「*[Bluetooth]」の検索結果を表示しています
2008-10-29

[][][] Bluetoothダイアルアップ接続設定 for SL-C3xxx/1000 2008/10/29版

 前にもいっぺんまとめてるんですが、あれから随分と時間も経ちましたんで、改めてまとめなおしてみました。つか、前回は Bluetooth Dialup Network Plugin も使ってませんでしたし(苦笑)。


BlueZ本体のインストール

 まずは、BlueZ本体のパッケージインストールします。

 こちらは前回の記事以降、特に更新はありません。

 インストール時の注意点等については、前回の記事を参照して下さい。

 なお、前回では触れていませんでしたが、こちらのパッケージにはUSBドライバも含まれており、CFだけでなく、USB接続のBluetoothドングルも使用可能です。

 こちらでは、以下のUSBドングルでの動作を確認しています。


Bluetooth Dialup Network Pluginのインストール

 続いて、ネットワーク設定にBluetoothダイアルアップ接続の設定を追加するプラグインBluetooth Dialup Network Pluginをインストールします。

 なんですが、既に配付元のページも消滅して久しいようなので、不本意ながらこちらもミラーを置かせて頂きます。

 もし原作者の方が、こちらのページの方をご覧になられているようでしたら、正式にりなざうテクノウサイトの方ででも代理公開出来ればと思っておりますので、ご連絡頂ければ幸いです。


 前回はパッケージインストール後、手動でBlueZ関連の各設定ファイルの修正が必要でしたが、Bluetooth Dialup Network Pluginを利用してダイアルアップを行う分には、それらの作業は不要です。

 強いて言うのなら、ペアリングの際に用いるpinコードデフォルトのままになりますんで、気になる場合 /etc/bluetooth/pin 、 /etc/bluetooth/givepin を修正するくらいでしょうか。


Bluetoothダイアルアップ接続の設定

 続いて、ダイアルアップ接続の設定を行います。

 Bluetooth Dialup Network Pluginをインストールすると、設定−ネットワーク設定−接続設定中のダイアルアップ接続に、PPPダイアルアップ接続[Bluetooth]が追加されます。


 PPPダイアルアップ接続[Bluetooth]の設定画面では、新たに「デバイスノードの自動作成」が追加されています。

 こちらのチェックボックスにチェックを入れ、その下の「デバイスID」の覧に接続先のBluetooth機器Bluetoothアドレス入力すれば、ダイアルアップ時に自動的にペアリングが行われます。

 後は、通常のダイアルアップ接続と同様、電話番号、ユーザー名(ID)、パスワードDNS等の設定を行えばOKです。


無線LANBluetoothを同時に使用する際の注意点

 Zaurusでのネットワークデバイス検出には優先順位があるようで、無線LAN機器Bluetooth機器を同時に接続した場合、無線LAN側が優先され、Bluetoothダイアルアップでのネットワーク接続が選べません。

 CFならCFUSBならUSBと、それぞれを排他的に利用する場合は問題ありませんが、仮にCF側に無線LANカードを挿したまま、BluetoothUSBドングルを挿す等で共用を考える場合は注意が必要です。

2005-07-29

[][][] Bluetooth(BlueZ) の設定


 作業中、何度も再起動要求されたりして面倒くさいので(^^;)、 Bluetooth(BlueZ) の設定から始めます。


インストール


 まず、パッケージを取得します。

 以前紹介した alpha 版のパッケージですが、さらに版を重ね、現在は alpha4 版が公開されています。

 パッケージインストール後、自動的にシステム再起動が行われます。

 ただ、再起動時、 CF , SD スロットメモリカードを挿入しているとたまにハングることがあります。そのため、メモリカードは挿さずに ipk ファイルを本体メモリー上に置き、そこからインストールするのが無難です。

 万一、ハングった場合は、慌てずにカード類を抜いた後、改めてハードウェアリセットすれば大丈夫です。


設定 その1 Bluetooth 機器設定


 再起動したトコで、設定ファイルの修正を行います。

 基本的には、単純なテキストファイルの修正作業ですが、場合によっては、コマンドラインツールである hcitool も用いなければならないことがあります。

 そのため、コンソール環境を先に組んどくわけです。まぁ、設定ファイル修正するだけなら ZEditor でも良いワケなんですが(^^;)。

 とりあえず、然るべき編集環境を整えたら、 /etc/bluetooth/rfcomm.conf を修正します。

 修正箇所は基本的に二箇所です。

#
# RFCOMM configuration file.
#
# $Id: rfcomm.conf,v 1.1 2002/10/07 05:58:18 maxk Exp $
#

rfcomm0 {
	# Automatically bind the device at startup
	bind yes;

	# Bluetooth address of the device
	device 00:11:22:33:44:55;            <------ 接続先の機器アドレスに変更

	# RFCOMM channel for the connection
	channel	1;                           <------ W21T の場合は 8 に変更

	# Description of the connection
	comment "Example connection";
}

 接続先の機器アドレス機器本体で確認出来ない場合、以下のようにコマンドラインツールの hcitool を用いることで、接続範囲内に居る機器アドレスを取得することが出来ます。

hcitool scan

検索結果


 W21T や A5504T の場合は、DUNチャンネルが 「8」 以外だと繋がらないことがあります。このへんは接続する機器に合わせて修正を行って下さい。


 機器同士の暗証番号となる pin コードデフォルトのままでも接続動作自体に支障は無いのですが、セキュリティが気になる人は変更しておくに越したことは無いでしょう。

 pin コードを変更する場合は、 /etc/bluetooth/pin 、 /etc/bluetooth/givepin の二つのファイルを修正します。

# /etc/bluetooth/pin

1234             <----- 任意の四桁の数字を指定

# /etc/bluetooth/givepin

##############givepin#########
#!/bin/sh
echo "PIN:1234"  <----- /etc/bluetooth/pin で指定した pin コードを指定
################

 各設定ファイルの修正後は BlueZ のモジュール再起動が必要となります。

 単純に、モジュールのリロードでいけそうな気もするんですが、どうもうまく設定が更新されない時が結構多いみたいなんで、ここもザウルス本体の再起動かけとくのが無難です。

 とりあえず、一番面倒くさいのはここまで(苦笑)。


設定 その2 Bluetooth ネットワーク設定


 続いて、ネットワーク設定を行います。

 これまでは、テクノウでも紹介している、赤外線ダイアルアップでダミーネットワーク設定を用いる方法が一般的でしたが、 Anton Maslovsky さんのページで公開されているパッケージを用いることで、設定タブ中のネットワーク設定から Bluetooth でのネットワーク接続設定を作成することが出来るようになります。

 上記パッケージインストールすると、設定タブのネットワーク設定に Dial-up (Bluetooth) が追加されます。

ネットワーク設定


 以後の設定方法は、基本的に標準のダイアルアップ設定と同様です。

 ただ、画面の表記は全て英語です。念の為、補足しとくと、それぞれのタブは、

 Account = 接続先
 Modem   = モデム
 Networkネットワーク
 Proxies = プロキシ

に対応します。

 標準のタブと明確に内容が異なるのは Modem タブの内容くらいですが、大抵はデフォルトのままで問題無いと思いますんで、通常は触る必要も無いでしょう。


 ってことで、プロバイダの設定です。

 私の場合、プロバイダ@nifty を使ってるんで、

 Username : ドメイン名を付加した @niftyID ( MyID@nifty.com )
 Password : @niftyパスワード
 Phone    : *99**24#

 さらに、 DNS を明示的に指定する必要があるので、 Network タブの Auto-detect name severs のチェックを外し、その下のボックスDNSアドレスを指定します。

プロバイダの設定(接続先)

プロバイダの設定(DNS)


 au.net 経由で接続する場合の設定は、テクノウを参照して下さい(笑)


 以上の設定で、通常通りネットワーク接続が可能となります。

 NetFront 等での自動接続も正常に行えます。

自動接続



.......つづく(^^;)

2005-01-14

[][][][] au W21T と BlueZ と SL-C3000 alpha2

 と、言うわけで SL-C3000(2.4.20カーネル)対応のモジュールがいよいよ公開されました。

 テクノウ掲示板にて、ご報告頂いた corrupt_4さま、有難うございます〜(^^)。

 ってことで、早速試してみることにします。


 掲示板でご報告頂いた時点で、上がっていたパッケージは alpha2版でした。

 なお、後述しますが、この alpha2版のパッケージは既に消えてますんで、念のためこちらでミラーを残しておきます。

 このパッケージを用いて、テクノウのページの通りに設定を行ったところ、無事 SL-C3000+Bluetoothカード(Link Evolution Ib Card)と W21Tでダイアルアップ接続に成功しました。

 DUNチャンネルについては、5504Tと同じく「8」で接続を確認しています。

 サスペンド/レジュームに伴う問題は、これまでと同様に発生しますが、上記ページで解説されているパッケージを導入することで、SL-C760の時と同じく問題無く復帰するようになります(^^)。


[][][][] BlueZ for SL-C3000 alpha3

 さて、上記のパッケージなんですが、実は現時点(05/01/14)ではさらにバージョンが上がってまして、現在公開されているのは alpha3版となっています。

 alpha3版は、こちらのページで公開されている高速版Bluetoothドライバをベースにしている(らしい)ようです。

 特にベンチマーク等を取ったワケではありませんが、体感的に確かに心持ち早くなったよーな気がせんこともないかなー?(^^;)。

 ・・・なんですが、それよりも大きな問題が。このパッケージ使うと、

 何故か BlueToothカードの抜き挿しが出来なくなります(爆)。

 つか正確に言うと、挿すのはおっけーなんだけど、抜けなくなります(焦)。

 カードを取り外すためにタスクバーの CFアイコンタップするとそのままハングっちゃうんですな。ネットワークの接続状況に関わりなく。

 実際、コマンドラインから直接 "cardctl eject" しても同様の症状でハングアップします。

 まぁ、通信カードなんで、通信してない時見計らって、無理矢理ひっこぬいてもそんなに害は無いんですが・・・あんま気分はよろしくありませんなぁ(苦笑)。


 なお、alpha2では上記の問題は発生せず、正常に CFカードの挿抜が可能です。

 alpha2版と alpha3版の機能的な差異は現状殆ど見受けられません。

 速度差等、厳密に言えば色々とあるとは思いますが、実際、体感的にはさほど目立った差異は、少なくとも私は感じていません(^^;)。

 まぁ、となると、とりあえずのトコロは alpha2版をそのまま使うってのが一番無難かと思うのですが・・・開発途中と言うこともあり、alpha3版が上がった時点で alpha2版は既に消されちゃったみたいです(汗)。

 ってことで、しゃーないんで手元に残ってる alpha2版のパッケージと alpha3のパッケージを比較してみました。

 ちょこちょこと内容を見てみたところ、CFカードの挿抜関係は /etc/pcmcia/bluetooth で制御してる模様。ぶっちゃけ、シェルスクリプトなんで、解析はさほど難しくはありません。

 内容的には、alpha2版ではざっくりとカード情報だけ見て、スロットの ON/OFF だけしてたのに対し、 alpha3版では厳密にモジュールをロード/アンロードとかしたり、バックでデーモン動かしたりしてるみたい。逆に、そのせいで cardctl eject 時にどっかでひっかかっちゃってるみたいです。

 ってことで、とりあえず alpha2のパッケージから、上記ファイルを抜き出し、alpha3の環境に上書きすると、正常にカードの挿抜は行えるようになりました。

 動作についても、こと上記環境でダイアルアップ接続してる分には、特に問題は起きてません(^^;)。

 まぁ、上にミラー置いてますんで、それそのまま使うでも良いとは思いますが、一応動作検証ってことで。

2004-11-22

[][][][] au W21T と BlueZ と SL-C3000(^^;)

 と、言うワケで、色々ありまして W21Tを購入しました。

 まぁ、色々と細かい話は個人的な話でもありますし、こちらでは割愛するとして、りなざうでの動作検証に絡む部分だけ見繕っとくことにします。

 SL-C760と W21Tとの Bluetooth接続自体は、テクノウのページに書いてある手順そのままで利用可能です。

 DUNチャンネルも 5504Tと同じく「8」で認識します。

 ただ、au.netへの接続に際して、接続先のパラメータがページでの記載と異なることに注意が必要です。

 これは、au.netの接続先はWIN端末(W21T)と、PacketOne端末(5504T)で、接続先の番号、ユーザIDが異なっているためです。最初、気づかず見事にハマりました(^^;)。

 詳細に関しては、au.net接続設定を参照してみて下さい。

 2.4MbpsのWIN端末で接続した SL-C760は、正に爆速!無線LANでの接続に勝るとも劣らない・・・いや、本気で自宅の11b環境よりも体感速度は速く感じるくらいです(^^;)。

 なんですが・・・、あれ?、SL-C760???

 ・・・そう、大きな落とし穴が一つありました。現状、SL-C3000では・・・、

  BlueZが動作しません(核爆)

 とりあえず、軽く調べてみます。

 まず、 /etc/rc.d/init.d/bluetooth を叩いてみます。

 すると、一部のカーネルモジュールが見当たらないようです。

 ってことで、 /lib/modules/ 以下を覗いてみると・・・・

  /lib/modules/2.4.18-rmk7-pxa3-embedix/
  /lib/modules/2.4.20/

 待て待て待て待て(^^;)。

 よーするに、カーネルのバージョン自体が C3000と、それ以前で異なっているようで・・・。

 駄目元で、 2.4.18-rmk7-pxa3-embedix以下のモジュールを、2.4.20 の下に配置しなおしてみたりもしましたが、これは当然のようにカーネルのバージョンが合わないんで、玉砕。

 ってことで、要は BlueZのカーネルモジュールをリコンパイルしてやれば良いワケで、それだけであっさり動くような気はするんですが・・・、ただカーネルモジュールってことは、カーネルソースが要るんとちゃうのん?(爆)。

 まぁ、USBホストが使えるようになったんで、そっちに期待繋ぐって方法もあるかもしれませんが・・・。でも、やっぱり一刻も早く、カーネルソースぷりーず、SHARPさま(涙)。

taketyon
taketyon