ラヴフール (www.lovefool.jp) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-05-31

takanabe2014-05-31

かつての美味しんぼには、読者にカタルシスを提供する仕組みがきちんと用意されていました。

|  かつての美味しんぼには、読者にカタルシスを提供する仕組みがきちんと用意されていました。を含むブックマーク

http://konishiroku.tumblr.com/post/85811591454

・山岡の、組織に対する反骨精神とそれによるヒーロー性
・圧倒的な敵役としての海原雄山と、その横暴さによるストレス
・それに対して、山岡が海原雄山に一矢を報いることの出来るカタルシス
・それ以外にも、食通ぶって知識をひけらかしている嫌味なキャラを山岡がへこませるカタルシス
・トラブルメーカー、コミカル枠として色々ドジをやる富井の存在
東西新聞社人間関係と絡んだ、栗田とのラブコメ要素

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140531

2014-05-30

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140530

2014-05-29

takanabe2014-05-29
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140529

2014-05-28

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140528

2014-05-27

takanabe2014-05-27
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140527

2014-05-26

takanabe2014-05-26
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140526

2014-05-25

takanabe2014-05-25
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140525

2014-05-24

takanabe2014-05-24
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140524

2014-05-23

takanabe2014-05-23
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140523

2014-05-22

takanabe2014-05-22
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140522

2014-05-21

takanabe2014-05-21
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140521

2014-05-20

takanabe2014-05-20
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140520

2014-05-19

takanabe2014-05-19

RGBとCMYKの誤差を無くすには…

|  RGBとCMYKの誤差を無くすには…を含むブックマーク

http://lovecake.tumblr.com/post/85788205133/161-rgb-cmyk

青を使わない、深い青で描いた部分は白を混ぜて明度を上げ彩度を下げる
または水色(シアン)に近づける。
緑を使わない、緑で描いた部分は白を混ぜて明度を上げる。
または黄色に近づける。
青紫はマゼンダに近づける。
などして、なるべくCMYKに近い色で構成するといいです。
最初からCMYKで描けばいいじゃん、て思うかも知れませんが、
PhotoShopの多くの調整フィルターが使えなくなる(自由度が減る)ので
RGBで描いてからCMYKに変換した方がいいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140519

2014-05-18

takanabe2014-05-18
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140518

2014-05-17

takanabe2014-05-17
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140517

2014-05-16

takanabe2014-05-16
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140516

2014-05-15

takanabe2014-05-15
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140515

2014-05-14

takanabe2014-05-14
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140514

2014-05-13

takanabe2014-05-13
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140513

2014-05-12

映画「少年H」

|  映画「少年H」を含むブックマーク



妹尾河童の大ベストセラー自伝的小説の映画化作品です。原作は未読なんですが、とても良かったです。太平洋戦争に向かっていき、敗戦する日本を背景に、キリスト教信者で現代的な価値観を持った少年家族とその時代の日本人がどう生き抜いたか、という、まぁ、朝ドラっぽい定形ではあります。

少年H DVD(2枚組)
少年H DVD(2枚組)
posted with amazlet at 14.06.18
東宝 (2014-02-21)
売り上げランキング: 2,058


その定形通りに「戦争って嫌だな」「昔の日本に生まれなくてよかったな」って思うのもいいんですが、世間からちょっと浮いている感じの主人公家族が、背広の仕立屋というだけで警察にあらぬ疑いをかけられて拷問を受けたり、キリスト教的な、しなくていい自己犠牲で身を削って家族内がギスギスしたり、あんなに立派だった父親が守るべき自尊心を破壊され続けた結果、呆けてしまったりするのが、それを観ている自分は有事にそんなちゃんとした抵抗をできる人間や父親ではないな、見せつけられている感じがして、ぐったりしました。

努力すれば夢は叶うだとか、承認欲求だとか、無数の社会的不安だとかで、本当は定義されてない幸せを追い求めて毎日を無駄にすり減らしている僕としては、この話で描かれる家族は立派すぎて、まぁ、もちろん、物語的な「美談」としての脚色の側面はあるんでしょうが、映画を観ている二時間、自分は一体何を軸に生きてんのかな、と頭のなかがぐるぐるします。自分が思い描いている「普通」がまかり通らない世界に生きている人達の毎日は、ドラマや想像以上にしんどいはずです。

やがて終戦を迎え、戦争を鼓舞していたような人たちは翻って、昨日まで一人でも多く殺して玉砕すると息巻いていた米兵相手の商売をしていたりすることに主人公は困惑します。「あいつらは潮の流れに流されるだけのワカメだ」と罵倒します。僕はきっとワカメ側以外にはなれないだろうなと思い、それを聞いて、もう少年の見本になるような立派なオトナになることはないだろうなとしんみりします。

自分由来ではないトラブル(戦争、災害、病気、家庭の事情など)に生きる指針を揺さぶられ、破壊された経験のある人ほど、そこで掴んだものっていうのは自身の存在理由そのものだと信じたがると思います。でもそれは思い込みや錯覚でいいんだと思います。信じることが昨日と違うことはたしかに格好がいいものではないですが、無我夢中になって新たな価値あるものをつかもうとした自分は、その分しなやかにたくましくなっているイメージがあります。そうして汚れてみて、少年のまっすぐな気持ちや疑問に触れるたびに、再定義しなおせばいいんだと思います。つまり、1つの価値あることに身を捧ぐことが人生の価値というより、ダサくなってたくましく生き抜いた人生自体が価値を生むかもしれない、ぐらいじゃないと、やってけないってことだと思うんです。

そういうことを俯瞰して見せて考えさせてくれたので、少年Hはいい話だと思いました。

また余談ですが、この映画は主演の水谷豊を始め「相棒」のキャストが呆れるほどたくさん出ていて、良いメロドラマを見つつ、相棒キャストのアナザーサイドも楽しめるスピンオフ感もあるので、相棒好きな人なら+15点ぐらい気持ちが盛り上がることうけあいです。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140512

2014-05-11

takanabe2014-05-11

米大手メディアが選ぶ前世代機のベストゲーム、ナンバーワンに『マリオギャラクシー』

|  米大手メディアが選ぶ前世代機のベストゲーム、ナンバーワンに『マリオギャラクシー』を含むブックマーク

http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=9702

1. スーパーマリオギャラクシー (任天堂)
2. Portal 2 (Valve)
3. The Last of Us (ノーティドッグ)
4. The Elder Scrolls V: Skyrim (Bethesda Softworks)
5. Fallout 3 (Bethesda Softworks)
6. マインクラフト (Mojang)
7. レッド・デッド・リデンプション (ロックスター・ゲームス)
8. グランド・セフト・オート5 (ロックスター・ゲームス)
9. 風ノ旅ビト (thatgamecompany)
10. コール・オブ・デューティ4 モダン・ウォーフェア(Infinity Ward)

ゼルダは入らないんだな…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140511

2014-05-10

takanabe2014-05-10
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140510

2014-05-09

takanabe2014-05-09
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140509

2014-05-08

takanabe2014-05-08
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140508

2014-05-07

takanabe2014-05-07
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140507

2014-05-06

takanabe2014-05-06
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140506

2014-05-05

takanabe2014-05-05
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140505

2014-05-04

takanabe2014-05-04
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140504

2014-05-03

takanabe2014-05-03
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140503

2014-05-02

takanabe2014-05-02
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140502

2014-05-01

takanabe2014-05-01
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takanabe/20140501
1995 | 11 |
1997 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |