takebowの侏儒の言葉 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-12 ソクーロフ監督作品『太陽』を観る

take-bow2006-08-12

[] 21:35 を含むブックマーク

 昨日、空き時間を作って懸案のソクーロフ監督作品『太陽』を観に、銀座シネパトスという映画館に行った。平日の初回11:00なら空いているであろうという、小生の「愚かであま〜ぁ〜い読み」を裏切り長蛇の列。何でも新聞に紹介されていたらしく、シニアのお客さん(1000円なんだよね)が大挙して押し寄せていた。と言う訳で、何年ぶりかの立ち見で観る羽目に、もちろん満杯の映画館なんて久しぶりだなぁ。


作品についてだが、まずロシア人監督特有の作風を感じた。タルコフスキーの『アンドレイ・ルブリョフ』に共通するようなトーンの色調で、霧が常にかかっているような暗い画面構成。光と影のうち影を多くのせることによって光を目立たせている。クラシック音楽を常用し、音的にもストーリーに沿った陰影を描いていた。しかし、ソクーロフの場合、こうした技法は単にロシア映画だからと言う訳ではなく、戦時下の物語を中心に人間・昭和天皇像を描いているための当然の帰結なのである。二重橋や皇居が出てくるがすべてCGを駆使しているのだろう(撮影許可なんて下りっこない)。だからこその霧=セピア色でもある。つまり全てロシアで撮っているのだ。限られたシチュエーションでの可能な限りの映像表現といえる。いうまでもなくイッセー尾形の演技は、昭和天皇を知っている者には、これ以上は望めない最高のモノである。イッセー尾形の一人芝居に佐野史郎(いい味出してます)や桃井かおり等が絡むと行った観のある作品である。欲を言えば、マッカーサーをもっと似ている役者で撮って欲しかった。

天皇を太陽神の末裔として捉え、「人であることを許されなかった昭和天皇」の人間性に迫るフィクションであり、そのテーマ性からよくぞ日本で公開できたと感心するほどの内容である。笑いが各所にちりばめられているのもロシア映画らしい。もちろん海外では絶賛され、サンクトペテルブルク映画祭でグランプリを受賞している。既にDVDも販売されており、小生は日本で観ることができないならamazon.co.ukで購入しようかを考えていた。今回、観ることができたのはこの夏最大の幸運かも知れない。「あ、そう」

f:id:take-bow:20060811190837j:image:w100

ranmaruranmaru 2006/08/13 00:07 私も見たいのだけど、暇ができそうにありません。ビデオ屋にはおいてあるんですかね。

take-bowtake-bow 2006/08/13 03:19 ranmaruさんへ
お久しぶりです。天候が不安定なので、お体ご自愛下さい。
ビデオ屋はたぶん未来的にも無理だと思います。購入ならできますが。うまく行けば、単館上映ではなくなると思います。『ホテルルアンダ』みたいに。

1tra1tra 2006/08/13 15:02 立ち見とはずいぶん盛況なのですねえ。「明日には見られなくなるかもしれない」という危機感も、盛況の理由でしょうか。

take-bowtake-bow 2006/08/13 15:39 1traさんへ
単館上映という条件とこの映画の特性が原因でしょう。意外と最終回の方が空いているかも知れません。また、ビデオ・DVDを借りるというのが期待できないのもあげられると思います。渋谷イメージフォーラムの『蟻の兵隊』もスゴイ混みようだそうです。

まんぞうまんぞう 2006/12/09 22:21 超カメレスですみません。この映画昨日ようやっと青森に上陸したのですが、これと「硫黄島」とどっちがお勧め出来ますか?
師匠がお勧めした方に出かけます。

take-bowtake-bow 2006/12/09 23:34 まんぞう氏へ
この答えは簡単です。『太陽』に決まってます。青森でも見られるというのは文化の高さを示していますから。ぜひ御覧になった感想をお聞かせ下さい。

まんぞうまんぞう 2006/12/10 00:14 ありがとうございます。イッセー尾形の昭和天皇が妙にリアルで気になっていたのです。青森市にマイナーな映画を短期間だけ上映するところがありますので、今日はそこへ足を運ぶ事とします。

take-bowtake-bow 2006/12/10 09:50 まんぞう氏へ
イッセー尾形の芸は芸の域を飛び出し、芸術です。全国各地で上映されているみたいですね。右も左も見ているらしく観客が多く、話題になったようです。

まんぞうまんぞう 2006/12/11 23:08 「硫黄島」より「太陽」を優先させたのは正解でした。師匠ありがとうございました。

take-bowtake-bow 2006/12/12 07:46 まんぞう氏へ
「硫黄島」もそれなりに良さそうですね。アカデミーもねらえるかも。まだ見ていないから分からないけど。