ラジオ修行日誌(仮)(ラジオプロデューサーのお仕事・改題) このページをアンテナに追加 RSSフィード

ラジオで修行か?ラジオの修行か?
自分が関わった番組について反省したり自慢したり、
他人様が作ったコンテンツに感心したり突っ込んだりしながら、
人間が生み出した“ソフト”について考えています。

2006-01-17

消しちゃった!(17日のお仕事)

 きょうはニュース担当。「ライブドア強制捜査はフレームアップである」という内容を考えながら出社。しかし担当コーナーのOA時間と最高裁の宮崎勤被告への判決言い渡しがほぼ重なるので、こちらを掘り下げることにしライブドアの話はオープニングで処理した。

 宮崎判決に続いてヒューザー小嶋社長の証人喚問である。メモを取りつつテレビでOAを見る。「刑事訴追される恐れがありますので」で全部逃げられてどうする。公明党議員はなぜか最後に小嶋社長ではなく民主党議員を爆撃。おいおい今そっちを撃つのかよ。民主党馬淵議員は小嶋社長による住民への説明TPを武器に飛車と金のどちらか(王手飛車取りとまでは言えないが)を狙い頑張ったがタイムアップ。例によって不完全燃焼。

 OA後、打ち合わせ室を占領して去年の年末から手をつけていなかった企画書や不義理をしている皆さんへのメールをまとめて書く。個室状態なのでたいへん良く集中でき、企画書を4本ほど仕上げ、最後の1本をチェックしてもらうために先方へメール添付しようとしたら・・・ ない!

 ついさっきまで書いていたフレーズをグーグルデスクトップに打ち込んでも出てこない。ってことはパソコン上にないってことだ。あちこち必死に探すがないものはない。セーブせずに消去するという、ここ5年はやってない超初歩的なミス!

 かなりきれいにまとめたものだったのでがっくり落ち込む午前1時。紛失は1本だけで済んだのが不幸中の幸いだが、書き直す意欲が湧かずうなだれて帰宅。

優先順位

 ライブドア強制捜査と証人喚問、どっちをメインに持ってくるかでそのニュース番組のスタンスがわかる。もちろん、きょうの夕方以降は当然証人喚問が優先されるべきだが、案外ライブドアに時間を割いている局が目立つ。相変わらず水増しVTRを使って。

 証人喚問のニュースを扱った番組でも、質問に立った馬淵議員をただ呼んだだけ、というところがあった。ブッキングが済んだところで気を抜いちゃだめなんだよ。何を訊くかが重要なんだから、「あとは出演者にお任せ」じゃあディレクターの仕事をしたことにならないよ。

 

Connection: close