Hatena::ブログ(Diary)

たけぽんちの部屋 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-28

【根室のご当地ご飯】カニ、寿司、エスカロップを食べるなら

根室は、日本の最東端。
食事の面でも根室ならではのものがあります。

花咲ガニ、エスカロップなんてのが有名な根室の味。

どこで、何が食べられるかを書いておきます。

まず、回転寿しですが。
根室には、根室発でチェーン展開している回転寿し屋さんが二つあります。
一つは、【花まる】、もう一つは【祭囃子】
どちらも根室駅から一応徒歩圏内。
歩いたら5〜10分かかりますが。

花まるさんは、札幌市内でも行列のお店、そして都内にもお店があります。

わたしも根室店に行って来ました。
実は、2回目ですが。

花咲ガニの鉄砲汁や花咲ガニのふんどしが食べられますが、特に根室ならではと言うことないんですよね。
広く北海道から魚を仕入れているのは産地表示でわかります。
釧路産も多いですし。

【祭囃子】さんも大体同じ感じですね。


さて、ここからはカニの話。

根室では、駅前の【庄屋】、【根室海鮮市場鈴木商店】、【魚信】、【マルシェキッチン】等で花咲ガニを買うことが可能です。

【庄屋】は、根室駅のすぐそこ。
花咲ガニの茹でたのを、1杯1000円から購入できます (2017年) 。店内で食べることも可能です。
買うことはできても、その場で食べれる店は少ないので貴重です。

根室海鮮市場】も駅から国道44号に出る前のところにあります。
ここはいわゆる魚のスーパーです。
カニ以外にもサンマや貝類まで根室の味を購入できます。
花咲ガニも1杯300円位から4000円程度まで。
グラム売りしてまして、100gで100円から売っていました。
茹でていない花咲ガニも売っていて、こちらは、100gで65円からでした。


【魚信】さんは、駅からは少し離れていて、エスカロップの【どりあん】さんの方です。
駅から歩くと10分弱くらい。
日曜休みなのが注意。

マルシェキッチンさんは、小洒落たスーパーです。
中には、杉山商店というカニ屋さんが入っています。
むき身も売っているのが良いところでしょうか?
街の人には驚きですが、スーパーの閉店時間が19時なのです。
そこが注意です。
根室の街のパン屋さん、【山森】さんのパンも購入可能です。


最後にエスカロップの話

エスカロップは、釧路で生まれた洋食です。
バターライスの上にデミグラスソースのかかったトンカツが乗っています。
そして、同じプレートにサラダも乗っているのです。

同じルーツのお店で、【どりあん】、【ニューモンブラン】さんがあります。

【どりあん】さんは、市役所のところで国道44号からイオンの方に行ったところにお店があります。

道内一周みたいなライダーさんもお店にはたくさんいますが。
店内に入るとどこか懐かしい喫茶店の雰囲気です。

お味の方は、バターライスが少ししょっぱく感じましたが、いつもああいう味なんだろうか。
デミグラスソースのトンカツもあって、これを嫌いな人はいないだろうなーというお味。
家でもすぐに作れそうでもあるけれど。
ちなみに、マルシェキッチンのお弁当コーナーにもエスカロップは普通に売っていました。

釧路のスパカツよりは、エスカロップの方が美味しいし、ご当地感があるようにも思えます。
スパカツはわりとそのまんまですからね。

りあん さんの看板の写真はこちらです。
f:id:takeppo:20170928192154j:image

エスカロップの写真はこんな感じ。
美味しい決まっている見た目ですよね。
f:id:takeppo:20170928192141j:image


はなまるさんのメニューです。
f:id:takeppo:20170928192656j:image

花咲蟹の鉄砲汁です。
f:id:takeppo:20170928192650j:image


根室のはなまるで思い出しましたが。
網走の回転寿し屋さん、かに源さんも、魚のメニューが豊富で値段も安くてオススメです。
関東や関西のの回転寿司と違って、魚のメニューが豊富。
しかも、網走近海の魚も多くて、満足出来ると思います。


これはもはやご当地メニューではないのかもしれませんが。
こんなインスタントメニューもあります。
こういうのはバラマキ土産にもちょうほうします。

根室といっても他にはオランダせんべいぐらいしか…。

サッポロ一番 和ラー 北海道根室 かにの鉄砲汁風 75g×12個



平庄商店 さんまぼろぼろ110g12個
根室のご当地はサンマでした。
さんまぼろぼろがおすすめ。
魚の骨が苦手な人もこれなら楽ちんだし。
根室駅のお店は値段が高いのよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takeppo/20170928/1506594707