Hatena::ブログ(Diary)

Hello, My Innocent.

START LINE FROM 2013.8.27 to MIRAI STEREO.

2013-07-26

柴田淳 CONCERT TOUR 2013 月夜PARTY vol.4 Bunkamuraオーチャードホール ライブレポート

昨日、しばじゅんこと、柴田淳のコンサートに行ってきました。



場所は渋谷にあるBunkamuraオーチャードホール
ここはクラシックのコンサートも行われるところ。

昨年リリースされた「cover '70」と最新アルバム「あなたと見た夢 君のいない朝」をひっさげての全国ツアー「柴田淳 CONCERT TOUR 2013 月夜PARTY vol.4」のファイナルを迎えた。

チケットはソールドアウト。
今回はそのレポートをお届けしたいと思う。

会場は全席指定。
コンサートということでライブと違うのは立つことなく、ただ座って音に浸る。

そういうコンサートに最近行っていなかったから新鮮に感じた。


迎えるSEしばじゅんのセレクトらしい。
スガシカオさんの曲も流れていたのがこれまた憎い。


ブザーが鳴る。
会場が暗転する。

静かに始まる。

初めて聴く生のしばじゅんの声。
CDで聴いた声。


しばじゅんの声は曲によって聞こえ方が違った。

例えば、今日演奏された曲で言えば、
ノマド」や「雲海」は力強く、空に手を伸ばすかのように。
それでいて、声だけで雲をも動かしそうな力強さがあった。

また、カバー曲「青春の影」は優しさを持ちながら、繊細な高音を響かせていた。


その曲のストーリーや情景を声を通して語りかける。
本人は(当然ながら)演技をしていないんだろうけど、そんな気がする。

cover '70のメドレーでは華麗に歌姫は歌い上げる。
そして、「青の時間」ではROCK色が強く、楽器に負けないぐらいの歌は
ボーカルと言っても遜色ない力強さを持って歌い上げていた。

また、月光浴はもう彼女は神秘的に輝いていた。

一番びっくりしたのは、アンコールだった。
彼女のアンコールではお客さんからリクエストをもらい、即興アカペラ歌い上げるというのが恒例になっているらしく、次々とリクエストが集まる。

鳥肌がたって、感動したのは天空の城ラピュタの主題歌となっている「君をのせて」のアカペラ
あれは本当にゾクゾクした。あんなにキレイに歌い上げる人がいただろうか。
透き通った声、そして静まりかえるホール。

別世界に連れて行かれそうになるあの声に感動した。



今回のステージは月夜PARTYというタイトルにふさわしいセットだった。

小高い丘がステージに用意され、
そこにピアノキーボード、ギター、ベース、ドラム。
そしてフロント中央にはしばじゅん


月夜に歌う彼女は美しかった。
幻想的な演出もさることながら、彼女のドレスも素敵だった。

歌姫と呼ぶにふさわしい環境だった。


今回、初めてしばじゅんのコンサートに行って
感じたことの一番は、彼女は本当に愛が深い人なんだということ。

ステージで共演しているメンバーの紹介の時に1人1人丁寧に紹介するときに、
自分の思いやその人とのエピソードをじっくりと話す。
この人はすごい人なんです、とかこういうことを教えて下さった方なんです…と
その人に対することを愛おしく話す。

その感じから人に対しての愛が深い人なんだな、と感じた。


しばじゅんのコンサートは本当に歌と音に抱きしめられている感じだった。

CDでは耳だけで感じることが多い。
だけど、コンサートでは全身で音を感じられる。

また、クラシックも行うホールだからか非常に音が良かった。
だからこそ、反響を含めて非常にいい環境で音を聴くことができた。

しばじゅんがMCで言っていたけど、ドラムが立体的に聞こえるのだ。

だから、音がダイレクトに存在している感じが肌で感じられた。
しかも、あの声で感じられるのだ。
幻想的に見えるステージだが、目を閉じて音に抱きしめられたい、という気持ちになった。



いろいろと書いてきたが、しばじゅんのコンサートは楽しかったという気持ちもあるが、愛しさを感じられる時間だった。

彼女の持つ愛、また彼女の歌から感じられる愛。
愛を持って彼女は歌う。

(当然のことなのか)ラストはスタンディングオベーション
彼女がステージを去るまで拍手は鳴り止むことがなかった。


彼女の愛が多くの人を魅了するのがわかった。

彼女の全てに包まれる時間は本当に至福の時だった。
また彼女の想像する音に抱きしめられたい。

そう思わざるを得なかった。

あなたと見た夢 君のいない朝(初回盤)

あなたと見た夢 君のいない朝(初回盤)



COVER 70's
柴田 淳


あなたと見た夢 君のいない朝
柴田 淳



▼いいね!と思ったらFacebookページもぜひ!


【この記事に関連する記事】

2013-07-24

一部で話題の天狗覆面バンド・This is Not a Bussinessが「10 goods」で2013年8月21日にデビュー!

一部で話題の天狗覆面バンドがなんとデビュー!



天狗バンドThis is Not a Bussinessがなんと2013年8月21日に「10 goods」でデビューすることが明らかになりました。

見た目以上にバンド名からして特徴のある彼ら。
覆面バンドと言えば…MAN WITH A MISSIONとも関係…あるとかないとか…。

このThis is Not a Bussiness、なんと公式ページで無料で曲をダウンロードが可能。
バンド名とリンクしてますね!


トップに掲載した「Never Mind」を始め「WITH A MISSION」「Red or Black」「MAD TEENAGE RIOT」がYoutubeにもアップされています。







この4曲でもう十分彼らの魅力は伝わると思います。

しかも、フリーでダウンロードができるとなると、
いつでも彼らの音楽でロックすることができますね。

2013年8月21日に発売される彼らのアルバムは「10 goods」と題し、10曲入りのアルバムとなっています。
価格も2,000円と通常の10曲入りのアルバムに比べると低価格


また、アルバムの発売に合わせて、初のライブも予定されています。

This is Not a Bussiness「10 goods」発売記念レコ発ワンマン
「天狗の納めドキ」
日時:2013年8月24日(土)15:00 open 16:00 start
会場:中野heavy sick ZERO

チケット 前売 2500円
     当日 3000円 ※各ドリンク別
     学生 1500円(当日受付にて学生証提示でキャッシュバック)
発売日  7月27日 10時〜


夏の終わりに彼らのライブに行ってみてはいかがでしょうか。
特に学生は1,500円でライブが見れるのはいい!(というか、うらやましい!)

僕も今から注目!ライブに行くぞ!!(チケット取れるかな…)

詳しくは公式ホームページをチェック!

>>no title

10 goods

10 goods



▼いいね!と思ったらFacebookページもぜひ!


【この記事に関連する記事】

ももクロ、5TH DIMENSIONツアー DVD&Blu-ray発売!新しいももクロを体感せよ。

ついにももクロちゃんの新作DVDBlu-rayが発売!



本日、2013年7月24日にももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013『5TH DIMENSION』」が発売となります。

2013年3月12日〜31日に行われたももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013「5TH DIMENSION
今作は2013年3月17日の愛知日本ガイシホール公演の模様が収録されています。

ももいろクローバーZの歴史の中でも異例のツアーとも呼ばれている「5次元ツアー」

5人を象徴するそれぞれのカラーを纏わず、仮面をかぶり、5人全員が同じ衣装。
MCもなく、セットリストもツアー後に発売となった2nd ALBUM「5TH DIMENSION」の収録順での披露。
また、ライブには欠かせないサイリウムの禁止や全公演固定のセットリストなど、ももクロのツアーの中では超異例。

いつも以上に攻め続けるももクロの遍歴を体感することができます。

収録曲は以下の通りです。

1. Neo STARGATE
2. 仮想ディストピア
3. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
4. 5 The POWER
5. 労働讃歌
6. ゲッダーン!
7. Z女戦争
8. 月と銀紙飛行船
9. BIRTH  BIRTH
10. 上球物語 -Carpe diem-
11. 宙飛ぶ! お座敷列車
12. サラバ、愛しき悲しみたちよ
13. 灰とダイヤモンド
overture 〜ももいろクローバーZ参上! ! 〜
14. CONTRADICTION
15. 行くぜっ! 怪盗少女
16. ももいろパンチ
17. 未来へススメ!
18. ピンキージョーンズ
19. 白い風
EN. 20. 走れ!


上記でも触れましたが、本作は今までのももクロのライブとは大きく異なります。

(おそらくイメージにある)元気で、全力のももクロの映像は半分以下です。
2nd ALBUM「5TH DIMENSION」の世界観を視覚的に、表現しています。
新たなももクロということで、一アーティストとして、表現者として成長するももクロが垣間見られる映像作品となっています。

ですが、後半戦はいつものももクロのライブのナンバーが並んでいます。
ここからはサイリウムも使用可能。いつものももクロカムバック!
もちろんどの曲もライブでは欠かせない曲。

いい言い方をすれば、一粒で二度おいしいという感じでしょうか。

2013年8月4日に控えている「ももいろクローバーZ ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013 8.4 日産スタジアム大会」の予習にもなると思います。


なお、5TH DIMENSION特設サイトでは180秒の特別映像を見ることができます。

>>ももいろクローバーZ 2ndフルアルバム「5TH DIMENSION」特設サイト

ここでしか見られない映像をチェックしてみて下さい!



5TH DIMENSION
ももいろクローバーZ



▼いいね!と思ったらFacebookページもぜひ!


【このももクロの記事に関する記事】

2013-07-19

undervár(アンダーヴァー)のデモ音源「FUNCALL」が公開!弾けるディスコナンバーを感じろ!

undervárの新デモ音源「FUNCALL」がYoutubeで公開になっています。



ベースのアタック、ドラムのバスドラ、飛び跳ねるピアノから始まる旋律。

自然と体を揺らしたくなる音の渦。
胸が躍るこの感じがたまらないディスコナンバーとなっています。

Vo.&Gt. Duranの透き通った声がたまらなく突き抜けていく感じがまたたまりません。


ライブでは確実に盛り上がるであろう1曲になっています。

作詞・作曲はBa.YUTAROが担当。
YUTAROが持つ独特の世界観が今回もビッシビシ来てます。

この感じがたまらないっす。

すでにAmazonでも予約が始まっています。
発売まで残り1ヶ月ちょっと。

DEMO音源を体に馴染ませて、発売日を待ちましょう!

UNiDENTiFiED

UNiDENTiFiED



>>オフィシャルサイト: undervár : official website :
>>Twitter@art_love_music
>>Facebookundervár
>>tumblr YUTARO

▼いいね!と感じたらFacebookページもぜひ!


【この記事に関連する記事】

2013-07-17

栄喜ソロ活動ベストアルバム「栄喜 Zero 〜Returning〜」が発売。栄喜のルーツと今を知ることのできる1枚。

ex. SIAM SHADE栄喜のソロベストアルバム「栄喜 Zero 〜Returning〜」が2013年7月17日に発売となりました。



SIAM SHADEを解散後にリリースされた栄喜(未来)、ACID時代のアルバムの中から厳選された全19曲。
今では手に入ることのない楽曲もあり、またライブでも必ず盛り上がる曲が詰まっています。

このアルバム用にリテイク、リアレンジ、リマスタリングされており、
昔ながらのファンも楽しめるアルバムとなっています。

栄喜 Zero 〜Returning〜の収録曲は以下の通り。

1.Go
2.ハク
3.声に・・・
4.DNA
5.太陽に手を伸ばして
6.Business
7.SOSUS
8.Oh happy day
9.何度でも言うよ
10.DIGITAL MASTER
11.We can be
12.戦争反対
13.Glorious
14.OLIVIA
15.Flight Advisor
16.Wonder Wish
17.The secret
18.Leave me
19.マーマレード


時系列を辿って少しご紹介。

SIAM SHADE解散後、ソロとして活動を始めた栄喜

その第1弾として「Punk Drunker」がリリース。
このアルバムでは「DIGITAL MASTER」「The secret」「声に・・・」「マーマレード」が収録されています。

第2弾「Punk Drunker II」からは「太陽に手を伸ばして」「Wonder Wish」「戦争反対」「Flight Advisor」の4曲。

その後、ACIDというバンドを結成し、そのバンドの名義からは「SOSUS」「Business」「Go」の3曲を収録。

ACIDからは離れ、ソロ活動を再開。
再びソロとして「時が終わるまで ただ…START」をリリース。
そこからは「DNA」が収録されています。

そこからは怒濤のリリースラッシュ。月刊 HIDEKIシリーズとして毎月CDをリリース。
そのシリーズの中からは「Glorious」「OLIVIA」「ハク」「Leave me」「We can be」「Oh happy day」「何度でも言うよ」が収録されています。

ソロ活動初期の栄喜のソロ活動を網羅する1枚となっています。


ソロ活動を始めた頃の曲はSIAM SHADE用に曲を作っていたものも。
例えば、「声に・・・」もその1曲だという裏話があります。
声に・・・は栄喜1人では歌うことができない曲の構成になっていて、ライブではオーディエンスとの掛け合いで盛り上がる1曲。ライブでは欠かせません。
特にライブの終盤には絶対に盛り上がる曲。ハイトーンボイスもいかんなく発揮されています。


また、ACID時代の3曲もファンとしては胸に熱いものを感じます。

収録されているGo、Business、SUSUSのどの曲も声に・・・と同じく掛け合いがある曲です。
ライブでは必ず盛り上がる曲となっています。

元々SIAM SHADEはダブルボーカルを意識したものだったので、そのルーツがソロ活動にも通ずるものがあるようです。


掛け合いのある曲もあれば、栄喜が得意なハードな部分も楽しめることができます。
Flight Advisor、Leave meはハードロック色が強く、Wonder Wish、Oh happy dayはパンク色があり、この1枚だけでもいろんな側面を知ることができます。

ですが、SIAM SHADE時代に評価されていた詞とメロディラインも健在。
何度でも言うよ、We can beなどSIAM SHADE時代のファンも興奮する曲になっています。



栄喜ソロ活動再開の記念版的な1枚ではありますが、今の彼をしるため、ライブで盛り上がるためにも重要な1枚になっています。
昔からのファンでもありますが、自分でも似たような選曲をするかと思います。


SIAM SHADE解散直後にすぐにソロ活動を行った栄喜の勢いそのままに彼のROCKを十二分に楽しめる1枚となっています。
昔からのファンも、離れていたファンも、現在進行形のファンも必聴の1枚となっています。

また、トップに掲載したYoutubeではこのアルバムを記念した独占インタビューが公開されています。
CDとあわせて視聴することで2倍楽しめると思います。

栄喜 Zero~Returning~

栄喜 Zero~Returning~


関連リンク

▼いいね!と思ったら、Facebookページもぜひ!


【この記事に関連のある記事】

新生LAID BACK OCEANがついに始動!2013年9月にライブも決定!

ついに新生LAID BACK OCEANが動き出します。



先日、Ba. YUTARO、Pf. ○貴が脱退となったLAID BACK OCEAN。
今後の動向が気になっていましたが、新生LAID BACK OCEANとしての船出がついに!

そして、新体制でのライブもすでに決定しています。
ファンにとっては待ち遠しかった!

新生LAID BACK OCEANの新メンバーなどの情報はまだ明かされていませんが、

近々 新しいLAID BACK OCEANの動きが発表されると思います

新しい出会いもありました。

no title

とVo. YAFUMIの言葉もあります。

新たなメンバーが加入となると、誰が加入するか気になるところです。

また、新生LAID BACK OCEANでのライブも既に決定しています。
LIVE Music Unlimited 3DAYSと題した抽選制のライブとなっています。

●2013年9月25日(水)
なんばHatch大阪
出演:UVERworldシシド・カフカ、LAID BACK OCEAN

●2013年9月30日(月)
SHIBUYA-AX東京
出演:UVERworldシシド・カフカ、LAID BACK OCEAN

旧友UVERworldとの対バンは胸に熱いものを感じます。

詳細については特設サイトをチェック。

>>http://www.jp.playstation.com/psn/musicunlimited/live/uverworld/ :title]

今後も少しずつですが、明らかになっていくであろう
新生LAID BACK OCEANの動向が気になるところです。

待ってたよ!
早くライブに行きたいよ!

心の箱
LAID BACK OCEAN

心の箱

心の箱



▼いいね!と思ったら、Facebookページもぜひ!


【この記事に関連する記事】

2013-07-16

中田裕二の新曲「MIDNIGHT FLYER」がiTunes先行配信開始&3rdアルバム「アンビヴァレンスの功罪」発売決定!

中田裕二の新曲「MIDNIGHT FLYER」がiTunes先行で配信されています。



約1年ぶりの新譜はデジタル限定配信。
2013年7月17日(水)からiTunesからダウンロードが可能になっています。

また、待望の3rd ALBUM「アンビヴァレンスの功罪」の発売も決定しています!

今作も相変わらずの大人の艶やかさが漂う音になっています。

今回配信が開始された「MIDNIGHT FLYER」は全3曲収録されています。

1. MIDNIGHT FLYER
2. BUG
3. イニシアチブ


MIDNIGHT FLYERはストリングを入れた大人の雰囲気漂うナンバー。
サビのメロディラインがとってもグッとくる。
ジャケットがこの楽曲のイメージに合っています。

BUGはMIDNIGHT FLYERとは違うロックナンバー。
昨年のツアーで新曲として披露された1曲。
ライブでも盛り上がること必至のギターが効いている曲。

イニシアチブはソロ初のツアーでも披露されているナンバー。
思わず体を横に揺らして、身を任せたい1曲。


また、3rd ALBUM「アンビヴァレンスの功罪」の発売も決定しました。

こちらは2013年9月19日(水)に発売されます。

なお、HMV店舗 / HMV ONLINE / ローソンミニストップ店内Loppiでは、2013年8月28日(水)より先行発売も決定!!
また、先着購入特典としてB2ポスターが付いてきます。

いち早く手に入れたい人はHMVローソンで予約しましょう。

1. TERMINAL
2. MIDNIGHT FLYER(album mix)
3. エネミー
4. 彼女のレインブーツ
5. blue morning
6. アンビバレンス
7. プリズム
8. マイ・フェイバリット
9. HEROINE
10. ユートピア
11. 旅路
12. サンライズ


以上、全12曲が収録予定。

BUG、イニシアチブはアルバムには未収録の楽曲。
今回配信となったものでしか聴くことができません。

そして、待望の全国ツアーも決定!
25ヵ所を回る全国ツアー"TOUR'13 INTO THE GALAXY"も発表。

詳細はオフィシャルサイトへ。

>>Yuji NAKADA official site

MIDNIGHT FLYER - Single
中田裕二



▼いいね!と感じたらFacebookページもぜひ!


【この記事に関する記事】

undervár(アンダーヴァー)の1st Albumのジャケットが公開!イラストレーター・河野愛さんが担当

undervárの1st Album「UNiDENTiFiED」のジャケットが初公開となりました。


photo from official site.

2013年8月28日に発売予定の1st Album「UNiDENTiFiED」。
今作のジャケットを手がけたのはイラストレーターの河野愛さん(@aikohno)。

緻密で細部に至るところまで書き込まれたジャケット。

大木に遊園地が埋め込まれているようですが、
これは何をイメージしたものなのでしょうか。

曲、これからのバンドの方向性、タイトルに秘められた思い…。
いろんなものを想像させますね。

彼らの設立した「ART LOVE MUSIC LABEL」にふさわしいジャケットです。

今作はジャケットのみならず、アートワーク全体を手がけているそうです。
実際にCDを買って、歌詞カードも見てみたいという気持ちになります。


ちなみにアートワークを担当した河野愛さんは
the cabsSerphなどのバンドのジャケットを手がけるほか、ファッションや雑誌のイラストなど多岐にわたって活動されています。

気になった方はブログをされているようなので、こちらもチェックしてみて下さい。

>>artia

UNiDENTiFiED

UNiDENTiFiED



>>オフィシャルサイト: undervár : official website :
>>Twitter@art_love_music
>>Facebookundervár
>>tumblr YUTARO

▼いいね!と感じたらFacebookページもぜひ!


【この記事に関連する記事】

2013-07-10

ピアノロックバンド・The Reign of Kindoの新アルバム「Play With Fire」がiTunesで予約開始

ピアノロックバンド・The Reign of Kindoの新譜がiTunesで予約が開始されています。



予約が開始されているのは日本では2013年7月31日に発売予定の「Play With Fire」。
iTunesで予約するとCD版の発売日よりも1日早くダウンロードできます。


すでに先行リリースされているシングル「Feeling In The Night」と「Sunshine」ももちろん収録されています。



Feeling In The Night」は彼らの王道サウンド。
トランペット、サックスなどを取り入れ、彼ら独特の大人のロックを奏でています。



そして「Sunshine」はゆったりとしたナンバー。
ストリングスが入っており、癒されるリズムに身を任せたくなります。

収録曲は以下の全12曲。
iTunesでは収録される全12曲の視聴も可能となっています。

1. The Hero,The Saint.The Tyrant & The Terrorist
2. Help It
3. Sing When No One's Around
4. Dust
5. Impossible World
6. Don't Haze Me
7. Feeling In The Night
8. Make A Sound
9. Sunshine
10. Romancing A Stranger
11. I Hate Music
12. The Man, The Wood & The Stone


ファイナルファンタジーのトリビュートアルバムにも参加している彼らが満を持してのニューアルバムを放つ。
じっくりと染みこむ彼らの音楽をぜひ堪能頂きたい。

そして、彼らの音をもう少し触れたい人はぜひ予約して、7月30日を心待ちにしていただきたい。

なお、パッケージ版はデジパック仕様の特別版となっています。
歌詞カードや解説も付いているので、詳しく浸りたい方はぜひこちらを。

Play With Fire
The Reign of Kindo

Play With Fire  ※デジパック仕様

Play With Fire ※デジパック仕様



Facebookページもぜひ!


【オススメミュージックエントリー】

2013-07-09

名古屋発のキーボードロックバンド「みそっかす」がカッコイイ



先日、ライブに行きましてみそっかすというバンドを初めて見ました。

ロック、パンク、ファンクなどを要素を取り入れたVo.&Gt、Gt.、Ba.、Dr.、Keyの5人組のバンド。
服装はチープな感じですが、演奏力は確か。

トップのYoutubeは現在の最新曲のアメリカと中国と静岡
PVもインディーズながらかなりカッコイイ仕上がり。

フロント3人(Vo.&Gt.、Gt.、Ba.)が和風の服装なのが特徴的。
詞などに和を取り入れられ、言葉を大切にしているようでした。

ライブでは熱い。
PVでも一部映っていますが、キーボードを手持ちで弾いたりするパフォーマンスが印象的。
ギターのようにガンガンヘドバンしながら、弾いていました。

またライブは非常に盛り上げ上手。
確実にオーディエンスの心をキャッチしていました。



彼らの曲は多様性があります。
ファンク的な要素を取り入れられている曲・ム○ンライト伝説
PVにはコミカル要素も取り入れられていますが、曲としては非常に踊れる曲。



パンク要素が強い・キャデラック
ライブではサビの部分が非常に盛り上がっていました。

最新アルバム「異次元からの来訪者」の帯にはあのくるりの岸田繁がコメントを書いています。

『確かな演奏力に裏打ちされた、確かなゴミ音楽は、ゴミを確かな確信につなげるのだ。   (ミュージック)ふざけすぎだが、もっとふざけていこう』


PVを見ても、完全に自分たちのやりたいように表現している彼らをゴミ音楽と表現されていますが、そんなことはない!
ふざけすぎているが、そんなことはない!

異次元からの来訪者 - EP
みそっかす

異次元からの来訪者

異次元からの来訪者

三次元からの離脱

三次元からの離脱



Facebookページもぜひ!


【オススメエントリー】