takebowの侏儒の言葉 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-13 映画版「ゲド戦記」について

take-bow2006-08-13

[] 21:34 を含むブックマーク

映画版「ゲド戦記」を見終わってからもう一週間も経つのですが、原作とのあまりの違いや創造性についてどう評価すべきか戸惑っています。正直言って、よく原作者この内容でOKしたなぁ、というのが率直な感想です。以下、思いつくままに「違和感」を記してみます(ネタばれになりますので、注意して下さい)。


1.アレンが父王を刺してしまうこと。

原作と大きく異なる創作というだけでなく、理由が死=生への恐怖という「影」をここで使うとは、1巻の内容まで欲張って取り込もうとしていると思えてならない。しかもその映像的な処理が、内容的なレベルにまで達しているとは言い難い。

2.3〜5巻をダイジェストしたような構成。

小器用にうまく「構成」しているように見えるが、テルーが少年時代のアレンと同世代という矛盾など、無理がありすぎる。つまりダイジェストすら為されているとは言い難い。詰め込みすぎ。

3.ゲドを含め、登場人物が雄弁な点。

テーマをストレートに「言う」「主張する」のは原作の意図に反していないか。あたかも『もののけ姫』を彷彿させる(それほどの映像表現ではないが)。原作が表現している、口に出して表現することと真の理解の間の問題が、何も顧みられず「自分が正しいのだ」と主張しているように思えてならない。

4.地域的な広がりの無さ。

TALES of EARTHSEAと題してながら、アースシー世界を一つの島だけにしたような奥行きの無さ。原作の多島海(アーキベラゴ)や地図のイメージ、「竜の道」は、どこに行ったのでしょうか。

5.原作の重要な点の説明不足について。

安易に真の名前を明かし過ぎる。魔法使いクモがアレンを操ることができる理由やアースシー世界での魔法のあり方についてスルーしている。その上で、目に見える形の悪としてクモの存在をクローズアップしている(この点は原作の通りの映画化は厳しいか)。人と竜の関係についても説明不足なのに、いきなりテルー→テハヌー→竜って変化について行けたのだろうか、観客は。


感想の結論

これはいわゆるファンタジーの傑作とされる『ゲド戦記』とは、別のモノの映画版「ゲド戦記」として見るべきです。さらに内容を精選して、シナリオをもっと錬れば映画としての表現にたえられる作品になっていただろうと思います(余談だが、宮崎吾朗監督の作詞力は素晴らしい)。いずれにしろ原作を読まずに見ていれば、内容的に(別モノとして)もう少し楽しめただろうと感じました。

カルボナーラカルボナーラ 2006/08/13 14:42 ジブリ側も失敗したのは承知なのかもしれませんね。これからどういう方向にジブリが向けていくかが気になるところです。
同時期に上映している「時をかける少女」は評価がいいらしいです。上映している場所は少ないですが。

take-bowtake-bow 2006/08/13 15:45 カルボナーラさんへ
mixiの「レビュー」でも厳しい評価が多いですね。良くて☆3つみたいな。確かカルボナーラさんもお書きになっていた通りシナリオをもう少し何とかするとマシだったと思うんです。ジブリファンとしてはつらい評価ですが。
「時をかける少女」懐かしいですね。私、筒井ファンでもあるので。

えっちゃんえっちゃん 2006/08/13 22:27 原作のイメージを壊さず表現するのって難しいんでしょうね。DVDが出たら見てみようと思います。

take-bowtake-bow 2006/08/13 22:35 えっちゃんさんへ
mixiに「テーマはあって ストーリーがなかった」と書いている人がいました。良い意味で原作を打ち破って欲しかったと思います。原作はもっと難解で暗いですが、あと味(読後感)スッキリです。

ranmaruranmaru 2006/08/13 23:08 「父さえいなければいいと思った」という本年最高のキャッチコピーだけで、もう映画「ゲド戦記」は存在した意味があったと言えるのではないでしょうか。それにしても(私は原作、映画ともに見ていないのですが)、その父の作ったナウシカと同じ方法をとっているとは驚きですね。もっとも、ナウシカの方は原作も映画も父だったからいいようなものの……。

take-bowtake-bow 2006/08/14 05:44 ranmaruさんへ
このキャッチ知りませんでした。人それぞれで琴線に触れる言葉を取ってくるモノなんでしょうね。私は「人間の頭が、変になっている」でしたけど。

ngmkzngmkz 2006/08/16 10:05 原作者のコメントは
http://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse
にありますよ。あくまで(仮)らしいですが。
原作の分身は、その対比の上ではやっぱり「もろい」ものなのでしょう。

take-bowtake-bow 2006/08/16 10:27 ngmkzさんへ
情報コメントありがとうございます。「ええ、あれはわたしの本ではなく、あなたの映画です。いい映画でした」というル=グゥインの言葉に納得いたしました。