Hatena::ブログ(Diary)

アスペ日記

2015-10-30

非公式PDF版SICP・新訳

計算機プログラムの構造と解釈、通称SICPを一から翻訳し直しました。


ファイル: SICP非公式日本語版 翻訳改訂版

リポジトリ: https://github.com/hiroshi-manabe/sicp-pdf


また、今回の翻訳をするにあたって考えたことを別記事にまとめました。


腐った翻訳に対する態度について


SICPMITの有名なプログラミングの教科書です。詳しくはminghai氏の記事をご参照ください。

この翻訳改訂版は、minghai氏の非公式日本語版(以降、minghai氏版)のあまりにも惨憺たる翻訳を見かねて、原著から翻訳をし直したものです。この翻訳を進めるにあたっては、minghai氏版の訳を置き換えていくというやり方で進めていきました。しかし、差分を取ればわかっていただけると思いますが、minghai氏版のテキストは痕跡をとどめていないはずです。この方式を採ったのは、“そびえ立つクソの山”を少しずつ置き換えていくことによってやる気を出すという、主にモチベーション上の理由によるものです。もしminghai氏版の痕跡が(誰が訳しても同じようになるものを除いて)あるとすれば、それは作業漏れが残っているということですので、ご報告いただければ幸いです。

用語については、無用の混乱を避けるため、和田英一氏によるオンライン版「計算機プログラムの構造と解釈」(以下、和田氏版)にできるだけ追従するようにしました。もちろん、訳文はすべて自分で一から作り上げたものです。用語の追従によって著作権ライセンス上の問題が発生することはないと信じていますが、問題があるようであればお教えいただければと思います。

以下、minghai氏版に対して否定的なことを書くことになるため、人身攻撃をするつもりはない、また人身攻撃と受け取られるような部分があれば真剣に対応するということをあらかじめ表明しておきます。

minghai氏版を見たときの衝撃は、これまでにも何回も受けたことのある種類のものでした。ちょっと原文と比較するだけで、数限りなく致命的な誤訳が出てくる。またひとつ、とんでもない翻訳が世に出てしまった。なぜこういう悲劇はなくならないのか……。

私はそれまでにも SICP という本については聞いたことがあり、一度はしっかり読んでみたいと思っていたところでした。そこに出てきたminghai氏版がこのありさまだったため、書籍のほかにオンラインでも公開されている和田氏版に目を向けてみました。見ると、硬い印象の訳文で、すっと頭に入ってきにくいところはあるものの、真面目に時間をかけて読めば解読できるものでした。何より、(序文を除けば)致命的な誤訳は多くありません。それだけでも、minghai氏版よりはるかに優れていることは明らかでした。喩えるなら、和田氏版がこちこちに固くなった乾いたケーキだとすると、minghai氏版は柔らかい腐ったケーキというところでしょうか。

私としては、もしminghai氏版がなければ、和田氏版の訳書を購入して勉強して、それで済ませていたはずのところです。訳文は硬いとはいえ読めないことはなく、英語で読むよりは速く進められそうでした。ほかのこなれていない訳書同様、不満を持ちながら読み、それで終わりだったはずです。

しかし、minghai氏版が出てきたことで、状況は大きく変わりました。minghai氏版は無料のPDFなので、有料の書籍とオンラインHTMLという和田氏版よりアクセスが容易です。さらに、和田氏版は(Amazonのレビューにもあるように)翻訳の評判がよくありませんが、minghai氏版はですます調で一見親しみやすく、中身が腐っていることがすぐにはわかりません。

これでは、SICPの評判を聞いて勉強しようとした人が、minghai氏版に流れてしまうのではないか。私のその危惧は、Twitterタイムラインで現実化していました。タイムラインでもminghai氏版に手を伸ばそうとしている人がいたため、和田氏版をお勧めしておきました。もちろん、その人は氷山の一角で、実際には少なからぬ人たちがminghai氏版に流れていることは確実でしょう。

文体が硬くて意味の取りにくい翻訳の場合、もたらす被害は限られています。訳文が直訳調で読みにくければ、読者はなんとか読み解く努力をするか、読むことをあきらめて訳者を責めるか(これはAmazonレビューで起こっていることです)のどちらかの行動を取るでしょう。後者の人に対しては(有料で購入した場合)金銭的な損害を与えているかもしれませんが、それがすべてです。どうしても読みにくければ、原文で読むことになるでしょう。いずれにせよ、翻訳が存在しなかった場合以上の害悪はありません。

しかし、表面上読みやすそうな腐った翻訳は、はるかに深刻な害悪をもたらす可能性があります。実際には誤訳のために訳文が意味不明になっているだけなのに、理解できないのは書いてある内容が難しすぎるためだ、それを理解するだけの頭脳が自分にないためだ、と読者は思い込んでしまうかもしれません。それだけはどうしても避けたいところです。

それらのことを考え合わせた結果、SICP を原文から翻訳しながら勉強していくことにしました。始めたとき、毎日一時間というペースで進めていくと決め、数日間やってみた進捗状況から翻訳が終わるまでの期間を見積もったところ、どうやら一年ぐらいかかりそうだとわかりました。一年というのは長い時間です。心がくじけそうになりつつも、ミヒャエル・エンデの「モモ」を思い出し、その日その日の分だけを考え、続けていきました。毎日夜9時からを定刻としていたため、Twitterでは「時報」と言ってくれる人もいました。

そして先日、ようやく翻訳とチェック作業が終わりました。期間は予定通り一年程度でした。勉強を兼ねての翻訳だったため、中身を理解しながら、練習問題もできるだけ(といっても、第3章の途中あたりでリタイアしましたが)解いていきました。前評判に違わず、SICPの内容はとても充実していました。翻訳前に危惧していたような、「この時間で何ができたか」と後悔するようなことにはならずにすみました。

もちろん、私のこの翻訳が完全だとは思っていません。しかし、致命的な誤訳が何百箇所もあってどこから手をつけていいかもわからないような“そびえ立つクソの山”でないことは保証します。この本の内容が理解できないとすれば、それは翻訳がおかしいからではありません。もちろん、内容が難しすぎるためでも、それを理解するだけの頭脳がないためでもありません。足りないのは時間をかけた読み込みです。じっくりと一文一文の意味を考え、サンプルコードを動かし、できるだけ練習問題を解いていけば、それで十分です。この本は、読者を置き去りにしようとするような本ではありません。

最後に、日本語版のテンプレートを提供していただいたことについて、minghai氏に深く感謝します。minghai氏の日本語版テンプレートがなければ、私のTeXLaTeXについての限られた知識では日本語訳を行うことはできなかったでしょう。

それでは、SICP非公式日本語版(真鍋版)をお楽しみください。

追記:PDF前文中の表現を改めました(編集前はこの記事とほぼ同じものを記載していました)。

u1u1 2015/10/30 13:38 偉大で勇気ある行いだと思います。楽しませて頂きます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証