日々これ音楽なり(NEW JAZZ THINGS blog) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-10-31

antonio carlos jobim

アントニオ・カルロス・ジョビンエリス・レジーナ - Waters Of March(三月の水)

この名曲のいちばん有名なバージョンは、ジョビンがエリスとデュエットしたものでしょう。

D


歌詞の美しさが特別な曲でもあります。

三月の水(作詞 A.C.ジョビン)

  棒 石

  道の終わり

  切り株の残り

  ちょっとひとりぼっち

  ガラスのひとかけら

  命 太陽

  夜 死

  投げ縄 釣り糸

  ペローバ・ド・カンポの木

  材木の節目

  カインガーの樹 カインディアの樹

  マチータ・ペレイラの樹

  風の木

  川岸の崖崩れ

  奥深い神秘

  求めても 求めなくても

  吹いて来る風

  坂の終わり

  梁空間

  棟上式

  降っている雨

  三月の水の

  小川の会話

  疲れも終わり

  足 地面

  ぶらぶら歩き

  手のひらの小鳥

  パチンコの石

  空の鳥

  地面の鳥

  小川 泉

  パンのひときれ

  井戸の底

  道の終わり

  顔に不機嫌

  ちょっとひとりぼっち

  棘 釘

  先っちょ 点

  滴り落ちる雫

  計算 物語

  魚 仕草

  輝いている銀

  朝の光

  届いたレンガ

  薪 昼

  森の道の終わり

  ピンガのボトル

  路上の破片

  家の設計

  ベッドの中のからだ

  故障した車

  泥 泥

  足跡 橋

  ひきがえる かえる

  森の残り

  朝の光の中に

  夏を閉じる

  三月の水

  君の心には

  生きる希望

       (岩切直樹訳)



newjazzthings.com

Connection: close