ラヴフール (www.lovefool.jp) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-01-31

takanabe2012-01-31
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120131

2012-01-30

takanabe2012-01-30

ニコニコ漫画「[ノベル] にじんでこぼれる」連載開始

|   ニコニコ漫画「[ノベル] にじんでこぼれる」連載開始を含むブックマーク



久々の日記ですが今回はお知らせをさせて下さい。


無料でオリジナル漫画が読めるサービス「ニコニコで漫画を描いてみた」にて、新連載が始まります。今までも「咎花」「ポロロッコと小さな恋のはなし」「九十九の満月」などの重厚で奥行き感のある作品に裏方(編集・プロデュース)として関わって来ましたが、今日お知らせする作品はちょっと違います。


にじんでこぼれる」というシリーズを作家として新たに始めます。涙にちなんだいくつかの小さな話を、オムニバスノベルの形態でお伝えしていきたいと思います。


作画には今作がデビュー作となる新人のイラストレーター、川野みずき、吉野裕人の二人を採用し、作品ごとにタッチを変えていきます。


第1回は「さよなら、イエティ。」の前編です。病気で長期入院している女の子のもとに訪れた小さな奇跡の話です。


毎回、前編後編の2話完結予定で、ファンタジーなキャラクターと涙に絡めたいくつか小さな話を、わかりやすいやさしい日本語で続けていきたいと思っています。


3人であーでもないこーでもないと工夫したこれらの話が、あなたや誰かの特別なお気に入りになりますように。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120130

2012-01-29

takanabe2012-01-29
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120129

2012-01-28

takanabe2012-01-28
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120128

2012-01-27

takanabe2012-01-27
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120127

2012-01-26

takanabe2012-01-26
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120126

2012-01-25

takanabe2012-01-25
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120125

2012-01-24

takanabe2012-01-24
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120124

2012-01-23

コミック「ヒミズ」古谷実

|  コミック「ヒミズ」古谷実を含むブックマーク


実写化映画が絶賛公開中の「ヒミズ」を紹介します。

ヒミズ」は「行け!稲中卓球部」で有名になった古谷実が、全面的にギャグを廃して始めた全4巻のストーリー漫画です。


漫画でありながら現代社会における不安や、社会的弱者に向けた視線、若者の憤りなどが複雑に絡み合っていて、文学的な読後感があります。


この作品以降「主人公はいじめられっこ」「主人公に(努力とは無関係に)圧倒的に美人で肯定的な彼女ができる」「主人公とは無関係な場所で惨劇が起こる」「主人公はいつ惨劇の側に引きずり込まれるかわからない緊張感の中で、無自覚に幸せな日常を生きる」というのが、古谷漫画のお約束になっていきます。つまり繰り返し同じテーマを違うタイトル、違う登場人物で語りなおしているのだとも言えます。


その今日までの連作の処女作とも言えるこの「ヒミズ」は、特に荒削りで、ラストも連載時とコミックス掲載時では、意味合いが全く逆になっているなど、賛否両論があった作品です。


主人公は自覚的に運命をたぐり寄せ、あがきます。自分が何者なのか、どこへ向かっていくのか、10代の男の子がすねるには十分なだけの不幸な境遇とその生々しさは、物語という形を取りながら、それ自体が問いかけのようで、作者自身が向かい合っている問題と直結している気がして、だからこそ不条理に終わるしかなかったのだ、と僕は解釈しています。


映画版はまだ見ていないのですが、かなり大胆な再解釈を行なっていながら、海外での評価が非常に高かったと聞いていますので楽しみにしているところです。早く行く暇つくんないとなー。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120123

2012-01-22

takanabe2012-01-22
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120122

2012-01-21

takanabe2012-01-21
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120121

2012-01-20

takanabe2012-01-20
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120120

2012-01-19

takanabe2012-01-19
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120119

2012-01-18

takanabe2012-01-18
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120118

2012-01-17

takanabe2012-01-17
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120117

2012-01-16

takanabe2012-01-16

3DS「ピクロスe」

|  3DS「ピクロスe」を含むブックマーク



ピクロスは数字をヒントに方眼を塗りつぶして隠された絵をあぶり出すゲームです。元々はクロスワードのように紙で遊ぶものを、任天堂テレビゲーム化しました。


僕はびっくりするほどピクロスが好きです。
どれくらい好きかというと、ほっとくと時間を忘れるくらい。


スーパーファミコンの時代から、いくつものピクロス任天堂から出ています。ゲームボーイ版、ローソン書き換え版、サテラビュー版、DS版、「立体ピクロス」なんてのもあったなー。かれこれ15本ぐらい出てるんじゃないかと思います。すごいことですよね。


ピクロスの楽しい点は、

・パズルを解く過程が気持ち良い。
・理詰めで絵が出来上がってくること。
・絵が出来上がることが目的なのに、出来上がる絵に全く興味が持てない割に、すぐ次の問題をやりたくなる。

の3点です。


難問だと30分ぐらいかかった挙句、「フランス人形」とか「メトロノーム」とか言われて、「はい?」ってなりますけど、そういう空気読めない生真面目な感じとかも含めて好きです。


1問、平均5分以内で解けるんですが、このちょっと物足りない感じが絶妙で、あと一問、あと一問と繰り返すたびに途方もない時間が飛んでゆきます。眠るのも食べるのも忘れてしまうほどです。


わかるところから順番に埋めていくとそれが他の手がかりになって、更にその先が埋まっていくというのを繰り返すのですが、それが僕が普段やっているモノづくりの工程とすごく似てるんですね。工程だけじゃなく、快感部分が似てるんだと思います。途中、1個でも仮定を間違えると全部が破綻するその繊細さも、ホントモノづくりに似ています。


ピクロスのゲーム内容自体は任天堂特許ではないので、いろんな会社が似たゲームを出しているんですが、操作がどれもいまいちこなれていなくて、単純にイライラします。DS以降はタッチペンとの相性も抜群で、削っていくときの音の気持ちよさや、控えめな完成演出などにぐっと来ます。


寝る前にどれどれちょっとだけ、と手を出して、とても寝るどころではないぐらいのめり込んでしまうこともしょっちゅうですね。


最近では3DSダウンロードソフト版が2本出て、これがなんと1本500円。200問ぐらい入っててこの値段っていうのはコストパフォーマンス的にちょっとおかしいくらいお得ですし、ダウンロードなのでカートリッジスロットを塞がずに、いつでもサブゲームとして持ち歩けるという二重のメリットがあり、21世紀って素敵!と思えました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120116

2012-01-15

takanabe2012-01-15
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120115

2012-01-14

takanabe2012-01-14
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120114

2012-01-13

takanabe2012-01-13
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120113

2012-01-12

takanabe2012-01-12
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120112

2012-01-11

takanabe2012-01-11
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120111

2012-01-10

takanabe2012-01-10
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120110

2012-01-09

takanabe2012-01-09
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120109

2012-01-08

takanabe2012-01-08
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120108

2012-01-07

takanabe2012-01-07
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120107

2012-01-06

takanabe2012-01-06
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120106

2012-01-05

takanabe2012-01-05
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120105

2012-01-04

takanabe2012-01-04
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120104

2012-01-03

takanabe2012-01-03
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120103

2012-01-02

takanabe2012-01-02
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120102

2012-01-01

takanabe2012-01-01
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120101
1995 | 11 |
1997 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |