(旧姓)タケルンバ卿日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-09-06

研修という名の洗脳

あれは「洗脳」なんですよ。

企業の「研修」ではなくて。

研修」という教育プログラムとして考えると、とても違和感があるわけですが、「洗脳」と考えると納得できますし、宗教であるとか、悪徳商法であるとかと一緒。新人に対してやるという意味では、軍隊での新兵教育ともあまり差はありません。組織にとって都合の良い人間を生み出すための生産システムと考えると吉。上意下達、命令は絶対、個人よりも組織。こういう人間ばかりの組織にするという目的に沿って、研修という名の洗脳が行われているわけですね。

洗脳とは、以下の原理によるもので、基本的な手順は以下の5つです。


隔離

ターゲット日常から引き離します。


【鬱化】

隔離して逃げられなくしてから、身体的にも精神的にも弱らせます。


【刷込】

弱ったところで、洗脳する内容を記憶の中に埋め込みます。


【安定】

弱らせるのを止めて、刷込状態を安定させます。


【強化】

抜けない様に、洗脳を強化します。

404|激裏情報

ブラック企業新人研修では、このプロセスを一気にやるのが基本です。脱落者が出ても気にしない。洗脳には合う・合わないがありますので、合わない人間をふるい落とす。どうせ内定時点での研修場合人件費が発生しないですからね。雇用契約前に不適合者をはじき飛ばしておきたい。

1.隔離

大体、研修って泊まりでやりますよね。「どこかの施設で泊まりで」と。で、この施設が大抵人里離れたところにあるという。当然外出禁止。施設外に出てはならない。連絡もダメ携帯電話の持込禁止とか。

食事もお風呂睡眠も施設内。その会社人間だけの環境。世間とは関係のない、純度100%の会社環境を作り上げる。

2.鬱化

逃げられない環境、その会社価値観以外が入ってこない環境を構築した上で、会社価値観に染まっていないもの=新人人格を否定する。そして体力的に精神的に弱らせる。

とにかく大声で、頭ごなしに怒鳴りつけるというのがこの時点での定番。くら寿司場合だと「くら社員三誓暗唱」ってのがそれにあたるのかな。絶対に無理な課題を出して、それができないとなると怒鳴る。実は課題が達成されたかどうかはどうでもよくて、怒鳴るのが目的。「できなかった」という精神的な苦痛に、怒鳴るという直接的な精神的な苦痛をミックスする。

体力的な弱化を狙う場合の定番は長距離走。土のうをかついでとか、無闇矢鱈に穴を掘らされるとか。運動させる目的なんかを伝えないのも効果的。とにかく疲れさせる。レンジャー訓練に似ているプログラムが多いのもそういう理由。

あとは寝させないのも効果的。夜に非常呼集をかけるとか。体力回復を防ぐわけよ。ひどい話だけども。

人格を否定し、体力的に精神的に弱ったら洗脳の準備段階完了。要はここまでの段階で、その人の人となりを空っぽにする。抜け殻にする。そうすれば、教え込みたい内容がスラスラ入っていくわけよね。入れ物に物を入れたいのであれば、まずはその入れ物を空っぽにせよというわけ。

3.刷込

はい、ここからが教え込むターン。こっから企業理念とか考え方とか、その企業にとっての善悪を叩き込む。その善悪が一般社会とずれているかだなんて気にしない。隔離されているので、それを違うと感じさせてくれる日常はそこにはないし、体力的に精神的にボロボロになっているので、「それはおかしい」と考える余力は残っていない。

先輩社員の成功談。自分も同じように頑張れば先輩のようになれる。先輩のようになるためにはどうすればいいか。そのロードマップを示せばいい。

気合いだ!」「努力だ!」「寝ずに頑張れ!」

理論はないし、怪しいもんだけども、これが何故か効いてしまう。弱っている人間にはね。

4.安定

そしてここで成功体験を与える。別に大したことじゃなくてもいい。何か成功させ、その成功を褒める。創業社長が登場して「よくやった!」と抱きしめるなんてのも定番。抱きしめられた人間にとっては、それが何よりも「受け入れられた」というご褒美になるし、その光景を見ていた他の人間にとっては、自分もそうなりたいという羨望の対象になる。冷静に考えればそんなの嬉しくねえよということでも、ここまで洗脳の段階が進んでしまっていると、何故かとんでもないご褒美になってしまう。

研修最後の夜打ち上げの段になって幹部たちが妙に優しくなってお酌をしたり、あるいは食事そのものがご馳走だったり。あるいはお風呂背中を流してくれたり、「ごめんな厳しくして」と謝ってきたり。

目的を達成するとご褒美が待っているという関連付けをさせるわけですのう。パブロフの犬とも言いますけども。

5.強化

洗脳を定着させるために、その会社の活動をさせる。否応なしにその会社人間に染める。

最近の定番は、クレジットカードとかポイントカードの加入者集め。ノルマを与えて不達成者は欝化からやり直し。つまり再研修。できるヤツはご褒美タイム

会社のためになる活動が自分のためになる」と思い込ませたら洗脳完成。

とまあ簡単に洗脳について書きましたが、いわゆるブラック企業研修が、教育や育成ではなく、洗脳と類似していることがよくおわかりいただけたかと思います。

隔離人格破壊→刷り込み→ご褒美→日常

これをするのがブラック企業研修です。

理不尽対応をしたり、不必要な活動をしたり、いちいち非論理的なことをするのにはわけがあります。合理的に洗脳をするための方法だからです。だからこそノウハウがあり、研修を代行する会社存在し、ある一定の意図をもって研修を依頼する会社もあると。そういうわけなんです。

蛇足ながら、ブラック企業で勤めた経験のあるオーナー創業者会社は、大抵こういう洗脳研修をやりたがるもんです。学生の皆さんは注意してね。