ラヴフール (www.lovefool.jp) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-05-31

takanabe2012-05-31

女性が、ガリ男とつき合うのは何故か? 人類の歴史を研究してわかったこと

|  女性が、ガリ男とつき合うのは何故か? 人類の歴史を研究してわかったことを含むブックマーク

http://www.gizmodo.jp/2012/05/post_10424.html

ぱっと見はマッチョマンに持っていかれるかもしれません。でも、長い目で見れば、ガリ男タイプこそ女性が本当に欲している男性なんだそうです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120531

2012-05-30

takanabe2012-05-30
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120530

2012-05-29

takanabe2012-05-29
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120529

2012-05-28

takanabe2012-05-28
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120528

2012-05-27

takanabe2012-05-27
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120527

2012-05-26

takanabe2012-05-26
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120526

2012-05-25

takanabe2012-05-25
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120525

2012-05-24

takanabe2012-05-24
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120524

2012-05-23

takanabe2012-05-23
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120523

2012-05-22

takanabe2012-05-22
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120522

2012-05-21

コミック「うさぎドロップ」とTOM☆CATの「TOUGH BOY」

|  コミック「うさぎドロップ」とTOM☆CATの「TOUGH BOY」を含むブックマーク

風邪でうなされていたら、何でかわかんないんだけどもTOM☆CATの「TOUGH BOY」が頭をよぎって、週末エンドレスリピートして聞いてたんです。その昔アニメ北斗の拳2」の主題歌だった曲で、最近ではMEGがカバーしました。

D
D


それと同時にたまたま原作版の「うさぎドロップ」を最後まで読み終えました。アニメ版のうさぎドロップが大好きで原作をその後読み始めたんですが、アニメ版は原作の前半で終了したので、その先の大きくなったりんちゃんの話はちょっと怖くて原作が読めなかったんです。男性視線育児マンガっていう枠から、ファザコンラブコメに移行する話だと思ったので。



で、まぁ時が経ったので、ついに最後まで読み終えて、僕としては90点ぐらいの胸いっぱい感があったんですが「なるほどなぁ、こりゃ否定派も多いわけが分かるわー」みたいな気持ちにもなりました。


で、ふと「TOUGH BOY」(北斗の拳の1部2部)と「うさぎドロップ」は似てることに気づいたんです。


うさぎドロップは、第1話で30歳独身のサラリーマン大吉が、心を開かない見知らぬ少女「りん」と出会って、引き取ることから始まります。二人には恋愛感情はなく、擬似家族のような信頼関係があります。同い年のわんぱくな男の子「コウキ」はりんに淡い恋愛感情を持っています。


第2部になると、りんはとても美人に成長してコウキと一緒の学校に通っています。大吉は自身の大きな恋愛をひとつ諦めます。コウキははっきりとりんに恋愛感情を持っていて、りんもそれに気づいていながらうまく受け止めることができません。りんは自分の中にある本当に大切な人の存在に気づき、コウキはやがてそれを受け入れ、りんの恋愛は成就します。


北斗の拳もその部分だけとってみるととても良く似ています。


20代の独身男性ケンシロウは第1話で心を開かない見知らぬ少女「リン」に出会います。リンには同世代のわんぱくな男の子「バット」がそばにいます。リンとケンシロウの間に恋愛感情はありませんが3人は擬似家族のような信頼関係を築きます。


第2部になると、リンはとても美人に成長してバットとともにレジスタンスを結成しています。ケンシロウは最愛の恋人「ユリア」を失い放浪を続けています。バットははっきりとリンに恋愛感情を持っていて、リンもそれに気づいていながらうまく受け止めることができません。リンは自分の中にある本当に大切な人の存在に気づき、バットはやがてそれを受け入れ、リンの恋愛をサポートする側に回ります。リンの恋愛は成就しません。


「TOUGH BOY」が第2部の主題歌に決まった時、北斗の拳が本当に大好きだった僕は「ノリはいいけど、女性ボーカルでロックだなんてちょっと軽い感じがするなぁ」と否定的な意見を持っていました。またTOM☆CATも変なサングラスを掛けた一発屋ぐらいの印象でしたので、この曲はタイアップ広告代理店的な誰かに歌わされているものだと思っていたんです。


でも久々に聞き直すと作詞も作曲も本人がやっており、あの派手とは言えない女性がちくちくと北斗の拳の世界観に合わせたノリの良い曲と詞を考え、積み重ねた結果なのだと思うと、だんだん愛くるしくなって来ました。曲展開やドラマチックさ、歌い分けは元より、詞の内容が、ケンシロウではなくバットに注目していることに気づいたからです。


タイトルがまず「TOUGH BOY」。ケンシロウはまずBOYではないですし、ケンシロウに一番身近なBOYといえばバットしかあり得ません。また全体的にも「世の中は残酷だけど、こうやって出会った二人で手を取り合って前向きに戦っていこうぜ」みたいな、フツーの人を勇気づける励ましと、女性的(母親的)な暖かさを感じるんです。ケンシロウという世紀末を殺人拳法でがんがん生き抜くスーパーマンのことはぜんぜん歌ってないんですね。


世紀末は結局のところ、ノストラダムス的な大きなカタストロフもなく過ぎ、僕らは今、平坦で残酷な21世紀を生きてます。ある意味北斗の拳の荒廃した世界よりも、見た目以外はずっとずっと息苦しいのではないかと思うことも少なくありません。そうした中で、一番愛し愛されたい人が、自分以外の身近な人を愛していると知ったら、自分の気持ちを殺してでも支えてやるのが男だろ、みたいな、どんだけ報われないんだ感。でもそれが人生だよねっていう。そういう視点があるだけでもこの2つの物語はオトナっぽい味わいがあります。


身を引き裂くような悲しみをいくつも抱え、それを強さの糧にしていくというのは、北斗の拳でも描かれていましたが、無償のやさしさや愛情って結局、自分が今まで傷ついた分の奥行きでしか表現できないのかもな、とも思います。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120521

2012-05-20

takanabe2012-05-20
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120520

2012-05-19

takanabe2012-05-19
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120519

2012-05-18

takanabe2012-05-18
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120518

2012-05-17

takanabe2012-05-17

年間マイカー維持費はタクシー初乗り1100回分との試算

|  年間マイカー維持費はタクシー初乗り1100回分との試算を含むブックマーク

http://www.news-postseven.com/archives/20101203_7086.html
自分の人生に自家用車がいると思ったことがない。家賃2万足して急行の停まる駅近くに住むべき。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120517

2012-05-16

takanabe2012-05-16
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120516

2012-05-15

takanabe2012-05-15
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120515

2012-05-14

takanabe2012-05-14
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120514

2012-05-13

takanabe2012-05-13
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120513

2012-05-12

takanabe2012-05-12
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120512

2012-05-11

takanabe2012-05-11
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120511

2012-05-10

takanabe2012-05-10
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120510

2012-05-09

takanabe2012-05-09
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120509

2012-05-08

takanabe2012-05-08
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120508

2012-05-07

コミック「女帝」倉科遼/和気一作

|  コミック「女帝」倉科遼/和気一作を含むブックマーク

正直なところ、若い人の人気漫画のテンポや内容についていけないってのがあって、じゃあ逆にもっと大御所から学んでみるのはどうよ?というところでふと手に取ったのがこの「女帝」です。

女帝 (1) ニチブンコミック文庫 (WK-01)
倉科 遼 和気 一作
日本文芸社
売り上げランキング: 402863

http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/339.html

絵と内容が完全に70年代劇画ですが、2000年前後に連載と割と最近の作品だったりします。大阪に住んでいる女子高生が、水商売の母をガンで亡くし、自身もホステスとしての道を歩むことを決意するところから始まる女一代記です。大阪から銀座に舞台を移した後は、加速度的に有名ホステスとしての地位を高め、最終的に夜の揉め事を解決するのはこの人の他にないというところまでいきます。まさに夜の街に君臨する帝王なわけです。


いろんなやくざ政治家やどうしようもない男達が性欲と征服欲と自己顕示欲をドロドロにかき混ぜる傍ら、ホステスたちがそれを利用したり頼ったりしながら同じように夜の街の階段を登ったり、転げ落ちたりする姿は刹那的でもあり、普遍的でもあります。「欲」というのは良くも悪くも生きる力そのものなんだな、と思ったりします。


エロがけっこう売りなので1話につき必ず1回はねっとりした、いい意味でオヤジ臭いエロシーンがありますが、本編にない場合はシャワーシーンが大きく描かれ、さらにそれも難しい場合は扉絵週刊誌の熟女ヌードみたいな感じになります。コミックスで読むとそのサービス精神の徹底ぶりには変な安心感を覚えるほどです。


しかし顔の書き方に独特の個性があって「地獄のミサワ」っぽくパーツがセンターに寄りがちです。あと眉毛が「北斗の拳」並に太くて、海苔でも貼ってあるかのようです。でも話が盛り上がっていくにつれ、だんだんその顔が「この世界ではこれが美人なんだ」と思えてくるから不思議です。人物の構図やアングルも多様で、顔以外のデッサン力はほんとに素晴らしいと思います。


主人公が啖呵を切る時に、死んだ母親が熊本出身なので「あたしは火の国の女だよ!」って言って、必殺技みたいに毎回慄然とした顔で凄むんですが、火の国の女だと何がどうなのかは全く説明がないところも面白かったです。「ただじゃおかないよ」ぐらいの意味なのかも知れません。


実写映像化を2回していてTVドラマ版を加藤ローサ、劇場版を小沢真珠が演じているようですが、どっちも線が細くてこの作品の女帝の貫禄とはちょっと違うかなと言った印象です。藤原紀香ぐらいのボリューム感と貫禄(威圧感)が欲しいかな。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120507

2012-05-06

takanabe2012-05-06
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120506

2012-05-05

takanabe2012-05-05
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120505

2012-05-04

takanabe2012-05-04
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120504

2012-05-03

takanabe2012-05-03
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120503

2012-05-02

takanabe2012-05-02
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120502

2012-05-01

takanabe2012-05-01
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120501
1995 | 11 |
1997 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |