高世仁の「諸悪莫作」日記

2018-06-17 恵谷治氏「日本にミサイルは飛んでこない」

f:id:takase22:20180618021728p:image:w260:left 土本典昭監督の没後10年特別企画をポレポレ東中野でやっている。きのう17日上映された代表作『水俣 患者さんとその世界』を観に行く。

 私はこれを高校3年のときに観てショックを受け、社会悪と闘う弁護士になると決意、大学は法学部に進むことを決めた。結局、弁護士にはならなかったものの、人生を変えた映画で、自分の原点を振り返ってみたくなったのだ。

f:id:takase22:20180618021835j:image:w250:right

 半世紀前に観たきりで、どのシーンも新鮮だったのだが、患者たちが東京チッソ本社の株主総会の壇上に押し寄せる場面は感動的だった。薄笑いを浮かべる江頭豊社長に詰め寄り恨みをぶつける母親の姿が圧巻だ。これを暴力というのなら、暴力は肯定されると思う。近年、こういう感情むき出しの抗議はとんと見なくなった。なぜだろうと考えながら観ていた。

・・・・・・・・・・・・・・

 北朝鮮に関する論評がさまざま出てきて、そもそものところから、かの国についておさらいしたいと思う。米朝会談トランプ大統領金正恩の「国際的正統性を引き上げた」(CNNの表現)こともあり、北朝鮮体制への甘すぎる評価、期待が目につく。

 最も説得力があると私が思うのは、先日亡くなったジャーナリストの恵谷治さんの見立てだ。ちょっと古いが、手元にある2013年発行の本『光射せ!』(第11号)から紹介しよう。

1)核開発の目的

 何のためにこのような核ミサイルを作ろうとしているかといえば、北朝鮮金日成以来まったくその国家目的を変えていません。それは朝鮮半島の赤化統一、南進武力統一です。核ミサイルはそのために作ろうとしていて、それは国民が何百万人死のうとも推進する、これを民主基地論(編注=金日成北朝鮮民主基地とし、のちに全朝鮮を解放するという「民主基地」論を唱えた)からはじめてずっと目指しています。そして、この統一を成就するためには、在韓米軍を無力化する、撤退させる、もしくはアメリカ本土に届くだけのミサイルを開発して、米国世論を反戦世論に変えていく。つまり統一を阻むアメリカ軍事力に対抗できるようにする、これが核開発の目的です。

 他のアメリカとの交渉とか国内の引き締めとか、あるいは結果的に中国から一定の自立を得るとか、それはすべて附属的な結果に過ぎません。ここを見誤るととんでもないことになります。

2)日本と核ミサイル

 日本にとって重要なことは、北朝鮮が今回横須賀という地名を出したことです。これはある意味、横須賀に撃つぞというのは本気なんです。彼らは日本を攻撃する理由はないのに、なぜノドンミサイルを開発したかといえば、在日米軍を攻撃したいからです。

 よく私は日本のマスコミとかで、北朝鮮と日本が戦争になるのではとか、ミサイルが飛んでくるのではないかとか聞かれますが、基本的にはありえません、と言います。現在の六者協議参加国の中で、日本だけが唯一“金づる”なわけです。他の国は北朝鮮への大規模な経済支援などは全く考えていません。しかし日本だけは、仮に拉致問題解決して国交正常化がなされたうえならば、多分国民のほとんどが経済支援に賛成するんじゃないでしょうか。

 これだけひどい関係でも、拉致被害者さえ帰ってくれば、お金を出す姿勢が日本には政府にも国民にもあります。その国と北朝鮮が戦争をするなんてありえない。それが、実は気づかないうちに日本の安全保障になっている。ですから、日本に北のミサイルが降ってくるなどという人の分析は、基本的におかしい。

 ただし、仮に朝鮮半島で南進統一の戦争が起きたときには、横須賀、三沢、岩国などの米軍基地は、確かに攻撃される危険性はある。この意識を日本人はもたなければならないでしょう。

 そして、北朝鮮は絶対に核を放棄しません。南進統一のためには必要不可欠な武器ですから。ですから個人的な見解ですが、もうあの体制は倒す以外に核をなくす手段はない。

3)南北朝鮮の連邦制の危険性

 仮に、南北両国が同数の議員を出して連邦議会を作り、朝鮮半島をめぐるすべての案件をここで話し合って決めましょうといっても、北朝鮮側の議員は全員すべての問題で意見一致ですよ。そして韓国側に一人でも北朝鮮側と同じ意見の議員がいたら多数決ですべて北側の意見が通る。こんな馬鹿馬鹿しいことを、金大中盧武鉉がやろうとしたのです。これならば北朝鮮武力を使わなくても優位に統一できるわけです。

4)韓国のなすべきこと

 日本では、そして韓国でも、今はこういう考えは絶対に認められないかもしれないけれど、戦争はいけない、平和が正しいと言っても、93年、94年の第一朝鮮半島危機のとき、確かに戦争になれば数十万人の人が命を失ったかもしれない、しかし逆に言えば、平和は保たれたかもしれないけれども、その後北朝鮮では独裁政権が続いたせいで、餓死者が300万人出たともいわれるわけです。それを考えたら、韓国よ、もし今行動しなかったら、北朝鮮のあの狂った政権を今倒さなかったら、未来の時代にあなたたちは同胞を見捨て、独裁者にほしいままに殺させた責任を問われるのですよ、と言いたいのです。

・・・・・・・・・・・・・・

 テレビでコメントする「専門家」とはかなり違う分析なので、驚いた方もいるだろうが、全体主義の本質をついた議論だと思っている。

(つづく)

2018-06-16 こだまでしょうか

 アメリカ米韓軍事演習をやめるというニュースが波紋を呼んでいる。

 米朝首脳会談の直後、トランプ大統領記者会見でこんなことを言っていた。

 「大統領選挙戦でも言ったように、在韓米軍を撤退させたい。米韓軍事演習は非常に金がかかる。やめれば莫大な金額を節約できる。韓国も負担しているが100%ではない。今後の交渉課題だ。グアムから6時間半もかけて爆撃機を飛ばして演習するのは恐ろしく金がかかる。こんなのはやりたくない。」「北朝鮮の非核化のコストは、韓国と日本が出す用意があるはずだ。北朝鮮に近いのだから。」

https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/press-conference-president-trump/

 トランプ氏の「アメリカファースト」というのは、目先の損得勘定中心のきわめて狭い「国益」のとらえ方にもとづくことがよく分かる。もともと、アメリカからはるか離れた朝鮮半島情勢には関心がない。核搭載ミサイルアメリカに飛んでこなければそれでいい。北朝鮮の非核化も、近い国がコストの面倒を見るべきでアメリカは関係ないと言っているのだ。

 日本の進むべき道を、こういう政権に「お任せ」するのが危険であることはいうまでもない。

 先週末、周防大島で知り合いになった人のFBを見ていて笑ってしまった。

「全ての選択肢はテーブルの上」といえば「全ての選択肢はテーブルの上」という

米朝会談の中止」を言えば「米朝会談の中止」という

米朝会談を行う」と言えば「米朝会談を行う」という

「最大限の圧力という言葉は使いたくない」と言えば「最大限の圧力という言葉は使いたくない」という。・・・

こだまでしょうか

・・・・・・・・

 先週のこと。カナダ先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、日本と米国だけが、深刻化する海のプラスチックごみを減らすための数値目標を盛り込んだ文書署名を拒否した。環境団体からは「恥ずべきことだ」などと批判が相次いでいる。(共同)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3392536.html

 また、こだまが聞こえる。

f:id:takase22:20180617012644j:image:w280

(年間700万トンもが投棄されているというプラスチックごみは早急な対策が求められる)

 さて、対北朝鮮では、米朝会談に押される形で、いよいよ日本が独自に対応しなければならないところにきている。拉致被害者家族はじめ期待が高まっている。しかし、

 ラヂオプレスによれば、北朝鮮の国営ラジオ平壌放送は15日夜、日本人拉致問題に触れて、「日本はすでに解決された拉致問題を引き続き持ち出し、自らの利益を得ようと画策した」と伝えた。日本政府の対応について「無謀な北朝鮮強硬政策にしがみついている」とも主張した。》朝日新聞

 今後の具体的な交渉には、根本的な困難がいくつも待ち受けている。

(つづく)

2018-05-25 いつでも米国と対話したいと金正恩

 月末を控えて、今週はお金の問題で呻吟していた。このところの資金繰りは、操業以来もっとも厳しいかもしれない。どうにもならないので、支払いの繰り延べのお願いをするしかない。心苦しいだけでなく、今後仕事を敬遠されるのではと心配になったり、なかなかストレスフルな作業である。

 こういうときは自然や生き物に目を向けるといい。

 

 今朝うれしいことがあった。メダカの孵化を確認したのだ。ゴマ粒より小さな赤ちゃんメダカが数匹元気に泳いでいる。やった!命ってすごいな。

 メダカの親は卵や稚魚を食べてしまうので、卵を産み付けた藻を別の容器に移しておく。孵ってから半年は親から話して育てるが、稚魚が大きくなるのを見るのが毎年とても楽しみだ。

f:id:takase22:20180525101728j:image:w300:right

 出勤の途中、タチアオイを見た。毎朝通る家の前に、今年も桃色の花を咲かせはじめた。この花が咲くと、夏が始まったなと思う。陽光のなか、華やかである。

・・・・・・・・・

 米朝首脳会談トランプ大統領が「やらない」と言いだしてニュースネタになっている。北朝鮮が同国北東部の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の坑道などの爆破を実施したと発表してから、数時間後のことだった。

 きまぐれな人だし、すべてをdeal(取引)と考える彼のことだから、単なる駆け引きかもしれない。むしろ北朝鮮の反応に驚かされた。トランプの中止宣言にとても驚いて、会談実現を懇願するかのようなトーンである。

 金正恩党委員長は首脳会談の準備にあらゆる努力をしてきた。一方的に会談の中止が発表されたことは、我々としては想定外のことで、大変遺憾」。また、「いつでも、どのような形であれ、対座して問題を解決する用意がある」とも言っている。北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)が25日、伝えた金桂官第一外務次官の談話)

 こんどはトランプ大統領が、北朝鮮の反応について、ツイッターで、「北朝鮮から温かく生産的な発言が届いたのは、とても良いニュースだ。これがどこまでいくのか間もなく分かる。願わくば、長く持続的な反映と平和に。時間(と才能)次第だ!」と書いた。

f:id:takase22:20180526024652j:image:w300:left

 金正恩もトランプも首脳会談をやりたがっていることははっきりしている。トランプ氏は米国政府機関にはやばやと首脳会談記念メダルを作らせたほどだ。しかし、このメダルには金正恩の肩書としてSupreme Leader(最高指導者)と書かれてあって、トランプ氏は北朝鮮の人権問題(これには拉致も含まれる)をどう受け止めているのか疑問になる。「会ったらいいやつだったよ」ではすまされない。

 トランプ大統領がまともな外交をやる態勢ができていないことを米国の識者が憂いている。国務省の高官が任命されていないだけではなく、まだ38もの国に米国大使を派遣していないのだ。大使不在の38か国には、欧州のドイツやスウェーデン、中東のトルコ、サウジアラビアなどの主要国、さらには肝心の韓国も入っている。アメリカファーストだから他の国はおれの言うことを聞いていればいいとでもいいたげな外交スタイル。トランプ氏にはこれからも振り回されそうだ。

・・・・・・・・・・

 日本大学アメフト部の危険タックル問題。加害者の宮川泰介選手の会見は、中継で見ていて、引き込まれた。飾らない言葉と目から真摯さが伝わってきて、非常にすっきりと問題の本質が露わになったと感じた。これでおしまい、である。

 その翌日、監督とコーチ、きょうになって学長と、次々に会見をやったがもう遅い。それにしても、テレビは怖いなとつくづく思う。表情の動きや声で、ウソをついているな、逃げようとしているな、とみな分かってしまう。

 国会ではモリカケ問題が、まだ「解決」していない。関係者から、宮川選手のように、顔出し実名で告白する人の出現を夢みるきょうこのごろである。

2018-05-14 自爆するトランプ

f:id:takase22:20180515014520j:image:w300:left

 トランプがまたやらかしてしまった。

 《イスラエル建国から70年を迎える14日、米国は在イスラエル大使館を商都テルアビブからエルサレムに移した。トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と宣言したことを受けて、「エルサレムの地位はイスラエルとパレスチナの和平交渉で決める」としてきた従来の中東政策を転換させた。パレスチナ側は猛反発しており、米国が主導する形での中東和平交渉は絶望的になった。》(朝日新聞)

 激しい抗議が巻き起こったが、これにイスラエル軍が実弾射撃を行い、多数の死傷者が出ている。

 《ガザ保健省によると、14日午後6時(日本時間15日午前0時)現在、イスラエル軍の銃撃などで子ども6人を含むパレスチナ人43人が死亡、2200人超が負傷した。》

 イスラエル当局は力で反対を押さえこむ自信があるのだろう。

 これまで、曲がりなりにも米国が仲介者として振る舞い、何とか交渉による解決をする試みがあったが、今回のことですべてご破算になった。

・・・・・・・・

f:id:takase22:20180513214729j:image:w300:left

 ETV「紛争地から声を届けて」という番組があった。来日したイスラエル人ジャーナリストのアミラ・ハス氏を紹介するもので、ハス氏はユダヤ人でありながら、パレスチナ人とともに暮らして、彼らの声を世界に発信している。

 彼女の両親は迫害された東欧からイスラエルに移住してきた。両親もハス氏もともに、迫害されてきたいわば被害者としての立場と、パレスチナ人を迫害するイスラエルの国民としての立場との矛盾に悩みながら生きてきたという。

 厳しい道を歩んでいることに敬意を持つ。ユダヤ人にこういう人がいることは、わずかな救いである。

 ハス氏は言う。「パレスチナ人たちは、人生のあらゆる場面で、毎日構造的な暴力が振るわれているのです」。いまや分断壁がはりめぐらされ、パレスチナ人の居住地は「ポケット」と呼ばれる孤立した小さな集落に押し込められている。今の抑圧体制をハス氏は「軍事占領、進行中の植民地化プロセスそしてアパルトヘイト体制の複合なのです」という。もう身動きできないほどがんじがらめにされているというわけである。

f:id:takase22:20180513205756j:image:w300:right

 パレスチナ問題を論じるとき、「イスラエルとパレスチナという当事者たちが決めるべきことだ」とよくいわれる。しかし、パレスチナ人たちは「当事者」たりえないところに落とし込められている。

 パレスチナ自治区の集落のリーダーのなかには、抗議行動を抑えにかかるものもいるという。それは、イスラエルに弾圧の口実を与え、さらに不利な生存条件を課せられることを怖れるからだ。圧倒的な力による弾圧が日常化し、声を上げる事すらためらわれるのだ。

f:id:takase22:20180513205348j:image:w360

(この支配地息の変遷(緑がパレスチナ)を見ると恐ろしくなる)

 今回のアメリカ大使館移転が強行されたことには、ごく穏健な、いわばノンポリのイスラム教徒でさえ、強烈な反発を抱くに違いない。当面のパレスチナ人たちの反抗は抑え込めるかもしれないが、中東そしてイスラム社会へのインパクトは今後も広がっていくだろう。

 トランプはみんなで消そうとしている火に油を注いでいる。そして米国自身の権威を凋落させている。トランプを見ていると、「自爆」という言葉が思い浮かぶ。

2018-05-06 北朝鮮と「仲良く」すべきか

f:id:takase22:20180505092938j:image:w360

 うちの出窓には、父の遺骨(左の丸い器)、父の遺影、かみさんの両親のスナップ、ご先祖の命日を記した過去帳などを置き、仏壇の代りにしている。朝、仏壇代わりのこの出窓に水と線香を供えて手を合わせる。

 考えてみれば、ご先祖がいてはじめて今の自分がある。自分からさかのぼれば、父と母で2人、祖父母で4人、曾祖父の代で8人、4代目で16人。10代目のご先祖は1024人で、9代目までを加えれば、ここまでで、ご先祖の総数はおよそ2000人。このままさかのぼって20代目のご先祖の人数はなんと104万8576人にもなる。19代目までを加えて、総数およそ200万人。1世代25年として20代はざっと500年。500年前といえば室町時代の後半、銀閣寺が造られたころから戦国時代にかけてである。

 この200万人の一人でも、子どもなんかどうでもいいと死なせてしまっていたら、私はいないわけだ。数えきれない「愛」の連鎖の末に私の生がある。大きな「愛」につつまれている。きょう生かされていることに感謝したい。こんなふうに思うと、ご先祖に手を合わせるのはごく自然な感じがする。

 なおうちでは、線香だけはこだわりの品、水車線香を使っている。昔ながらの水車で挽いた杉の葉だけを原料にしている。自然な香りがお薦めです。現在では、福岡県八女市(馬場水車場の杉の葉線香)と茨城県石岡市(駒村清明堂の水車杉線香)の二カ所でしか作っていない。この伝統が途絶えぬよう、線香をお使いの方はぜひ注文して応援してください。楽天などからも注文できるが、例えばhttp://www.100percent.co.jp/natural/view/688でも扱っている。

・・・・・・・・・・・・・

 4日夜は久しぶりに番組用にカメラを回した。撮影を終えて帰宅したのが1時過ぎ。缶チューハイをあけて、テレビをつけたら「ブエナビスタ・ソシアルクラブ」のドキュメンタリー(1999年製作)が放送されていた。

f:id:takase22:20180505014940j:image:w280:left

 70歳、80歳代のおじいさんたちがゆったりと暮らしながら、実に楽しそうに楽器を奏で歌う。ボーカルのイブライム・フェレールが、俺には音楽とラム酒があればいいのさ、みたいなことを言ってえへへと笑う。いいですねえ。

 その数日前はチェ・ゲバラについての番組を見たばかりだったが、同じ社会主義といっても、キューバと北朝鮮ではまったくの別物だな。

 南北首脳会談のあと、ある新聞の読者の投稿欄にこんなのがあった。

 「日本と北朝鮮の国交を早く正常化させて、自由に往来交流できるようにしましょう。そのよい流れの中でこそ、拉致問題解決できるのではないでしょうか。」

 善意なのだと思うが、国交ができれば自由に往来できるようになるわけではない。自由に往来できないのは国交がないからではなく、移動の自由さえない北朝鮮体制のせいである。隣の県に行くのにも特別な許可が必要で、まして国外に出るなど普通の人には許されない。だから、友好国である中国にさえ、命がけで国境の川を渡っていくしかないのである。北朝鮮問題とは「全体主義体制」の問題なのである。

 北朝鮮と交渉するのは、「仲良くする」ためではなく、(現体制の延命に手を貸さないようにして)できるかぎりの譲歩を引き出すためである。今の体制のままの北朝鮮と「仲良くする」わけにはいかない。

 日本国憲法にのっとっていえば、前文にこうある。

 「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」

 ちょっと大上段に言うならば、平和的生存権とは、「専制と隷従、圧迫と偏狭」「恐怖と欠乏」から免れることを含むはずである。今の北朝鮮と仲良くして、「専制と隷従、圧迫と偏狭」「恐怖と欠乏」を見過ごすことは犯罪的であり、後世への恥となるだろう。