(旧姓)タケルンバ卿日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-02-06

カラオケは音楽界に革命を起こした

ぼんやりと思ったことがあるんです。

カラオケとはバッティングマシンである。

もうひとつ。

カラオケとはバッティングセンターである。

不意に思ったわけ。昔のアイドルとかの歌とか聞いててさあ。

というのも、昔だって今だって、歌手デビューする人の多くは歌の経験があまりなくデビューするわけですよ。俳優からとか、モデルからとかの場合は特に。でもですよ。見てると歌い方がたいぶ変わってる。

どんな変化かと言うと、昔は合唱なわけですよ。音の伸ばし方とか。なんとなーくお腹で歌うというんですかね。ノドで歌うというより、お腹で声を出す。腹式呼吸型。音楽時間合唱でやっていた歌い方をデビューしてもやっているんです。

天地真理なんかは典型的

D

薬師丸ひろ子なんかもそうね。

D

で、こういう歌い方は何だか野暮ったく聞こえるんです。古臭いというか。合唱としては普通だし、ごくごく通常の発声なんだけど、一般の歌手としての歌い方ではないので。なんだか不思議な感じ。

ところが、時代の変化なのか何なのか、デビュー仕立てでも、こういう古臭い印象を受けることがなくなってきてるんですね。例えば広末涼子

D

同じ曲で比較するとわかりやすいので、セーラー服と機関銃長澤まさみも参考になるかも。

D

歌のうまさとかはともかく、歌い方が歌手っぽくなってるわけですよ。合唱っぽさがない。彼女たちに限らず、最近デビューする人たちから、昔感じた野暮ったさ、合唱っぽさが抜けているんですね。

この原因を考えるにカラオケの普及が大きいのかなあと。昔はカラオケが一般的ではなかった。あってもスナックとかの飲み屋さんであって、子どもが行く場所にはない。となると若い人にとって歌う練習とは、基本的には学校音楽時間、即ち合唱が主になるのかなあと。「合唱っぽい」と評したけども、合唱以外に歌の練習をする機会がなかった。そしてそのまま歌手デビューとかになった場合、そりゃ歌も合唱っぽくなるわねえと。俳優から歌手デビューとなった薬師丸ひろ子なんかは、この典型みたいなパターンだけどさ。

一方、最近カラオケ普通にあって、小学生中学生なんかでも放課後カラオケに行くのは普通光景。となると歌う機会って学校だけじゃない。トータルな時間としては、カラオケで歌う時間の方が長い人も多いかも知れない。

そうなると歌い方として、合唱曲を合唱として歌う方法ではなくて、一般的な歌をカラオケで歌う方法が身につく。カラオケ的な歌唱、つまり一般的な歌手の歌唱方を身につけやすいのではないかと思うわけですよ。そしてそういう環境があるために、最近デビューする人の歌を聞いても違和感を感じない。歌手としての歌い方をカラオケで練習しているから。そして「カラオケうまい=歌うまいデビューしてもうまい」という図式が通るようになった。イコール関係ができたわけですなあ。

そう考えると、野球で言えばこれはバッティングマシンと、バッティングセンターの普及のようなものかなあと考えたわけです。野球って対戦型スポーツで、ピッチャーがいなければ打撃練習はできない。しかしマシンの登場でそれができるようになった。イチロー学生時代一年バッティングセンターに通い、練習してたそうですが、相手がいなくてもそれができるわけですねえ。

となると、こういう環境のおかげで量の練習ができる。量の練習をこなす環境があるおかげで、質が上がる。そういう側面がある気がするわけですよ。歌の場合、最終的な音感の問題はあるし、野球でも身体能力の壁はあるわけですが、しかしそれでも量をこなせる環境があるおかげで、最低レベルが底上げされるというか、平均値は上がるような気はするのです。少なくても練習不足という量の問題は起きにくくなるわけで。カラオケ的なものもダメなら歌手になりづらいし、バッティングマシンダメな人がバッターとしてもダメでしょうしね。ともに実戦はまた別のレベルであるとしてもですよ。

実際、野球なんかではバッティングマシンの登場により、投高打低だったのが打高投低になったと言われています。打つ練習がいくらでもできる割に、投げる練習は肩の消耗の観点から制限がある*1。となると打撃レベルの方が上がりやすいわけですね。投球レベルよりも。ホームラン数の増加とか、防御率の悪化なんかのデータを見ると非常にわかりやすい。

カラオケ音楽界において、それくらいのインパクトがある革命的なものである可能性が高いかも。誰もが気軽に歌え、尚且つ実戦に近い状態で練習できる。その登場により歌手誕生が容易になった。ここまでは言いすぎですかね。ま、それでも残念な歌手が多いから、あまりほめすぎるわけにもいかないんですけどね。

では、このへんで。

*1:ま、打つ練習にも限度はありますけどね。手の皮がすりきれる。マメができるとか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takerunba/20090206/p2