Hatena::ブログ(Diary)

わさっき RSSフィード

2012年10月05日

[][][] 国際会議にて学んだこと

昨日の某ゼミ後期初回で,30分弱の時間をいただき,8月のギリシャ行きの件を報告しました.

スライドそのものは,非公開とさせてください.かわりに,スライド準備にあたり,参照したネタの一覧を作りました.

想定質問*1

Q: 「スタンドアロン型全文検索」は,ソフトウェア工学なんですか?

A: まあ,そこんところは,募集時に "Internet-based interactive applications" がトピックに入っています.予稿の中には,考察として1セクション設けて,このシステムをソースコード全文検索として,企業や組織でクローズドに使うには,ああだのこうだのと書いていたりもします.

Q: お子さん4人で,毎日が充実ですか?

A: うーん,大学泊ができなくなったのがつらいです.

Q: 先生にとって,ダンスダンスレボリューションとは何ですか? ダイエットの手段ですか?

A: いやあ,あれがダイエットだとか,健康維持に役立っているようには,思っていません.目すなわち認識力と,手足*2を動せるかどうかを,自分なりに確認できる手段になっていて,それであとは維持だとか,向上だとかしていければと思っています.何歳まで,できるか分かりませんが.

Q: 人とのつながりを大事にするには,バスよりもタクシーってことですか?

A: ああそう短絡されても困るなあ.バスでも,人間観察だとか,ノイズのある中でのコミュニケーションを楽しむことは,できそうですよね.「経済性」「信頼性」*3だけでなく,「人とのつながり」も加えて,交通手段を選ぶのはどうでしょう,という意図だとお考えください.

(最終更新日時:Sat Oct 6 05:47:17 2012ごろ)

*1:通常,「想定質問」は発表をする前に考えますが,ここでは発表後に,聞いていた人はこんな疑問を持っただろうなあと思いながら,書き出しました.教授の掌握術で書いたとおり,今年度は各教員の発表後,質疑の時間をとっていません.

*2:DDRは脚/足ですが,IIDXとpop'nも嗜んでいますので.

*3:野暮な補足:「できるだけ早く着けるか」は経済性,「何時何分までに着けるか」は信頼性に属する話だと考えています.

2012年10月04日

[] 2.3ユーロのバスか,19ユーロのタクシーか

いきなりですが問題です.

某国の会議場(ホテル)にいます.これから空港へ行き,帰国の途につきます.

空港への行き方は2種類あって,バスとタクシーです.

バスは2.3ユーロです.タクシーは1台19ユーロの明朗会計です.

どちらにしますか.

これだけ値段に差があれば,安いバスを選びたくもなりますが,私の先々月は,タクシーに乗りました.

なぜかというと,チェックアウト後,会議の日本人参加者から,一緒に行きませんかと,お誘いを受けたからです.

4人でホテルを出て,タクシーに乗り込みました.車内では,ドライバーさんと英語で少し*1,その後は日本人らで(もちろん日本語で),会話を楽しみました.道中では,「回転すしバー」なんて看板も見つけました.

支払いは,20ユーロ札を渡して“Keep the change.”と言いました.同乗者さんから,5ユーロずつもらいました.

といったところで,冒頭の問題を見直します.

「絶対バス!」「いや,どうみてもタクシーだろ」などと,一方を採用して他方にケチをつけるという“遊び方”も,ありといえばありでしょう.

ですが実用上は,「問題文にない,シチュエーションを明らかにした上で,選択する」だとか,「ある状況ではこちら,また別の状況ではもう一方,と場合分けして結論を出す」といったことが,できるようになったほうがいいと,思っています.

ホテル-空港だと,さしあたり,次の点が重要な要素になりそうです.

  • バスはいつ(どれくらいの頻度で)来るのか
  • バスに間違いなく乗れるか(満員時に乗車拒否されないか)
  • タクシーにはすぐに乗れるのか(予約が必要か)
  • タクシーには何人が乗るか
  • タクシードライバーは信頼できるか
  • バスドライバーは信頼できるか

こう書き出すと,もっと詳しく,見ていくべきものに気づきます.「タクシーには何人が乗るか」のところです.人数が増えれば,それに応じて,一人あたりの支払額が下がるのです.

実際の自分は,2.3ユーロのバスから,5ユーロのタクシーへと,選択肢を変えました.それくらいの価格アップで,快適や信頼が得られるなら,良いだろうと判断したのでした.

これを誘った側から見ると,こうなります.タクシーを前提とし,一人あたりの支払いは,6ユーロ強から5ユーロに下げることができたわけです.恰幅のある「私」を助手席に座らせれば,タクシー車内の快適さは,1人増でも変わりません.そして3人よりは4人のほうが楽しいし,心強い…のかな.

ともあれ,誘った側,誘いを受けた側でそれぞれ,メリットになるものがあり,20分ほどの時間をシェアした次第です.


(最終更新日時:Fri Oct 5 06:05:49 2012ごろ)

*1:我々は国際会議のことをinternetinternational conferenceと言いますが,行きも帰りも(もちろん異なるドライバーさん),congressという言葉を使っていたのが,記憶に残っています.

2012年09月04日

[] 困ったこと

先月の会議発表で,困ったことを書き残しておきます.

1. 出発前情報

会場の情報が乏しく,職場で出張申請をするにあたり,住所は会議サイトと別で探しました.

参加費に宿泊代が含まれると書かれていましたが,開始の前日から4泊分なのか,開始日から4泊分(会議終了の翌日にチェックアウト)なのかが,不明確でした.

2. 会場内LANなし

「今どきねえゎ」です.

まあ,置くなら置くで,準備やらトラブル対応やら大変なのが目に見えているので,これについては仕方がないなあなのですが.

3. 発表者のPC接続

ホテル名の入った,かっこいい発表者用のスタンドがありました.そして事務局が,ノートPCを用意していました.

なのですが多くの発表者は,自分のノートPCを使用したいし,実際そうしていたわけです.するとまず,その常駐PCの置き場所に難儀しました.

持ち込みPCにつなごうとすると,今度は,モニタケーブルが短くて,接続するのにまた難苦労させられました.常駐PCに最適化されたケーブルの配置,そしてテープ止めになっていたのでした.

4. 座長席が3人掛け

3人座るセッションはなかったんですけど.

5. 日本人発表者の英語能力

3日目に出席した2つのセッションは,日本人発表者の英語能力に「うーん」な気分でした.

A会場の最初の発表者には,もっと能力の向上を望むところです.

誰ですか? 俺です.

2012年08月31日

[][] 次の日さっそく

  「あ〜ただいま」

「おつかれさま.ちゃんと仕事できた?」

  「う〜ん,変な時間に眠たなったなあ」

 「ぱぱ,おかえり!」

  「お,うえの子も玄関まで来てくれたか.ただいま,って頭をなでようとしたら,もうあっちへ行ってまうんか」

「あの子ね,今日,おもしゃかってんで」

  「また“おもしゃかった”話があったんかいな」

「せやねん.今日さ,幼稚園の友達が来る,言うてたやんか」

  「ああ,言うてたなあ」

「来てね…(お菓子の)お土産の箱ひとつ,開けたで」

  「うんうんええよ」

「それでな,こっからが本題やねんけど…うえの子,お友達に何て言うたと思う?」

  「何や?」

「『ぱぱ,ぎりしゃいってきてんで』やで!」

  「そらまたいきなりやなあ」

「あの子も,言いふらすのが好きそうやわぁ」

2012年08月30日

[] ひとり旅

2年の一度の国際会議,JCKBSEは,今回が第10回.第4回から参加させてもらっているが,同じ所属からの参加が自分ひとりになるのは,今回がはじめてになる.

といっても,日本人参加者が多いことは,会議の趣旨や経緯からも,フルプログラムの発表者と座長の一覧からも,分かっている.なので現地に行くどこかで,どなたかと合流できるだろうと思っていた.もし到着までずっとひとりだとしても,トラブルは切り抜けられるはずだ.そうできるようにならないと.

他の日本人参加者を見かけたのは,アテネからロードスへ行く,エーゲ航空の便に乗る前の保安検査場だった.ノートPCを開けた確認も済ませ,リュックに詰め込もうというときに,ゲートが鳴った.あれれごくろうさんだなあと思って顔を向けると,「他の日本人参加者」なんてもんじゃない,この会議では陰に陽にお世話になっている方だった.

会釈をした.それにしても,気まずい.

いったんトイレに入り,出てから,搭乗口で空席を探した.先ほどの先生…N先生と呼ぼう…が手招きをされたので,横に座らせてもらった.

N先生もここまでお一人とのこと.

空港からタクシーに乗れば,割り勘になって安くなること.

ほかにもいろいろ話したが,何も言わない時間も長かった.

飛行機のそばまでは,バスで誘導してくれる.そのバスの中でさらに2人の日本人参加者を見かけた.アテネからロードスまでは,1時間弱.タクシーには4人で乗って,ホテルに無事着いた.


(途中の出来事は,そのうち書く予定)


オリンピック航空のアテネ行きは,正午発.エーゲ航空は,行き先が同じで別の搭乗口そして機体.5分遅れの出発となる.

エーゲ航空の便に乗るのは自分だけ.みなと別れを告げる.

通路側の席に座り,ふうとひと息ついたところで,自分が座長だったときに2番目の発表者を見かけた.

日本でもギリシャでもない方で,名前の読み方を事前に調べた…

発表のときに,タイマーを向けてあまり時間がないよと案内した…

リンドスでの夕食では,隣の隣に座った人だ…

この方も,ひとり旅.お互い軽く会釈をした.