Hatena::ブログ(Diary)

DAILY KOREAN PRO BASEBALL

http://d.hatena.ne.jp/takefumif http://d.hatena.ne.jp/takefumif
にほんブログ村 トラコミュ 韓国プロ野球へ
韓国プロ野球
にほんブログ村 トラコミュ アジアシリーズへ
アジアシリーズ
人気blogランキングへ ご覧になった方は、ぜひ投票をお願いいたします。

2018-06-06-Wed 今日の韓国プロ野球ニュース

キム・グァンヒョン(SK)

[]  ロッテ3連勝で8位浮上

トゥサン 7−3 ネクセン  (ソウル・高尺)

(勝)ユ・ヒィグァン 2勝4敗  (セーブ)ハム・トクチュ 3勝1敗12S  (敗)チェ・ウォンテ 6勝6敗

(本塁打) トゥサン : キム・ジェファン 18,19号

 トゥサンは1回表にネクセンの先発チェ・ウォンテから4番キム・ジェファンの5試合連続本塁打で2点を先制し、2回表に1番ホ・ギョンミンのタイムリーと2番チョン・ジンホの犠牲フライで2点、3回表にキム・ジェファンの2打席連続本塁打で1点、4回表にチョン・ジンホのタイムリーで1点を追加した。ネクセンの2番手ヤン・ヒョンは無失点に抑えは5回裏にトゥサンの先発ユ・ヒィグァンから1番イ・ジョンフのタイムリーで1点、6回裏に5番チョイスの内野ゴロの間に1点を返した。

 トゥサンは7回裏から2番手キム・ガンニュルを登板させ、8回表にネクセンの3番手キム・ドンジュンから相手のエラーで1点を追加した。4番手チョ・ドッキルは9回表に追加点を与えず、ネクセンは9回裏にトゥサンの3番手パク・チグクからチャンスを作り、代わった4番手ハム・トクチュから代打イ・テックンの内野ゴロの間に1点を返したが、首位トゥサンが逃げ切った。

 6回を2失点に抑えたユ・ヒィグァンは2勝目。トゥサン打線ではキム・ジェファンが3安打2本塁打3打点、チョン・ジンホが3安打2打点、5番ヤン・ウィジが3安打と活躍。6位ネクセンでは先発チェ・ウォンテが4回途中6失点で降板した。ネクセン打線ではイ・ジョンフが3安打1打点、7番ソン・ソンムンが3安打と活躍。


サムソン 2−7 SK  (仁川)

(勝)キム・グァンヒョン 7勝2敗  (敗)エーデルマン 4勝5敗

(本塁打) SK : キム・ドンヨプ 15,16号、ナ・ジュファン 5号、チェ・ジョン 22号、イ・ジェウォン 6号

 SKは2回裏にサムソンの先発エーデルマンから5番キム・ドンヨプの3試合連続本塁打で1点を先制した。サムソンは3回表にSKの先発キム・グァンヒョンから4番ラフの2点タイムリーで逆転した。SKは3回裏に9番ナ・ジュファンの本塁打、3番チェ・ジョンの2試合連続本塁打で5-2と逆転し、4回裏に6番イ・ジェウォンの本塁打で2点、5回裏にキム・ドンヨプのこの試合2本目の本塁打で1点を追加した。

 SKは6回表から2番手キム・テフン、サムソンも6回裏から2番手ハン・ギジュを登板させた。SKの3番手パク・チョンべは7回表、4番手イ・スンジンは8回表を無失点に抑えた。サムソンの3番手キム・スンヒョンは8回裏に追加点を与えなかった。5番手ユン・ヒィサンが9回表に相手の反撃を断ち、2位SKが勝利した。5回を2失点に抑えたキム・グァンヒョンは7勝目。サムソン打線ではキム・ドンヨプが2本塁打2打点と活躍。7位サムソンではエーデルマンが5回7失点で降板した。サムソン打線ではラフが3安打2打点と活躍。


ハンファ 5−1 LG  (ソウル・蚕室)

(勝)サンプソン 5勝5敗  (敗)ソン・ジュヨン 1敗

(本塁打) ハンファ : イ・ソンヨル 9号  

 ハンファは1回表にLGの先発ソン・ジュヨンから4番ホイングのタイムリーで1点を先制し、2回表に2番チョン・グヌへの押し出しの四球で1点を追加した。ハンファの先発サンプソンは無失点を続け、LGは6回表から2番手ユン・ジウンを登板させた。ハンファは7回表にLGの3番手イ・ドンヒョンからチャンスを作り、代わった4番手チェ・ソンフンから代打カン・ギョンハクのタイムリー、5番イ・ソンヨルの本塁打で3点を追加した。

 LGは8回裏にハンファの2番手アン・ヨンミョンから4番キム・ヒョンスの犠牲フライで1点を返し、5番手コ・ウソクは追加点を与えなかった。3番手イ・テヤンが9回裏に相手の反撃を断ち、3位ハンファが勝利した。7回を無失点に抑えたサンプソンは5勝目。ソン・ジュヨンが5回2失点で降板した4位LGは連勝が7で止まった。

 

キア 5−2 KT  (水原)

(勝)ヘクター 7勝2敗  (セーブ)キム・ユンドン 3勝2敗1S  (敗)オム・サンベク 5敗2S

(本塁打) キア : キム・ジュチャン 10号、バーナディーナ 8号  KT : オ・テゴン 7号、ユン・ソンミン 10号

 キアは1回表にKTの先発フィアベンドから2番キム・ジュチャンの2試合連続本塁打で1点を先制した。KTは4回裏にキアの先発ヘクターから1番オ・テゴンの本塁打で1-1の同点に追いつき、5回裏に5番ユン・ソンミンの本塁打で2-1と逆転した。キアは7回表にフィアベンドからチャンスを作り、代わったKTの2番手オム・サンベクから相手のエラー、1番バーナディーナの本塁打で4-2と逆転した。

 キアは8回表にKTの3番手シム・ジェミンから相手のパスボールで1点を追加した。KTの4番手イ・ジョンヒョクは追加点を与えなかった。2番手キム・ユンドンが9回裏に相手の反撃を断ち、5位キアが3連勝となった。8回を2失点に抑えたヘクターが7勝目。フィアベンドは7回途中まで2失点に抑えたが打線の援護がなく、KTは9位に後退。


ロッテ 10−5 NC  (馬山)

(勝)キム・ウォンジュン 4勝2敗  (敗)チェ・ソンヨン 2勝2敗

(本塁打) ロッテ : ハン・ドンヒィ 2号、チョン・フン 3号  NC : キム・ソンウク 8号

 ロッテは1回表にNCの先発チェ・ソンヨンから5番イ・ビョンギュのタイムリー、7番シン・ボンギへの押し出しの四球、8番の高卒新人ハン・ドンヒィのプロ初の満塁本塁打で6点を先制した。NCは1回裏にロッテの先発キム・ウォンジュンから3番ナ・ソンボムのタイムリーで1点、3回裏に5番パク・ソンミンのタイムリーで1点を返した。ロッテは4回表に2番チョン・フンのタイムリーで1点、5回表にNCの2番手カン・ユングから9番キム・サフンのタイムリーで1点を追加した。

 ロッテは6回表にカン・ユングから2番チョン・フンの本塁打、代わったNCの3番手ウォン・ジョンヒョンからシン・ボンギへの押し出しの四球で計2点を追加した。ロッテの2番手ユン・ギルヒョンは6回裏、3番手チャン・シファンは7回裏を無失点に抑えた。4番手ノ・ソンホは8回表まで無失点に抑え、NCは8回裏にロッテの4番手ユン・ソンビンから相手の暴投で1点を返した。ロッテの5番手チン・ミョンホは無失点に抑えた。

 5番手イ・ミンホは9回表を無失点に抑え、NCは9回裏にロッテの6番手パク・シヨンから6番キム・ソンウクの本塁打で2点を返した。だがロッテが逃げ切り3連勝で8位に浮上した。5回を2失点に抑えたキム・ウォンジュンは4勝目。ロッテ打線ではハン・ドンヒィが3安打1本塁打4打点と活躍。チェ・ソンヨンが4回7失点で降板した最下位NCは5連敗。

[]

(6月6日現在)

          試合  勝   敗   分  勝率

1.トゥサン  58  38  20  0  .655

2.SK    58  34  24  0  .586

3.ハンファ  59  34  25  0  .576

4.LG    62  34  28  0  .548

5.キア    59  30  29  0  .508

6.ネクセン  62  29  33  0  .468

7.サムソン  61  28  33  0  .459

8.ロッテ   58  26  32  0  .448

9.KT    60  26  34  0  .433

10.NC    61  20  41  0  .328

(文責:ふるりん