ラヴフール (www.lovefool.jp) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-08-31

takanabe2007-08-31
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070831

2007-08-30

takanabe2007-08-30
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070830

2007-08-29

takanabe2007-08-29

2007-08-28

takanabe2007-08-28

小学5年生 vs 森昭雄(『ゲーム脳の恐怖』著者)

|  小学5年生 vs 森昭雄(『ゲーム脳の恐怖』著者)を含むブックマーク

http://coolsummer.typepad.com/kotori/2007/08/vs.html

Q:ゲームをしていると頭がわるくなるといいますが、ゲームデザイナーの人はだいじょうぶなのですか? (小5・男の子)

だ、大丈夫です‥。(すごい汗をかきながら)

ワイヤレスで iTunes とシンクロする iPod

|  ワイヤレスで iTunes とシンクロする iPod を含むブックマーク

http://www.kodawarisan.com/k2007_02/archives/2007/08/aaaaaa_itunes_a.html
お!って思ったけど、よく考えたら充電は結局ワイヤードじゃんね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070828

2007-08-27

映画「酒井家のしあわせ」

|  映画「酒井家のしあわせ」を含むブックマーク

酒井家のしあわせ [DVD]
日活 (2007-07-06)
売り上げランキング: 39071

DVDで映画「酒井家のしあわせ」を観た。二人の子供を抱えたユースケ・サンタマリアが夫、友近が妻という家族のお話。中学生ぐらいの多感な時期をすごす長男の視点で、一見ぐうたらな家族の、家族としてのあり方を見上げるように描かれる。残念なのは何が悪いって訳じゃないんだけど、言いたいことがあまりに普通で当たり前すぎて、100分を持たせる緊張感にまでは広げられてないことだ。なんの意外性もないと、逆に日常が日常として面白く見えないっていうパラドックスかも。映像としてはかなり丁寧で観やすかったです。65点。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070827

2007-08-26

映画「それでもボクはやってない」

|  映画「それでもボクはやってない」を含むブックマーク

DVDで映画「それでもボクはやっていない」を観た。「Shall we ダンス?」から10年以上映画を撮ってないってすごいけど、全然腕が落ちてないのもすごい。無駄なカットがなかった。コピーが「これが日本の裁判だ」の通り、現状の日本の裁判を観察して見せる。なるべく脚色を挟まないようにしてるのか、感情を安易に揺さぶらない構成で状況説明的なセリフが多い。中立的な立場をとるスタンスを装っているけど、実際には被害者側の感情はまったくなぞっていないし、警察と検察ははっきり悪として描かれている。そう言ったドラマ的なポイントは押さえつつも、現状の裁判を簡単に否定するわけでもない。裁判という劇場をどこまでも観察、描写して観客を細かく揺さぶるその視点でありながら、嫌な感じにならないそのバランス感覚がすげーなーと思えた。裁判中に女子中学生と主人公がついたて越しに同じ構図に納まるシーンがあるんだけど、それが決して埋まることのない絶望的な距離感を表しているようですばらしかった。主人公の気持ちを考えるとまったく笑えない話だけど、「おかしな制度」を題材にしたかなり高度なコメディーなんだと思うよ。主演の加瀬亮は、あまりにはまり役過ぎて完璧だった。80点。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070826

2007-08-24

takanabe2007-08-24

2007-08-23

takanabe2007-08-23
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070823

2007-08-22

takanabe2007-08-22
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070822

2007-08-21

takanabe2007-08-21

2007-08-20

「バイタルサイン」クラムボン

|  「バイタルサイン」クラムボンを含むブックマーク

心が弱い僕は、モラトリアムな詞が大好き! でももうじき35歳だし、立っている地平も、抱えてる責任も寂しさも、学生時代とはやっぱりちょっと質が違ってきていて、単純な恋歌(誰かに会いたくて会えなくてさみしいとか)じゃ、あんまりもうしんみりしない。


またiPodが音楽生活の中心に来たことで、一度iTunesに取り込んでしまうと、アルバムという単位で聴かないとか、歌詞カードを見なくなったってことも、大きく変わったことだと思う。そんな中で再発見したのが、クラムボンの「バイタルサイン」だった。

ぼくにもゆずれないものがあるんだ


頼りないこの足取りで
確かななにかを残してゆこう
そっとあなたには伝えたいから
僕は手を伸ばしてみる
ぬくもり
つなぐ手


なんども走って
転んでまた走る
なんどもくりかえす
立ち止まって少し思う
あたらしい季節をゆく
たそがれがそっと肩をたたくから


この小さな息づかいも
遠い誰かにつながるように
懐かしい香りがした
忘れていたはずのことが一瞬で
思い出す
呼び戻す
目が覚めて
ハッとする


今の気持ち
ゆずれないものを知る


不安と不安のその隙間に
何よりかえ難い愛おしい暮らし
そっとあなたには伝えたいから
僕は手を伸ばしてみる


ぬくもりは胸の奥で生きてるから
おわらない
僕はまだ歩いているよ


刻むバイタルサイン


30も半ばになると、青春への憧憬はもう擦れてきていて、働いている人なら、そろそろ現役の折り返し地点を意識し始める時期だし、可能性よりも自分の器の大きさに自覚的になる歳だと思う。同級生にもずいぶんバツイチが多いし、弱くは見えなかった人が心の病気を抱えたり、強制的にモラトリアムを卒業させられる歳なのかもしれない。


この歌の前半は、「もがき苦しみ、でも僕はがんばってるよ」っていう一般的な自分探しの範疇に収まった詞だと思う。10代、20代でもしっくりくるだろう。でも中盤の「この小さな息づかいも〜」から後は、確実にオトナの話だ。


未知なるものに対する不安や可能性じゃなく、築き上げたものの強度と、守らなきゃいけないものに対する自分のポテンシャル(健康を含む)、そこに向かって突如風のように吹き返してくる過去の想い。匂いさえ感じるような。結構遠くまで歩いてきたんだなー、でもまだ残り半分をしっかり歩き切る力が必要だ。大丈夫か? できるのか? そういう決意とか覚悟に対する不安って言うかね。


だからここで描かれる「ゆずれないものを知る」っていうのは、モラトリアムな時期の自我とか自己実現欲とはまったく異なっていて「やりたいことをやるために生きている」という意味じゃなく「生きていくうえでの義務をちゃんと自覚できてる」っていう響きで僕の胸を打つ。


そういう中で結びに向かう

ぬくもりは胸の奥で生きてるから
おわらない
僕はまだ歩いているよ

この「まだ」がすごい効いて来る。若い頃の夢や可能性を忘れたわけじゃないよ。諦めたわけでもない。でも今の僕には昨日までと違う一番大事なことがしっかり見えていてそれをこの2本の足で踏みしめて進めていかないといけない、そう聞こえる。


で、最後にこのタイトルでもある「バイタルサイン」という言葉で終わる。バイタルサインとは医療用語で「生命維持を示す徴候」=脈拍・呼吸・血圧・体温の4つを指す。でも詞的な意味で解釈すれば「生きよう」と体が発信している「意思」そのものなんだろうなって思う。


ただ一生懸命がむしゃらに生きるだけじゃなく、自分が今まで抱えた世界の広さとそれを支えてくれた人たちに責任を持ちながら、与えてもらったものを返していく。刻むビートが途切れてしまうまでずっとずっと。できるかな、できるといいな。新しい季節がどんどん自分を追い抜いて行くし、転んでもがくこともあるけど、今のこの気持ちを忘れないよ。


そんな風にトレースしてたら、涙で途中から声が出なくなりました。(唄ってた)

今度こそiPodキラー? ソニー、音楽プレーヤー「Rolly」を予告

|  今度こそiPodキラー? ソニー、音楽プレーヤー「Rolly」を予告を含むブックマーク

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/20/news038.html

ブログによると、「1.出会いは『おーっ!!』 2.触れて『ほーっ!!』 3.眺めて『えーっ!!』」──が、担当者がRollyを見た時の「個人的な感想」。「今までにはない感じ。それが確実にあります」という。

モーションセンサーとか、通信交換機能とか、スピーカーとか、外部出力、防滴ぐらいかな。他になんだろ?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070820

2007-08-19

10年ぶりのターンエー

|  10年ぶりのターンエーを含むブックマーク

MG 1/100 WD-M01 ターンエーガンダム (∀ガンダム)

MG 1/100 WD-M01 ターンエーガンダム (∀ガンダム)

土日の夜を半分ずつ使ってプラモデルターンエーガンダムを作った。プラモデルを作ったのは10年ぶり以上で、前に作ったのもターンエーガンダムか同じシリーズのスモーというロボットだった気がする。10年の技術の進歩は恐ろしいもので、ディテールのシャープさとか精度にいちいちうならされた。ターンエーガンダムはいろんな種類の立体物を持っていて、同じスケールの半超合金みたいなのもかなり気にいってる(というか今も机の上に飾り中だけど)。この半超合金は、超合金のずっしり感とプラモデルの精巧さを併せ持ったはずのモデルなんだけど、肩の装甲の強度に難があって、買って箱から取り出すだけで壊れるという異常設計。しかも3台買って3台とも同じところが壊れるんだから、個体差じゃないよなぁ。仕方ないから自分でちょっと細工して接着した。それが悔しくて仕方ない。で、今回同じスケールの新しいプラモデルを作ったんだけども、マスターグレードって言うの? これすごい。プラモデルって目に見える外形があって、ある程度動けば文句ないじゃん。でも違うの。なんかロボット工場で組み立ててるみたいに、骨があって、肉があって、そんで最後の最後に外装があるの。めちゃくちゃめんどい。でも「今ロボットを組み立ててる!」っていう使命感みたいなのが出てきてちょっと燃える。設定画なんかないはずの中身のメカ、しかも外装をかぶせたらまったく見えないところまで、なんか誰かがちゃんとデザインをした形跡がある。しかもギミック込みで。関節なんか、ひざもひじも2重関節で、どんなラジオ体操も出来るし、足に至っては、胡坐も正座も可能。す、すごくね? 外形のプロポーションはシドミードの原画をカトキハジメがリファインしたようで、細かい処理のうまさにうならされるけど、でも大枠ではちょっとスマートすぎるところがある。二の腕の細さ、太ももの長さ、腰の高さ、ちんこの小ささが、なんか華奢な印象を与えてるかも。そういう意味ではディテールは甘いけど、半超合金の方が僕のイメージのターンエーの量感に近いかも。しかし同じ原画を見ながら、細かい部分の解釈がモデルによってぜんぜん違うのが面白い。今回のプラモデルは面のつながりをすごい意識してる。だから線が整理されて上品だ。シドミードが描いたターンエーの横向きに歩き出す瞬間の超かっこいいスケッチがあるんだけど、そのポーズをそのまんま真似できるのもこのキットの特徴だ。


ところで初代ガンダムって、日本の武者の兜や甲冑のイメージから始まってると思うんだけど、それをシドミード的に再解釈したのがターンエーのひげっていう着地点だとたぶん捉えられてると思うのね。でも、スケッチを眺めていると、僕には青年マルスとかの石膏像というか、ギリシャローマ的なヒーロー像の甲冑のイメージがすごいする。やかんの取っ手のようなトサカも、ギリシャ風なヘルメットに見える。すんごいラウンドした盾もギリシャローマ的。マルスって確か軍神のことだし、♂のマークの大元で男根を意味してるから、ターンエーのコクピットがすんごいちんこなのも変に納得がいったりして。そう考えたときに、ガンダムのデザインの変遷が、日本的なものをベースにメカ的なもの、兵器的なもの、未来的なもののディテールを足したり引いたりしたところで続いたんだとしたら、ターンエーがその流れにいい意味ではまらないのは、根っこにあるデザインがアジア的なものをヨーロッパ的に解釈して置き換えてるからなんじゃないかって思ったんだよね。そう思うとガンダムハンマーが初代よりしっくりくる感じもちょっとわかる気がするって言うかね。そんなことをもやもや思いました。

日本文化を伝える、憧れのマンガ翻訳家

|  日本文化を伝える、憧れのマンガ翻訳家を含むブックマーク

http://pingmag.jp/J/2007/08/17/dream-job-manga-translator/
ゲームやマンガやアニメにあこがれて日本語マスターしちゃった外人って何人も知ってる。そういうエネルギーっていいね。

行って戻る 

|  行って戻る を含むブックマーク

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=44940

4歳 成功とは...おもらしをしない事である。
12歳 成功とは...友達がいる事である。
16歳 成功とは...運転免許を持つ事である。
20歳 成功とは...セックスができる事である。
35歳 成功とは...お金を持っている事である。

50歳 成功とは...お金を持っている事である。
60歳 成功とは...セックスできる事である。
70歳 成功とは...運転免許を持つ事である。
75歳 成功とは...友達がいる事である。
80歳 成功とは...おもらしをしない事である。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070819

2007-08-18

takanabe2007-08-18

iMac の余剰部材をキーボードに活用

|  iMac の余剰部材をキーボードに活用を含むブックマーク

http://www.kodawarisan.com/k2007_02/archives/2007/08/imac_aaeeaaaaaa_1.html
そうだろうとは思ったけど、ここまでぴったりとは思わなかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070818

2007-08-17

漫画「ナチュン」

|  漫画「ナチュン」を含むブックマーク

同僚にすごい漫画好きがいて、僕の知らない名作や新進気鋭の若手の作品やなんかをどんどん貸してくれる。最近のヒット作はコレで、「近未来」「沖縄」「イルカ」みたいなフレームで進行する、宇宙に出て行かないSF話的なもの。1巻を読んだときは「おいおい! 風呂敷広げすぎじゃね!?」って思ったんだけど、2巻では世界観の土台を着実に踏み固めている感じがあって超興奮した。絵の印象がぼそぼそしてて最初だけよくないけど、話に引きずり込まれるとそれさえも味になってくる。主軸の話ももちろん面白いんだけど、沖縄の空気感、人との距離感みたいなのが、色のないコミックから感じられるのもすげーなーと思うのだった。オススメ。


ちょっと他の人のレビューを見てたら、作者は漫画家じゃなくて、大学の准教授だった。余興か。すげー。

ゲームキューブの携帯機版が開発されている?

|  ゲームキューブの携帯機版が開発されている? を含むブックマーク

http://www.inside-games.jp/news/188/18894.html
8センチディスクはもともとそれを見越した布石だったと思うけど、今必要かって言うといらないね。「時のオカリナGC」を遊びたい気はするけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070817

2007-08-16

グラディウス

|  グラディウスを含むブックマーク

WiiバーチャルコンソールPCエンジングラディウスダウンロード。子供の頃、あの世界観だとか音楽にやられて、ファミコン版を死ぬほどプレイしたのでわーいと思って遊んでたら、ファミコン版のバリアって全方位からのダメージを守ってくれてたんだけど、アーケード版だとかPCエンジン版はプレイヤーの前方しか守ってくれないことを忘れていて、ファミコン版のテクニックしかない僕は後方からのダメージで死にまくるのだった。コナミコマンドを入れてもテクニックがないから数秒で死ぬこともあったりして。僕が好きなファミコングラディウスは果たして本当の意味でグラディウスだったのか?と自問する夏の日。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070816

2007-08-15

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070815

2007-08-14

takanabe2007-08-14

熱帯夜のお供に:「UMINE」で“自宅リゾート化”計画

|  熱帯夜のお供に:「UMINE」で“自宅リゾート化”計画を含むブックマーク

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0708/14/news026.html
デザインはともかく、10年前はこういうのがすごい欲しかった。僕ら世代が決裁権を持つようになったってことだなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070814

2007-08-13

|  を含むブックマーク


MG 1/100 WD-M01 ターンエーガンダム (∀ガンダム)

MG 1/100 WD-M01 ターンエーガンダム (∀ガンダム)

ポチッと押した。近所におもちゃ屋がなくても安心。電車賃も要らないし、21世紀ばんざい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070813

2007-08-12

映画「トランスフォーマー」

|  映画「トランスフォーマー」を含むブックマーク

トランスフォーマー/リベンジ スペシャル・コレクターズ・エディション  [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2009-12-18)
売り上げランキング: 17

映画館で「トランスフォーマー」を観た。2時間35分もあるって知ってびびった。しかもそれよりも驚きなのは、2時間35分も掛けて、何が何なのかさっぱりわかんないところだ。話が複雑なわけじゃない。むしろ一本道。だけど、説明に必要なはずの重要な部分がところどころ抜け落ちてる。でもさらにそれよりも驚きなのは、その話のつじつまとかを超えるほどの、映像情報量の洪水を2時間35分浴び続けることのその快感。予告編のテンションが落ちずにずーっとそれが続く。快感って言うより事故に近いかも。目の前であまりにすんごいことが起こると思考停止して「ぽかーん」とするでしょ? あの感じ。多分DVDで観てもそんなに面白くないだろうなって予感があって、視界からちょっとスクリーンがこぼれてるぐらいの感じが「体感」として気持ちいい。前の日に「アップルシード」を観て、あーCGっていろいろめんどくせえなって思ってたんだけど、「トランスフォーマー」に出てくる10メートルぐらいのロボットたちは、むちゃくちゃ動きがスピーディーなのに、でかくて重い動きが両立できてて、細かく割られたカットも、揺れまくるカメラも、つじつまとか関係性を壊す弊害はあるにせよ、臨場感がむちゃむちゃすごくて、鼻血が出そうでした。帰り道に目に映ったものが「あれ、絶対変形する‥」とかって景色が変わって見える感じって何か久々だったかも。93点。

「トランスフォーマー」レビュー

|  「トランスフォーマー」レビューを含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/taniwaki/20070806
タニワキくんのレビュー。勉強になるなぁ。

映画「アップルシード」

|  映画「アップルシード」を含むブックマーク

APPLESEED [DVD]
APPLESEED [DVD]
posted with amazlet at 09.12.08
ジェネオン エンタテインメント (2004-11-25)
売り上げランキング: 26008

DVDで映画「アップルシード」を見た。原作は読んだことがない。CGアニメを見ると思うのは、テクノロジーとしては実写映画に限りなく近いはずなのに、正確すぎるパースや、生理的な部分で偽者っぽいなと感じるちょっとした瞬間が積み重なって、すごい気持ち悪くなる。この映画は意図的なんだろうと思うけど、人物とそれ以外のものの質感が別世界のように異なっていて、それは最後まで相容れない。モーションに関してもがんばってるシーンとそうじゃないシーンのできの差もすごい。すごい重そうなものがめちゃくちゃ軽そうに動いてるように見える。カメラの構図もモニターで考えてる感じでアップが多すぎる。音楽も合ってないシーンが多かった。お話は押井守みたいなめんどくさい感じはなくてシンプルだったけど、ちょっと使い古されすぎなありきたり感もあって特に印象は残らなかった。でも研究材料やビジネスの種として、CG映画は国産で作り続ける意味はあるんだろうなと思った。実際「鉄コン筋クリート」なんかは、違和感なくCGとアニメが融合してたわけだし。45点。

2007-08-11

映画「墨攻」

|  映画「墨攻」を含むブックマーク

墨攻 [DVD]

墨攻 [DVD]

DVDで映画「墨攻」を見た。外国の映画なので酒見賢一とは関係ないのかと思ったら、原作にちゃんとクレジットされていた。でも小学館のクレジットだから、漫画版ってことなのかな? 小説は大好きで、漫画版も一通り読んだことあるけど、この映画はそのどちらとも違う全然別の墨攻だった。決定的に違うのは、主人公の天才軍師・革離に人間的な迷いとか弱さを同時に表現したかったってことなんだと思うけど、なんだか下らない恋愛っぽい話を足されてる。それによって墨家のポリシーがいまいちはっきりしなくなって、ぜんぜん賢く見えない(見た目は賢そう)、お話の骨格ががたがたなのだった。主人公が必死に策を弄して守ってるはずの国家も中身がぐだぐだで、助けてる爽快感もなかったし。面白いシーンもたくさんあったし、なんか他のまとめ方でもう一回作ってほしい惜しさ。「非戦」っていう現代で重要なキーワードがテーマっぽいんだけど、それを日本、韓国中国香港の合作で作ったってのは、なんだかすげー。そこが一番すごいとこかも。でもお話としては小説は完璧すぎるし、漫画も面白いのでそっちを見た方がいいと思う。55点。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070811

2007-08-10

takanabe2007-08-10

musika

|  musikaを含むブックマーク



パラッパラッパーで有名な松浦雅也が作ったiPod向けのゲームが売られていたので、買ってみた。http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/08/news023.html 好きな音楽を掛けると、背景に色弱測定みたいな模様の中からアルファベットが浮かび上がり、それが曲名に含まれる文字だった場合は決定ボタンをクリック、含まれない場合は左右どちらかのボタンをクリックってだけのゲーム。間違えたり、判断が遅いとペナルティになる。びっくりしたのは日本人が作ってるのに、最初の名前入力の画面で「なまえをいれるをしてください」って出てきたところ。これじゃダメな洋ゲーじゃん‥。一瞬味かと思ったけど、他を見てもそんなテイストじゃないので単にローカライズの問題っぽい。iPodのゲームって上ボタンがゲームをやめるメニューに振られているから一般的な十字キーのような操作が出来ない。シューティングのような移動と同時に決定ボタンと使うようなゲームもできない。というかそもそもiPodでしっかりしたゲームを遊びたいか?ってのも疑問なので、このmusikaのようなビジュアライザーにちょこっとゲーム的なお遊びってところに落ち着くのが筋だろうと思って期待してた。でもAppleの製作ガイドライン上そうなのか、音楽を掛けてゲームをする場合、操作音などは一切ない。つまりルミネスRezのような楽曲に参加している感はない。せっかく音楽ゲームを作ってきた人が作っているのに、ゲームの音楽要素がなくて残念だった。

21世紀版 マーフィー法則

|  21世紀版 マーフィー法則を含むブックマーク

http://www.asciibook.com/m/index_2.asp

いちど認めた例外は、次からは当然の権利となる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070810

2007-08-09

ピクロスDS(3)

|  ピクロスDS(3)を含むブックマーク

ピクロスDS
ピクロスDS
posted with amazlet at 09.12.08
任天堂 (2007-01-25)
売り上げランキング: 1292

エアコンが効いた場所で作業っぽいゲームがしたくなって取り出す。ノーマルのLEVEL 2までクリアした。アイディアをまとめるときの脳みそって、ピクロスを解いているときの頭の使い方に似てる気がして、一度もミスせずに綺麗にクリアできたときは、企画書とか仕様書が完成したときみたいなすっきり感がある。ちなみに操作は十字キーでやってる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070809

2007-08-08

takanabe2007-08-08
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070808

2007-08-06

映画「椿山課長の七日間」

|  映画「椿山課長の七日間」を含むブックマーク

DVDで映画「椿山課長の七日間」を観た。心筋梗塞で突然死んだデパート店員の西田敏行が、天国の手前で、7日間だけ別の肉体を得て、生前遣り残したことを整理するという話だ。以前「この胸いっぱいの愛を」という映画を見た。何人かが事故で同時に死んで、なぜだかタイムスリップした過去で遣り残したことを整理するところが一緒で、でも「この胸」は登場人物のエピソードが絡み合わず、群像劇である意味合いが薄かったんだけど、「椿山」はお互いが絡み合う仕組みがちゃんと入っていて、同じ話の完成型と言った感じだった。面白いのは「ちょっといい話」の体裁を取りながら、その道中で知らなくていい身内達の真実に翻弄される姿だ。でも俳優のセレクトのせいか、全然どろどろしないで、そこがコミカルでかわいらしい。主役の伊藤美咲は死んだ西田敏行の役をやるんだけども、演技力がないことが逆にいいなと思えた。と言うのも、心と体が噛みあってないから、台詞回しも仕草もいろいろ不器用なんだな、と感じられたから。他の若手達も同様にから回り感だとか足りなさが逆に味になっていた。もうちょい説明台詞(モノローグ)を端折ってもいい感じがしたけど、大事なシーンは台詞を言わずに仕草などの細かい演技が効いてて、それが登場人物たちの心情を伝えるようでぐっときた。久々にすっきり楽しめた映画だった。80点。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070806

2007-08-05

映画「さくらん」

|  映画「さくらん」を含むブックマーク

さくらん [DVD]
さくらん [DVD]
posted with amazlet at 09.12.08
角川エンタテインメント (2007-08-03)
売り上げランキング: 15930

DVDで映画「さくらん」を観た。安野モヨコの原作は読んだことがない。写真家蜷川実花の初監督作品で、音楽が椎名林檎、主演が土屋アンナっていう、アートに歩み寄りたいけどその方法が分からない女の子あたりがターゲットなのかなと言うような外堀の埋め方。企画上は手堅いのかもしれないけど、結果としてはあまりうまくいってるようには見えなかった。


写真家と映像って何で昔から相性が悪いんだろう? 時間に関する向き合い方が真逆だからかな、と想像はするんだけど、でも同じ現実世界に生きていて、目に映るもので表現するモノヅクリ同士でそんなに違いって生まれるもんかな。


遊郭をモチーフにしながら、(男性的な意味合いで)まったく色気を感じなかった。土屋アンナのだみ声と演技力のなさが最初に目に付くけど、それ以外にも原因があった。日本的な情念だとか、あるいはそれを表現するためのねっとりしたカメラワークが一切ないことだった。派手な色彩へのこだわりと、遠近感を利用したシーンのつなぎばかりが目に付いて、どうも脚本や演技や音楽がひとつにならない。


脚本も、ころころ男が出てくる割に誰にも感情移入させずに、ご都合主義のようなラストにあっけにとられてしまう。その辺のつまらないOLがぼやく日常と大差ないのは、原作からなのかな? 女子高の価値観を2時間見せられている気分。


で、最初に話が戻るんだけど、がちがちに固めた音楽と主演のどちらかをせめて無名の色のない人がやっていたら、なんかもうちょっと風通しがよくなって、綺麗な止め絵の合間にも、なんか想像力が働いて補完できるようなすきまが生まれたんじゃないかという気がした。いろんなパートの人たちの仕事が単体ではちゃんとしているように見えたので、ちょっとしたボタンの掛け違いでなんか化けそうなそんな変な映画でした。


あぁ、ロゴデザインは良かった。45点。

FOREVER BLUE(1)

|  FOREVER BLUE(1)を含むブックマーク

フォーエバーブルー
フォーエバーブルー
posted with amazlet at 09.12.08
任天堂 (2007-08-02)
売り上げランキング: 1086

不具合報告出てたけど買っちゃった。一ヶ月とか待たされたら夏終わっちゃうもんね。それにマリオパーティ嫌いな僕としてはホントに夏はこの一本しかなくて、それだけ背負わされてる期待もでかいというか。でも結果から言うと、特に面白くなかった。僕はゲームにおいてリアルなビジュアルに全然興味がないけど、このゲームはリアルじゃなきゃ意味がないモチーフで、でも表現力はゲームキューブレベル。あとせっかく体感的なコントローラーがあるのに、ポインティングで操作+視点変更ってのもものすごい釈然としない。懐中電灯を持って歩くゲームみたい。ひとつ発見があったとすれば、ボーカル曲についてかな。普段の選曲では喜多郎みたいなどうでもいいイージーリスニングみたいなのが流れるんだけど、選曲時に変更するとコマーシャルで流れている女性ボーカルの曲を選べる。そうすると見えているCGにちょっとだけ色や感情が付くような、そういう感覚があった。自由に.mp3を選べる仕様とか、ゲームに関してそういうことってホントどうでもいいよなぁって思ってたんだけど、そういういい掛け算が生まれることもまれにあると気づかされました。でもWiiの第2ブレイクはまだまだずっと来ないなっていう認識。スーパーファミコンシムシティ並みのチューニングを期待したんだけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070805

2007-08-04

takanabe2007-08-04

本当の芸術とか、本当のクリエイティブとか、くだらないよ。

|  本当の芸術とか、本当のクリエイティブとか、くだらないよ。を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/todesking/20070728/1185629560

今の世界において、主導権を握ってるのは利権を握ってる商業主義の側だ。だからそれらに対する批判のほうに重きを置くべきだとは思う。でも、反・商業主義の側についても誰かがきっちりdisっとかないとまずい。

2007-08-03

takanabe2007-08-03
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20070803

2007-08-02

takanabe2007-08-02

2007-08-01

takanabe2007-08-01

mixi、18歳未満への開放を検討

|  mixi、18歳未満への開放を検討を含むブックマーク

http://turenet.blog91.fc2.com/blog-entry-1711.html
スタンスとしてやめたほうがいいと思うよ。

1995 | 11 |
1997 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |