DAILY KOREAN PRO BASEBALL

http://d.hatena.ne.jp/takefumif http://d.hatena.ne.jp/takefumif
にほんブログ村 トラコミュ 韓国プロ野球へ
韓国プロ野球
にほんブログ村 トラコミュ アジアシリーズへ
アジアシリーズ
人気blogランキングへ ご覧になった方は、ぜひ投票をお願いいたします。

2016-12-10-Sat 今日の韓国プロ野球ニュース

[]  新外国人打者ジョニー・モネルと契約

 KTは2017年の新外国人選手として、ジョニー・モネル捕手(30)と年俸総額90万ドルで契約したことが明らかになった。

 アメリカ合衆国出身の左打者ジョニー・モネルは2007年にメジャーリーグベースボール(MLB)・サンフランシスコジャイアンツと契約し、2013年にジャイアンツで初めてメジャーリーグ昇格を果たし、8試合に出場した。その後ロサンゼルスドジャースボルティモアオリオールズ傘下のマイナーリーグチームに所属し、2015年、ニューヨークメッツで再びメジャーリーグに出場した。2016年シーズンはメッツ傘下のAAA級マイナーリーグチームで113試合に出場、打率.271、19本塁打、75打点、2盗塁の成績だった。メジャーリーグ通算2年間の成績は35試合に出場、打率.161、0本塁打、5打点、0盗塁。マイナーリーグ通算10年間の成績は893試合に出場、打率.271、107本塁打、482打点、43盗塁。

 なお、2016年シーズン終了時に契約し2017年の保留選手名簿に記載された外国人選手のアンディ・マルテ内野手、ライアン・フィアベンド投手の去就は未定。

(12月10日現在の為替レート:10万ドルが1152万4000円。)

(文責:ふるりん

2016-12-09-Fri 今日の韓国プロ野球ニュース

[]  元ハンファのキム・テワン入団

 ネクセンは9日、キム・テワン内野手(32)の入団を発表した。

 右打者のキム・テワンは大学卒業後の2006年、ハンファに入団した。長打力を生かし一軍に定着、2008年と2009年は2シーズン連続で23本塁打を記録した。その後兵役のため軍へ入隊し、2013年よりハンファに復帰したが出場機会は減少し、2016年シーズンは24試合に出場、打率.350で0本塁打、0打点と印象的な活躍を見せられなかった。そのためシーズン途中の9月にウェーバー公示されハンファを退団となった。プロ9年間の通算成績は645試合に出場、打率.263、459安打、75本塁打、283打点、9盗塁。新天地ネクセンで持ち前の長打力を生かし復活が期待される。

(文責:ふるりん

耐克森浜松耐克森浜松 2016/12/10 20:56 金泰完内野手ですか。自由契約となった選手リストの中では、悪くない人選ですね。同じ三星から移ってきた蔡太仁選手のように、英雄隊でもうひと花咲かせてほしいですね。

ふるりんふるりん 2016/12/11 08:40 >耐克森浜松さん
キム・テワンは年齢的にもまだまだ活躍できそうに思います。
チェ・テインと併用で指名打者として起用されるかもしれません。

2016-12-08-Thu 今日の韓国プロ野球ニュース

[]  エバンス(元東北楽天)再契約

 トゥサンは8日、外国人選手のニック・エバンス内野手(30・元東北楽天)と前年比13万ドル増の年俸68万ドルで2017年シーズンの再契約を結んだ。

 アメリカ合衆国出身で韓国1年目のエバンスは2016年シーズン、118試合に出場、打率.308、24本塁打、81打点、0盗塁の成績で主力打者として活躍し、トゥサンの韓国シリーズ2連覇に貢献した。トゥサンは2016年シーズンに契約していた残りの2人の外国人選手、ダスティン・ニッパート投手、マイケル・ボウデン投手(元埼玉西武)とも2017年シーズンの再契約を結ぶと思われる。

[]  ロサリオ再契約

 ハンファは8日、外国人選手のウィリン・ロサリオ内野手(27)と前年比20万ドル増の年俸150万ドルで2017年シーズンの再契約を結んだ。

 ドミニカ共和国出身で韓国1年目のエバンスは2016年シーズン、127試合に出場、打率.321、33本塁打、120打点、1盗塁の成績で主力打者として活躍した。ハンファは今後、2017年シーズンに向けて2名の新外国人選手と契約すると思われる。

[]  新外国人投手パーカー・マーケルと契約  リンドブロム退団

 ロッテは8日、2017年の新外国人選手としてパーカー・マーケル投手(26)と年俸52万5000ドルで契約した。

 アメリカ合衆国出身の右腕パーカー・マーケルは、メジャーリーグベースボール(MLB)・タンパベイレイズと契約し、2010年より傘下のマイナーリーグチームに所属してきた。これまでメジャーリーグ昇格はないが、2016年はレイズ傘下のAAA級マイナーリーグチームで34試合に登板、5勝2敗、防御率2.52の成績だった。マイナーリーグでの通算7年間の成績は197試合に登板、34勝26敗5セーブ、防御率3.99。まだ26歳と若いこともあり韓国での成長が期待される。

 また、2015年よりロッテと契約していた外国人選手、ジョシュ・リンドブロム投手(29)は家族の事情で韓国を離れることになり退団となった。2016年シーズンは29試合に登板、10勝12敗、防御率5.54の成績だった。韓国での通算2年間の成績は61試合に登板、23勝23敗、防御率4.33。ロッテはリンドブロムと同じく2015年から契約している外国人選手、ブルックス・ラリー投手と再契約する可能性があり、2017年シーズンは今回契約したパーカー・マーケル以外に2名の外国人選手と契約すると思われる。

(12月8日現在の為替レート:10万ドルが1134万8000円。)

(文責:ふるりん

2016-12-07-Wed 今日の韓国プロ野球ニュース

[]  FAヨン・ドカン引退へ

 NCは7日、2017年のFA(フリーエージェント)選手となっていたヨン・ドカン捕手(35)とコーチ契約を結んだことを明らかにした。これによりヨン・ドカンは現役を引退することになった。

 ヨン・ドカンは大学卒業後の2004年にトゥサンへ入団し、主に控え捕手として起用された。2010年、ロッテとの準プレーオフではMVP(最優秀選手)を受賞した。2012年6月にトレードでロッテに移籍し、2014年11月、新球団特例の特別指名によりKTへ移籍した。2015年6月、またもやトレードでNCへ移籍し、2016年シーズンは88試合に出場、打率.212、2本塁打、7打点、0盗塁の成績だった。またLGとのプレーオフ第1戦では9回裏のサヨナラタイムリーで勝利に貢献した。プロ13年目にして初のFAを行使したが、35歳という年齢を考慮し前所属球団のNCから2軍バッテリーコーチの就任を打診され、指導者の道を歩むことになった。プロ通算成績は653試合に出場、打率.226、223安打、9本塁打、74打点、7盗塁。

(文責:ふるりん

2016-12-06-Tue 今日の韓国プロ野球ニュース

[]  新人王シン・ジェヨンと契約更改

 ネクセンは6日、シン・ジェヨン投手(27)と2017年シーズンの年俸契約更改を行い、前年比8300万ウォン増と4倍以上の増額の年俸1億1000万ウォンとなった。シン・ジェヨンは大学卒業後の2012年にNCへ入団、2013年4月にトレードでネクセンへ移籍し、一軍出場のないまま2013年シーズン終了後に軍へ入隊して警察野球団に所属した。2015年秋に除隊されネクセンに復帰し、一軍初登板・初先発となった2016年4月6日のハンファ戦でプロ初勝利を記録した。そのまま先発ローテーションで活躍し30試合に登板、15勝7敗、防御率3.90の成績を残し、2016年シーズンの新人王を受賞した。

(12月6日現在の為替レート:1000万ウォンが97万1710円。)

(文責:ふるりん

2016-12-05-Mon 今日の韓国プロ野球ニュース

[][]  LG、FAウ・ギュミンと4年65億ウォンで契約

 サムソンは5日、2017年のFA(フリーエージェント)選手となっていたウ・ギュミン投手(31)と契約金37億ウォン、年俸7億ウォン(前年比3億ウォン増)の総額65億ウォンで契約した。

 ウ・ギュミンは高校卒業後の2003年LGへ入団し、右サイドハンドの利点を生かしてリリーフとして活躍し、2007年には30セーブを記録した。2009年シーズン終了後に兵役のため軍へ入隊し、2011年まで警察野球団に所属した。除隊後LGに復帰し、2013年から先発に転向すると自己最多の10勝を記録、2014年、2015年と11勝ずつをあげ、3年連続2ケタ勝利を記録した。2015年11月にはWBSCプレミア12韓国代表にも選ばれた。2016年シーズンは28試合に登板、6勝11敗1ホールド、防御率4.91とやや不調な成績に終わった。プロ通算14年間の成績は402試合に登板、56勝58敗65セーブ25ホールド、防御率3.74。

 2016年シーズン、チーム史上最低の9位に終わったサムソンは、信頼できる先発投手の補強が急務であり、ウ・ギュミンに白羽の矢を立てた。サムソンは先日2017年のFA選手として元トゥサンのイ・ウォンソク内野手と契約しており、規定によりこれ以上以前はサムソン以外のチームに所属していた2017年のFA選手と契約することはできない。LGにとっては重要な戦力を失うこととなり、FA市場での今後の動向が注目される。

(12月5日現在の為替レート:10億ウォンが9745万1000円。)

(文責:ふるりん)

ハルハル 2016/12/06 07:30 ウギュミンがサムスンとは意外でした。
例年FA市場はハンファとNCが積極的な印象でしたが今年ハンファサムスンが台風の目ですね。
先発投手が貴重と言えどウギュミンに4年65億Wは出し過ぎでは?
LGは毎年自チームのFAを上手く残留させている印象がありましたが、ウギュミンの流出は痛いですね。

ふるりんふるりん 2016/12/06 08:22 >ハルさん
FA選手を上限の2名獲得するほど今のサムソンは切羽詰まった状況ということでしょう。
他チームへの移籍が噂されるFAのチャ・ウチャンも残留させたいでしょうが。
ウ・ギュミンは2016年シーズンの成績でLGから好条件を提示されなかったのかもしれません。
これでLGがチャ・ウチャンと契約したら面白い展開となりますが。

2016-12-04-Sun 今日の韓国プロ野球ニュース

[][]  FA移籍チェ・ヒョンウの人的補償はカン・ハヌル

 サムソンは6日、先日FA(フリーエージェント)を行使しキアへ移籍したチェ・ヒョンウ外野手の人的補償としてカン・ハヌル内野手(25)を指名した。また、サムソンにはチェ・ヒョンウの2016年の年俸(7億ウォン)の2倍に相当する額の金銭も支払われる。

 左打者のカン・ハヌルは大学卒業後2014年キアへ入団し、ショートのレギュラーが定まらなかったチーム事情もあり新人ながら一軍で93試合に出場した。2015年も90試合に出場、2016年シーズンは104試合に出場、打率.272、0本塁打、27打点、7盗塁の成績を残した。プロ通算3年間で0本塁打と長打は期待できないが、キアでの経験を活かし内野の貴重な戦力として期待される。 


(12月4日現在の為替レート:1億ウォンが981万8200円。)

(文責:ふるりん