takezawa_kazutoの日記

2006-08-15 8月15日を迎えて

8月15日は日本が敗戦した日でもあり、また平和憲法を掲げて力強く立ち上がった日でもあります。私としては、この日も国民の祝日としてもよいのではと思っています。よくマスコミは「終戦記念日」と報じていますが、ただ単に戦争が終わった日なのではないのです。

ある小説には戦争についてこう書かれています。「人間には二通りの考え方がある。人の命より守るべき大切な価値がある、という考え方と、人の命ほど尊い価値があるものはない、という考え方だ。人間は戦争を始めるとき前者を理由にし、終わらせるときは後者を理由にする。そうやって人間は数千年もの間ずっと戦争をしてきたのだ。」と。

今の日本はどうでしょうか。「我が国」という尊い価値を守るためには、多少の人の命は犠牲となっても止むを得ない、という考え方に賛同する人が多いのではないでしょうか。先の大戦についても、日本は経済封鎖されて仕方なく戦争を始めたのであり、日本だけが悪いわけではないと考えている人が多いのではないでしょうか。

時の過ぎることは嫌なこと、つらいことを忘れさせてくれるものですが、時が過ぎても忘れてはならないこともあります。戦争の悲惨さ、残酷さ、醜さ。他の何かのために人の命を犠牲にするむなしさ。誰か特定人を崇拝することの愚かしさ。こうしたことを今日のような記念日に思い返してみることはとても重要なことだと思います。

靖国問題は政治問題化していますが、私は靖国問題がきっかけとなって、靖国神社の意義や政教分離原則、慰霊祭等について検討していくのは好ましいことだと考えています。願わくば感情的な議論ではなく、できれば学問的に議論するようになれればいいなと思います。