takebowの侏儒の言葉 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-01-01 『DESTINY 鎌倉ものがたり』を見る このエントリーを含むブックマーク

take-bow2018-01-01

恒例の元旦映画、今年は山崎貴監督作品『DESTINY 鎌倉ものがたり』となった。全くと言うくらい予備知識なしでの鑑賞は新鮮な驚きをもたらしてくれる。鎌倉を題材にしているので見てみようと思ったのだが、黄泉の国が出てくる永承ファンタジーとは。。。主人公の年の差の離れた新婚夫婦がピッタリだったことは言うまでも無いが、印象的だった登場人物を上げると---------

メチャメチャ迫力のある田中泯の貧乏神

軽すぎる明るい安藤サクラの死神

本当にピッタリで現実も?と疑ってしまう市川実日子の未亡人

などなど芸達者がもり立ててくれているので引き込まれてしまう。ただ、処々の映像描写が『千と千尋の神隠し』とダブるので、やや気になった。まぁオマージュということなのだろう。クラシックカーを集めたり、スタッフの努力も分かるが、この映画の隠れ主人公は江ノ電であろう。江ノ電なしはこの映画は成り立ったないと思った。

★★★☆ブラボー