ラヴフール (www.lovefool.jp) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-08-31

takanabe2012-08-31
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120831

2012-08-30

takanabe2012-08-30
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120830

2012-08-29

takanabe2012-08-29
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120829

2012-08-28

takanabe2012-08-28
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120828

2012-08-27

takanabe2012-08-27
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120827

2012-08-26

takanabe2012-08-26
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120826

2012-08-25

takanabe2012-08-25
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120825

2012-08-24

takanabe2012-08-24
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120824

2012-08-23

takanabe2012-08-23
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120823

2012-08-22

takanabe2012-08-22
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120822

2012-08-21

takanabe2012-08-21
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120821

2012-08-20

Wii「ドラゴンクエストX」

|  Wii「ドラゴンクエストX」を含むブックマーク

MMORPGっていうのをちゃんとやったことがなかったんです。まぁ、率直に言ってダメ人間製造機って気がしますしね。お金も時間も他に優先すべきなことがもっともっとあるだろ、と思うわけです。


あともう一つ。オンラインゲームでしか得られない楽しみって、実生活でも面倒くさいことをわざわざお金と時間を費やして繰り返してないかって。例えば、組んだパーティがどんな指向性を持っているかを全員にヒヤリングして、同行する時間の使い方をすり合わせる幹事的側面とか、同じ時間を費やした人を少しでも出し抜くために、作業効率を機械のように磨きこんで、経験値の高い敵をプレイヤー同士で取り合ったり、ゲームなんて好きな時間に始めて好きに止められるからこそ息抜きなのに、気を使い合ってトイレにさえ立てなかったりとかね。世界の終りを含む何もかもが自分を中心に動いていたはずのゲーム世界が逆転して、ゲーム世界を担う一歯車というか名も無き住人に摩り替わってしまうこともあるわけです。


だから国民的RPGドラゴンクエスト」の新作が家庭用ゲーム機向けでかつMMORPGであると発表されてから、不安と期待が大きかったんです。発売後1ヶ月をそろそろ迎えようとしている今日に至っても、手を出すべきではないのでは?と不安を大きく抱えたままの人が数多くいると感じています。また同時に「ドラゴンクエスト」の名前がついているからこそ、自身初のMMORPGデビューをしちゃってもいいだろう!と思った人も少なくなかったと思います。僕は後者ですね。


結果から言うと、最初に書いた不安や不満は実はまったく解決されていませんでした。レベル上げには湯水のように時間を奪うし、人付き合いは面倒だし、競い合ってばっかです。でもまだ辞めてない。世間は夏休みですし、社会人も今はお盆。ひょっとするとこの8月が一番プレイヤーが多くて、かつ、わからない事だらけの人たちがあふれている、いい意味でのカオスが、オフラインでは味わえない「冒険感」を演出してくれることが分かったからです。


例えばパーティの中でレベルが低い人がいたら、その日の冒険はその人をかばうか、その人に合わせるしかありません。少なくともレベルが一番高い人に行動を合わせることはできません。話の進み具合も同様で、同じ進み具合の4人にならない限り、誰かは常に「ただ付き合う」だけの無駄足になることになります。


だけどそれがよかったりするんです。5つの種族のどれに属するかを選んで始まる本作は、対応する5つの大陸からスタートしますが、途中からお互いの大陸を行き来して、外から入ってきた人たちの外の世界の伝聞で、それぞれの冒険を選んでゆくことになるからです。だから結果的に誰かの冒険に付き合わされただけになったとしても「そっか、また鍛え直してここにいつか来ることになるんだな。その時は僕が先導する時だ」とか「冒険自体は無駄足だったけどレベルが2つ上がったな、お金も溜まった」とか「さっき仲間になった人が言っていたあの丘の向こうにあるアイテムの話、気になるからあとで行ってみよう」とか、そういう寄り道自体が意味のある作りになっているんですね。むしろサブイベントこそメインへの近道だったりする。


もちろん時々変な人がいてすごい自己中心的に行動するせいでパーティの空気がおかしくなることもあります。でも思い出すにドラクエ4クリフトがどんなボスを前にしてもバカみたいにザラキばっか発してたのも、この準備戦だったのかもな、なんて不思議な感覚を覚えるときもあります。


また大規模なネットワークゲームの宿命として、やりたい時間に緊急メンテナンスが2時間入ったりしてしょげることも少なくないですし、深夜0時付近のゴールデンタイムは、マップ間移動や仲間に誘うシステムやチャットがまともに機能しないなどのしんどい部分もありましたが、このドラゴンクエストオンラインゲームと平行に進めるオフラインゲームも用意されていて、「どうしても今はドラクエじゃなきゃいやだ! ドラクエがやりたい」っていうゲーム気分を少しでも緩和させてくれる作りになっているのもなかなか面白いところです。


発売日からプレイを始めた人は8月末には無料期間がすぎ、いよいよ9月、本格的な月額課金に突入します。そして夏休みも終わり、学校や仕事も待っていることでしょう。そういう意味では9月10月が本当のドラクエXの姿を見れる時という言い方もできます。当然現プレイヤー離れさせないような大規模で魅力的なアップデートも何度か用意されているでしょうし、それを積み重ねた結果、半年後には今とはまったく別のゲーム(作法)になっている可能性もあります。オフラインのゲームでは考えられないことですよね。


そういうミズモノっぽい「変化」そのものを楽しみたい人に、今回の「ドラゴンクエストX」はオススメなんじゃないかな、と思いました。長いお祭りの始まりとして、僕もまず最初の一ヶ月は課金してみたいと思っています。


どこかで出会えたら、一緒に冒険を楽しみましょう!



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120820

2012-08-19

takanabe2012-08-19
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120819

2012-08-18

takanabe2012-08-18
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120818

2012-08-17

takanabe2012-08-17

未完の傑作「度胸星」

|  未完の傑作「度胸星」を含むブックマーク

http://blog.livedoor.jp/captainsummer/archives/477938.html

ああ!俺も宇宙の秘密を知りたい!!!!

しかし。

残酷にも。
このマンガはそんな風に、まさに読者が、今、その宇宙の一端に触れるか!?と感じた瞬間に突然終わるのである。

映画「おおかみこどもの雨と雪」 感想

|  映画「おおかみこどもの雨と雪」 感想を含むブックマーク

http://yukikaze.otaden.jp/e247343.html

例えば、狼男である父親は戸籍も免許もありそれまで人間として社会の中で生きてきた、という前提があります。そして、それが各種の小道具(免許証・子ども達の経る苦労)と共に提示されるので、どうしても「狼男とは何なのか」と言う所に疑問が行きます。しかし、そこは完全にスルーされます。
予防接種がどうこうとか児相が訪問をかけると言ったイベントもあるので、これまた「狼人間はどのような生物なのか」、「社会からの圧力をどうするのか?」と言う問題が湧いてきます。しかし、これもスルー。って言うか、予防接種もしてねえ子どもを細菌窟の田舎(下水道すらないっぽい)に放り出すとか、あの母親は子ども殺す気ですか?
あれだけ重要な雪の同級生の問題も、まともに描写しないまま重要な役割を振ったあげく強引な演出だけで終わらせるし、「話」になりません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120817

2012-08-16

takanabe2012-08-16

『おおかみこどもの雨と雪』を観てきた(ネタバレあり)

|  『おおかみこどもの雨と雪』を観てきた(ネタバレあり)を含むブックマーク

http://blog.ihatovo.com/archives/5196

ちなみにわたしは、花も、この映画も、受け入れることができました。
 花が夢の中で、おおかみおとこの“彼”にすがりついて「(子育て)うまくできていなかった」と泣きじゃくったこと。去っていく雨に「まだ何もしてあげられていない」と叫んだこと。
 これらのことで、たとえ花がどのような間違いを冒したのだとしても、花のすべてをゆるすことができると思ったからであり、また、わたしが花だとしたらゆるされたいと思ったからです。

歯科医が教える。口内炎を早く治す方法

|  歯科医が教える。口内炎を早く治す方法を含むブックマーク

http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/08/post_2039.html

一般的には唾液が減っていると自覚して休養することが一番ですが、そうも言っていられない場合、まずは、アルコールや合成界面活性剤が含まれていない洗口液(唾液を促すタイプを選ぶ)でうがいをし、口の中を清潔に保ってください。口内炎のでき始めに、食後と寝る前など1日に3〜4回うがいすることで悪化を予防することができます。
ちょっと傷がついたな、と思ったときにすぐにうがいをしてください。早期発見、早期洗浄です。

ただし、アルコールや合成界面活性剤が含まれている洗口液や歯磨き剤は、唾液を除く、必要な常在菌を殺してしまうことがあるので、まったく逆効果です。使わないようにしましょう。

また、口内炎対策の飲み薬として知られるビタミンB2を主とした製剤の服用は、ビタミン不足が原因の場合は有効ですが、違う原因の場合は、当然ながら効果はありません。

塗り薬は実際には効果があるのですが、即効性を求めてしまうと効果が薄いように感じることがあります」(江上先生)

小沢健二「我ら、時」一般発売で24P特製小冊子も付属

|  小沢健二「我ら、時」一般発売で24P特製小冊子も付属を含むブックマーク

http://www.spaceshowertv.com/news/2012/08/74663.html

冊子は数に限りがありますが、既にお買い上げの方でも(どうにか)手に入れられるように配布方法を探っています。焦ってもう一箱お買いになりませんように…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120816

2012-08-15

takanabe2012-08-15

乱交セックス「盆踊り」 性を解放、神聖な伝統行事

|  乱交セックス「盆踊り」 性を解放、神聖な伝統行事を含むブックマーク

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120809/wlf12080919390013-n1.htm

日本では性は神聖なものとされ、盆踊りのほか、念仏講、御詠歌講、神社の祭礼など民衆の宗教的な行事の中心には、日常的な営みとは違う聖なるセックスがあるべきだと考えられていたようだ。

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』感想

|  西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』感想を含むブックマーク

http://norabako8.blog93.fc2.com/blog-entry-1290.html

大人になってからの職業選択、ギャンブルをするか否か、誰と結婚するかは、自分の意思で決められるのにも関わらず、両親の負の部分をそっくり繰り返す大人になってしまった部分に、絶望的なものを感じました。

http://d.hatena.ne.jp/hibigen/20081218/p2

腹が出たとき、男の体に何が起こっているのか

|  腹が出たとき、男の体に何が起こっているのか を含むブックマーク

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0503H_V00C11A8000000/

太り始めて、内臓脂肪が増えてくると、脂肪細胞の中に脂が満杯になる。「細胞のほとんどを脂が占めるようになるとこのストレス細胞の働きも変わる」と首都大学東京大学院人間科学研究科ヘルスプロモーションサイエンス学域の藤井宣晴教授はいう。すると、分泌される物質も一変する。善玉ホルモンの分泌は減り、代わりに血糖値を上げたり、血液をどろどろにしたり、血圧を上げてしまう複数の“悪玉物質”を出すようになるのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120815

2012-08-14

takanabe2012-08-14

おおかみこどもの雨と雪 - 本屋のほんね

|  おおかみこどもの雨と雪 - 本屋のほんねを含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/chakichaki/20120730

実際、これ、狼がいてもいなくても話としては何とか成立しますからね。都会で乳幼児を育てるのは、おおかみでなくったって大変なわけだし、多分、花は自分のこどもが、おおかみこどもじゃなかったとしても、育児放棄しなかったと思うし。

スーパーチートマザー・花について(おおかみこどもの雪と雨)

|  スーパーチートマザー・花について(おおかみこどもの雪と雨)を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20120804/p1

この作品は思春期モラトリアムな人達を置いてけぼりにしているわけだが、それだけでなく、子育てと自己アイデンティティの両立に苦労しているような養育者をも置いてけぼりにしている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120814

2012-08-13

takanabe2012-08-13

kitchen8-inch LCD TV8インチ液晶テレビ

|  kitchen8-inch LCD TV8インチ液晶テレビを含むブックマーク

http://www.plusminuszero.jp/products/detail/47
ドラクエ用にあってもいいかと思うけど、小さくて文字が読めないかな?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120813

2012-08-12

takanabe2012-08-12
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120812

2012-08-11

takanabe2012-08-11

『おおかみこどもの雨と雪』におけるヒロインの怖さ

|  『おおかみこどもの雨と雪』におけるヒロインの怖さを含むブックマーク

http://inspirace.expressweb.jp/wp/?p=104

一番ひっかかりを覚えたのは「自分だったら農業経験もないのにいきなり田舎に引っ越して自給自足で暮らすという危険ルートは選ばないな〜。どんな熟練した農婦でも幼児2人を幼稚園にもいれず1人で畑仕事なんて無理だろう。中世ではあるまいし石もて追われるということはないのだから、とりあえず信頼できる周囲に打ち明けたほうが生き残れるのでは?」ということ。医療も受けやすくなるし、貴重なサンプルとして、少なくとも生活は保障されるはず。1人で子供2人抱え込んで予防接種や健診、現代医療を全部拒否するほうがよほどリスキー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120811

2012-08-10

takanabe2012-08-10

『おおかみこどもの雨と雪』根底に流れる絶望について

|  『おおかみこどもの雨と雪』根底に流れる絶望についてを含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20120809/p1

私はこの劇中の "おおかみこども" たちって、本当は存在がバレた方が生きやすくなると思う

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120810

2012-08-09

takanabe2012-08-09
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120809

2012-08-08

takanabe2012-08-08
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120808

2012-08-07

takanabe2012-08-07

『おおかみこどもの雨と雪』 細田守監督 細田守ブランドの確立〜失われていたファミリー層を吸収するアニメーションブランドの登場

|  『おおかみこどもの雨と雪』 細田守監督 細田守ブランドの確立〜失われていたファミリー層を吸収するアニメーションブランドの登場を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20120805/p1

脚本としては、実は、僕はほとんど魅力を感じないし、あまりに批判を受けやすい甘さがあるんだけど、圧倒的な演出力の完成度が、それを完全にどうでもいいことにしている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120807

2012-08-06

コミック/アニメ「坂道のアポロン」小玉ユキ

|  コミック/アニメ「坂道のアポロン」小玉ユキを含むブックマーク


少女漫画が割と読めないんですが、これは読めたし、大変面白かったです。コミックスは全9巻、アニメは全12話。作者にとって初の長期連載作とは思えないくらいの空気感とまとまりに心を打たれました。

50年ぐらい前の昔の佐世保で、横須賀から転校してきたメガネで繊細な青年「ボン」と、札付きの不良と恐れられているアメリカ人ハーフの青年「千」の、ジャズと青春の物語。ボンがピアノ、千がドラムを担当しています。

基本的なエピソードは毎回すごくシンプルで、パターン化されています。

・第三者が二人の関係を乱します。
・ボンが千から離れようと葛藤します。
・二人の演奏の練習場であるお笹馴染みの女の子の実家のレコード屋で鉢合わせます。
・さぐりながらセッションをしているうちに自然に仲直り。

このセッションのアドリブ感と高揚感がたまらなくいいんです。音楽に限らず波長が合った仲間とモノづくりをしていると似たような「音楽的な興奮」とか「ドライブ感」に達することが時々あって、それはとても麻薬的な抗いようのない体験なんですね。それを表現された!と思いました。

僕はアニメ版を先に見て、その指の動きや実際に鳴らされる音自体にも興奮したんですが、コミック版を見ても遜色なく、その興奮がありますし、むしろアニメ版は正確にコミック版を動画化することに成功しているのことがわかります。

主人公のボンの発想があまりに女性的すぎるとか、ホモ同人誌がたくさん出そうなシチュエーションとかは最初でこそ気になりましたが、物語を読み進めていくとその繊細さこそがこの物語の軸であり、音楽性なのだとわかってきます。

ジャズと言いながらも出てくる曲はアートブレイキーの「モーニン」だったり、そうだ京都に行こうで使われている「マイ・フェイバリット・シングス」やビル・エヴァンスの「マイ・ファニー・バレンタイン」程度の話で、まったく素養がなくても楽しく聞けますし、そもそも二人の心が近づいたり離れたりすることが、そのアレンジや演奏に現れること自体が一番の売りどころなので、先入観なしにそのままフツーに楽しむのがいいんだと思います。音楽は菅野よう子が担当しています。

コミックスには5巻まで、巻末に読み切りファンタジー作品が併載されていて、こちらも地味でかわいらしい、普段の作者の目線がとても好印象でした。現代劇のちょっとしたファンタジーが僕は好きすぎるのかも知れません。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120806

2012-08-05

takanabe2012-08-05
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120805

2012-08-04

takanabe2012-08-04
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120804

2012-08-03

takanabe2012-08-03
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120803

2012-08-02

takanabe2012-08-02
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20120802

2012-08-01

takanabe2012-08-01