略して竹記

2015-07-19

[]

 Gの季節がきた。虫は大丈夫だけどGだけは嫌だ。出くわしたら粉々にするまで闘い続けるけども、あいつらトップスピードと言い緩急と言い判断力と言い思いきりの良さといい巨人の鈴木ばりの走塁技術を持ってるから隙間に逃げ込まれるとどうしようもないのね。完全に仕留められる状況でなら存分に闘うけど向こうは逃げの一手を打てばいいという絶望的な状況から戦闘が始まるのが厄介。真夜中のシンク周りがもうね…

 

[]作品レビュー 「らぶコン! -Love Conn...」

ハーレム度 ★★★★★

下衆野郎度 ★★★★★

 

 

 一言レビュー。

 「ウジウジ系主人公の煮え切らない態度を歯ぎしりしながら眺める漫画」

 

 現在28話。特殊な舞台設定でハーレムの方向性に近いラブコメなんだけども主人公のキャラクターが致命的。優柔不断で友達思いってことで決断に時間がかかるのはわからなくもないけど決断ひとつするのにも責任を他者に求めて免罪符を得てから行動に移すあたり印象が最悪。主人公の行動原理がひたすら状況に流されるだけで不誠実の塊になっている。女子力高いとかどうでもいい。舞台設定へのアプローチと登場人物の恋愛感情を主軸に置いた物語にしてはコメディタッチに傾きすぎてて何を見せたいのかよくわからない。コメディとしては別に笑いどころがあるわけでもなく。こんなノリのままストーリーが進行していくとしたら、それはそれで読者がどこまで違和感を持たずについていくのか興味が尽きないところではあるのだけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takesennin/20150719
Connection: close