スマート日和

2014-03-24

世界の果てまでイッテQ!

2014年3月9日 20:00に放送された内容が最高に面白かったです。
この日の最初のテーマは、「森三中」の大島御幸さんと、「たんぽぽ」の川村エミコさんによる『温泉同好会』(寒中水泳スペシャル)です。

まず最初は、寒中水泳の前に、薄い氷の上に立って度胸試しをしたり、カヌーでゲレンデを滑り降りるアクティビティなどをしていました。まだ本題の寒中水泳ではありませんが、寒さで悶絶する姿は、もはや定番の爆笑ポイントであると私は思いました。
アクティビティなどでウォーミングアップをした後は、いよいよ本題の寒中水泳です。この回では、あちこちのサウナを経由し、最後に寒中水泳をする「サウナマラソン」をしたり、極寒のプールの中を潜って進んだりしていました。想像を絶する寒さにより、泣いたり気合全開になったりするなどの情緒不安定状態になったり、鼻水などの ありとあらゆる「汁」を顔から出したりしている大島さんと川村さんを見たらもはや笑うしかありませんでした。

もう一つのテーマは、出川哲郎さんと、鈴木奈々さんによる『催眠術は本当にかかるのか? in フィリピン』です。この催眠術企画は、前回の放送で大好評だったものです。催眠術にかかりやすい鈴木さんと、催眠術にかかりにくい出川さんが驚きと爆笑を巻き起こす企画です。

まず最初は、出川さんに「まぶたが重くなって開かなくなる」という催眠術をかけていました。この催眠術は、催眠術にかかりにくい出川さんに唯一効くらしいものです。しかし、出川さんのリアクションがわざとらしいので、本当に催眠術にかかっているかどうかは怪しいです。このわざとらしいリアクションは、いつ見ても笑えるくらい面白いものであると私は思っています。

出川さんの次は、鈴木さんが催眠術にかかりました。鈴木さんは出川さんと違い、本当に催眠術が効いているように見えました。催眠術により、体の力が抜けて泥水の中に倒れたり、虫を食べられるようになった姿は、普段の鈴木さんからは想像もできないものであり、催眠術にかかったフリをしているようにも見えませんでした。しかし、最終的には途中で催眠術を解かれるので、解かれた瞬間に虫を見て絶叫したり、食べている虫を吐き出している鈴木さんの姿は実に面白い物でした。

その一方、出川さんに関しては、相変わらず催眠術が効かなかったみたいであり、「絶叫マシンを怖いと感じない」という催眠術をかけられたはずなのに、絶叫マシンに乗りながら「かかってない!!」「(催眠術を)かけ直して!!」と必死に叫ぶ姿は爆笑を誘いました。

世界の果てまでイッテQ!』は、笑えない週は無いと感じるほど面白いですが、今週の企画も期待を裏切らない最高の面白さがあったと私は思います。

芯ぴゃみゅ日記さんの記事もおもしろいですよ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takerux/20140324/1395618048