Hatena::ブログ(Diary)

淡路島の風 高田さとみのほろ酔いトーク このページをアンテナに追加

2009-11-24 第11弾 2010年1月NHK大河ドラマ「龍馬伝」は「司牡丹」 このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。

只今

第5回「日本酒再発見の夕べ・感動の出会い」大試飲会に

ご協力いただけるお蔵を力の限りご紹介しています。


f:id:esake:20091110180418g:image


高知県中西部、山々に囲まれた山紫水明の盆地に蔵があります。

創業は1603年

飲み飽きしないスッキリとした淡麗辛口が特徴。

さらに独特の旨味と芳酵な香りが加わり、

必要以上に辛く感じないまろやかなふくらみと

絶妙な香味のバランスを口中で醸し出します。


f:id:esake:20091110181852j:image


f:id:esake:20091110181851j:image

 <司牡丹酒造HPより>



2010年1月NHK大河ドラマ

龍馬伝」放送が決定しました。


名もなき若者は、その時「龍」になったっ!

土佐から江戸、そして世界へ。

龍馬の行くところ、時代が怒濤のように動き始める・・・・


プロデューサーの鈴木圭氏によると

坂本龍馬は「ネバーエンディング」な人なんだって


言いかえると、


「進化し続ける人」

「自分に終着点を設けない人」

「果てしない伸びシロを持った」人だそうです。


すごいじぁ〜ありませんかー


平成の時代、

坂本龍馬はいるのでしょうか?

いるとしたら誰???


f:id:takatasatomi:20090916185203j:image

この人が坂本龍馬ですっ!?

実は

坂本龍馬と言えば「土佐高知」と言えば「司牡丹


そうです。


司牡丹酒造の竹村社長」さんです。



古文書によると

牡丹酒造の竹村家の屋号は「黒金屋(くろがねや)」で

坂本龍馬の本家にある「才谷屋文書」よると、

黒金屋は酒林壱軒(酒造りの株一軒分)を

買ったという書状が残っていたり

また黒金屋屋弥三右衛門の母親は才谷屋から嫁いでおり

坂本龍馬と司牡丹酒造の関係は因縁が深いのですよっ!



名も無き若者が世界を動かす「龍」へと成長していく姿を

福山雅治さんが演じます。


今からワクワクしてきま〜すっ!


なぜなら


私の大好きな「船中八策」が

大ブレイクするんじゃないかと・・・・予感がする


その坂本龍馬ゆかりの酒を飲むことで


龍馬気分を味わえますっ!


どんな気分???


だから・・・・


純米辛口

 

「日本を今一度せんたくいたし申候」


なにそれ?



文久三年(1863年)6月29日、坂本龍馬29歳、

勝海舟のもとで海軍塾塾頭をつとめる頃の言葉です。


長州藩による攘夷戦、関門海峡の攻撃により

破損した外国船を横浜で修理する幕府の役人達。


これに龍馬は憤慨し、

これはもはや『日本の洗濯』をするしかないと

言い放つのです。


龍馬の『大志』が伝わってくる、

大きな言葉ではないでしょうか。


この酒です

f:id:esake:20091110180631j:image

純米辛口 「日本を今一度せんたくいたし申候」


720ml(カートン入)1250円

1,8ℓ(カートンなし)2500円



この酒も骨太な味わいを持ちながら後口はサラリとキレる、

まさに龍馬の如き土佐の超辛口純米酒です。


あまりにも有名なあの「船中八策」のお酒もです。


大政奉還の時、船の中で新国家体制の基本方針8ヵ条を

坂本龍馬が起草したんですよね。


f:id:esake:20091110181004j:image


特別純米超辛口「船中八策」

720ml 1460円   1800ml 2940円


土佐高知 司牡丹


またもや時代は「龍馬」あなたを呼んでいます。


お蔵元は言っています。


龍馬は風である。


その風が再び全国に吹きわたるっ!



11月27日(金)午後6時〜

日本酒再発見の夕べ・感動の出会」洲本文化体育館へゴー

はるばる土佐高知より駆け付けてくださいます。

見逃さないでね〜


去年の様子はここです。↓↓↓

http://d.hatena.ne.jp/takatasatomi/20081016



「司牡丹酒造」の山中幹雄さんが


龍馬」を連れてきま〜す!


心を込めておもてなしいたします。


f:id:takatasatomi:20080927093515j:image

f:id:esake:20091116180200j:image

f:id:takatasatomi:20091125001747j:image


見逃さないでね〜〜

                               

高田酒店への

ホットライン

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)      

山中山中 2009/11/25 00:27 司牡丹の営業、山中と申します。27日の友の会、
お世話になります。
勉強の為に、ホームページを見せて頂きました。
船中八策や社長の龍馬なども紹介頂き、まことに
有難う御座います。
27日はもう一人の龍馬がお伺いしますので、
宜しくお願い致します。(社長と比べると、ちょっと
ショボイかも?)
初参加なので、2時までにお店にお伺いして、
ご挨拶をしたいと思っております。
どうか宜しくお願いします。

2009-11-23 第10弾  酒は大山、愛の酒 このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。


只今

第5回「日本酒再発見の夕べ・感動の出会い」大試飲会に

ご協力いただけるお蔵を力の限りご紹介しています。


f:id:takatasatomi:20091124220425j:image


酒は大山、愛の酒


山形県は日本海に面した庄内平野

古来より大規模な灌漑による百万石の穀倉地帯



そびえ立つは山岳信仰としても名高い出羽三山、

悠々と流れる最上川・赤川、

これらの清流は清酒大山に永遠の生命を与え続けています。


その歴史は

江戸時代初期から本格的な酒造りがはじまり今日に至ります。



過去のブログに詳しく書いています。

加藤嘉八郎酒造「大山」醸造元の凄さ


加藤喜八郎酒造「大山」<大吟醸 おり酒


今回の

第5回「日本酒再発見の夕べ・感動の出会」の大試飲会

11月27日(金)午後6時〜 洲本市文化体育館於に

ご参加いただけますと


[酒蔵マイスターになろう!!]

「秘密の小冊子」を差し上げるのですが

ご参加頂く12社のお蔵をいくつかお周りになると

酒蔵マイスターの認定証と記念品が進呈されます。


私はぜひとも「大山」へ行きたい!!

聞くところによれば

「大山」の酒の仕込みを一度は見ておいてねと言われています。


仕込み中のタンクの中をみると

「たまわ」と言うピンポン玉が酒面いっぱいに広がりプクプク、ふわふわしている

どのタンクもみんな・・・


それは酒づくりのすべての工程が作戦どうりである証であると言われている。


微生物のため息といきを理解しながら速やかに対応し対話をしているからと

燗時代(ペンネーム)さんはおっしゃっています。

あぁ〜ピンポン玉の「たまわ」がいっぱい!! 

みてみたいな〜〜〜


そんなお蔵がやってきます.


f:id:takatasatomi:20091124232049j:image f:id:takatasatomi:20091124232047j:image

あなた様の笑顔を見たいから全力で取り組んでいます。

f:id:takatasatomi:20091124232909j:image

f:id:takatasatomi:20091124232052j:image

見逃さないでねっ!

問合せ先

高田酒店への

ホットライン

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)


2009-11-22 第9弾 新政「6号酵母発祥の蔵、秋田流酒造りの祖 このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。


只今

第5回「日本酒再発見の夕べ・感動の出会い」大試飲会に

ご協力いただけるお蔵を力の限りご紹介しています。


f:id:takatasatomi:20091124201326j:image


「6号酵母発祥の蔵、秋田流酒造りの祖」


と言われても何のこっちやか解んな〜いとおっしゃると思いますが、

お酒になる酛(酵母)をつくったんですわ

それを6号と名付けて全国の蔵元がお酒をつくるに使用したんですわ

新政酒造」発祥の六號酵母(協会六号酵母)は

頒布されている酵母の中で最古のものなのです。



f:id:takatasatomi:20091124211047j:image




さらに現社長はこの(協会六号酵母)の革新を完成させようとしています。



本当に長い歴史の中、絶えず革新続けるっ!


日本酒は日本人の民族酒であり伝統文化でありますね


お蔵元が心をこめ、命がけで醸したお酒を

消費者の皆様にお届けする私ども酒屋は身が締まるおもいです。


さることながら私の目標は

めざせ


日本酒と笑顔がある食卓を!!


日本酒との接点を持つ機会を作っていきますので、

どうかご参加くださいませ。


その日本酒との接点が

11月27日(金)午後6時〜 洲本市文化体育館へゴー

第5回「日本酒再発見の夕べ・感動の出会」の大試飲会です。


去年の様子はここです↓↓↓

http://d.hatena.ne.jp/takatasatomi/20081016


淡路島に始めて来ていただける

「新政」をあなたは見逃しますか


問合せ先

高田酒店への

ホットライン

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)

2009-11-21 第8弾 「嘉美心」と言えば「冬の月」 このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。



f:id:takatasatomi:20091122185335g:image



嘉美心」のお蔵は比較的若く1913年の創業です。

「身も心も清らかにして酒を醸したい」

との願いから”神””心”との同意語を名前にしています。


このお蔵は「淡麗旨口」の酒質が全国的に有名でです。

「旨口」の酒にこだわり続けています。


藤井社長さんは言います。


「米のうまさは本来「あまい」、贅沢に米を用いて甘く作り

のど越しは爽やかにを目指しますと・・・


言葉で言うのは簡単ですが、技術的にはとても難しい

しかし独特の麹育成でそれを可能にしている.



その冴えたるものが「冬の月」です



f:id:takatasatomi:20091122193728j:image



さらに基本中の基本の


「嘉美心」秘宝 本醸造が



ロンドンのIWC「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」2009

「SAKE部門」の「本醸造の部」で

金メダルを受賞したんですっ!


f:id:takatasatomi:20091122193514j:image



藤井社長さんは言います。


リーズナブルなお酒で受賞できたことが何よりの喜びです。

地元のお客様に

「あなたがこれまで飲んでいたお酒が世界一になりました」とお伝えできます。


世界が認めた「晩酌酒」

f:id:takatasatomi:20091122193157j:image


「SAKE部門」の「本醸造」


こうして各お蔵を紹介していますと

すごい!お蔵ばかりですねっ!


11月27日(金)午後6時〜

「日本酒再発見の夕べ・感動の出会」洲本文化体育館へゴー

見逃さないでね〜


f:id:takatasatomi:20091122195744j:image


待っています〜


問合せ先

高田酒店への

ホットライン

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)

五代目蔵元 藤井進彦五代目蔵元 藤井進彦 2009/11/25 08:39 嘉美心 五代目蔵元の藤井です。
高田さん、そして高田酒店の熱いサポーターの皆様、こんにちは!
9月から続いた全国友の会のツアー(?)もいよいよ今週の金曜日の
淡路島が千秋楽となりました。
思い起こせば、9月の北海道から日本列島を九州は鹿児島まで縦断、
途中に香港遠征を挟んだあっという間の3ヶ月でした。
ラストスパートで頑張りますので、みなさん、
27日にお逢いできますこと楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いします (*^^)v

今回の目玉は、ブログにも紹介して頂いた「冬の月」の一年熟成酒と
ロンドンでのIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)という世界コンクールで
本醸造部門にて金賞を頂けた「本醸造 秘宝」です。
どうぞお楽しみに!

2009-11-20 第7弾 榎酒造 「華鳩」「貴醸酒」 このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。


第5回「日本酒再発見の夕べ・感動の出会い」大試飲会に


向けて準備に猫の手も借りたい時

毎年の事ですが

注文していた「干し柿」用のあんぽ柿が届き柿とにらめっこ

まだ少し青い内に皮むきするからです。



f:id:takatasatomi:20091122105413j:image



さらに今年できたてホワホワ酒粕が届き

これの袋詰めと並行してあれもこれもで死にそうです。


それでも蔵元紹介はやりまっせっ!

お酒でお酒を仕込むお蔵。


そうですっ!

榎酒造「華鳩」「貴醸酒



2009年11月05日華鳩ブログより抜粋

10月31日早朝、「純米吟醸ムロカ生」(通称「台力」)の留仕込をしました。


03:00AM 蒸米開始

04:30AM 蒸しあがり


f:id:takatasatomi:20091031045800j:image

 

大吟醸を造る時のように、蒸米は布に入れて運び、

粗熱を取るために窓を開け放った蔵内でさらす。


09:30AM 早朝の低い気温にさらされた蒸米を仕込みタンクに運び入れる


なぜ夜中に仕込みをするのか?


今年の純米吟醸ムロカ生は大吟醸なみに仕込むことにしました。


通常大吟醸は寒い冬を選んで仕込みますが、

このムロカ生は秋に仕込むため、高い気温が問題になります。

というのも蔵は、温暖な気候の瀬戸内海の倉橋島にあります。

秋はまだ気温が高いので、気温の低い夜中に蒸米をさらすことにしました。


そのほか、仕込み水を凍らせた氷を使用することによって、もろみの温度を下げます。


「おいしくなれ、おいしくなれ!」と言いながら櫂を入れる新人の蔵人梶本。

「がんばれがんばれ」と重い櫂を入れる梶本を励ます松本。

「みんなで頑張って造る酒は絶対うまくなる!」と藤田杜氏。


蔵人たちが心こめて手造りしたお酒。

ぜひ飲んでみてください。

飲んでホッとやすらぐやさしい酒になっていると思います。

今日のブログは社長の榎です。

読んでいて胸が熱くなるのは私だけでしょうか・・・・


「純米吟醸ムロカ生」(通称「台力」)は12月12日発売予定です。

このお酒です。


f:id:takatasatomi:20091122123146j:image


さて今年はどんなお酒をもって来て下さるだろうか

ご参加したお方だけが楽しめます。

見逃さないでねっ!


f:id:takatasatomi:20091122130057j:image


f:id:takatasatomi:20091122130100j:image


☆お・ま・ち・し・て・ま〜す☆


問合せ先

高田酒店への

ホットライン

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)

華鳩マリコ華鳩マリコ 2009/11/24 13:14 高田様
今年もよろしくお願いします!
お酒など本日発送します。
アイスクリームにかけておいしい貴醸酒8年貯蔵や
そのできたての貴醸酒の生のぴちぴちトロトロにごり酒!
そして幸せの酒「吉祥草」も!
淡路の皆さんに喜んでいただければ嬉しいです!
それでは金曜日に!!!

2009-11-19 第6弾憧れの水の都仙台「すず音」の「一ノ蔵」 このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。



第5回「日本酒再発見の夕べ・感動の出会い」大試飲会に

ご協力いただけるお蔵を力の限りご紹介しています。



憧れの水の都仙台「すず音」の「一ノ蔵」



19日のボージョレヌーボー解禁日は


魚佐太」で今が旬を楽しみました。

淡路島の魚料理なら鮮魚店が営む地元絶賛の「魚佐太」で〜すっ!



f:id:takatasatomi:20091119203607j:image



ここでもヤッパリ「すず音」です。


お店でも若い男性が

チロチロリン、チロチロリンと歌いながらヤッパリ「すず音」でした。


どうやら当店はボジョレー解禁日でも日本酒に軍配が上がりました。


大人気の「すず音」は「一ノ蔵



f:id:takatasatomi:20091121131341j:image


.:*:・’゜☆.:*:・’゜☆.:*:・’ ☆ .:*:・’゜ ☆ :・’゜


淡雪にも似た薄にごり、グラスに注ぐと. 繊細で涼しげな泡が立ちのぼる発泡性の清酒です。

低アルコール酒の残糖分を瓶内で再発酵させ炭酸ガスを 封じ込めた

「一ノ蔵」オリジナル製法による手づくりのお酒です。

可愛らしさの中にも凛とした気品のある鈴の音をイメージしています。


.:*:・’゜☆.:*:・’゜☆.:*:・’ ☆ .:*:・’゜ ☆ :・’゜



この「一ノ蔵」の技術は業界最先端を一目散に走っています。




自ら農業法人を起こし「農業」に真摯に向かい合っているお蔵です。

酒の原料の米の大切さは言うまでもありませんが、

同時に米を吟味するのは「人」ですよね〜

「人」を育て慈しむ事に重点をおくお蔵でもあります。




長い歴史を持つ県内4社の蔵元が企業合同により1973年に創立。




高田酒店では”すごいっ!農家に出会う”シリーズで年3回ご紹介しています。




さて今年はどんなお酒をかついてくるのでしょうか?



もうすっかりお馴染の

佐藤啓太さんっ!


将来は超一流のファーマーになりたいそうで〜すっ!


f:id:takatasatomi:20091121141402j:image



「一ノ蔵」とびっきりのお酒とご当地自慢の肴であなた様を

お待ちしていま〜す



11月27日(金)洲本文化体育館へゴー

見逃さないでねっ!



問合せ先

高田酒店への

ホットライン

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)

2009-11-17 第5弾 ご当地 淡路島 都美人と言えば山廃づくり このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。


11月27日(金)第5回「日本酒再発見の夕べ・感動の出会い」

ご協力いただけるお蔵を力の限りご紹介しています。


第5弾 ご当地淡路島 都美人と言えば山廃づくり



都美人酒造と言えば 山廃仕込み純米酒

今では名前を付けてもらって「雲のごとく」

どこを切っても「雲のごとく」で安定した力強い飲みあきないお酒です。

ちょと前では、肴は話だけでも1升瓶は軽く空けていましよーっ!

旨いお酒です。


f:id:takatasatomi:20091118192208j:image


今!「都美人」からちょと目が離せない


なぜ?


昨年度から 杜氏さんか変わったの


この方


f:id:takatasatomi:20090304135138j:image



内山邦弘氏 昭和52年3月16日生まれです

若いですね〜ハンサムですね〜


しかも

京都大学大学院分子生物学を学んで

滋賀県の酒蔵や

石川県能登杜氏さん(農口尚彦氏)から山廃仕込みを学んでいるんですよ〜


平成19年11月より都美人酒造の杜氏さんです。


今後が超期待をもて楽しみですね〜

明るいニュースですね〜っ!


f:id:takatasatomi:20091117155409j:image

(クリックすると大きくなります。)


杜氏さんは若くなりましたが

絞りは100年前にもどりましたっ!

天秤絞りを復活させました。


f:id:takatasatomi:20071218101326j:image


f:id:takatasatomi:20080213092601j:image


f:id:takatasatomi:20091118202112j:image


f:id:takatasatomi:20080319091618j:image


天秤絞りはこの酒

f:id:takatasatomi:20091118204021j:image


f:id:takatasatomi:20091118204020j:image


新旧交代・・・・

いつの日もどんな立場でも避けられないね〜


f:id:takatasatomi:20091118214911j:image


この写真懐かしいですっ!

淡路島の2大杜氏 一世を風靡していましたよ〜

お酒の事いっぱい教えて頂きありがとうございました。


都美人酒造 塚本武彦杜氏

千年一酒造 田渕徳左衛門杜氏

1992に「酒食を語りて本物を知るほろ酔いシンポジュウム」を

開催した時の写真です。


新たな歴史を築く内山邦弘氏さんにカンパ〜イっ!


ご注文はここが入口ですっ!



内山邦弘氏さんが醸した「無限大」飲めるよ〜


11月27日(金)洲本文化体育館へゴー


見逃さないでねっ!



問合せ先

高田酒店への

ホットライン

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)

miyakoのyanchimiyakoのyanchi 2009/11/20 09:03 ブログアップありがとうございます。
都美人のこれからの変化と、伝統を守る姿。両方をうまく取り入れて戴きありがとうございます。
これからも益々皆様方に愛される都美人になるべく、伝統を守りながら、新しい「山廃仕込み」に打ち込んでまいります。27日は美味しい酒と美味しい肴を持参いたします。お楽しみに!

2009-11-16 第4弾 「幻の義左衛門」の中汲みって一体なに? このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。


11月27日(金)第5回「日本酒再発見の夕べ・感動の出会い」

ご協力いただけるお蔵を力の限りご紹介しています。

本日は「若戎」と言えば「義左衛門」?


f:id:takatasatomi:20091117211837j:image


今年で2回目の出場です。


1回目にして話題を総なめしたお蔵です。


詳しくはここをクリック


さて今年ご持参のお酒のリストの中にまたもや有りましたっ!



【幻の義左衛門 中汲み(超限定酒)】って書いてありますっ!



f:id:takatasatomi:20080207170814j:image



「幻の義左衛門」の中汲みって一体なに?


調べましたよっ!

“義左衛門は、156年前の創業者の名を冠したお酒です。

若戎の代表銘柄として、25年も親しまれているお酒です。



義左衛門は、毎年約30本の仕込から造られ

その仕込みに使用される酵母はナント十数種類あるそうです。


それぞれの酵母に合わせた造りで、

その特徴を十分引き出すようにされいるようです。

スゴイ技術ですね〜



この酵母は、すべて「若戎」のお蔵でで培養された“自社酵母”なんですってっ!


もっとビックリは

搾られたその個性溢れる1本1本の義左衛門は、

全ての酒造りが終わる春、

一つにまとめられて、あの完成した“義左衛門”となるんだって〜〜〜


ここがミソで


一つにまとめられる前の義左衛門。

それは、蔵元でしか味わえなかった“幻の酒”として

今回の大試飲会出現するのです。



一年前、この大試飲会で人気の高かったのは

“WK−20”新政(協会6号)系の酵母で

安定感がありオーソドックスな香味、熟成するタイプのお酒だっそうです。



今年は、若戎”を象徴する定番酵母。

“WK−7”といい


中村貢(前杜氏)の名を冠し業界では「中村酵母」とも呼ばれているもので

熊本(協会9号)系の酵母を若戎にてもろみから再分離されたものらしい。



ミクロの世界の事はサッパリ解りませんが、

このお蔵「若戎」には十数種類の酵母があるだけでも脱帽ですよねっ!

一生懸命さが伝わってきますよね。


幻の義左衛門 中汲みのお酒のイメージを

このお方守道一宣氏はこのお顔で、このお言葉聞いてくださ〜いっ!


f:id:takatasatomi:20081011132404j:image


.:*:・’゜☆.:*:・’゜☆.:*:・’ ☆ .:*:・’゜ ☆ :・’゜

冬空の下、満天の星を眺めているとき、透き通った空気の中で、

ほほをくすぐる冷たい風のイメージでしょうか・・・・とのたまわりますっ!

.:*:・’゜☆.:*:・’゜☆.:*:・’ ☆ .:*:・’゜ ☆ :・’゜



さらに、さらに、のたまわるっ!


このお酒の、香りは、ほのかに吟醸香ただよい

味わいは、一口飲めば感動すること間違いなし

旨味たっぷりキレ良しのお酒に仕上がっていま〜す。の事です。


今度はあなたの出番です。

見逃さないでねっ!



問合せ先

高田酒店への

ホットライン

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)

若戎 守道若戎 守道 2009/11/26 17:02 こんにちは。いよいよ明日ですね!只今インフルエンザの予防接種をしました。万全の体調で参上いたします!今年も存分に“のたまわります”
よろしくお願いします。

2009-11-14 第3弾 輝け日本のワイン 「グレイス」甲州 このエントリーを含むブックマーク

こんにちは、いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。


第3弾 

輝け日本のワイン「グレイス」甲州


世界に向けて羽ばたく「グレイス」 甲州


第12回ジャパンワインチャレンジにおいて


「グレイス甲州 2008」が


金賞ならびにトロフィー最優秀甲州を受賞致しました。


f:id:takatasatomi:20091114130257j:image



グレイス甲州 720m 1890円 (画像は2007年のものです。)




12年前にジャパンワインチャレンジが発足されて以来、

甲州種での金賞は、

どのワイナリーにとっても初めてのことであり、

同銘柄のトロフィー受賞は

第10回大会と合わせて2度目の受賞となります。


f:id:takatasatomi:20091114152936j:image




f:id:takatasatomi:20091114141039j:image



これが甲州ぶどうです。

何年か前に

当店が加盟している(日本名門酒会)会より

日本のワインを訪ねる旅で甲州ぶどうに出会いました。

薄ピンクのぶどう!!


さらに


第7回国産ワインコンクール(Japan Wine Competition 2009)

審査結果の発表があり、

「グリド甲州 2008」が、

甲州辛口カテゴリーのトップ、

ゴールドメダル・最優秀カテゴリー賞を受賞いたしました。



f:id:takatasatomi:20091114135550j:image


グリド甲州  720m  1596円



今回の受賞を含め、

グレイスワイン製造の甲州ワインが2年連続


2度の甲州辛口部門最優秀カテゴリー賞を受賞した事になります。


又、「グレイス甲州菱山畑 2008」も金賞を受賞しました。



f:id:takatasatomi:20091114130344j:image



グレイス甲州菱山畑 茅が岳 720m 1690円(画像は2007年のものです。)


高田酒店では10年ほど前からすべて外国のワインを撤去して、

日本のワインを応援しています。


理由は簡単

横文字が苦手だから

現地視察ができないから・・明快ですっ!


毎年晩秋になりますと

日本酒再発見の夕べ・感動の出会い」と題しまして

大試飲会をやっています

今年もやりますっ!

詳しくはここを↓↓↓を見てくださいっ!


http://d.hatena.ne.jp/takatasatomi/20091107



さてどんな応援をしているのでしょうか?

まずは、飲んでいただいてもらっています。



今回は金賞に輝く「中央葡萄酒のグレイス」の


小森英樹さんを追いかけます。



この写真は「ボジョレーに負けるもんか日本のワイン

           (淡路島のパルシェでH19,11/15)

f:id:takatasatomi:20081003211209j:imagef:id:takatasatomi:20081003211210j:image



「輝け!日本のワイン!感動の夕べ」

            (淡路島パルシェでH18/5/27)


f:id:takatasatomi:20081003212441j:imagef:id:takatasatomi:20081003211211j:image



第1回「日本酒再発見の夕べ・・」

       (淡路島サンシャインホールでH17/10/29)



f:id:takatasatomi:20081003212442j:imagef:id:takatasatomi:20081003222641j:image



第2回「日本酒再発見・・・」

       (淡路島洲本市文化体育館H18/11/12)


現地山梨にいる船橋さんが一度だけ淡路島入りしていただきました。



f:id:takatasatomi:20081003212444j:imagef:id:takatasatomi:20081003212445j:image


第3回「日本酒再発見・・・」

         (淡路市しづかホールでH17/11/15)


f:id:takatasatomi:20081004094734j:imagef:id:takatasatomi:20081004094735j:image


                  


第4回「日本酒再再発見・・・」

         (淡路島洲本文化体育館 H20/10/11)


f:id:takatasatomi:20091115111730j:image



準備中で開場時間を待っています。


など何回も試飲会を開いて

輸入ワインに負けてない!おいしいを知っていただいております。



今度はあなたの出番です!


見逃しますか?


「グレイス」甲州のご注文はここが入口です。


問合せ先

高田酒店への

ホットライン

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)

 

2009-11-13 第2弾 知る人ぞ知る「信濃錦」のすごさ!! このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。



知る人ぞ知る「信濃錦」のすごさ!!



高田酒店では毎年この時期になりますと

日本酒再発見の夕べ・感動の出会い」と題しまして

大試飲会を行います。


いっとき焼酎ブームが起こり、

日本人の民族酒は日本酒だよ〜と振り向いてほしくて、

「やっぱり日本酒美味しいわぁ〜」

日本酒って温かいわぁ〜」って

再発見してほしくて始めたの



今年は11月27日(金)洲本文化体育館6時30分〜

詳しくはここ↓↓↓


http://d.hatena.ne.jp/takatasatomi/20091107



当日はるばる淡路島へお越し下さるお蔵元

13社み〜んなご紹介してまいります。



第2弾 知る人ぞ知る「信濃錦」のすごさ!!


何がすごいかと申しますのは


さかのぼること


昭和42年

日本で初めて全量を防腐剤無添加酒したお蔵なんです。


今では当たり前なんですが




2008年3月8日フジテレビで放映された

「僕らの食卓ができるまで、 ー食文化を変えた感動秘話ー」


見られた方もおられると思いますが

私は涙を流しながら感動で身体が震えましたね。



当時、当たり前のように使用されていた合成防腐剤を

一切入れず全量防腐剤無添加酒を日本で初めて挑戦した

お蔵が「信濃錦」宮島酒店宮島宏一郎氏でした。



それは正しくお蔵の存亡を賭けての挑戦でした。


宮島宏一郎氏いわく「人間としてやらなきぁいけない」一念で・・・

凄いです!!

どんな小さな事でも当たり前の事をくつがえすのは大変な勇気がいりますよね。



明治の始めより酒税は国家の重要な財源で

確実に確保するため、明治13年からドイツバイエル社で作られていたサリチル酸を

法律により酒に防腐剤として入ることが許されました。

但し毒物なので、

メートル法に換算して1キロリットル当り250グラムの規定が設けられていたそうです。


このサリチル酸には毒性があるため宮島宏一郎氏は

合成防腐剤を使わないでお酒を造ることに挑戦したのでした。


詳しくはここを見てね↓↓↓

http://www.miyajima.net/?hajimeni



こんな凄いお蔵が淡路島に来てくれるっ!

こんな凄いお蔵を皆さんにご紹介できるっ!

 

f:id:takatasatomi:20091113223705j:image


信濃錦」 純米1800m  1980円


契約栽培の減農薬「美山錦」を全量使用した「米から育てた純米酒」です。

芳醇辛口を酒質が特徴で

特に食中酒としての飲み応えがあります。


当店では20年前から飲み続けていらっしゃるお客様がいらっしゃいます。


もう一つ


信濃錦」と言えば「純正あま酒」ですっ!


f:id:takatasatomi:20091113223704j:image


信濃錦」 あま酒700ml・・・840円


蔵元がつくる純正あま酒は正しく


     「飲む点滴」


米を米麹で発酵させるあま酒は

アミノ酸ビタミンが点滴なみに多い高栄養飲料。


その1 お肌ツルツル、ピカピカ

その2 血圧を下げる効果

その3 ガンまで防ぐ万能薬

しかもノンアルコールだからお子様にも安心して飲んでいただけます。



有機肥料減農薬で契約栽培した「美山錦」」を、

 麹米70%・掛米73%に精白して造られます。

 お酒を醸すほどの贅沢さです。


☆お米のブツブツがそのまま残る真っ白な甘酒は、

 上品なな和菓子をいただくような心地が味わえます。


☆本当にスプーンですくえるほど濃厚です。

 冷たく冷やしても、地獄谷のように

 ボコボコになるまで熱くして飲めば

 身も心もポッカポッカですよ!


「信濃錦」「純正あま酒」のご注文はここが入口です。


高田酒店へ

ホットメール

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)

燗時代燗時代 2009/11/24 11:49 そうです。この蔵は全量防腐剤無添加酒にしただけでは
ありません。酒づくりには鉄分を嫌います。
そこでこの蔵はすべて撤去してステンレスに変えました。

2009-11-10 第1弾 天盃21年ぶりの新商品「オレンジラベル」発売! このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか?

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。



今月11月27日(金)

「日本酒再発見の夕べ・感動の出会い!」(大試飲会)に

駆けつけてくださる「天盃」多田格社長さんからお手紙いただきました。


新生「天盃オレンジラベル」とは・・・


麦焼酎「天盃」


天盃21年ぶりの新商品『オレンジラベル』発売!



◆天盃4代目多田格(現社長)のデビュー作


多田格社長熱く語りますっ!



f:id:takatasatomi:20091109183715j:image




「天盃」式蒸留機が開発されて40年が過ぎた

4代目杜氏としてこれまで培った蒸留技術を踏襲しつつ

新たなステージへと進みます。


1898年の創業以来、焼酎一筋。



日本の蒸留酒として、世界に通用する蒸留酒として

情熱をかけてまいりました。






☆原料は、地元筑紫平野の二条大麦だけを使用。


☆一切の薬品加工などは行わず糖類など完全無添加。


☆特に焼酎づくりの質を左右する単式蒸留にかける思いは

人並ならぬ努力をしてまいりました。



f:id:takatasatomi:20091109185837j:image f:id:takatasatomi:20091109185836j:image




そして2009年秋。



偶然にも日本の新たな政権の誕生と時を同じく、

「蒸留の鬼」と言われた先代の技術にさらに磨きをかけ

ここに

「天盃から新たな可能性を注ぎ込んだ本格焼酎の誕生です。


【内容】バージョン4.1

・麹原料    佐賀県産  甘木二条

・掛け原料   福岡産   ニシノチカラ

・麹      河内源一郎商店   白麹

酵母     日本醸造協会    清酒用  9号


◆ズバリそのキーワードは  「バランス」

バランスのとれた焼酎は、

その味わいや香りの量は、感じないはずです。

その最たるものが「水」であります。


単体では、その特徴や濃さなどは感じないけれど、

比較対象ができるとその特徴や濃さを

感じることができるのです。




そのバランスを求める最後に残るものが

ズバリ『個性』であると思っています。


そこにあえて「天盃オレンジラベル」では



現在のモロミに合わせて同じ常圧蒸留でも

設定の違いで味わいの差をあえて表現したいと思います。



今回のオレンジラベルを作るのに変更した

その設定変更点数は4箇所。

天盃式蒸留のその差異を確認してください。



f:id:takatasatomi:20091109190529j:image



原点になる味は変えずお客様が

美味しいと感じる一歩先の味を追求すること。


それがこの商品のコンセプトです。

オレンジラベルに込めた想い、

天盃式蒸留をお楽しみください。



f:id:takatasatomi:20091109190441g:image


麦焼酎 25度  720ml 1,050円(税込)

       1,800ml 2,153円(税込)


高田酒店では麦焼酎は「天盃」しか販売しておりません。


当店のPOPには


<大切なあなたを天盃が守ります。>と書いていますっ!



毎年開催される大試飲会にはるばる九州から駆け付けてくださいます。

ここを見てくださいませ ↓↓↓

http://d.hatena.ne.jp/takatasatomi/20081004


多田格氏の「愛」を感じることができます。


「天盃オレンジラベル」をチビチビ飲んで長生きしましょう


「天盃オレンジラベル」のご注文はここが入口です。


高田酒店へ

ホットメール

メールinfo@esake-takata.com 

TEL0799−84−0078

FAX0799−84−1691(24時間OK)

多田格多田格 2009/11/24 12:52 高田さん、ご紹介ありがとうございます。。。オレンジラベル、好評です。。
11月27日の会では、この好評な「天盃 オレンジラベル」を皆様にご紹介
させていただきます。。
ぜひ、皆様からの応援メッセージをお待ちしております。

加えて当日、このブログを見た!と言ってください。
おすすめの飲み方をご紹介します!

2009-11-07 11月27日(金)はお酒飲み放題っ!洲本文化体育館へレッゴー このエントリーを含むブックマーク

こんにちは いかがお過ごしですか

魚稲の国淡路島の「高田酒店」高田さとみです。


半月ぶりのご無沙汰です。

生きておりま〜す!安心くださ〜い!


中々落ちついて、パソコンの前に座れなくバタバタしておりました。

どうして私の周りは仕事ばかりなのよ〜〜(〆。`∪´)凸

かんしゃく玉が爆発寸前・・・・・ 


ガス抜きで夫と「沈まぬ太陽」を観てきました。

いつも鳴門北島にある「フジグランド」です。

小説と同じで重たい映画でした。


なぜ今なの?


次世代へ「勇気」を?

第一線を退こうといている団塊の世代にもうひと頑張りして

次世代を押し上げれっていうか・・・・・

どうして今映画上演なの・・・?



大変まえおきが長くなりましたが



今年もやります!



f:id:takatasatomi:20091115173246j:image




第5回「日本酒再発見の夕べ!感動の出会い!」



「右手に自慢の酒と、左手に郷土自慢の肴をもって


全国のお蔵元が、集まってきます!」



日 時  平成21年11月27日(金)午後6時受付


         開場午後6時30分〜8時30分終了


場 所  洲本市文化体育館 (多目的ホール


会 費  前売り券 お1人様 2000円

 

        当日券  お1人様 2500円


定 員  限定150名(先着順)




☆2000円で1万円は楽しめる!あなたは見逃しますか?☆



さて今年のお楽しみは?



☆50種類以上のお酒と、20種類の地方の肴を楽しめるよ!


☆爆発人気の“たこの姿焼”実演するよ!


☆たこめし名人の“たこめし”が食べられるよ!


☆「坂本龍馬」ゆかりのお酒が飲めるよ!


☆今話題のアーチストと逢えるよ!!


☆お蔵元が直接おもてなし、お話ができるよ!


☆お一人様1個吟醸グラス、プレゼント!  



さらに、さらに


酒蔵マイスターになれる秘密の小冊子が付いてくる




もう参加しなきゃ損するもんねっ!



去年の様子詳しくはここをクリックしてねっ!


http://d.hatena.ne.jp/takatasatomi/20081016




去年、お蔵元が持参した美味しい肴はこれでしたっ!


こんなんがお酒と一緒に楽しめるぅ〜 無くなれば、また運ばれてくるっ!




f:id:takatasatomi:20091107210936j:image  f:id:takatasatomi:20091107210934j:image


f:id:takatasatomi:20091107210930j:image  f:id:takatasatomi:20091107210926j:image


f:id:takatasatomi:20091107210922j:image  f:id:takatasatomi:20091107210900j:image


f:id:takatasatomi:20091107211432j:image  f:id:takatasatomi:20091107211429j:image


f:id:takatasatomi:20091107220602j:image  f:id:takatasatomi:20091107211423j:image

   

当日ご参加して下さるお蔵が

今年はどんな「右手に自慢の酒と、左手に郷土自慢の肴」をもって来て下さるのか

このブログで13蔵全部ご紹介いたします。

お楽しみして下さいませ。



トップバッターは


「天盃」 麦焼酎 オレンジラベル

Connection: close