takebowの侏儒の言葉 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-25 「農村医療の神様」若月先生逝く このエントリーを含むブックマーク

take-bow2006-08-25

8月22日、長野県佐久総合病院の名誉総長で農村医学を確立した大功労者、若月俊一先生が96歳の大往生で逝かれた。東京生まれで東京帝国大学医学部卒の秀才でありながら、長野県で農村医療の発展のために、病院で待っているお医者さん先生ではなく、農村に入っていって演劇などの住民啓発活動を通じ、食事や病気予防や医療をみんなで考え作っていく。地域住民と一体になったその医療活動は、戦後日本の医学の到達点であり、鎌田實氏など長野県の医療レベルに大きな影響を与えた。こんな素晴らしい先生がいらっしゃったということに感動すると共に、医学を志す者すべからくかくあらんと希望する次第である。ご冥福をお祈りします。                                        合掌

Dr. IDr. I 2006/08/26 02:40 はじめまして。
循環器内科医のDr. Iと申します。

若月先生の地域医療、そして予防医学に関して、本当に日本の医療に貢献して頂いた功績は大きいと思います。
ご冥福をお祈りします。

take-bowtake-bow 2006/08/26 17:22 Dr. Iさんへ
初めまして、専門家の方にコメント頂けるなんて光栄です。

仰る通り、若月先生の功績は数字にも現れていると思います。高齢化率21.3%という長野県で、さらに対前年度の老人医療費伸び率が4.9%と全国一であるにもかかわらず、一人当たりの老人医療費が全国比0.772と最も少ない、つまりどんなに伸びでも全国一健康で過ごされているお年寄りが多い県になっている訳ですよね。本当に素晴らしいです。また、その努力の仕方がマニュアル的でなく、独創的で長野の風土にマッチしたのだと考えます。