ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Simple is Beautiful このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 04 | 05 | 07 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2016 | 01 | 11 | 12 |
2017 | 03 | 04 | 05 | 06 |

2007/08/30 (木)

[]ケツノポリス5

もうですね、夏も終わりますですしね、買うしかないわけですよ、はい。

[rakuten:book:12096721:detail]

夏の終わりにはケツメイシっすよ。ちょっとしみじみしちゃう感じっすよ。

[]宇宙への旅行の申し込みもJTBへ(;´∀`)

宇宙に行きたい、そんな方はお近くのJTBへヾ(*´∀`*)ノ゛。

いや、冗談じゃありません。まじめに"宇宙旅行事業推進室"なる部署をつくり、まじめに取り組んでいる模様です。

考えてみると、人間が宇宙に飛び立ってからわずか40年。それどころか、人類が空を飛んでからもまだ100年ちょっと。普通の人には全然手が届かない金額だとはいえ、一般企業であるJTBが宇宙を「旅行」として扱うところまで時代は進んできたと思うと、なかなか感慨深いものです。

とはいえ、JTBとしても宇宙旅行で利益を上げることを目的にしているわけではなく、宇宙旅行を打ち出すことによる会社のPRや話題づくりのために取り組んでいるのでしょう。まぁそうであっても、これだけの速度で技術が進歩していることを考えると、あと30年もすれば、今から30年前の海外旅行ぐらいの感覚ぐらいには宇宙旅行が身近?なものになるのかもしれません。

そんなわけで、JTBさんにパンフレットを頂きました(○´∀`)ノドモ

f:id:takaochan:20070829225407j:image

まずは月旅行!! 今までアポロ計画の宇宙飛行士数十人だけが行った月への旅行?プラン、お一人様120億円。

f:id:takaochan:20070829225502j:image

120億円出しても月に降り立てるわけではありませんが、地球にいる限りはお目にかかれない月の裏側をその目で見ることができます。

続いて、国際宇宙ステーション(ISS)に1週間滞在することができる"本格"宇宙旅行、お一人様30億円。

f:id:takaochan:20070829225601j:image

オプショナルツアーとして、宇宙遊泳をしたい場合は、追加料金15億円で対応します!というなかなかのパッケージ旅行プランぶり(o´д`o)。

その他、実際の宇宙空間滞在時間は5分だけの宇宙"体験"旅行(弾道飛行)1200万円や、宇宙に行かずとも無重力を体験するプラン(こちらは団体向けのプランもご用意しています!!)など、なかなかにバリエーションも取り揃えた充実のオススメ商品ぶり。

まぁご興味のある方はウェブサイトをごらんの上、お電話にてお問い合わせ・資料請求でもしてみてください…。

http://www.jtb.co.jp/space/

2007/08/28 (火)

[]トルコGP:決勝

Pos.ドライバーコンストラクターTime
1Fマッサフェラーリ1:31:00.000
2Kライコネンフェラーリ+2.002
3Fアロンソマクラーレン+26.001
4NハイドフェルドBMW+39.006
5Lハミルトンマクラーレン+45.000
6Hコヴァライネンルノー+46.001
7Nロズベルグウィリアムズ+55.007
8RクビサBMW+56.007
9Gフィジケラルノー+59.004
10Dクルサードレッドブル+1:11.005
11Aブルツウィリアムズ+1:19.006
12Rシューマッハトヨタ+1laps
13Jバトンホンダ+1laps
14Aデビッドソンスーパーアグリ+1laps
15Vリウッツィトロロッソ+1laps
16Jトゥルーリトヨタ+1laps
17Rバリチェロホンダ+1laps
18佐藤琢磨スーパーアグリ+1laps
19Sヴェッテルトロロッソ+1laps
20山本左近スパイカー+2laps
21Aスーティルスパイカー+5laps

Fマッサはほぼミスなくポールトゥーフィニッシュ。Kライコネンは燃料さえFマッサよりも積んでいれば勝てただろうが…。

FアロンソはLハミルトンのタイヤバーストによって棚から牡丹餅の3位獲得。スタート失敗以降、BMWの2台に苦しめられていたが、そこをなんとかピットのたびにかいくぐってきた結果なのでまぁ運だけではなくしっかりと実力に基づいた結果だが。Lハミルトンはタイヤバーストにより5位転落。とはいえ、リタイヤしてもおかしくない状況だっただけに、あの状況からちゃんと5位に入ったあたりは強運の持ち主なのだろう。ハミルトンのブレーキングはタイヤにやさしいといううわさだったので、この状況の原因が何なのかは多少気になるところ。

BMWは順当な結果、ルノーは最近Hコヴァライネンがやっと本領発揮といったところか。後は表彰台だが今シーズン中は難しいかもしれない。

Jバトンは期待の持てる結果。最後尾スタートでここまでこれるのであれば、シーズン終盤にはなんとか立て直してくるかもしれない。

Aデビッドソンは予選では期待させる結果だったものの、決勝では結果に結びつかず。なんとか今シーズン中に1ポイントは獲得してほしいところだが…。

ここでは意外とトヨタは苦戦。富士が近づく中まだまだ改善の余地ありといったかんじ。

山本左近は2戦目にして完走。来シーズンのシートはおそらくないのだろうが、残りの6戦で予想を超える結果を出して見返してほしいところ。

[]トルコGP:予選

Pos.ドライバーコンストラクターTime
1Fマッサフェラーリ1:27.329
2Lハミルトンマクラーレン1:27.373
3Kライコネンフェラーリ1:27.546
4Fアロンソマクラーレン1:27.574
5RクビサBMW1:27.722
6NハイドフェルドBMW1:28.037
7Hコヴァライネンルノー1:28.491
8Nロズベルグウィリアムズ1:28.501
9Jトゥルーリトヨタ1:28.740
10Gフィジケラルノー1:29.322
11Aデビッドソンスーパーアグリ1:28.002
12Mウェーバーレッドブル1:28.013
13Dクルサードレッドブル1:28.100
14Rバリチェロホンダ1:28.188
15Jバトンホンダ1:28.220
16Aブルツウィリアムズ1:28.390
17Vリウッツィトロロッソ1:28.798
18Rシューマッハトヨタ1:28.809
19佐藤琢磨スーパーアグリ1:28.953
20Sヴェッテルトロロッソ1:29.408
21Aスーティルスパイカー1:29.861
22山本左近スパイカー1:31.479

2007/08/26 (日)

[]Mac OS X Leopard

スタートムービー。うぉー、Leopard + New MacBookでたら買うぞー。

D

[]理想の家イメージ01:もはや妄想だけどネ(;´∀`)

思い描く家のイメージは膨らむばかり。むー、まぁじっくりとネー。

  • 思い描く理想は、なぜかなんとなくイメージは鉄骨とコンクリートの混構造。地上3F、地下1F。
  • なにがなんでも屋上スペース。小さくてもいいから。
  • 地下室はあるといいけど、屋上と地下室、どちらを取るかといわれれば屋上。半地下でもいいから、地下室は夢。予算次第?
  • ケチらず吹き抜け空間を。一軒家ならではの最大のメリット。
  • 本棚必須。…1万冊ぐらいは。貴重本があるわけではないので、確保する場所は別に土間でもいい。
  • 持ち込み家具は最小化。多少コストがかかっても備え付け家具に。
  • 玄関スペース不要。でも土間みたいなスペースがあるといいかも。
  • 廊下不要。
  • なくてもいいドア不要。必要な場所は極力引き戸。必要なのは…風呂、トイレ、寝室くらい?
  • 土地のサイズにもよるが車庫はなくてもいい。自転車などを置くスペースは考慮する。
  • 天井の化粧板不要。別に配管むきだしでもいい。
  • 階段は単なる上り下りのための設備ではなく、採光と居住のためのスペースの一部として活用できるようにしたい。
  • 照明は高価なものである必要はないが、柔軟な変更ができる仕組みがいい。
  • コンセントは少々過剰気味にあちこちに設置。タコ足でコードがズルズル床を這うよりよい。
  • 様々な収納スペースは必要だが、収納扉は不要。必要とあれば突っ張り某と布カバーでどうにかする。
  • バルコニーのようなスペースと結合できる、大きく開放できる窓扉があると最高。
  • 大きな窓はあるといいけどカーテンをつけたりしなければならないような大きな窓は不要。向きも別にこだわらない。逆に壁として活用できるスペースが失われるような場所には大きな窓はいらない。採光用の窓があるのなら十分。
  • 日光が直接入るような窓は、予算との兼ね合いもあるができる限り高断熱ガラス。
  • 場所によっては窓枠の上に簾をかけることができるような部材を最初から用意しておく。
  • 篭るような書斎は不要。でもお互いに読書したりパソコンしたりしつつも会話ができる場所は必要。
  • 場所によっては雨の日でも開けられる押上げ窓で通風を確保。
  • 最上階には熱気がたまらないよう、空気を抜けさせることができる窓などを。
  • 湿気対策をどうかんがえるか。除湿機や屋内の空気の流れを考える。
  • 床暖房はあまりいらない。なくても困らないのでは?
  • 開き直った開放的な防犯対策。
  • ベッドにスペースを奪われるのはちょっと…。そうなると布団なのかな?
  • キッチンと一体化したテーブルスペース。朝食などはもうその場で済ませられるように。
  • 干す場所と洗濯物が発生する場所を考慮した洗濯スペース。別に風呂の横にすることは決まりごとではない。
  • 湯船は足を伸ばせれば十分。最近はやりのガラス扉でスケスケってどうなんだろう?
  • 風呂に直接外に開放できる扉があると、とても空気の流れがよくなりそうだけど。
  • 子供のための勉強机は不要。リビングにどーんと机があればいいでしょ。
  • 子供部屋もそのうち必要になるだろうが、完全に隔離されたスペースとしては不要では。
  • リビングはだらだらとテレビを見てしまわない構造に。
  • デッドスペースを納戸スペースに。

[]2周年。

どーでもいいことですが、このBlogは本日2周年を迎えました。ぱちぱちぱちぱち。

日記をつけた日数:551日。2年間での投稿日数割合は75%越え。なかなか生活の一部です。

[]高円寺阿波踊り

今日・明日開催中。人多すぎっ!

f:id:takaochan:20070825204354j:image

2007/08/24 (金)

[]CNETのRSS

なんか作業しているのだろうが、ここ数日、やたらリセットされ続けていて非常にウザい。

RSSリーダーで既読管理しているだけに、これは困る。

[]ロボット:ソニーからトヨタへ。

トヨタがソニーのロボット部門を買収するそうです。

少し前であれば逆であるのが普通だったのでしょうが、それぞれの企業の現状を踏まえればまぁ納得の結果。

それにしても、夢を追い求めるソニーがロボットを手放し、地道な歩みを続けていたトヨタやロボットを手に入れる(すでに開発していますが)。理想工場の夢がソニーからトヨタに引き継がれるのか、今後も注目していきたいと考えています。

この買収はそれぞれの企業における経営判断の結果ではありますが、ロボット技術(ハードのみならず、そのソフトウェアを含めた総合的な意味で)は大きく化ける可能性があるだけに、細々とでもロボット技術は持ち続けることは将来の選択肢を1つ持つという意味で、トヨタにとって大きな価値があるでしょう。

なんといっても石油はあと100年程度で枯渇(少なくとも妥当な価格で入手することが難しい状況になる)ことが見えているわけで、それに伴って車がどのように進化するのか、ロボット技術はそれを左右する可能性があるかもしれません。

[]2007年Q2サーバ市場IDCレポート

ベンダー出荷額(百万ドル)シェア(%)前年同期比成長率(%)
IBM406931+6.4
HP370728.2+8
Sun171113+5.6
Dell152611.6+20.2
Fujitsu5424.1-2.3
etc158212-4.7
Total13137100+6.3
  • x86サーバのみ
HP35.1%
DELL22.2%
IBM17.5%
  • OS別
Windows38.2%
UNIX31.7%
Linux13.6%
  • Blade Server
HP47.2%
IBM32.3%

2007/08/23 (木)

[]書評:『教えて!はじめての妊娠・出産ー経験者が答える新マタニティライフ』オウケイウェイヴ/インプレスコミュニケーションズ(OKwave Books 2)


教えて!はじめての妊娠・出産 −経験者が答える新マタニティライフ−

Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/

妊娠したわけでも、出産したわけでもないんですが、(そもそも私は男ですが)、直接妊娠経験者に妊娠や出産、新生児の子育てに関することを聴くのも変な話なわけで読んでみました。

合計特殊出生率が1.3以下ということで、女性でさえも妊娠・出産経験を廻りの経験者に教えてもらうことがなかなか難しい時代です。大家族が当たり前だった頃は、祖母、母、そして娘、他にも叔母や従姉妹など、親族の経験者や近所づきあいのある周りの家の経験者から様々な情報をもらい、そうした中で子育てを始めることができたのでしょうが、核家族化、そして単身生活から結婚し、廻りに経験者がいない状態での妊娠・出産。医師や助産師からだけではなく、同じ妊婦や出産経験者からの経験に基づいた情報や助言を得ることは単なる情報や知識というだけにとどまらず、安心できたり過剰に心配してしまわずに済んだりなど、精神的にとても大きな価値があると思います。

そんなわけで、この本のベースとなったOKwaveでのQ&Aサイトでのやり取りは現代版の新しいカタチの情報共有の仕組みとして意味があると思います。

自分が新生児を経験していてももちろん覚えていないですし、大人や成長した子供とは違う様々な状況がおなかの中にいる状態や新生児には訪れます。そういうときに、経験者に質問し、答えをもらうことで安心したい。

「聞けないことの、答えがある」と本書の帯にありますが、知人同士でもない人同士がこうした非常にプライベートな悩みや質問に答えることができるQ&Aサイトの価値は大きいと思います。

そしてそうした中からまとめられた本書も、単なる育児書とは別の価値を持つ一冊だと思います。

2007/08/20 (月)

[]書評:『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?−巨大掲示板管理人のインターネット裏入門』ひろゆき(西村博之)/扶桑社新書014

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書)

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書)

2ちゃんねる管理人、ひろゆきさんはとても頭のいい、というか頭の回転が早い人だ。非常に鋭く、物事を見抜く才能を持っているのだと思う。自分自身に直接かかわることなのに、まるで他人事のように冷静に分析している様子は少々ついていけない感も感じさせるけど。

私は2ちゃんねるはそんなに使わない(でもFirefoxbbs2chreaderモジュールはしっかり入っている(;´∀`))けど、それでも2ちゃんねるの存在は日本人のインターネット世界にとって重要だと思う。

p.15

ライブドアがなくなったとしても似たような会社は出てこないでしょう。なぜならライブドアがないと困る人が少ないからです。しかし、2ちゃんねる的な場所というものは、ないと困る人がいる。つまり、2ちゃんねるがなくなれば、似たようなWebサイトが登場してくることになります。

ライブドアがなくてもいい会社かどうかは置いておいて、2ちゃんねるがそのままの姿で存在し続けている理由はたしかにそういうことなのだろう。

p.173

2ちゃんねるは、その玉といわれる正しい情報を拾い出すためのアーキテクチャがしょぼいと言う人もいれば、コンピュータ関係のニュースを扱う掲示板『スラッシュドット』のようにコメントの評価システムがあるものが優秀だと言う人もいます。誰かが書いたことに対して誰かが投票するというような、ソーシャルブックマークのように、集合知のモデルというのがWeb2.0というものでは行われているようです。

しかし、玉の定義を何にするかによって、話が変わってきます。ソーシャルブックマークスラッシュドットでは、面白いものを見つけ出すことは確かに可能です。しかし、正しいものが拾い上げられているかというと、すべてが正しいとは言えないでしょう。ソーシャルブックマークスラッシュドットは、閲覧者が評価する投票システムにすぎません。人が増え、大衆が評価するようになると、大衆のレベルで正しいと思えるものを拾い上げる装置になってしまうのです。

(中略)

受け売りですが、あるブロガーが書いた、「ガリレオ・ガリレイの時代に集合知があっても、地球が回っていることにはならなかった」ということと同じ原理で、集合知が正しいということが間違っていて、大衆が間違えてしまうこともある。その前提を覆さなければ、結局、集合知だと思っていたことが、実は集合愚だった、ということにもなりかねないのです。

BlogやMixiが出てきて2ちゃんねるはその影響を小さくするかと思ったが、全然そんなことはなかった。RSSやトラックバック、投票機能など、最近流行のWeb2.0的な?機能を一切持たない2ちゃんねるだが、そのポジションは人が文字によるコミュニケーションを望む限り、なくならないのかもしれない。

ITの様々な出来事にもやもやした疑問を感じている方にはぜひ読んでもらいたい一冊である。

2007/08/19 (日)

[]東京・大阪:バナナ土産対決?

東京土産といえば東京バナナ?ですが、大阪土産といえば…?

f:id:takaochan:20070810230231j:image

大阪プチバナナ(;´∀`)

商品名からして、最初っから白旗揚げているような気もしますが…

f:id:takaochan:20070810231601j:image

中身はこんなかんじで東京バナナとはまったくの別物。

お菓子としても、スポンジの間にバナナクリームを挟んだような洋菓子に仕上がっています。

f:id:takaochan:20070810231627j:image

まぁおいしいというほどでもありませんが、まぁそれなりの味です。

2007/08/17 (金)

[]ゴーヤチャンプルー

まず軽く茹でてから炒めたほうが苦味が軽くなる。なぁ…むー。ま、全然いけるけど。

2007/08/16 (木)

[]Microsoft > Citrix > XenSource ?

XenSourceを買収したCitrixを、さらにMicrosoftが買収するんじゃないかなどという食物連鎖のような噂が流れています(;´∀`)。

MicrosoftがCitrixを買収すれば、Citrix Presentation Serverが生み出す企業向けWindows関連の売上高10億ドルを手に入れられるとダリー氏は語り、統合後の新生Citrixの買収を狙うのは Microsoftだけではなく、Hewlett-Packard(HP)やCisco Systemsも参戦してくるだろうと指摘する。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/16/news047.html

CitrixはWindowsに非常に強く依存しながら発展してきた企業ですし、Microsoftもここ最近は遠慮なくアプリケーション分野の各企業(Symantecなど)に喧嘩を売って市場に乗り込んでいっています。XenSourceが大きな影響力を持つXenとMicrosoftはその提携を強化し、仮想化市場をリードするVMwareへの対抗をしようとしていることもあり、あながち噂とも片付けられないのではないかと私は考えています。

MetaFrame / Presentation Serverで成長してきたCitrixですが、VMwareが85%のシェアを持つ仮想化は直接ではないにせよ自社が展開するターミナルサーバ市場にとって邪魔な存在になりつつあったはずです。そういう意味で、CitrixがXenSourceを買収して何をしてくるのか。仮想化の1年後は意外な展開を迎えているかもしれません。

[]インリンが…

M字開脚…ではなく、いやなかなかに考えさせられる投稿を自身のBlogにUpしています。

会社のオフィスからはアクセス禁止^_^;になっているこのBlogですが、全然問題ないどころかとても価値があると思いますが?

極悪な戦争犯罪者の孫、安倍晋三が、もしもまともに教養とか知恵を身につけて大人になってれば、祖父を恥じ、日本がやらかした侵略戦争を恥じ、「せっかく首相になったんだから地球の平和の為に人生を捧げよう!」と真剣に思っても良いと思う。なのに安倍は、平和憲法を改悪しようとして、日本を軍国主義に戻して祖父を越えた戦犯になろうとしてる感じがするよね〜。今日とかも、選挙で負けて人気なくなってヤバイからってうわべの発言だけ平和主義者っぽく変えたってもう遅いよ〜。君、戦争好きじゃん?いきなり謝ってもわざとらしいだけで全然信用出来ないし、本当に侵略戦争を反省してこれから戦争しないんなら「すみませんでした。憲法改正とかやめます!アメリカとさよならして軍隊も持ちません。」って言えって!

しかも、甘やかされて贅沢しか知らないで育ったおぼっちゃまの価値観は、庶民の常識とはめっちゃギャップあって、普通の人間の気持ちがまるでわかんない政治してるよね。わがままおぼっちゃまの権力に対する欲望見え見えって嫌だね〜!迷惑だよ★★★

広島市長の秋葉忠利さんは8月6日にすっごく気持ちいい平和宣言をしています・・・・『唯一の被爆国である日本国政府には、まず謙虚に被爆の実相と被爆者の哲学を学び、それを世界に広める責任があります。同時に、国際法により核兵器廃絶のため誠実に努力する義務を負う日本国政府は、世界に誇るべき平和憲法をあるがままに遵守し、米国の時代遅れで誤った政策にははっきり「ノー」と言うべきです。また、「黒い雨降雨地域」や海外の被爆者も含め、平均年齢が74歳を超えた被爆者の実態に即した温かい援護策の充実を求めます。』

ね!これはマジ100%正しい意見です!☆☆☆

http://blog.livedoor.jp/yinlingofjoytoy/archives/51015389.html

2007/08/14 (火)

[]本が好き!プロジェクトで20冊目の献本を頂きました


20冊目の献本として、佐々木俊尚『フラット革命』を頂き読み始めています。

「本が好き!」プロジェクトによって、一冊平均1000円としても2万円の書籍代を節約できたことになります。まぁもちろん、それでも一定の書籍代は継続的に支出し続けているのですが…。それでもこの額は個人としてはとても大きい。

日本ではBlogが個人にもたらした経済的な影響はアメリカなどと比較して小さいといわれていますが、それでも私にとってBlogは新しいつながりをもたらしてくれています。

[]書評:『グラミンフォンという奇跡「つながり」から始まるグローバル経済の大転換』ニコラス・P・サリバン 著,東方雅美・渡部典子 訳


グラミンフォンという奇跡 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換

  • ニコラス サリバン、東方雅美/渡部典子
  • 英治出版
  • 1995円
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/経済・金融

グラミンという単語は、グラミン銀行とその総裁ムハマド・ユヌスがノーベル平和賞を2006年に受賞したことで知っていたが、グラミンフォンという存在は本書を読むまでよく理解していなかった。マイクロファイナンスというすばらしい仕組みを作り出し、そして実践してきたグラミン銀行に対して、グラミンフォンがどれだけの変化をもたらしたのか、そこにはグラミン銀行と比較しても劣らない、それどころか可能性としてはグラミン銀行よりも大きなものを持っていることが本書を通じてわかった。

p.2

カーディアは、バングラデシュでのちにグラミンフォントなる携帯電話会社の骨格を作った、先見性のある企業家だ。グラミンフォンはノルウェーのテレノールと、バングラデシュでマイクロファイナンス事業を営む伝統的なグラミン銀行の共同出資によって設立された。

バングラデシュは、国民一人当たりのGDPが約1ドルで、電話普及率は世界で最も低いレベルにあり、政府は世界で最も腐敗していると見なされている国だ。

しかし、その国で、グラミンフォンは事業として大きく成功した。

いわゆる発展途上国、後進国とされる国における携帯電話の普及が持つ意味は大きい。先進国に住み、有線電話、自動車電話、ポケベル、PHS、携帯電話と次々と技術革新されてきた状況を経験していると、携帯電話は一種の「ぜいたく品」のように思えてくる。どの家にも有線電話が引かれているし、オフィスには各机に電話機が置かれている。街中にも公衆電話があちこちにあって別に「必ずなければならない」ものではない。

しかし基本的なインフラが整備されていない国では、世界的に普及し、技術も価格も非常に「こなれた」携帯電話はいっきに人と人を結びつける基礎インフラとして世界を一変させる力をもっていた。「わざわざ道を歩き、会いに行かずして人とコミュニケーションすることができる」「これまでの限られていた情報から、誰もが情報にコンタクトできるようになる」、こうした携帯電話が持つ仕組みを都市だけにではなく農村にまで持ち込んだ「ビレッジフォン」という仕組みは経済へのつながりをより強固なものとし、そして経済的な自立を大きく助けることになった。

p.2

同社の成功の主な要因としては、「ビレッジフォン」プログラムが挙げられる。これはバングラデシュの6万8000の村のほとんどに電話を供給するというものだ(※)。以前はそれらの村には電話がなかった。

グラミンフォンは、その信条として「良いビジネスが良い経済をつくる(good business is good development)」という言葉を掲げている。

※詳しくは本文で解説されるが、各村のテレフォン・レディと呼ばれる女性たちが携帯電話を一台購入して村人に貸し、通話時間分の料金をもらうという形で展開される。

そうはいっても、グラミンフォンは順調に立ち上がり、そして期待されていたわけではない。グラミンフォンの成功までの苦闘、思わぬトラブル、そして挫折も描かれている。そうした険しい道を経てグラミンフォンを成功させた本書の登場人物たち。そして、単にグラミンフォンで終わらず、次のステップへの階段を上り始める。すでにグラミンフォンが起こしたうねりはすでに世界各地で新しい動きにつながっている。これまでは相手にされていなかった国、人たちを相手にした新しいビジネスを生み出した1つの大きな要素として、グラミンフォンという奇跡を本書を通じて知ることには価値があると思います。

[]IPO Count Down...

VMwareが明日IPOしますね。といっても、全株式のたった10%の放出ですが…。とはいえ、すでにVMwareの企業価値は$10.9Billion(およそ1兆3千億円)。2003年にVMwareを$635Millionで買ったEMCは非常にお得なお買い物をしたわけです。そのVMwareの株式のわずか2.5%を$218.5MillionでIntelに、1.5%を$150Millionで売却。たった4%売却しただけでキャッシュとして$370Million近くがもう戻ってきているのだから笑いが止まりません。あとは明日の上場で10%が市場で売却されて…。

MicrosoftもやっとWindows Server VirtualizationでVMwareとの戦いの土俵に上がれるか?といったかんじですが、まだまだそのリリースはだいぶ先の話。VMwareは世界で急激にその売り上げを増加させており、1年後にMicrosoftが戦う余地が残されているのかどうか注目です。

インフラ系のSEにとっては久々の革新的なソリューション。テクノロジーだけでなく、経済的にもこの1年で大きな影響を持つ分野になりそうです。

2007/08/13 (月)

[]IBM BladeCenter HT

IBM BladeCenter HT」は、大量のデータの高速処理が必要な、次世代ネットワーク(NGN:Next Generation Network)に対応するビジネスを展開する通信事業者向けに最適なシャーシだという。バックプレーンは、従来の14倍となる最大1.2Tbpsの通信帯域までに対応可能で、サーバとスイッチの間で高速かつ大量のデータ転送が実現できる。また、10Gbpsイーサネットスイッチをサポートしており、外部との高速データ通信が可能。12Uラックマウント型で、1台のシャーシに最大12台のサーバ・ブレード、10Gbps対応のネットワーク・スイッチを最大4台収容可能。ネットワーク機器の規格であるNEBSレベル3ならびにETSIにも準拠し、高い耐故障性を発揮する。電源は、AC/DCのどちらかを選択可。

http://journal.mycom.co.jp/news/2007/08/08/025/index.html

ブレードサーバも次第に「シンプル」ではなくなりつつあります。それどころか、見た目がシンプルになった分、設計や運用は逆にややこしくなってきている気もします。オールインワンがいいことなのかどうか…。

統合監視や管理インターフェイスの統合など、いろいろなメリットが強調されていますが、今回BladeCenerのシャーシがアップデートされたように、非常に多くのサーバを「無理して」統合しているだけにバックプレーンの性能や信頼性、将来のデファクトスタンダードへの対応、そして何よりも特定のハードウェアベンダーに対するロックインなど、ユーザにとっては様々な問題も秘めています。

まぁ別にブレードサーバはトレンドで終わるとも思ってはいませんが、だからといってなんでもかんでもブレードサーバにすることもいい事ではないと思うわけで、ユーザはそのあたりも考えてサーバを選択してほしいものです。

2007/08/12 (日)

[]書評:『計算しない数学』根上生也/青春新書

計算しない数学―見えない“答え

計算しない数学―見えない“答え"が見えてくる! (青春新書INTELLIGENCE)

数学本、としても非常に楽しむことができたが、それ以上に、数学教育というものを考えるきっかけとして読む価値のある一冊。

p.16

数学が好きか嫌いかは個人の趣味の問題だから、嫌いだってかまいません。でも、「数学が得意になるには計算練習をすればいいんだ」と、勝手に思い込んでいませんか。そして、その思い込みを子供たちに強要していませんか?

算数が数学になって、高校で習う高等数学はあまり面白いと思わなかった。でもその後、大学で(なんの因果か(;´∀`))主に統計学などを学ぶゼミに入ったりして数学とまた出会うことになって、数学が「計算するもの」ではなく「事象や構造を示すための便利な仕組み」となることを理解してからは逆に数学に対する抵抗感が薄れていった。

p.24

1+2+3+…+n=¥frac{n(1+n)}{2}

これは高校の数学の授業で習う「総和の公式」と同じです。でも、高校の数学の先生はこんなふうには説明してくれないでしょう。

と、本書ではこの数式が「なぜ成り立つのか」ということを「計算しない」やり方で解説してくれます。「結果を出すことを目標とするのではなく、結果を出すための考え方を理解することを目標とする」この根底なしに数学はその「意味」を持ち得ないと思うのですが、日本での教育ではどうもそこの部分は抜けてしまっていると思うのですが…。

本書では、これ以外に三平方の定理など、様々な公式となっている数学を、計算せずにその意味を理解する解説が展開されています。大人にとっても意味があると思いますが、こうした数式に頭が?になっている状態の高校生にとっても本書は意味があると思いますね。

p.68

問題1

32チームで行うトーナメント。優勝チームが決まるまでに、何試合が行われるでしょうか?

この問いに対する考え方の紹介は、ある意味で目から鱗だった。計算するのではなく、「なぜそうなるのか」という考え方の発想を転換してみる。その重要さがよく理解できる設問です。

p.70

ここで注目したいのは、試合をするたびに、負けチームと試合が一対一に対応しているわけです。ということは、負けチームの数と試合数は同じだということです。そして、優勝したのは1チームしかないのですから、出場したチームの数から1を引いた値が負けチームの数、そして、その数がトーナメントの試合数になるのでした。

どうして日本の数学の授業ではこういった問題について1コマつかって考えてみるというようなことができないのでしょうね。学習要領なんて、必要な時間枠の半分ぐらいにして、あとは教師の裁量に任せてもいい気がするのですが。

p.146

もちろん、微分積分を頂点に置いたカリキュラムのよさもありますが、それを過度に推し進めてしまった末に生じた弊害だってあるのですよ…。

その辺の事情を踏まえた上で、私は次の三つの提言をしたいと思います。

  • 提言1 数学を「自由に考える部分」と「お作法の部分」とに二分しよう
  • 提言2 離散数学的な題材を活用して、「言葉で論証する」を実践しよう
  • 提言3 コンピュータの利用を前提に、参加できる数学の世界を広げよう

自由に考えるためのツールとして、離散数学を使い、そのためのツールとしてコンピュータを活用する。この著者の提言が本当に数学教育につながっていくといいのですけれども。

p.154

離散数学とは、有限で離散的な構造を対象に展開される数学です。二十世紀後半に情報科学の発展とともに急成長を遂げた分野なので、まだ広く一般の人には認知されてないでしょう。(省略) 離散数学といえば、構造や原理に注目して問題解決をする数学という意味合いが強調されます。

p.184

今までの数学の授業だと、いつも同じ人ばかりが褒められていましたよね。数学ができる人は、いつも数学ができる。しかし、この例が示唆するように、私が考える二十一世紀の数学の授業では、いつも同じ生徒が褒められているという構図は崩れていきます。学習する内容によって、得意な人もそれぞれ。ある単元ではしょんぼりしていた人が、別の単元に入ると元気になる。そういうことがあってもいいではないですか?

単に数学を学ぶということだけではなく、学問として数学を発展させていくためにも、様々な発想を持つ人が数学の魅力に惹かれていくということは必要な入り口だと思うのですが。

数学が、計算するものではなく便利で面白い言語になっているかどうか。少なくともそうした取り組みが始まっていることに、一人の数学好きとしても期待しています。

2007/08/09 (木)

[]VCP310

ってGoogle.co.jpでググるとTopに出ることが発覚(でもその後、すぐに順位が落ちたことも発覚)。

ってことで、こんなエントリー書いてみて何日後にあがるのか検証してみようとか思ってみたりするヾ(*´∀`*)o。

これだけだと、ググってここにやってきた人に「なんだよ」と思われそうなので、役に立つURLを1つ。

  • VI3.0.1 Online Help.

http://pubs.vmware.com/vi301/wwhelp/wwhimpl/js/html/wwhelp.htm

ここから集中的にドキュメントが参照できるので便利ござる。

って、VI3.0.2でたけどな'`ィ(´∀`∩

#vi301の部分をvi302に変えてもまだページないけどネ。

[][]How do they measure the distance of traffic jams?

"We use devices called 'traffic counters' which are build beneath the expressway to measure the distance,"

"That's the name for electromagnetic lines buried between five to ten meters beneath the expressway. When vehicles pass over, we can measure not only the number of cars, but also their size and how fast they're traveling."

"For example, in the case of the Toumei Expressway, there is a pair of traffic counters planted every 2km. So if we detecte any speed less than 40km/h (our official definition of 'traffic jam,') for two consecutive pairs of counters, then we know we have 4km of conestion; less than 40km/h for three consecutive pairs, than 6km of congestion, etc."

そんな仕組みで「ちゃんと」渋滞の長さって計測されていたんですね…。

じゃぁ一般道はどうなのよってのは?

2007/08/08 (水)

[]iMac, iLife 08, iWork 08

さーて、予想通りか…。

Leopard & New MacBookを待つか…。iWork 08は興味あるな。

f:id:takaochan:20070808063537j:image

2007/08/07 (火)

takaochan2007-08-07

[]MacBook & Fusion

8/7に発表される新製品はiMacという噂だが、新型MacBookを発表してくれないものか…。

Fusion 1.0もリリースされたし、これでMacBookが出てLeopardがリリースされれば全ての条件がそろうのだが…。

[][]Why does city hall accept marriage applications 24 hours a day?

"Yes, we accept marriage applications 24 hours a day." says the Ministry of Jutice. When a person dies, the spouse is entitled to at least half of that person's estate, but if no marriage application is ever filed while that person is still alive, there is no way they could ever have had a spouse. So that's why marriage applications are accepted 24 hours a day: so you can always be sure to inherit what you're entitled to.

なんと。

役所が婚姻届を24時間受け付ける理由はそんなところにあったのか…。知らなかった…。

英語の教科書も、こんなかんじで興味をそそられるような文章にしておいてくれればいいのにネ。

2007/08/06 (月)

[]必要年収シュミレーター

余計なお世話ともいえるけど。

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/01/n_simulator/n_simulator_01.html

[]ハンガリーGP:決勝

Pos.ドライバーコンストラクターTime
1Lハミルトンマクラーレン1:35:52.991
2Kライコネンフェラーリ+0.715
3NハイドフェルドBMW+43.129
4Fアロンソマクラーレン+44.858
5RクビサBMW+47.616
6Rシューマッハトヨタ+50.669
7Nロズベルグウィリアムズ+59.139
8Hコヴァライネンルノー+1:08.104
9Mウェーバーレッドブル+1:16.331
10Jトゥルーリトヨタ+1laps
11Dクルサードレッドブル+1laps
12Gフィジケラルノー+1laps
13Fマッサフェラーリ+1laps
14Aブルツウィリアムズ+1laps
15佐藤琢磨スーパーアグリ+1laps
16Sヴェッテルトロロッソ+1laps
17Aスーティルスパイカー+2laps
18Rバリチェロホンダ+2laps

まず、FアロンソとGフィジケラが予選結果からそれぞれ5番グリッド降格。

Fアロンソは5番グリッドから、Gフィジケラは13番グリッドから。

抜きにくいハンガリーだけあって、Lハミルトンが逃げ切り優勝。FアロンソはRシューマッハにてこずるものの、最終的には4位フィニッシュ。

Kライコネンはスタートに有利なコース外側からのスタートを有効に使って2位に。終始Lハミルトンにプレッシャーを与え続けるもオーバーテイクまではいたらず。Fマッサは予選同様ここではタイムを伸ばせずに13位という結果に。

BMWは3位のNハイドフェルドと5位のRクビサとしっかりと3番手ポジションをキープ。Rシューマッハはここにきてやっと復調か?今期最高位の6位フィニッシュ。

ルノーはいいところなしではあったものの、Hコバライネンは1ポイント獲得、GフィジケラはFマッサを振り切り12位フィニッシュ。

スーパーアグリはAデビッドソンのポイント獲得を期待してみたが、結局リタイア。予選・決勝ともにいいパフォーマンスを見せていただけに残念なところ。スパイカー山本左近はいいところ無くリタイア。久々のF1だっただけに、完走はしてほしかった。

ホンダは去年の栄光は夢のような無残な結果。もはやコメントのしようがありません。

2007/08/05 (日)

[]阿佐ヶ谷七夕祭り

今年も阿佐ヶ谷パールセンター商店街での阿佐ヶ谷七夕祭りが開催されています。

f:id:takaochan:20070805200223j:image

毎年のことですが、ことしもすごい人の出。いやー、人が多いなぁ…。

土曜日・日曜日と2日続けて商店街をフラフラと。

晩飯としては、商店街にあるミート屋へ。

f:id:takaochan:20070805193046j:image

平麺で製麺された麺はミートと絡んでなかなかいいかんじ。

f:id:takaochan:20070805194223j:image

茹で上げた麺がアツアツのうちにパルメザンチーズと絡めて、そこにミートソースを。

ゆで汁を多少含んだ麺で、チーズとすぐ絡めるというのはいいかもしれない。

お祭りとはいえ別に山車が出るわけでもないんですが、この祭りが来ると夏ってかんじがします。

[]書評:『地図で読む世界情勢 第1部 なぜ現在の世界はこうなったか』ジャン-クリストフ ヴィクトル/ヴィルジニー レッソン/フランク テタール:著・鳥取 絹子:訳/草思社


地図で読む世界情勢 第1部 なぜ現在の世界はこうなったか

  • ジャン-クリストフ ヴィクトル/ヴィルジニー レッソン/フランク テタール、鳥取 絹子
  • 草思社
  • 1680円
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/教育・学習

非常に面白い試みの一冊であるが、残念ながら歴史本としても地図本としても不十分な一冊。ただ、この本で試みられている、「なぜ、こうなったのか」という視点はなかなか面白い。

本書は"第1部"という扱いになっており、であるからして当然"第2部"とのシリーズ本という扱いになっている。第2部は「これから世界はどうなるか」というタイトルとして発刊される予定となっており、この本の不十分さはまだ2冊目を手にしていないから感じることなのかもしれない。

  • アメリカ

第1章はアメリカ大陸。覇権国家たるアメリカ合衆国から見たこれまでの世界とのつながりや、インド洋に浮かぶ小さな環礁島ディエゴ・ガルシア島とアメリカ合衆国とのつながり、パナマ運河、そしてブラジルやラテンアメリカ諸国などを「なぜ、こうなったのか」という視点でみるとなかなか興味深い。アメリカは良くも悪くもアメリカ合衆国抜きには語れない世界であるが、歴史的な始点からアメリカを考えてみるとその裏に潜む様々な歴史的な要因が垣間見えてくる。

  • ヨーロッパ・ロシア

第2章はヨーロッパとロシア。EU、EU内に取り残されたロシアの飛び地カリーニングランド、いまだに紛争の火種を抱えたバルカン諸国、ソ連崩壊後のロシア、地図の上で国家として非常に不安定な場所に位置するモルドバ、そしてソ連を構成した第2の大国ウクライナ。恵まれた土地であり、ゆえに世界を我が物としてきたヨーロッパであるが、その内側では多くの国々が相互に駆け引きし、その線引きを大きく変えてきた。領土が失われたり、その姿が大きく変わったりするということは我々島国の人間には理解しがたいのだが、そうした歴史的な経緯がヨーロッパを逞しくし、そして世界に対して大きな影響を与えていった礎となったのだろう。

  • 中東

中東は欧米からの影響、なによりも石油、そしてイスラム教、パレスチナ問題、クルド人など様々な歴史的な問題を複雑に抱えた地域だ。宗教的に、そしてエネルギー問題として世界は中東に関与せざるを得ないわけだが、そこに横たわる問題は非常に長い歴史的な理由をそれぞれ持っており、そう簡単には解決の糸口さえ見出すことはできなさそうだ。サウジアラビアやイランなど、中東に位置する国々を個々にとっても、その国から世界を見てみるとそれぞれに様々な事情を抱え、ゆえにやむをえない選択もあるということがわかってくる。

  • アフリカ

非常に多くの国があり、そしてその多くが政治的にも経済的にも苦境に立たされている。様々な資源を抱え、ゆえに汚職や独裁政治、そして利権の奪い合いや民族紛争などの多くの問題を抱えている。ヨーロッパはその歴史に大きく影響を与えてしまっている経緯もあり、フランス語圏や英連邦として関与を続けているが、アフリカに対する直接投資の最大国は22%を占める中国だというのも皮肉なものだろう。アフリカが自立することはできるのか、個々の国レベルではもちろん、アフリカという全体で考え、一歩ずつ歩み出していく必要があるのだろう。

  • アジア

アジアは中東から日本まで、幅広い。インドとパキスタンの問題、中国から見た世界、そして日本。中東を別章として扱ってもアジアをめぐる様々な要素は奥深い。複雑な宗教、非常に多くの大小な国家、様々な事情をそれぞれか抱える地域問題。アフリカ同様アジアも非常に様々な問題を抱えているが、それでもアジアは21世紀最も成長が期待されている地域でもある。19世紀がヨーロッパ、20世紀がアメリカの世紀だとしたら、21世紀はアジアの世紀となることはできるのか。「これから世界はどうなるか」を扱う第2部に向けて、本書がどんな展開を見せてくれるのかについては興味深い。

[]ハンガリーGP:予選

Pos.ドライバーコンストラクターTime
1Fアロンソマクラーレン1:19.674
2Lハミルトンマクラーレン1:19.781
3NハイドフェルドBMW1:20.259
4Kライコネンフェラーリ1:20.410
5Nロズベルグウィリアムズ1:20.632
6Rシューマッハトヨタ1:20.714
7RクビサBMW1:20.876
8Gフィジケラルノー1:21.079
9Jトゥルーリトヨタ1:21.206
10Mウェーバーレッドブル1:21.256
11Dクルサードレッドブル1:20.718
12Hコヴァライネンルノー1:20.779
13Aブルツウィリアムズ1:20.865
14Fマッサフェラーリ1:21.021
15Aデビッドソンスーパーアグリ1:21.127
16Vリウッツィトロロッソ1:21.993
17Jバトンホンダ1:21.737
18Rバリチェロホンダ1:21.877
19佐藤琢磨スーパーアグリ1:22.143
20Sヴェッテルトロロッソ1:22.177
21Aスーティルスパイカー1:22.737
22山本左近スパイカー1:23.774

前半戦は各チームとも、自チームのドライバーについてを含めて様子見というか、なるようになれとでもいうように対応しているが、後半戦になってくると次第にエゴというか、チームとして結果としたい方向性への強要的なものが見え隠れしてくる。

FアロンソとLハミルトンのポイント争いはもはや熾烈。予選でのピットにおける駆け引きの真相はもはやチーム内のごく一部の責任者のみが知るところだろうが、けっこうエゲツナイ。ロン・デニスがありありとイラついているところがすべてを物語っている気がする。

↓すぐに消されてしまうと思いますので、お早めにヾ(*´∀`*)o

D

Fマッサはハンガリーは苦手どころか嫌いなのだろうか?マクラーレンコンストラクターズポイントが伸びない可能性があるだけに、なんとしてもポイント圏内まで上がってこられるかどうかが決勝での見所だろう。KライコネンとしてはBMWのNハイドフェルドを早々にパスしてマクラーレンにプレッシャーを与えたいところ。

トヨタはここにきて予選でのポジションをあげてきている。エンジンを供給しているウィリアムズのNロズベルグが5位に入ってきているところをみると、トヨタエンジンはこうしたコーナーの多いダウンフォースを必要とするようなサーキットに向いているのだろう。

ホンダ&スーパーアグリはまぁこんなものなのかな。Aデビッドソンのポイント獲得がそろそろ観たい。

スパイカーでF1復帰の山本左近はまぁ予想通りのテールポジション。次戦からニューシャーシ投入のようなので、まぁ今回はならしのようなものでチームとしてもかまわないとしているのだろう。

2007/08/03 (金)

[]TIMEX Ironman iControl

タイメックスのiPodリモコンウォッチ Ironman iControlが正式に発表されました。アイアンマンのスポーツウォッチとしての機能はそのままにワイヤレスiPodリモコン機能を加えた製品。iPodリモコンとしての機能は再生/一時停止、ボリューム上下、曲送り。

http://japanese.engadget.com/2007/08/03/timex-icontrol-ipod/

やべ、ほしー。日本でも発売しておくれー。

2007/08/01 (水)

[]書評:『宇宙はどこまで明らかになったのか〜太陽系の誕生から第二の地球探し、ブラックホールシャドウ、最果て銀河まで』福江 純・栗野論美:編/サイエンス・アイ新書(ソフトバンククリエイティブ)


宇宙はどこまで明らかになったのか

Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/サイエンス

日本における宇宙研究の最先端で活躍する研究者たちが共同執筆した一冊。

宇宙に関するリアルな現場で活躍する現役研究者が集まって執筆しているので、最新の研究成果がまとめられた読む価値のある新書としてまとまっている。もちろん、写真や絵はすべてフルカラー。これだけの執筆陣とカラーページ満載で1000円。十分お買い得といえる一冊に仕上がっている。

  • 第一部 最新天文学入門

そもそも宇宙というもの自体があまりにも大きく、あまりにも長大な歴史を持つため、イメージすることができない。宇宙の歴史を1年とすると、人類の誕生は大晦日の午後8時50分ごろ。たかだか3時間分程度の歴史しかない。また、地球をスイカとすると、月は9m先のリンゴ、太陽は3.5km先の10階建てビル…。この程度でももはや想像しがたいのだが、これでも宇宙の中では点にも過ぎない太陽系のごく一部でしかないのだから…もはやイメージすらわかない。しかしだからこそ、人は宇宙に惹かれるのだろう。本書では太陽や月、惑星や彗星、褐色矮星やブラックホールなど、様々な星の姿や形態について、現在進められている研究の成果を交えて紹介している。この第一部だけでも、十分本書の元は取れる情報が詰まっているといえるだろう。宇宙の創世についての話などは、人の人生に何の役にも立たない情報であるにもかかわらず、惹かれてしまわずにはいられない。

  • 第二部 宇宙の最前線

それぞれの研究者の最先端の研究成果が紹介されている。それぞれの研究は非常に特化しているため、内容としてずれている部分があったり、対立しているかのような記載があったりもするのだが、それも含めて本書の真骨頂ともいえる「最前線」の宇宙研究の状況をここでは垣間見ることができる。

太陽系の起源に関する研究や、太陽系外の惑星を探す研究など、どの研究も非常に興味深い。すでに太陽系外の惑星として、地球の6倍ぐらいのサイズのものを発見しているというのだからすごい。光の青/赤方変移によるドップラー効果など、様々な方法が紹介されているが、いくらドップラー効果といってもその移動距離は宇宙の大きさに比べれば非常にわずかなわけで、そうしたレベルでまで観測できるという精度にはただ驚かされるばかりだ。

本書の最後に紹介されている、宇宙の起源に起因する宇宙マイクロ波背景放射についての話題などは、宇宙に関する研究の人類の挑戦が非常に深い領域にまで達していることを伝えてくれる非常に面白いテーマだと思う。ビックバンによって誕生した宇宙に、ビックバンの名残として宇宙の膨張によって引き伸ばされた波長が電波として残っている…。中学生にこの説明をすることは難しいかもしれないが、この宇宙の大いなる謎解きに関するストーリーは将来、宇宙に興味を持つ子供を一人でも多く生み出すという意味でも、ぜひ紹介してもらいたいと思っている。

なお、本書を読む前にはサイモン・シンのビックバン宇宙論を読んでおくと、100倍ぐらい理解が深まりますヾ(*´∀`*)ノ゛。

ビッグバン宇宙論 (上)

ビッグバン宇宙論 (上)

ビッグバン宇宙論 (下)

ビッグバン宇宙論 (下)

[]ハリポタの結末を

英国のサマセットにあるセント・ジョンズ小学校の校長先生が、子供たちの夏休みの楽しみを奪ってしまった。学期の最終日にハリー・ポッターの最新刊「ハリー・ポッターと死の秘宝」の結末を朗読してしまったのだ。

http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2007/07/post_06f3.html

サイテー。

[]ブレードサーバの標準化

米国インテルは7月30日、サーバの構成規格を策定する業界団体「Server System Infrastructure(SSI)」のフォーラムにおいて、ブレード・サーバ・プラットフォーム向けの標準仕様として、SSIが策定した「Modular Server Specifications」を採用する考えがあることを明らかにした。

http://www.computerworld.jp/news/hw/73069.html

標準仕様が策定されたからといって、IBMのBladeシャーシにHPのブレードとDellのブレードが仲良く収まる、ということはまずありえないと思いますがはてさて…。

まぁそれでも各社の仕様のベースが標準化され、拡張機能部分で競争が行われることはコスト削減という意味でユーザにとってもメリットのあることだと思います。

ま、標準はあくまでも標準、ってことになりそうな気もしますけどねー。

[]おかね…

最近、狭小住宅MOOKにはまっている私。マンションはねぇ…うーん。っていうか、廊下なんていらね、LDKとかそういうのどーでもいい、ビバ屋上/テラス、願望地下室…。ハハハ…ハァ。

まぁ安心してくださいよ、別に先走ったりはしないからさ(´,_ゝ`)
夢見ているうちは金かかんないしサ

しっかし、家って建てるお金以外にもいろいろとお金かかりますね…。

  • 諸費用の例
  • 設計・管理料
  • 地盤調査費用
  • 手続き費用
    • 建築確認申請費用
    • 工事請負契約印紙代
    • 中間検査申請手数料
    • 工事完了検査申請手数料
    • 表示登記費用
    • 所有権保存登記費用
    • 抵当権設定登記費用
    • ローン契約諸費用
  • 税金
    • 不動産取得税
    • 固定資産税
    • 都市計画税
  • 祭典
    • 地鎮祭
    • 上棟式