あんていなふあんていダイアリー

2007-12-09

[]いなのん先生の「恋のミラクルビーム

f:id:takeshito:20071210060149j:image

夢戦士ウイングマン、29話Bパートがほとんどいなのん先生の一人原画

そしてついにいなのん先生ライブシーンが!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1029985


f:id:takeshito:20071210060148j:image

りろちゃんの横にゆらめくタイミングのつけ方はいなのん先生らしいし、

マイクを持って手を突き出すポーズはミンメイだなぁ。

美紅のキーボードは手首がくねった怪しい動き、

ギター二人のダンスや決めポーズ、シャウトはアドリブっぽい。


f:id:takeshito:20071210060147j:image

そんな歌に聞き入るモブはいなのんワールド全開(笑)

絵柄はもちろん独特の立ち方、テープを投げる観客の手首の動きなどは

当時いなのん先生しか描けない。


ウイングマン見てて気づいたんですが、

いなのん先生口の描き方縦に伸ばしたひし形で特徴ありますね。

健太がやると何かひねくれた表情に見える。


ウイングマンは枚数制限厳しく作画で見るには少々厳しく、

作画ファンには正直オススメできないけど、

いなのん先生のファンにはその臭さを楽しめるので、

ファン心理で見てほしい作品の一つ。

2007-01-09

[][]パタリロ! スタジオバード

f:id:takeshit0:20060821201149j:image

パタリロ! 第01話「美少年キラー脚本辻真先
演出:西沢信孝
作画監督:兼森義則
作画:兼森義則 稲野義信
   渡辺明美 豊美幸恵 北住ヒカル 笹原圭子

どのアニメ初回は力の入った回が多く、

1話のみの無料配信でも楽しめるところがありがたい。

http://streaming.yahoo.co.jp/c/y/tab/10016/1001600001/


パタリロ!物心つく前に再放送で見ておぼろげな記憶しかなかったのですが、

改めて見ると、独特の舞台で繰り広げられる

キャラクターの芝居と台詞で映像を見せていく芝居アニメに驚きました。

BGMは最低限。


土田勇さんの美術による舞台がすばらしい。

キャラクターと一部のオブジェクトカラーで背景をモノクロで

処理する演出センスもこの美術があればこそ。


A,Bパートともに稲野さんっぽい臭い立つ芝居が随所に。


パートではバンコランがパタリロの部屋を訪れるあたりから

稲野さんっぽい臭い立つ芝居が見られます。

ソファの上をパタリロが跳ね回り、バンコランがソファに座る芝居がすばらしい。

立ったり座ったりする何気ない動きに底知れぬ味を感じるのは何故だろう。

パタリロにバンコランの噂を耳打ちするタマネギは良いポージングタイミング

夜バンコランがパタリロの部屋を訪れてからは稲野さんお得意の

髪やシーツのひるがえりや画面に向かって指差しをする芝居。


パートでジャダと美術館に向かうところやパタリロ美術館

騒動を起こしてからもかなり稲野さんっぽい芝居がありますね。

ホテルの部屋に戻ってからジャダの芝居にも

小指を少し立ててアゴに手を当てる稲野さん独自のポージング

立ち居振る舞いもどこか艶かしい。


いわゆるリミテッドな作画でもAプロ的なパタパタとした動きではなく、

なめらかな芝居を描けるところが稲野さんの魅力。

枚数制限の厳しい当時の東映アニメの中でも光ります。

舞台性、芝居性を見せるパタリロはなかなか良くマッチングしていますね。

2006-08-21

[]FLASHBACKする稲野ミンメイ

f:id:takeshit0:20060821201149j:image

http://www.youtube.com/watch?v=7dNPi6ngPVE


OVA版マクロス FLASHBACK 2012の稲野義信さんのパート

劇場版でコンサートシーンを担当したいなのん先生をOVAで再起用して、

歳をとったリン・ミンメイを当時のシーンを交えて描く。

つまりあのリン・ミンメイはいなのん先生自身…。

FLASHBACK 2012とは裏ではいなのん先生の懐古物語になっていたのだ!


独特のポージングでなめらかに動くミンメイもすばらしいんですが、

コンサート会場で一人寂しそうにたたずむミンメイや

メガロード船の出港シーンなど叙情的なレイアウトも実にすばらしい。

1000年女王の冒頭や999のラストシーンなど一枚絵でも魅せるいなのん先生


今日改めて見て気づいたんですが輝が画面に向かって

肩を揺らしながら歩いてくるところも地味にいいですね。

どう形容していいのかちょっとわからないですが、

小松原さんのハーロック歩きのようななんともいえない格好よさがあります。

湖川調のアオリが大胆に入るところはご愛嬌(笑)


写真はアニメージュ81年5月号より、アニメージュ編集曰く

「『少し格好よすぎたかナ』という表情」になったいなのん先生

なんちゅー編集だ!ファンには面白いですが(笑)


PS:アニオタクイズの答えは明日の夜発表します。

参加予定のアニメ作画ファンの方はお早めに。

2006-08-13

[][]新竹取物語 1000年女王 第01話 稲野義信パート

f:id:takeshito:20060224101949j:image

http://www.youtube.com/watch?v=hUJTyICoKHE


1000年女王1話の稲野義信パート。たぶん間違いはないでしょう。

壁際に逃げていく弥生の細かい芝居の入った動きがたまらない!

あのしなやかさを感じる動きのラインは稲野さん独特のものですね。

フェチっぽい手つきもいい味が出てます。

稲野パンチは実際やると手首を痛めますからオススメしません(笑)


こういう限られた枚数で細かい芝居を入れて魅せるという作画では

今も昔も稲野さんの右に出る人はほとんどいないのではないかと思います。


独特の芝居のセンスを持っているという点では、

東京ムービーの高畑順三郎さんもかなりすばらしいかったんですが、

こちらも最近のアニメではもう見ない作画スタイルですね。


1話は稲野さんの味が出ているカットが各所に見られますので

好きな人、見られる人は是非見てほしい話です。

http://d.hatena.ne.jp/takeshito/20060224#p1

2006-05-26

[]磯光雄VS稲野義信VSうつのみやさとる?

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 第05話 「嘘だと言ってよ、バーニィ」
脚本:山賀博之
絵コンテ・演出:高山文彦
作画監督:川元利浩 窪岡俊之 富沢和雄
メカ作画監督:岩滝智
原画:小林利光 上野賢 南紳一郎 
   稲野義信 青木哲郎 青柳重美 中野恭子 

0080何故か6話から逆行してみてますが、改めてみると実に面白いですね。

5話はロボットがあまり出てこない分芝居アニメしています。


アルとバーニィが森の中で密会するあたりも

絵は荒いんですがなかなか良い味を出している芝居です。


f:id:takeshito:20060526014252j:image

アルがゲームセンターの画面を見て

商店街や家、学校が吹き飛ぶシーンを想像するところは、

クレジットはされてませんが磯光雄さんの作画なんでしょうね。

商店街に衝撃波が伝わり、高熱によって家は発火し衝撃波で崩壊。

高熱でクラスメイトは消し炭になっていく様子などを

物凄い力量で描ききっています。桁違いの作画。

無音なだけに余計に作画の力とその内容にに心引き寄せられる演出で

「おい」と警備員にアルが呼び止められるまで

見ているこちらも空いた口が塞がりません。

作画・演出とも恐ろしいほどに決まっています。


f:id:takeshito:20060526014159j:image

アルが警備員から逃げるあたりから突然のうつのみや調作画に(笑)

あからさまな絵で変な歩きをするモブに笑っちゃったじゃないですか!

もう誰だこんなことしたのは!!


f:id:takeshito:20060526014157j:image

空港でチケット売り場でバーニィがモニターを見上げる前あたりまでは

おそらく稲野さんの作画じゃないでしょうか。

レイアウトやモブの腰の入り方、妙に良い動きの子供に

チケット受付の人の顔などあからさまに臭い。

駅っぽいところとは相性の良い稲野さんです(笑)


アルが警察署着いてからの一連の芝居と、

家でバーニィから来た電話を走って取りに行くアルも稲野さんっぽい感じですね。

ここらは本当に芝居が良いなぁ。もうここら辺は見てて頬が緩んでしまいますよ。


色々なタイプの作画で本当に濃密な30分を過ごさせてもらいました。

個人的な趣味ですが、高畑さん、神村さん、そして稲野さんと

ロングカットでたっぷり芝居を見せてくれるのが好きですね。

[]いなのん先生からうつのみやさんへ

アニメスタイルanimator interview 井上俊之(3)から

http://www.style.fm/as/01_talk/inoue03.shtml

うつのみやは、その後、梅津(泰臣)さんと出会い、『アリオン』で稲野(義信)さんと出会って、
感銘を受けて、それまで漫画チックだった絵柄が急速に変わっていくんだけど。
そうやって凄い進歩を遂げるのを間近で見て、置いていかれないように、ってこちらも頑張った。

沖浦さんに続いて、稲野さんからうつのみやさんへの影響の話。本人談ではないですが。

うつのみやさんに限ったことではなく、人によっては

アリオンは一つのターニングポイントになりえた作品だと思います。

川元利浩さんもアリオンで稲野義信さんそして神村幸子さんからの影響を語られています。