Hatena::ブログ(Diary)

村上隆の『芸術闘争論』

  • 『芸術闘争論』(Amazon)
  • 芸術闘争図書館
  • 2018-10-13

    はてなブログへの移行

    はてなダイアリーのサービス終了に伴い、はてなブログへ移行します。



    URLhttp://d.hatena.ne.jp/takashipom/

    URLhttps://takashipom.hatenablog.com/



    引き続き、よろしくお願いします。

    DIEGO個展「IMPORTANT GARBAGE」 

    f:id:takashipom:20181013195809j:image:w440

    Hidari Zingaroでは、10月13日(土)より、DIEGO(ディエゴ)個展「IMPORTANT GARBAGE」を開催致します。

    DIEGOは東京を拠点に活動するストリートアーティストで、「日本のストリートシーンにおいて、最も風変わりなアーティスト」でもあります。美術の専門的な教育も受けず、荒々しい東京のストリートシーンからは一歩距離を置き、所謂graffitiオタク的な情報量と好奇心、行動力に裏打ちされた視点を持ち、路上観察学的なアプローチと共に、懐古的キャラクターに対する偏愛をToy Graffiti(下手グラフィティー)の表現に癒合させた、独自のスタイルを築いています。 また、DIEGOは世界中のアーティストとのコネクションを持ち、展覧会の企画、壁画制作プロジェクトのディレクションなども精力的に行っています。

    今回がDIEGOの初個展でもある「IMPORTANT GARBAGE」では、そんな作家独自のストリートを体現した、独創的で無視の出来ない作品で溢れています。 飄々と軽やかに人の心奥の機微に触れる作家の個性が表れた、魅力的な遊び心ある展示空間を是非ご高覧頂きたく存じます。


    会期

    2018年10月13日(土)〜10月30日(火)

    12:00-19:00

    ※レセプション10月13日(土)18:00〜予定

    ※水曜定休


    http://hidari-zingaro.jp/2018/10/important-garbage/

    2018-10-07

    MADSAKI個展「MADSUCKY WUZ HERE 2018」

    f:id:takashipom:20181007133336j:image:w440

    カイカイキキギャラリーでは10月5日から10月20日にかけて、

    MADSAKI個展「MADSUCKY WUZ HERE 2018」を開催致します。


    大阪生まれでニュージャージー育ちのMADSAKIは、インスタグラムでの村上隆との運命的な出会いや世界各地での個展を経て、彼の代名詞でもあるスプレー・ペイントを撒き散らした構図、そして大衆文化のなかで流布されるミーム(訳注:SNSなどで模倣されることによって爆発的に広まっていく「ネタ」のようなもの)の、卑俗で風刺の効いたアレンジという、見間違いようのない唯一無二のスタイルを確立してきました。「MADSUCKY WUZ HERE 2018」では、自身のリアルな感情と正面から向き合うために、アメリカでの幼少期、そして帰国後の日本での孤独からの現実逃避として機能してきた、現実では不可能なため頭の中で想像するようになっていた英語での会話を深く掘り下げ、どのような逆境の中でもユーモアを見出す作家のリアルな姿をぜひご高覧下さい。


    ■MADSAKI「MADSUCKY WUZ HERE」


    2018年10月5日 – 2018年10月20日

    開廊時間 :11:00 – 19:00

    閉廊日:日曜・月曜・祝日


    みなさまのご来場をお待ちしております。


    URL

    http://gallery-kaikaikiki.com/

    2018-10-04

    村上隆の版画/ポスター展示

    Tonari no Zingaroにて、2018年10月4日より

    村上隆の版画/ポスターを展示致しました。


    過去に販売された版画ポスターの中でも大変人気だった作品のみを集めた、

    希少な展示となります。


    皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

    ーーー

    From October 4th, Tonari no Zingaro will be exhibiting a rare collection of Takashi Murakami's most popular posters and lithographs. Don't miss out on this special exhibition! We look forward to your visit.

    ーーー

    Tonari no Zingaro於2018年10月4日起展示村上隆的版畫/海報。

    本展集結了過去販售的版畫/海報中最具人氣的作品,為相當稀有的展覽。

    誠摯歡迎您的蒞臨參觀。

    ーーー


    #takashimurakami #ozzingaro #tonarinozingaro #kaikaikiki #art #poster #lithograph @ Oz Zingaro


    Bar Zingaro - Tonari no Zingaroにて、2018年10月4日より... | Facebook

    f:id:takashipom:20181004201734j:image:w140f:id:takashipom:20181004201731j:image:w140f:id:takashipom:20181004201729j:image:w140

    2018-09-30

    村上隆×ヴァージル・アブローのコラボ版画販売 “BRANDED IN TIME” 第5弾 

    f:id:takashipom:20180920190909j:image:w400

    村上隆×ヴァージル・アブローのコラボ版画販売 “BRANDED IN TIME” 第5弾  


    村上隆×ヴァージル・アブローのコラボ版画を販売いたします。


    今回は「事前申込・抽選制」「日時指定の完全入れ替え制」とし、身分証明書のご提示をお願いさせて頂きます。以下のフォームより、詳細をご確認の上、お申し込み下さい。


    【抽選申込フォーム】


    会期

    2018年10月20日(土)


    販売作品の詳細・注意事項はこちら

    6HP展 Vol.3

    f:id:takashipom:20180919053122j:image:w500

    6HP展 Vol.3


    6HP第4話が9月22日に放映されます。

    Animanga Zingaroでは放送第一回目より放送と合わせて、原画、生素材の展示を行っています。今回はその4回目。

    mebae編集のキャラクターアニメーション系を集めたモノと、

    JNTHED編集のメカデザイン・世界観デザインを集めた薄い本(同人誌形式のムック)の第三弾も会場で販売致します。


    是非、お越し下さい


    http://poncotan.jp/works


    会期:

    9/20(木)〜10/5(金)

    12:00 – 19:00

    ※水曜定休


    http://animanga-zingaro.jp/2018/09/6hp-vol-03/

    UFO907個展「Flat Earth Flat Wall Flat Ass」

    f:id:takashipom:20180930121808j:image:w540

    Hidari Zingaroでは、9月22日(土)より、UFO907(ユー・エフ・オー・ナイン・オー・セブン)個展 「Flat Earth Flat Wall Flat Ass」を開催致します。

    NYを拠点に20年以上も現役のライターとして活動しているUF0907は、UFOエイリアンのモチーフを描く事で知られている。今なお、多くの作品を制作し続けており、世界中のファンを魅了している。その活動はストリートのみに限らず、ギャラリー・ワークも行い、多くのグループ展や個展を開催している。唯一無二のダーティーかつ異様なラインから作られるエイリアンUFOは、観る者の心奥の機微に触れると同時に、大きな揺さぶりを与える。2017年、Hidairi Zingaroにて、MADSAKIキュレーションの3人展、「MADSAKI Says “Yo! snipe1 & UFO907, Get Your Asses Over Here!”」に参加し、大きな反響を得ました。

    今回の個展は、UFO907が学生時代、美術学校を中退し、活動の場所をファインアートの世界からストリートの世界へ、ブラシからスプレー缶やマーカーへ、キャンバスからストリートへと変えて、グラフィティの慣習に囚われずに、UFOエイリアン等のキャラクターを描くサブカルチャーメインストリームへと押し上げてきた「ギア」を、これまでに積み重ねてきた経験と共に、ファインアートへと「シフトチェンジ」してきた証明である。

    批判を顧みず、サブカルの要素をグラフィティの世界へと押入れ、シーンを盛り上げてきた、UFO907の特異なものでありながら距離を感じさせない独自のスタイルからもたらされる遊び心ある展示空間を是非ご高覧頂きたく存じます。

    会期

    2018年9月22日(土) – 10月7日(日)

    12:00-19:00

    ※レセプション 9月22日(土)18:00〜予定

    ※水曜定休

    http://hidari-zingaro.jp/2018/09/ufo907-ex/

    2018-09-22