Hatena::ブログ(Diary)

アスペ日記

2012-05-11

日本語入力について

私が日本語入力について思っていることを書いてみる。


自分としては、デフォルト以外の日本語入力システムとして、ATOKGoogle 日本語入力ぐらい(まあ、Baidu IME とかもあるが)しかないのが心の底から残念でたまらない。


雑誌の特集などで、Google 日本語入力と ATOK に単語や文章を変換させて精度を比較しているものを見かける。まあ総合的には同じぐらいの結果になっている。だが、実際に長い間使っているとわかるのだが、Google 日本語入力の間違え方のほうが「理不尽」なのだ。どうしてこれがこうなる? と思わず言いたくなるような。その点、ATOK は弱い部分が前もってわかる。アニメやゲームなど、マニアックな変換には弱い。しかし、ATOK である程度日本語の文章を打ち慣れた人にとっては、そういう「難しいだろうな」と思うようなところは、打つ前からそのことがわかるものだ。

ATOK を使うのは、優れた秘書に文章を書き取ってもらうようなものだ。普段の日本語は、そのまましゃべっていればだいたい正しく文章にしてくれる。漫画の名前など、普通の人が知らないようなものであれば、一文字ずつ教えてあげればいい。例えば、「外天楼」という漫画がある。これを優秀な秘書に書き取ってもらいたければ、「そと、てんごくのてん、ろうかくのろう」と教えてあげればいいだろう。ATOK の入力も同じことだ。

レポートや仕事のメールといった堅い文章を書く時、99% は普通の日本語だ。ATOK では、そういうところは安心して入力できる。残り 1% だけ、注意して教えてあげればいい。そうすると、文章を打つのにリズムができて、慣れてくると「入力システム」というものの存在すら意識せずに入力ができるようになる。


そういう意味では、ATOK は本当にすばらしい日本語入力システムだ。しかし、不満な点もある。


1つ目は、言語の「正しさ」に関する考え方。私は、本当に言語が好きだ。母語である日本語だけでは飽き足らず、英中韓仏独西露などの外国語にも手を出している(もっとも、ある程度ものになっているのは英中韓ぐらいだが)。それは、言語というシステムの精巧さに触れるのが好きだからだ(言語というシステムの面白さという観点からはもっと面白いマイナー言語もいろいろあるだろうが、教材の手に入りやすさや潰しのききやすさも考えて今の選択になっている)。

言語というものは、人間の一般的な「頭脳」が扱える範囲を超えている。ノーベル賞級の頭脳を持った人材が、英語はかろうじて意思疎通ができる程度という話を聞くことさえある。なぜそうなのか。

脳の中には、「音声としての言語」を扱う専用のモジュールがある。ブローカ野・ウェルニッケ野というもので、それぞれ別の機能を担っているのだが、まとめて「言語中枢」とも呼ばれる。これらのどちらかが損傷すると、知能がどれだけ優れていようと、言語を自然に扱うことができなくなる。パソコンで言うと、通常の知能が CPU で、言語中枢は GPU のようなものだ。GPU が壊れると、いくら優秀な CPU でもその代替はできない。逆に、知能がいくら優れていなくても、言語中枢さえ持っていれば誰でも言語を操れる。例えば、日本語の非ネイティブにとって難しいものの一つに、「が」と「は」の使い分けというものがある(韓国語には似たものがある)。しかし、たとえば学生時代に、頭の悪い同級生が「が」と「は」の使い分けさえうまくできない、という経験をした人はいないはずだ。英語のネイティブが、どこに "the" を置いてどこに "a" を置くかがわかるのと同じことだ。

それなのに、言語を扱うのに不向きな「頭脳」の部分で、生き物である言語を云々する人が、いつの時代にもいる。例えば ATOK では、「お求めやすい」という表現に「お求めになりやすい」が正しい、という警告を出す。こんなに愚かしいことはない。理屈から言えば「お求めになりやすい」が正しいという話だが、「お求めやすい」という言い方が人口に膾炙するようになったのは、言語中枢がその形を受け入れたからだ。ここで、「どうしてこの不規則な形が受け入れられるんだろう?」と好奇心を持つのでなく、「規則的にはこうなるべきだ」と考えるというのは、生物の構造を見て「非合理的だ」と言って、手術をしようとするようなものだ。どの時点のどの言語でも、それがその形であるのには理由がある。表面的な合理性や規則性などで縛れるようなものではない。


2つ目は、ネット上での新語がなかなか入らないこと。これは、昔はそれほどの欠点ではなかった。以前は、ネット用語とリアルの語彙との間には厳然とした境界があった。私は以前は 2ch をよく見ていたが、それによって自分の日本語が受けた影響は大きくなかった。古い「2ch 用語集」のたぐいを見ても、「実社会で使わないように」などと書いてあるのが常だった。

しかし、最近は「リア充」という単語のリアルへの侵食が一例となっているように、言語におけるネットとリアルの境界は曖昧になりつつある。この点は、Twitter のような、リアルタイムで一対多の配信を行うメディアの出現による影響が大きいだろう。

2ch というのはあくまで「掲示板」で、相手は匿名コテハン(これは 2ch 用語だが)にかかわらず、自分にとっては遠い存在だ。しかし Twitter は違う。一度誰かをフォローすると、ID 付きでその人の発言を見続け、その人の人間像がある程度わかってくる。これはかなりリアルに近い体験だ。そういう人たちが使っている言葉からは、知らず知らずのうちに影響を受ける。例えば、自分は「ポチる」「モフる」という動詞を以前は知らなかったが、Twitter で「速攻ポチった」「猫モフりたい」というのを見るうちに、これらの動詞は自分にとっても「使う語彙」になっていった。2ch ではなかったことだ。

こういうネット由来の単語で、ATOK では変換できないようなものにぶつかると、私のようなネット民は、「基本語が変換できない、情けない」という気持ちになってしまう。


3つ目は、有名な「言葉狩り」だ。「小人(こびと)」が入力できないという例のやつだ。ネット上で、ATOK に対する不満の中でもっとも多いのがこれだろう。これが問題として感じられるのは、一般人にとってそれらの「過去の差別用語」が、リアルな実感を持って差別用語と感じられないからだろう。「小人」という言葉を、小人症の人に対する蔑視の言葉として使ったことがある人がどれくらいいるだろうか。こういった、差別用語としての実態を失っている単語が変換できないと、情けない気持ちになる。

こういった自主規制用語に対しては、ネットで探せば補完する辞書はある。しかし、ユーザー辞書なんていうものは、例えば東方用語のような、「一般的ではないが私はよく使う」といった場合に入れるものだ。誰でも知っている単語を出すためにユーザー辞書を入れるなんて、そんな情けない話はない。秘書のたとえで言うと、「こびと」と書いてもらおうとすると「こびとってなんですか、そんな不適切な単語は知りません」と言われるようなものだ。それが道具としてのあるべき態度なのか。不適切な単語を使いそうになったら注意してほしいと思ってそう言っておけばその通りに注意してくれるというのが、道具としてのあるべき姿じゃないのか。

また、変換エンジンごときに差別を減らしたり増やしたりできると思っているなら、それは思い上がりというものだろう。人間は、幸か不幸か、道徳的なことを機械に教えてもらうほど素直にはできていない。例えば、知的障害者に対する「知障」という差別用語がある。これは明確な差別用語なのでたいていの IME には入っていないのだが、それでも使いたいネット民は「池沼」と書いている。知的障害者に対して「チショー」と言いたい・書きたいという彼らの気持ちは、IME には止められない。差別があるのとないのではどちらがいいかと言えば後者だろうが、それは IME にできることの範囲を超えている。具体的に、この「知障」という単語を入れろということではない。入れても入れなくても、IME には世の中をよくも悪くもできないということだ。

ジャストシステムの人は、人間というものに、機械に道徳を説かれて考えを改めるような「素直な」存在であってほしい・あるべきだと思っているのだろうか。そんな世界は、私にはディストピアとしか思えないが。

そうではなく、「やっかいな人(現実・仮想問わず)に何か言われたくないから入れない」というだけだったとしても、やっかいな人の都合を普通のユーザーの「思ったことを思ったように変換したい」という都合より優先しているということだ。


ネットで探したら、すでに書いている人がいた

私は、自分のうちこんだローマ字を漢字に変換するためにATOKを購入したのであり、「よのなかをただしくするため」ではない。

まさにその通りだ。私も、ATOK が好きなのは「ローマ字を漢字に変換する」といった仕事をきちんとしてくれるからだ。当たり前だが、ATOK 愛好者のほとんどはそうだろう。その一番基本となる層では「小人」「賤民」などを含めて変換をしてほしい。

ATOK ユーザーの中に「読む人によっては傷つくかもしれない言葉があれば注意してほしい」と思う人、さらに「そういう単語は変換すらしないでほしい」という人がいるなら、そういう人たちにはオプションを用意して、それらを有効にした人にはそういう層をかぶせてやればいい。


4つ目は、「多少偏ったジャンルの単語でも、よく使うものは入れてほしい」ということ。たとえば、iPhoneIME には「王蟲」「巨神兵」などが入っている。妥当な判断だと思う。しかし、ATOK にはない。杓子定規に考えれば、これらはアニメの中の架空の存在でしかない。しかし、これらはかなりの数の日本人が知っているものだ。ネットで検索すれば、これらがどれだけ使われているかは一目瞭然だ。「数字がすべて、数字こそ神」と言いたいわけではないが、ATOK の辞書にはそれらよりはるかに使用頻度の低い語彙も入っている。「まじめな」語彙は頻度がかなり低くても入れるのに、「巨神兵」のような「ふまじめな」単語はかなり頻度が高くても入れないというのは、「ふまじめな」単語に対して何百倍も不利な扱いをしているということになる。


1 は議論のあるところなので置いておくとしても、2〜4のような問題は Google 日本語入力にはない。ATOK がこれらの問題を持っているのは、人手で作っているからだ。しかし、「人手で作っているからスケールしない(大規模にできない)」ということではない。いくらジャストシステムGoogle ほど大きくないとはいっても、よく使われる新語・専門用語や欠けている自主規制語などを収集するといったことはそれほど難しいことではない。

では、なぜできていないのか。それは、ある意味では人間がやっているからだが、スケールといった問題ではなく、決断の問題だ。たとえば、「朝活」のような新語はさっそく取り入れているくせに、「貧乳」「社畜」のような単語は入れていない。ATOKブランドイメージというものを後生大事にしているのだろう。

実際に、ATOK に対してある種のイメージを持っている人はいる。自主規制語の問題を Twitter でつぶやいたら、ある人から「ATOK は潔癖主義者のための IME なんだから当たり前」と言われた。確かに、そういう人もユーザーにはいるんだろう。しかし、それじゃあ「当たり前に、ストレスのない日本語入力をしたい」と思っているだけの、潔癖主義じゃない人間はどうなるんだ? Google 日本語入力でも使ってろって? XXXXX(省略されました)


もしも ATOK チームが、「キュレーション」的なものを ATOK の中心的な価値であると考えるなら、最近(でもないが)流行りのフリーミアムとやらを導入したらいいんじゃないかと思う。無料版は巨神兵王蟲貧乳社畜などのアニメ・ネット用語を入れまくったフリーダム辞書を強制ONにした状態で配る。「委員会様が選んだ正しい日本語セット」限定で変換したい人は有料版をどうぞ、という具合に。

それだけの手間をかける価値があるかという問題もあるが、今の時代、フリーダムに単語を入れまくるだけなら、その気になれば難しいことじゃない。もちろん、「これは『ふさわしい』単語か」「普通の変換を妨げないか」ということを一単語ごとに入念にチェックしていたら、とても間に合わないだろう。しかし、「単語かどうか」程度を簡単にチェックするだけで、候補の位置もコーパス上の頻度に微調整を加える程度にしたら、数万〜数十万の語彙は入れられるし、それだけあれば十分だ。無料ユーザー対象なら、一般的な変換を妨げないかということはそこまで気にしなくてもいい。多少は使い勝手が落ちるだろうが、そう簡単に他の IME 以下に落とせると思うなら、それは ATOK のよさに対して自信がなさすぎというものじゃないだろうか。

さらに、無料ユーザーには何らかのフィードバックを求めるということも考えられる。単語を登録する時に「送信する」をデフォルトON にしたチェックボックスを置くとか、自動登録単語や、どの候補を選択したかということを送るとか。誤変換レポートも選択肢に含めれば、一般的な変換を妨げるようなものを発見しやすくなるし、無料ユーザーによる検証を経た単語を有料ユーザー用に順次移行していくことも考えられる。


思わず夢を語りすぎてしまった。ただの無責任な外野なのに。ジャストシステムには、そうしたくない・そうできないいろいろな理由があるかもしれないし、もしやろうとしても面倒なところは山ほどあると思う。


こんなことを言いたくなってしまうのには、多少は理由がある。日本語入力には、他と違った特別さがある。それは、入力システムが書き手の文章に影響を及ぼすというところ。それだけの「責任」があるのだ。

他の言語でも同じじゃないのかと思われるかもしれないが、それは違う。主要な言語は、たいてい「正書法」という、言葉をどう綴るかに関する決まりを持っている。正書法がある言語では、発音と意味のセットがあれば、それをどう書くかは、ほぼ一意に決まる。英語でいえば、[bai] という発音で「買う」という意味なら "buy"、「〜によって」などの意味なら "by"、「またね」という意味なら "bye" というように。そういう言語では、書きたいことが決まっていれば表現形式は一つしかない。

しかし、日本語はそうじゃない。どれを漢字で書き、どれを仮名で書くかというところに自由度があり、漢字の中にも一般的なものや気取ったものなどいろいろある。たとえば、「ぼくはまったくわからなかった」という文は、ひらがなのままでも正解だし、「僕は」としてもいいし、「全く」としてもいいし、「分からなかった」「解らなかった」「判らなかった」のどれを書いても間違いとはいえない。だから、この一文には「(ぼく/僕)は(全く/まったく)(わからなかった/分からなかった/判らなかった/解らなかった)」と、2×2×4=16通りの書き方がある。

(日本語と同じく漢字を使う中国語ではこの問題はない。中国語では、他の言語と同じく、「発音」と「意味」が決まれば書き方もほぼ一意になる。日本語と同じく、「異体字」という、一つの漢字に対する複数の書き方があるようなものはあるが、特定のわずかな漢字に限られる)


このように書き方がいろいろある日本語を、読みやすいように書くことは簡単なことではない。そのためには、言語に関する一定の知識が必要だ。

たとえば、補助用言を仮名で書くというのはその一つ。用言というのは動詞形容詞のこと。補助用言というのは、他の動詞形容詞にくっつけて使う、本来の意味が薄まった動詞形容詞。「書きやすい」「読みにくい」「歌ってみる」の後半部分のようなもの。「書き易い」「読み難い」「歌って見る」のように漢字で書いてしまうと、メイン部分のフォーカスがぼやけてしまう。

和語副詞も仮名で書くのが読みやすい。副詞というのは、「しばらく」「ようやく」「かなり」「ほとんど」のような、後に続く用言や文全体を修飾するもの。これらも用言を補助するものなので、漢字として出しゃばらないほうが読みやすくなる。特に、「しばらく」「ようやく」などは、漢字で書くと「暫く」「漸く」のようにかえって紛らわしくなる。それに、和語副詞の中には、漢字で書けないものや、めったに漢字で書かれないものも多い。「さっぱり」「いきなり」「ひたすら」「まさか」など。整合性という意味からも、和語副詞は仮名書きにするのがいい。漢語の副詞も、漢語という意識が薄れているものは仮名書きにしたほうが読みやすい。

それぞれの用言についても、「漢字のほうが読みやすいもの」「仮名のほうが読みやすいもの」がある。たとえば、「着る」「切る」「折る」といったものは、もちろん漢字で書かないと読みにくい。短いため仮名表記では意味を想起させにくい・同音異義語があるなどの理由がある。しかし、「いじる」「ねじる」「ひねる」などは、仮名で書いたほうが読みやすい。こういうものは漢字で書くほうが紛らわしくなる。「弄る」と書くと「弄する」「弄ぶ」とぱっと見で区別がつけにくい。「ねじる」「ひねる」は、どちらも「捻る」と書けるので、字面を見てもどちらのつもりなのかがわかりにくい(「ねじる」は「捩る」とも書けるが、今度は「よじる」とぶつかる)。また、これらの動詞は「いじ」「ねじ」「ひね」という語幹を持つが、これらの持つ「音」は動詞の様相を喚起させやすい。だから、「音」を表す仮名で書いたほうが読みやすくなる。

もっとも、正書法のない日本語では、「どのように書けば読みやすくなるか」に対する個々人の考え方はもちろん違う。「公園」は漢字で書く、「する」は仮名で書く(「為る」とも書ける)といったレベルなら誰でも同意できるだろうが、細かいところになると意見が分かれる。

人間は元々、文字を扱うための専用の領域を脳内に持っているわけではない。文字が生まれたのは、せいぜいここ数千年のこと。表音的な正書法を持っている言語を話す人でも、書き方を間違える人は多くいる。標準的な書き方のない日本語で、どう書くべきかが難しいのは当然のことだ。


ATOK中の人たちは、そういうところを代わりに考えてくれる。いろいろな意見を持つ人たちが、読みやすさや慣習を考えた上で、できるだけ偏りのないようなものを作ってくれている。

だから ATOK なら、迷った時は第一候補を選んでおけば、だいたいの場合読みやすいものになる。だからといって、それを強制されるわけではもちろんない。個人的なこだわりがあるところは、あえて違うものを選ぶことももちろんできる。その場合はそれを覚えてくれる。

たとえば、「なかをのぞいてみた」を ATOK 2011 (Mac)で変換すると、「中をのぞいてみた」となる。この「のぞいて」が「覗いて」にならないのは、いろいろな要素が考慮されたものだ。しかし、「私は『覗いて』と書かないと気分が出ない」という人も、もちろんいるだろう。そういう人が「覗いてみた」という候補を選んだら、その後たとえば「のぞかない」を変換することがあれば、それを「覗かない」にしてくれる。ATOK は、書き手の好みも尊重してくれるということだ。もちろん、機械的に「のぞく→覗く」と覚えているわけではない。「覗いてみた」と入れた後でも、「いちぶをのぞいて」と入れれば、ちゃんと「一部を除いて」と変換してくれる。


ATOK は「書く人のこと」と同時に「読む人のこと」も考えて作られている。人間は、言語の「音」については鋭いセンスを持っているが、「表記」についてはそうでもない。だからこそ、ガイド的な存在が必要なのだ。


最近ネットでは、以前は漢字で書かなかったものが漢字で書かれるようになっているのを目にすることが多い。これは、過渡期の現象なのかもしれない。昔は、「漢字を多く書ける人≒漢字を多く知っている人≒頭のいい人」というつながりが成り立っていた。両端のつながりが成立していたのは、左二者のつながりがあったからだ。しかし、今は明らかに左二者のつながりは切れている。漢字をあまり知らない人でも、提示される漢字を適当に選ぶということはできる。そうなっている以上、「漢字を多く書ける人」と「頭のいい人」という両端のつながりも当然成り立たない。

私は Wikipedia をたまに編集することがある。あまりにもひどい漢字の使い方を目にした時が多い。そういう記事を見たら、その部分だけでなく記事全体を見るようにしている。経験上、やたらと難しい漢字を使う人が書いた文章は、漢字以外の面での質もたいてい低いからだ。句読点の位置・言葉遣いの統一性など。

次の世代になったら、「漢字を多く書く人≒適切に仮名を使えない人≒頭の悪い人」という図式になるかもしれない。個人的には、そうなってほしい。


ATOK が普及すれば、日本語の書き言葉が向かう方向が、ほんの少しだけ「読みやすさ」側にずれるだろう。書き言葉というものが普遍的に持つ、「一人が書いて、一人または複数人が読む」という性質を考えると、それは望ましいことだ。だから、個人的には ATOK にはがんばってほしい。そのためにも ATOK には「フリーダム版」を用意してほしいと思う。無責任な意見だというのはわかっているが。


Twitter で自分のタイムラインを見ていると、「貧乳」「社畜」といった単語が入っていないと不便だと思うような人は多いと思う。私の観測範囲は多少偏っているとは思うが。

(これらは「はてなキーワード辞書」には入っているが、それはサジェスト専用で、文中の変換には使えない)

「ひんにゅう」「しゃちく」という日本語の語彙は、何とか委員会が認めようと認めまいと、それによって日本語から消えることはない。言葉の「音」は、言語の領域だからだ。私には、彼らは「音」という場で勝ち目のない戦いをしながら、戦えば勝ち目のある「表記」という戦場をおろそかにしているように見える。

(もちろん、言語という生き物のメカニズムによって、これらの新語が自然に消えることはあるかもしれない。しかしそのメカニズムは、「朝活」のような「まじめな」単語に対しても、「貧乳」「社畜」といった「ふまじめな」単語に対しても平等に働くものだ)


簡単にまとめてみる。

日本語は、正書法がないという特徴を持っている。その入力システムは、「正しさ」だけでなく、「読みやすさ」「好み」といった、機械的に測りにくいものを考える必要がある。だから、日本語の入力システムとしては、人間がきちんと考えて作ったものにがんばってほしい。そのために、ATOK中の人には、本質的に入力システムにはどうしようもできない「音としての言語」を制御しようという(失敗が運命づけられた)試みによってユーザーを遠ざけるようなことをしてほしくない、といったところになるだろうか。


熱くなって、だいぶ長文を書いてしまった。

私は言語には思い入れがありすぎて、仕事にするのには向かないのかもしれない。

仕事を辞めたら半年ぐらいぶらぶらする予定なので、その間に頭を冷やしてよく考えてみようと思う。

tenhosaitenhosai 2012/05/12 02:45 日本語は

・表意文字である漢字と表音文字であるかなを交えて使う
・正書法がない

この特徴ゆえに、表現に幅を持たせることができて面白いのですが、推敲や校正がその分大変になるんですよね……。
マスコミではある用語は文中で表記を統一するよう求められますが、あえてそうしたくない場合もありますし。

ATOKに対する不満、同感です。
私は趣味で小説を書いています。作中で軍事用語を頻繁に使うのですが、階級すら一発で変換できないポメラのATOKには本当にがっかりしました。
これも、ATOKを作った人たちの何らかの価値観のあらわれなのかもしれませんね。

"その入力システムは、「正さ」だけでなく、「読みやすさ」「好み」といった、機械的に測りにくいものを考える必要がある。"
本当にそう思います。ネタででも、そんながのあったら面白いのに。
作家名を冠した「〜好みIME」みたいなの。漢字のひらき方も文体の重要な要素だし。

初コメントで長々と失礼しました。

ANNotunzdYANNotunzdY 2012/05/12 03:51 ここは漢字で書く、ここはひらがなで書くというのを自分で指定したければ、SKK系のIMEがすごくおすすめです。

参考まで参考まで 2012/05/12 05:14 日本語として受け入れられているか疑わしい言葉を、カタカナで文中に取り入れて説得力を持たそうとする輩も、無為に漢字に変換したがる輩と大差ないです。伝えようとする意志より優先するものがあるようです。

niamniam 2012/05/12 12:27 同じ言語好きとして一言述べさせて頂くと、ここで問題にされているのはビジネス用か私用かという用途の問題のように思います。1.,2.,3.全て、ビジネスシーンでは必要な機能であるように思います。ATOKはビジネス用の機能が多く、それを私用で使おうとするために違和感を覚えるのではないでしょうか。

より一般的に言えば、ひとつの入力システムで全ての用途に対応しようという考え方がそもそも理想に反していて、用途に合わせて入力システムを作るか、用途の変化に合わせてモードが変化する入力システムを作るのが理想的なのではないでしょうか。用途の切り替えは、現在のフォーカスが2chビューアかTeXエディタか、というような非言語情報をも参考にして自動的に検出することが理想的です。そう考えると、この問題は入力システムの良し悪しというより、ユーザの用途を検出して変化・切り替えを行う機能の欠如が問題とも解釈できます。

釈迦に説法ですが、口語と書記言語が激しく乖離しているアラビア語などの例を考えると、口頭か書記かという用途に合わせて、言語の方が変化するのは一般的な現象なので、用途の変化(切り替え)→言語の変化(切り替え)→入力システムの変化(切り替え)と繋がるのは自然であるように思います。

よつめよつめ 2012/05/12 13:37 はじめまして。コンテンツのローカライズを行なっているものです。

大変おもしろく拝読しました。

特にひとつめとよっつめの論点についてはまったく同感です。

はるか昔にATOKを使っていたとき、反応の遅さがイヤでWindows標準のIMEに戻したのですが、今では事情が異なるのでしょうか?

(WindowsのIMEは性能的に満足できず、会議のメモなどは英語でとるようになりました。コンピュータは英語圏に最適化されていると実感しています。)


言語に情熱がありすぎる人こそ、言語の仕事に向いていると思います。

官公庁や民間各社や特定の利用シーン向けに、日本語の「正書法」をさだめるようなお仕事なら、向いているのではないでしょうか?

おいおい 2012/05/12 15:24 グチグチ言ってないで自分で作ろうぜ。

nobionobio 2012/05/12 18:39 タイトルと導入部を読んで、Google 日本語入力と ATOK、それぞれのいいところと嫌いなところが語られるのかと期待したのですが、ATOK だけだったのがちょっと残念。匿名でいいからいつかどこかで、「Google 日本語入力のどこがダメか」も熱く語ってください。僕は Google 日本語入力を1ヶ月使って、結局ことえりに戻りました。

takeda25takeda25 2012/05/13 02:02 >tenhosai様
確かに、面白さと面倒さは表裏一体ですね。
表記が一つに決まる言語と比べてどちらがいいのかはわからないですが、日本語ネイティブとして生まれた以上はずっと付き合っていくことになるんでしょうね。

小説を書かれているんですね。北大通り工房も含め、サイトを拝見しました。私には必要なバックグラウンドが欠けているというのが残念ですが…。
ポメラの ATOK は容量による制約という可能性もありますね。PC 版の ATOK ではどうでしょうか。
私の知る限り、ATOK の中の人たちは日本語に真剣に向き合っていると思います。もし本当に必要な単語が欠けているのであれば、意見を伝えたら検討はしてもらえるのではないかと思います。

作家名を冠した IME、アイデアとしては面白そうですね。そこまでいくとニッチに過ぎて、商業的な成功は望めないかもしれませんが。候補選択などを含めた学習データを書き出し・読み込みできる機能があれば、作家自身が学習データを公開するということもできるでしょうね。

(「正さ」という誤記を修正しました)

>ANNotunzdY様
辞めました記事にも書きましたが、それは仮名漢字変換から降りることになってしまうんですよね。もう少しがんばってみます。

>niam様
一つの入力システムでどこまで対応するべきかというのは難しい問題ですね。口頭言語と書記言語の乖離は言語によって違いますし、それが大きい場合には統一的に扱うことは難しくなると思います。

ただ、日本語の場合であれば、口語と文語の違いはそこまでではないというのが個人的な感覚です。現に ATOK も、真面目なことを書くときも、そうでない時も、話し言葉モードで特に問題は感じないです。だから、もう少しだけネット用語や俗語を充実させれば、私用でももっと使える IME になるのではないかと、個人的には思っています。用途の切り替えは、どうなんでしょうね。2ch に真面目なことを書きたい時もあるような気もしますし(論文に不真面目なことを書く機会は、ないことはないでしょうがだいぶ少なそうです)。

>よつめ様
ATOK の反応の遅さですが、PC 環境の改善によって、入力システムがボトルネックになるということは少なくなっているのではないかと思います。
体験版がありますので、お使いになってみることをお勧めします。

>おい様
この記事で書いたような ATOK の良さというものは、一人が数ヶ月やったぐらいで実現できるものではないですね。しかし、グーグルが "Mozc" というオープンソース版 Google 日本語入力ソフトを出してくれているので、プロトタイプ程度ならできるかもしれません。

>nobio様
グーグルにいた以上、そこで見つけた問題点は「社内にいたからこそ知りうること」も含まれてしまいます。それを公開するのは差し障りがあり、そういうことは匿名であっても言ってはいけないと思います。
もちろん、グーグルを去った後に、日常的に Google 日本語入力を使ううちに感じたことであれば問題ないとは思いますが、日常的に Google 日本語入力を使うということは、今後あまりしないと思います。

あーあー 2013/02/05 11:26 日本語入力ソフトなんてみんな同じ。変換パターンはこれでもかとばかりに細切れになるし、いくら自分がよく
使う変換パターンを学習させようとしても全然覚えない。それで出てきてほしくないパターンを抑制単語に登録
するとまた細切れ変換がひどくなる。日本語入力ソフトはPCを破壊してユーザーの人生をも破壊する、悪魔の
ソフト・悪質なウイルスソフトだ。こんな悪質なウイルスソフトなんぞ作りやがったマイクロソフト・Google・ジャストシステム
の3大巨悪には今すぐにでも電子計算機損壊罪で法的措置を取って、経営者・役員・開発スタッフ全員に絶望と屈辱を味わわせてやりたい
そしてせめてもの償いとして、あらゆる変換パターンを一発で学習し、なおかつ変換前の入力文字が文字数に関係なく、
常に読みが10文字以上の変換パターンしか出ないソフト(例:「IME」と入力すると「変換・学習機能が終わっている
ことに定評のあるIME」と変換される)を開発させてやりたい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証