!とか思いかねないしな。まぁ、アイディアを出し惜しみをするほど偉いもんでもないけども、アイディアの展開や極近未来のテクノロジーとの相性を考えて整理したあとのものじゃないと、自分の出したネタで将来の自分の首を絞めかねないなーと思ったよ。ま、今回は新鮮だったので良かったとしよう。もうやらんよ。


毎日巡回する情報系サイト(リンク参照)の中で、「TERRAZIとゆかいな仲間たち」というページがあるんだけれども、昨日ぼんやり眺めていたら、自分の名前が載っていることに気が付いてびっくり。ずいぶん前から載ってたんだなぁ、全然気が付かなかった。100万アクセス記念の、無断リンクを逆無断リンクしてやるって企画。やべぇ、何言われるか分かったもんじゃねぇぜーとおそるおそる短いコメントをのぞくとなんとまさかの誉めコトバが。やーん。しかし無断リンクを逆無断リンクして無断相互リンクにするってぇのはそうとう頭の切れる人だと思うね。ラヴフールは「リンクフリー」とも「無断リンク禁止」とも謳ってない。webの特性を考えたら「無断リンク禁止」も「リンクフリー」もまぁ、作り手の指針としては分からなくもないけど、意味ねぇじゃん、軸がずれてるじゃん、と思うからです。でも今回てらゆかを見て、あえてリンクについて謳ってもいいかもと思った。ラヴフールは無断相互リンク推奨です、ってね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010413

2001-04-11

温泉の続き

|  温泉の続きを含むブックマーク



どーすんだよー。iBook壊れちったよー。いや、正確には壊れてない。ACアダプターが刺さってることに気づかなくなった。まったく充電できない。要するにアレっすよ。充電池が切れたら、もうただの重い貝殻っつうか、そういうオブジェ? おえー。どーすんだよー。悩んでいても仕方ないので、保証書を探しました。見つけた! ええと? 保証期限2001年4月8日? おととい?


そんなわけで久々に昔マックを使っている。埃がかぶっていたのをふーって吹いたりして、モデムのつなぎ方もすっかり忘れてた。ほとんどパズルです。ブラウザでじわーっと画像がでてくる感じとかなんか懐かしくていいぞ。あぶり出しかっちゅうねん。こんな速度でエロ画像を見ていた自分を、神社の裏庭に捨てられた雨ざらしのエロ本を見つけてドキドキした少年の日の夏なんかと思い重ねてみた。別に美談でも何でもないけど。



温泉の続き。


朝、目が覚めて、10時にチェックアウトと聞いていたので「何時?」と聞くと「え‥と‥ え? 1時35分??」とか言うので、どっと汗をかいて飛び起きる。手に取っていた携帯を奪ってのぞき込むと確かにそう書いてある。「うそ? 寝坊?」。まさかと思って自分の腕時計をつかんで見てみると6時過ぎ。頭が真っ白。「あ、アラームと思って時計の時刻直したかも」。ふーっとため息をついて安心して二度寝


7時半に電話が鳴って朝ご飯の部屋に出かけた。またテーブルいっぱいにお皿が並んでいた。自分で焼くベーコンがおいしかった。テレビをつけたら桜宮公園(でいいんだっけ?)が映っていて桜がすごかった。今日はそこに出かけようと決めた。天気も最高だ。神様も味方。


朝食を終えて、温泉に入る。朝の露天風呂は気持ちいーなー。他にお客が誰もいない宿屋っていうのは、なんかホント王様になったような気分です。くるしゅうないぞ。


宿代を支払ってタクシーを待つ間、宿の向かいの琵琶湖を歩いた。そういや朝ご飯には琵琶湖で取れたしじみのみそ汁があったな。湖なのに貝っているの? よくわかんない。太陽に輝く白い砂浜には誰もいなかった。遠くにどこかの町並み。なんだか白日夢みたいな朝だ。


桜宮公園はカンペキに満開の桜でいっぱいで、なんか東京の桜よか色が濃い気がした。色が濃いと言うよりは東京の桜が薄すぎるのかもしれない。うすーいグレイっつうかね。いろんな家族がレジャーシートを敷いてお花見を楽しんでいたけど、上野みたいなゴミの山や酒臭い匂いや悪酔いしたおっさんなんて一人もいなかった。なんか外国の公園の楽しみ方に似てる。いや、外国行ったことないけど。


何枚か写真を撮って(iBookの中なのでお見せできません)、おなかがすいたのでデパートでクリームトマトソースのパスタを食べた。うめっ。で、その後どうしたんだっけ。あ、家に行ったのだ。確か。で、仲良しの犬「ガム」と再会。もう飼い主そっちのけで僕の顔なめ攻撃。かわいいなぁ。あー、しまった、大好きな名宝ハムトンを持ってきてあげるの忘れちったよ。ごめんね。


夕方ガムを連れて散歩に出かけた。マクドナルドで何とかリブサンドを食べた。まずかった。ここの隣のスーパーの抽選で赤い軽自動車が当たるっていうのに応募したんだけど、なぜだか外れていた。厳正な抽選をしたのかはなはだ疑問だ。古本屋に寄って、探していたすぎむらしんいちの「東京プー」の1、2巻を発見! 家に帰って一緒に読んだ。めちゃくちゃおもしろかった。ゲラゲラ笑った。巻末を見たところによれば全5巻だそうだ。揃えるのはとても難しそう。そして先が気になりすぎ!


夜、明日の食パンを買いにまたガムと出かけた。頭がぼーっとしてきて、暖かいのに寒気がしてきた。あぁ、昨日のめまいは風邪の前兆だったのかと納得して、家に帰って風邪薬をもらった。永谷園お茶漬けをもらって夜食にした。ちょっとファミコン。明日はどうしよっか。予定がないってすばらしいな。


(つづく)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010411

2001-04-09

温泉

|  温泉を含むブックマーク




半年掛かったゲーム作りも一段落(見た目上)したってことで、温泉など。以下そのレビューです。全4日。



1日目


7時に起きる。新幹線に乗るために東京駅に向かう途中、めまいに襲われ目の前が真っ白に。お茶の水駅で全身汗びっしょりしゃがみ込んでいたところを、見ず知らずのおばさんに心配される。


何故か5分で回復。金曜日なのでファミ通とサンドイッチとコーヒーを手に新幹線。でもやっぱり気持ち悪いかもと思って、サンドイッチがなかなか喉を通らず。活字も読めないし、せっかく持ってきたゲームボーイアドバンシュも出番なしで眠る。


昼過ぎに京都に到着。赤いスカートが可愛いです。取りあえず喫茶店へ。持ってきたおみやげを渡した。喜んでくれた気がする。だんだん体調が落ち着いてきたので、電車を乗り継いで温泉宿のある街へ。場所は忘れた。


宿屋は車道に面した何にもないところ。お客さんは僕らふたりだけっぽい、どういう経営かはなはだ疑問。到着だけで安心して夕飯までぐうぐう眠る。和室はやっぱりいいなぁ。夕飯ができましたの内線電話で目を覚ますと会社で言う会議室のテーブルぐらいが全部料理で埋まっていた。鴨肉や牛肉のお寿司ヤマメイワナやなんだか赤っぽいものが多い。観光気分丸出しで写真を撮ったりした。


夕飯の後は温泉。二人ぐらいで入れるぐらいの露天風呂を貸し切りに出来る。貸し切りも何もお客は僕らしかいないんだけど。温泉の上には一枝の桜、淡いピンク色の花びらができすぎだってくらいいい感じに咲いてる。小さな塀に囲まれた中から空を見上げるとまあるい月が見えた。特に効能は知りません。


風呂あがりにアイスクリームが食べたいので、浴衣を着て適当に散歩にでも行こうかと思ったが、宿のあんちゃんが車でローソンまで連れて行ってくれることに。街灯もないすんごいあぜ道を近道しながら10数分。歩いては絶対行けない距離だった。危なかった。


布団の上でアイスクリームを舐め舐め下らないバラエティ番組を見る。傷つけ合うばかりのカップルどっちが悪い?みたいなやつ。ステキな温泉に入って、サイズの合わない浴衣を着て、別に高級でもないアイスクリームを舐めながら、下らないバラエティ番組を見られることをとても幸せに思う。寝返りを打つのさえ忘れるぐらい深く眠った。


(つづく)

松崎ナオの公式サイトがリニューアル。

|  松崎ナオの公式サイトがリニューアル。を含むブックマーク

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/NaoMatsuzaki/
なんだかベンジー(元ブランキー)の絵みたいです。最近こういう画風が流行っているんだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010409

2001-04-03

takanabe2001-04-03

ピンク

|  ピンクを含むブックマーク



何それー!と100回ぐらい大声を出してしまいそうになった。発売たった一ヶ月後にニューモデルを出すというゲームボーイアドバンスミルキーピンクだそうですよ。っていうかなんで最初っから紫と白とこのピンクの3色にしなかったのかまったく意味不明。暖色が一色もなかった初期ラインナップは、紫色=任天堂のキーカラーというのを印象づけたかったってことだけなんでしょうね。ピンクを並べてみた時の水色のカラーバランスのあやふやさが、もう際立ってしょうがないですわ。というわけで、早くも買い換えを検討中。品薄の今なら、まだまだ2000円引きぐらいでいけそうじゃない? いけるよね? オレンジが出たらまた乗り換えなくちゃいけないんだけどさ。


ゲームボーイアドバンスが発売された週のソフト売り上げランキング。僕の予想と比較してみましょう。左が予想、右が売り上げ。



予想 売り上げ


マリオアドバンス 45万本 22万本

F-ZERO 35万本 7.5万本

ミスタードリラー2 25万本 2.5万本

遊戯王 15万本 5.5万本

チューチューロケット 10万本 0.8万本

ロックマンエグゼ 8万本 5.5万本

くるくるくるりん 7万本 4.8万本

パワプロ3 5万本 7.5万本




うわー話しになんないっすね。恥ずかしい。一位でも22%の購入率(本体が100万台出荷なので)。それ以外は8%を割り込んでるもんね。「チューチューロケット」なんかは店頭で即売り切れていたので「まじ?」と思いましたが、まさか1万本も出荷していなかったとは思わなかったです。このデータは発売して2日分のデータなので、2週間分の予測として書いた予想には全然満たないものの、セカンドソフトを買ったとしてもさすがに予想を埋めるだけの数字は出なさそうですね。2週間後にもまた見てみましょう。


「満点先生」でグッズを作った。プラスチックの筆箱。なんか予定の色と急遽変わって何故かラメ入りに。ホントはラヴフールを見てくれているみんなにもどーんとプレゼントしたいところですが、会社の物なのでどうにもなりません。僕がもらった分もスタッフに分けちゃったので相当なレアもの。ゲームショーのイベントでクイズに正解した数名にだけプレゼントされたのね。大事に使ってくれるといいなぁ、とか、ケーキ屋を夢見る少女のような淡い気持ちを抱いてしまう28才の僕だった。


ヒロマさんのページで紹介されていた、昔の家庭用ゲーム機のデザインを懐かしむページ。http://www.bermuda.ch/bd/etpbook/home.html 6500円で発売されたこの本のなんと全ページが見れてしまうのだった。僕ねー、雑誌のレイアウトとか考えるの好きなんですよー。なんかこのページをめくるたびに飛び込んでくるワクワク感っていうのは、ゲーム機に興味があろうとなかろうと伝わりそうなチカラがあると思うんだけどどうですか?


4月14日に出るロクヨンソフト「どうぶつの森http://www.nintendo.co.jp/n01/n64/software/nus_p_nafj/index.html、わりと昔からラインナップにはあったんだけど、いくらいろんな情報を仕入れても(web、チラシ、店頭プレイ)全然何をするゲームか分からない。すごい。最近の任天堂ブランドの製品(マリオテニスマリオパーティーやマリオストーリーゲームボーイゼルダなど)は任天堂本体ではなくセカンドパーティーが作ったモノなので、本家ゼルダマリオを作っている部署の待望オリジナル新作として、否応なしにも期待してしまう。「個人情報コントローラパックに入れて持ち歩く」「大人数で遊ぶと楽しい」などのキーワードは、多分ロクヨンDDの通信網普及が前提に考えられた企画のなれの果てなのかな、とも思う。製品としての任天堂の着地点、ロクヨンの最末期としての落としどころを早く確認したい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010403

2001-04-02

副作用

|  副作用を含むブックマーク



やっつけ仕事がやっつけられません。こだわるポイントなんか1つずつしかないのになぁ、メインの方に使いたい神経がほとんど割かれてしまって本末転倒です。結果、締め切りばっか伸びてく。


昨日「風のクロノア2」を終えた。何が悪いって訳でもないんだけど、言ってしまうと何も残らない感じがした。笑いも泣きも怒りもしなかった。どっちかっつうと脱力した。それだけ「1」が奇跡的なバランスで完成されていたんだってことだけがわかった。画面の解像度が上がったり、フルポリゴンになってカメラワークがダイナミックになったり、でも操作は2次元の快適さを両立。初心者に広い間口のなだらかな難易度上昇。緻密なアレンジで繰り広げる音楽や、アイテムをちゃんとアイテムと認識させるだけの光や色の演出。ひとつひとつはもうカンペキに近いほどの選択をされているのに、なんか1+1+1+1と順番に足し算をしている様を目の前で説明される感じ。調和していないっつーか、何つーか。しばらく腕組みをして考えるに、これって効率よく作業を分業化した結果、パーツ同士はカンペキに仕上がったんだけど、そのあとの「作ってもらったけど、ここやっぱいらねーや」とか「ここ目立ち過ぎなのでもっと抑え気味に塗りつぶして」とか「ここは次のこの盛り上がりにかぶせる感じで」みたいな、組上がったパーツのミキシングが、そのパーツ単体の完璧さ故に、担当者を説得できなかった結果なんじゃないか?と不安になった。要するにアレっすよ。ギタリストベーシストとボーカルとドラムがそれぞれ一流だったときに、やっぱり全然別のベクトルのチカラを持ったわがまま親父がひとりいないと、それはテクニックがどうこう以前に音楽にならないという感じなのかも。そしてそれは、ハードの進化の中で、乗算的にテクニックの進化を強いられたゲーム業界が、人数によるたくさんの分業で対応するしかなかったことの副作用。必ずしも企画者がそれを担当しなくたっていいけど、ずばっとひっくり返しまくれる特権を持っている人がいないと、ハイエンドのハードで作っていくのはどんどん厳しくなるはずだよな。アドバンスの方の新作は期待してますぞ。


次に終えるのは「F-ZERO」と「マリオアドバンス」と「ドラクエ5」です。「ドリラー2」は一回でアメリカクリアしたよ。ゲームボーイの「ゼルダ」を早く遊びたいです。あー、温泉行きてぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20010402
1995 | 11 |
1997 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |