ラヴフール (www.lovefool.jp) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-06-30

takanabe2006-06-30
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060630

2006-06-29

takanabe2006-06-29

宮本茂インタビュー

|  宮本茂インタビューを含むブックマーク

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/gamenews/1151484625/75

宮本インタビューは、3ページ。
・昔はグラフィックも曲もプログラマーとかの技術者が作ってた。
・初代スーパーマリオは当時の全技術を投入した。
・20年前はスーパーマリオ2を作って売り出したかどうかという頃。
 "重厚長大化してきたゲームをいかにコンパクトにまとめられるか?"
 "いろいろな種類のゲームが、もっと売れるようになるといい"などと考えていた。
・64が大きな節目。普段から、いつも「素人が作っているから」という意識で作品を作ってるが、
 3Dにシフトしていくことから、流石にプロがいないと無理だろうと。
・専門技術がいるという考えは正しかったし、同時にそれが病気の始まりでもあった。
 そういう技術とか仕組みでものができると考えすぎたな、と。
・必要以上にムービーに抵抗感をもっていた。
・それ以外の面でやっぱり技術に走りすぎて、横井さんからかれた技術の水平思考だ、なんてしきりに諌められた。
・取り入れるべき技術と、技術に溺れない開発の姿勢みたいなものの、両方が必要だとわかった。
・先端の技術だけじゃなくて、その時期その時期の商品としてのバランスが重要。
・娯楽に対しての商品バランスがあって、先端の技術と枯れた技術が混在している状態が好ましい。
ビデオゲームが新しいものではなくなった。ここからがソフト屋の勝負どころ。何を作るかが問題。
・クロレビは励みになった。
・タッチジェネレーションズの時は、あえてクロレビに出さないことで今までのjゲームジャンルを飛び出す意思表示しようかなんて考えてた。
・最近、他社の某ゲームのクロレビを見て、高得点なのに30万本くらい売れなかったら問題だなぁって心配したら、やっぱりそこまで売れてない。
 ソレを見て、いよいよゲーム市場の問題は深刻だという話を先日もしてた。
・僕らの物作りと、消費者や世の中とが、どこかかけ離れてきてるのかもって話も。
・今の枠組をはずれてどんどんゲームが広がっていくでしょう。それでも、アソビを作る技術は、新しい遊びを生む中心として残るだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060629

2006-06-28

takanabe2006-06-28

映画「最終兵器彼女」

|  映画「最終兵器彼女」を含むブックマーク


最終兵器彼女 アルティメットエディション [DVD]

最終兵器彼女 アルティメットエディション [DVD]

DVDで「最終兵器彼女」を見ました。まぁ、漫画の実写化だし、ちょいSF入ってるしで、期待しないほうがいい感じがバンバン出まくってたけど、意外に面白かった。いや、わかんない。原作を読んでないせいもあるのかな。説明不足すぎ?っていう意見もあるけど、もともと設定の緻密さよりも、人間ドラマを描きたいはずの話だと思うので、なんか特撮とかがしょぼいのはある程度いっかなって思った。主役の女の子もドジな同級生って言う意味ではああいう見た目は割とジャストな気がする。序盤の10分のテンポがかなり僕は好きで、そのテンポで行くならうぉーって思ったんだけど、中盤から進展がなさ過ぎて、せっかく序盤の設定説明をコンパクトにまとめた感じが生きてなくて残念だった。主演の男の子は窪塚洋介の弟かな。うまくないんだけど、手探りな恋愛っぽさは出てた。62点。

映画「ある朝スウプは」

|  映画「ある朝スウプは」を含むブックマーク


ある朝スウプは [DVD]

ある朝スウプは [DVD]

DVDで「ある朝スウプは」を見ました。モラトリアムだったり、ディスコミュニケーションだったりと僕の皮被り感覚を存分に満たしてくれるぴあフィルムフェスティバルの大賞作品。同棲したカップルの男のほうがなんかノイローゼ気味でしかも新興宗教にはまるっていう話だ。多分僕は物語に色がない役者を使ってもらうのが好きで、この話もテレビで見たことがない人たちが演じているせいもあり、その人自身のドラマとしてくっきり認識できた。人は誰しも不完全で、それを補いながら生きて行く。すべてを分かり合うことはできないにせよ、そうなりたいと思い続けて行くことが僕は尊いと考えていて、この物語もそこに焦点が当たっている。最後の朝食を二人で食べるラストシーンは、切なくて美しくて涙が出た。ってかこの女の人いいわー。時々挿入されるトリッキーすぎる構図は狙いすぎててちょっと外したかも。何がすげーってスウプっぽいスウプが最後まで出てこなかったのが意味不明ですごい。73点。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060628

2006-06-27

takanabe2006-06-27
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060627

2006-06-26

takanabe2006-06-26

ブタ顔

|  ブタ顔を含むブックマーク



朝方、子供がしくしく言う。オムツチェックすると濡れてるので、「オッケー、オムツね」ってオムツをポンポンと叩くと、まだ換えてないのに泣き止んでニコニコする。オムツを替えて僕は二度寝するんだけど、子供もおとなしくしてそのまま寝てくれるので、何かを共有したような錯覚がある。子供はいつもうつぶせ。期待通りのブタ顔になりそうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060626

2006-06-23

takanabe2006-06-23
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060623

2006-06-22

takanabe2006-06-22

頼んでない

|  頼んでないを含むブックマーク



バタバタしてきた。なんかデザインの仕事もあったりして。新しいIllustratorPhotoshopを入れてもらったら、ビーナスも目玉もいなくてびっくり。ってゆか未だに9.0と5.0をフツーに使ってるオレがおかしいのか。でも道具なんて描きたい絵がちゃんと描ければなんでもいいじゃんねー。


あと最近、ズボンの丈がどんどん余って踏んづけるので、てっきり足が短くなったのだと思い込んでいたら、やせすぎてローライズになってるだけでした。そんなダイエット頼んでない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060622

2006-06-21

takanabe2006-06-21

うまい棒

|  うまい棒を含むブックマーク



打ち合わせに出かけたら、帰りに「うまい棒」をたくさんもらった。3歳年下の後輩が「たかなべさん子供の頃、うまい棒ってありました?」と聞いてきた。いったい何歳だと思ってるんだろうか。メンタイ味が入ってなくてちょっとしょげた。あの毒っぽい赤さがいいよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060621

2006-06-20

takanabe2006-06-20

ColorWare

|  ColorWareを含むブックマーク

http://www.colorwarepc.com/
Macのカラーバリエーション

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060620

2006-06-19

takanabe2006-06-19

映画「キャッチミー・イフユーキャン」

|  映画「キャッチミー・イフユーキャン」を含むブックマーク


DVDで「キャッチミー・イフユーキャン」を見ました。タイトルとかオープニングのおしゃれっぽいアニメ表現を見て、けっこうドタバタ笑える感じなのかと思ったけど、意外にオトナっぽいしっかりした話だった。登場人物にそれぞれ抱える影があるところが物語に深みを与えてると思う。演出的にもばたばたするシーンでも音楽はジャズっぽいムーディーな感じだったりしてゆったりしているところが良かった。トムハンクスの演技はいつも過剰であまり好きじゃないんだけど、この役はちょっと控えめに一歩引いた感じがしっくり来てた。映画らしいいい映画だったと思う。75点。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060619

2006-06-18

サイン

|  サインを含むブックマーク



予感が実感になる間には大きな隔たりがある。でも実感してから振り返ると予感は必ずしかるべき時に何度も繰り返し起きていて、しっかりと機が熟した時に実体を伴って現れていたことに気づく。様々な予兆に気づいたり気づかない振りをしながら、やがて来る実感の的確なサイズや重さにいつも「やっぱり!」と思わされる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060618

2006-06-17

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060617

2006-06-16

takanabe2006-06-16
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060616

2006-06-15

takanabe2006-06-15

ポケモン救助隊(3)

|  ポケモン救助隊(3)を含むブックマーク



「ライメイのやま」でサンダーをやっつけて、「おおいなるきょうこく」でネイティオに会う。なんと言うか、シレンとかトルネコの、離乳食版みたいな感じなんだけど、DSってゲームっぽいゲームをやるとおもしろくなかったりするので、頭半分違うことを考えながら、不思議のダンジョン気分だけを楽しむソフトって考えると、僕なんかけっこう楽しい。テキストに漂うやさしさもなんか品がよい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060615

2006-06-13

takanabe2006-06-13

違う秩序

|  違う秩序を含むブックマーク



ワールドカップとか例によって興味がないんですけども、昨日の夜は駅や電車にいつもの半分もお客がいなくて、景色がまったく違って見えた。世の中ってのは僕とは違う秩序で回ってるんだなーと思い知る瞬間でもある。飲み屋ではビールを片手にでかいプロジェクターを囲んで歓声を上げる人たち。同じタイミングで通りのいろんな方向から歓声が上がるのがおもしろい。なんかちょっと異国に来たような気分で、僕は全身を覆う程よい疲れに身を任せて歩いた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060613

2006-06-12

takanabe2006-06-12

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

|  映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を含むブックマーク


ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]

貴公子がオススメしてくるのでDVDで観た。東京タワーが建造中ぐらいの戦後急成長期の日本の、どこにでもあったらしい貧乏だけど、温かい家庭の物語みたいな奴。CGとかがんがん使って当時っぽい風景を作ってる。でも映画って言うよりNHKの朝のドラマみたいな脚本&スケール感。その割に昭和のしみったれた匂いみたいなものは払拭されすぎていたと思う。汚しの加工なんかがナンジャタウンみたいだ。そういう時代を実際に生きた母親とかと見るにはいい映画なのかな。僕にはどこに共感していいのかわからなかった。60点。

アニメ「リーンの翼1」

|  アニメ「リーンの翼1」を含むブックマーク


リーンの翼 1 [DVD]

リーンの翼 1 [DVD]

富野監督の最新アニメ。6話完結らしい。第1話なので、勢いと世界観の説明量がすごいー。ぜったい6話でまとめ切れなそうな気がするけど、おもしろかったから次も見よう。なんか和風っぽいデザインと、ロボットのデザインはあんまり好きじゃないかも。いろんなものが立体的に動きまくるのは、すごく楽しい。エンディングの英語の歌が土屋アンナってのが意外でした。80点。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060612

2006-06-10

takanabe2006-06-10

身を切るような

|  身を切るようなを含むブックマーク



体重計に乗ったら4キロぐらいやせてて、どーりで指輪がゆるいわけだと思った。手を洗うたびに抜け落ちるので、人差し指にはめたら、今度はむくんで抜けなくなったりして。


本をまた100冊ぐらい処分した。本棚は今まですべて手前と奥に2重に置いていたけど、もうすぐそれもなくなるはず。少しずつでもフットワークを軽くしないとな。


備蓄の話を何度かしてるけど、「役に立ちそう」って取っておいた物が実際、役に立ったことはほとんどなくて生活に必要な場所を奪っている。そんな時「役に立った実績があるか」ってフィルターだけで整理するとけっこうざっくり割り切れる。それでも想いは残ってしまうので身を切るような切なさはあるけどね、やっぱ。


今週は髪でも切ろうっと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060610

2006-06-09

takanabe2006-06-09

広がる景色

|  広がる景色を含むブックマーク



あんまり自分の感覚を信じてないんである。何かのアイディアだとか、誰かの思念みたいなものが自分に入ってきたときにもちろん「好き」「嫌い」っていう反射的な反応はある。でもだから何?っていつも思ってる。自分の好みにはまったから何だと。それによって取り組み方が全然変わったりするのか? 逆でもいい、好みじゃないところにはまるとモチベーションが下がるのか?


モチベーションが下がる時ってのははっきりしている。あるベクトルの集合の中に明らかに違うベクトルの異物を感じた時、あとはできるはずのことが、つまらない要因で実現できずにダウングレードする時だけだ。そのときの苦い感覚だけは忘れない。


できるはずのことが、相手の口から先に出てくると、好みかどうかじゃなく、愛しい感覚が広がる。しばらく先の枝葉まで何もゆわずに共有できた気がしてしまう。ま、実際はなかなかそんなことないんでしょうけど。


例えば恋にしたって似たような局面は多いはずで、同じベクトルを感じると目の前にパッと近未来の景色が広がる。色や匂いや手触りや温度が確かにそこにはある。そして最後の輪郭線だけを確かめるように、いっしょにそこを歩いている時間やこれから歩こうとする時間がたまらなく好きだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060609

2006-06-08

takanabe2006-06-08
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060608

2006-06-06

takanabe2006-06-06

愛のない世界

|  愛のない世界を含むブックマーク



信じてそうしている人と、狙っている人ってのがいて、ある程度の経験を積むと、自分の信念にないことでも、狙ってそんなふうなことが出来るようになったりするんだけども、僕はそういうものが大嫌いだ。根っこがないものって、ファッションにはなるかもしれないけど、どこにもつながっていかない気がしている。ところが大抵のプロダクツってのは狙って作られたりするので、そこにいつも疑問を感じる。本質的に愛があるかないかの違いだと思う。


ところが受け取る側にも愛がなくたっていいじゃないって人は、ものすごく多くて、実際世の中の作り手→受け手のコミュニケーションはそれっぽい代替物によって行われていたりする。作り手が送り出す何かに触れて、誰かの心が動くのはすばらしいことだ。でもそれは作り手が本当に伝えたかったことで心が動いたかどうかはわからないし、他の似たようなものに対して絶対的な価値を持っているかも分からない。純粋な意味で表現物による正確なコミュニケーションってのはないのかもしれない。誰もが自分の正しいを発信して、誰もが正しいと思い込んだ何かを受信している。それが絶望なのか希望なのかよく分からない。どっちも含んでいるんだと思う。

クラブニンテンドー、ポイント関連規約改訂へ

|  クラブニンテンドー、ポイント関連規約改訂へを含むブックマーク

http://www.nintendo-inside.jp/news/185/18556.html
ってか早期購入ポイントっておかしいよ。やめたほうがいいと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060606

2006-06-05

takanabe2006-06-05

映画「リンダリンダリンダ」

|  映画「リンダリンダリンダ」を含むブックマーク


リンダリンダリンダ [DVD]

リンダリンダリンダ [DVD]

DVDで「リンダリンダリンダ」を見ました。なんだろなー、「スウィングガールズ」のアンチって言うか、物語のダイナミズムよりも、日常のリアリティを優先して作るとこうなるって感じなのかな。高校生の頃のすべてがだるーい感じは確かにこんな感じもしたけど、でも締めるところが締まってないので、全体的にだらーっとしちゃってる感じ。4人の学校における立ち位置とか全然見えてこないのもったいない。物語としての説明を拒んだ結果なのかな。ボーカルにすえられる韓国人の子がいなかったら、たぶん成り立たないぐらいの危うい感じでした。構内の景色を捉える構図や、大事なシーンなのにカメラが遠いままの構図とかおもしろかった。音楽がジェイムズ・イハだったりします。40点。

映画「空中庭園」

|  映画「空中庭園」を含むブックマーク


空中庭園 通常版 [DVD]

空中庭園 通常版 [DVD]

DVDで「空中庭園」を見ました。小説を映画化してるらしい。でも案外原作に縛られてる感じはなくて、好き勝手やってるように見えた。なんか薬っぽい映像(演出)だよなーと思っていたら、監督が直後に覚せい剤で捕まっていたりしてそのまんまだった。題材は崩壊済みの家族が、家族であることを演じ続けるっていう90年代的なアレ。主演の小泉今日子が主婦に見えなかったり、他のキャストもイマイチ収まりが悪くて、なんかもったいなかった。そんな中、浮気相手のソニンがちょっとリアルでエロかった。「ホテル野猿」は大学生の頃、よく見かけた看板だったのでちょっとだけツボだった。「のざる」じゃなくて「やえん」だけどね。45点。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060605

2006-06-04

takanabe2006-06-04

聖剣伝説DS(1)、スライムもりもり2(1)

|  聖剣伝説DS(1)、スライムもりもり2(1)を含むブックマーク



聖剣伝説DSダンジョン探索型のアクションゲームなのかな? 要するにどんどんモンスターを倒して、アイテムを拾って、次のダンジョンへというゲームっぽい。物語主導のRPGだと思って遊ぶと面食らうかも。グラフィックが少女マンガっぽいので、ゲーム性と見た目から受ける印象がちょっと噛みあってないかもしれない。せっかく拾った武器やアイテムも、ダンジョン前かボス直前にしか装備できないのは謎過ぎ。


スライムもりもりドラゴンクエスト2。1からほとんど何も変わってないっぽいので2って言わなくてもいいような気がした。丁寧だけど冗長にも感じる演出が携帯機のアクションゲームとしてはちょっとなー。

任天堂・江口氏が『Wii Sports』の顔グラ作成についてコメント

|  任天堂・江口氏が『Wii Sports』の顔グラ作成についてコメント を含むブックマーク

http://www.nintendo-inside.jp/news/185/18546.html

ハードウェアにデータとして保存することによって別のゲームでも使えるようにすると述べました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060604

2006-06-03

takanabe2006-06-03

世紀末

|  世紀末を含むブックマーク



やばいなー、絶不調。会社にたどり着いたのが奇跡みてえな。机でぜぇぜぇ言ってたら、後輩が「手相見してくださいよ」。仕方なく見せると「うっわー、生命線みじか! しかも切れてる! こんなんじゃ世紀末を生き残れないですよ!」。いやいやそれ十分長生きだから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060603

2006-06-02

CD「Sound by iLL」iLL

|  CD「Sound by iLL」iLLを含むブックマーク


Sound by iLL(初回生産限定盤)(DVD付)

Sound by iLL(初回生産限定盤)(DVD付)

NYANTORAと何が違うんだろーって思ってたらけっこう別物だった。


名前の響き同様、NYANTORAは実験的だけどやさしくて、iLLはソリッドで一見難解なコンポジション。聴く側もある程度聴く体勢で挑まないといけない感じ?


でもやっぱ軸にあるのはナカコーが好きな超シンプルな音の重なりが織り成す、ある種のヴィジョン。そこはゆるぎない。


ゆるぎないのはよいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060602

2006-06-01

takanabe2006-06-01

可能性

|  可能性を含むブックマーク



子供が寝返りを何度か成功させるようになった。自分でもびっくりしたような顔をする。景色を変えるには泣いて誰かに抱いてもらうという受動的な立場から、自分で何とかすることも出来るという能動的な立場にスイッチした瞬間だと思う。可能性っていうのは、そういうところに広がってんだろうね。あまり泣かなくなってきたのもいい。

New スーパーマリオ(5)

|  New スーパーマリオ(5)を含むブックマーク



クリアした。ルイージで遊べる方法が出てきた。特に新しいワールドなんかは出現せず、飛び越えたワールドなんかを埋めてく遊びで終わりなのかな。僕は物量よりも質のほうが大事なので、ステージごとにすごい特色がある今回のマリオはすごい楽しかったよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20060601
1995 | 11 |
1997 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |