高世仁の「諸悪莫作」日記

2018-04-04 幸福度ランキングでブータンは?

takase222018-04-04

 線路ぎわが真っ白になっている。ユキヤナギ。これも季節の花である。

 きょう、東京真夏日になった。一年で初めて真夏日になる日が年々早まっているという。暖かいのは助かるが、ちょっと気持ちが悪い。

・・・・・・・・・・

f:id:takase22:20180402170613j:image:w360

 きのうまで銀座ニコンで、写真家、関健作さんの”OF HOPE AND FEAR”が開かれていた。ブータンヒップホップに魅了され夢を思い描く若者たちを撮っていて、とてもおもしろかった。写真だけでなく、彼らのグラフィティ(私には変な落書きにしか見えないが)や手紙なども展示され、彼らの息づかいがリアルに感じられた。

f:id:takase22:20180402175459j:image:w400

 主人公は、首都ティンプーに住むクンザン・チョゲル(4枚のうち右下の写真)。18歳。両親は離婚し、父はアメリカに、母はインドに住む。クンザンは学校をドロップアウトし、今は友だちの家を転々とするが、ラップとグラフィティでは一目置かれている。彼はヒップホップを通して仲間たちと出会い、生きる希望を見出したという。                  

f:id:takase22:20180402170535j:image:w360

     

f:id:takase22:20180402174539j:image:w360

(クンザンの描いたグラフィティ)

 ブータンでは今、失業率が高く、将来に不安を抱える若者たちが増えているなか、自分たちの存在を模索するツールとして、ヒップホップが流行っているそうだ。

 

「世界で一番幸せな国」で知られるブータンに、こんな現象があるなんて意外だった。写真を観るうちにどんどん引き込まれ、いつのまにか関さんを質問攻めにしていた。もっと調べて、ぜひテレビで取材したいと思う。

・・・・・・・・・・・・

 そのブータン国連に提唱して、2011年から3月20日が世界幸福の日となった。この時期には毎年恒例の幸福度ランキングの発表がある。《調査は、各国で毎年1千人程度に「今の幸せは0〜10の段階でいくつか」と尋ね、国ごとの過去3年の平均値を算出して発表している。》(朝日)その結果は、156か国中、トップ4か国は北欧が独占し、日本は54位だったという。

 国連は14日、世界幸福度リポート(World Happiness Report)2018年度版を発表した。156カ国の中から1位に選ばれたのは、昨年5位のフィンランド。昨年1位のノルウェーは2位にランクインし、上位4位はすべて北欧諸国が占めた。日本は昨年から順位を3つ下げて54位だった。最下位はアフリカ諸国が占め、156位はブルンジだった。》

 ちなみに、オリジナルの資料をあたると、27位にはいった台湾が"Taiwan Province of China"(中国台湾省)と記されており、「国家」として認めていない。実際は台湾を入れて157か国で実施され、日本は54位ではなく55位となる。台湾の扱いは気になるが、これはおいといて、幸福度の数値はと見ると、1位のフィンランドが7.632、55位の日本が5.915。http://worldhappiness.report/ed/2018/

 さあ、肝心のGNH(国民総幸福量)の提唱者であるブータンは・・・と探すと、あららずっと下の98位!!幸福度は0から10までのなかで5.082。

 いったい、どうなってるんですか?

 「しあわせ」の話はまたいずれするが、ブータン若者たちが生きにくいと感じられるようになっているらしい。いろんなことを考えさせられる。

(写真はすべてOF HOPE AND FEARに展示されていたもので、会場で関さんの許可を得てスマホで撮らせてもらった)