Hatena::ブログ(Diary)

takikioの日記

2017-01-07

甲斐信枝さんのこと

16:35

今年の年賀状は、3種類作り、一番数多く出したのは、

あけましておめでとうございます。
十一月のある夜、何気なくチャンネルを回していて足元の小宇宙と左上にテロップがでている番組の画面に何かを確かに感じ、しばらく観ていました。このおばあさんは初めて会う人なのかしら---右上に入力モードが表示された部分に見え隠れしているテロップを読んでみると絵本作家がみつける生命のドラマとありました。と同時ぐらいにナレーターがカイサンとその人のことを呼んだのです。「えっ、この人、甲斐信枝さん?」飛び上がりそうになりました。生きておられたのだ---しかもしっかり大地に足をつけて骨太に軽やかに!今から三十年余り前、我が子が保育園から持ち帰る福音館書店のはじめてであうかがくえほんシリーズを気に入っていました。或る月の「ひがんばな」にとりわけ強く惹かれ、理科の教師であった私は高校生にそのまま読んでも通用するのではないかと考え、九月、いっせいにヒガンバナが咲き始めた頃、恐る恐る授業のはじめに絵本を読んでみました。読み終わるとなんと拍手が返ってきたのです。その感動を伝えたくて福音館書店気付で甲斐さんにお手紙を書きました。するとしばらくしてお返事をいただきました。その文面といい、書かれた文字といい、あの絵本の絵の雰囲気、イメージとぴったり合い、人間的にも素晴らしい方なのだと感じ入りました。ご住所は京都市の中心部のものでした。何回か年賀状のやり取りをしてそのままになったのですが、番組で火事に遭われご自宅が、七十冊を超えるスケッチブックが全焼し、京都の郊外に移られたことを知りました。その不運を甲斐さんは自然の生き物の生き様から安住という境地を教えられて乗り越えられたと語りました。番組の最後はヒガンバナのスケッチでした。
今年も様々な出遭いを愉しめますように。     丁酉 元旦

と書いた。

ひがんばな (かがくのとも絵本)

ひがんばな (かがくのとも絵本)



その甲斐信枝さんの名前を昨日の新聞の広告、「婦人公論」の中に見つけた。
購入。

小林聡美の「いいじゃないの 三人ならば」という記事。

小林聡美本上まなみと甲斐さんの対談。

さすが、甲斐さん。愉快だった。以下、甲斐さんの発言の抜粋。

*私は映画や舞台は観ないものですから、お二人のことは全然存じ上げなくて。本当にごめんなさいね。女優さんとお会いすることなんてないし、人間と付き合うこともあまりないですから。

*テレビといったらチャンバラしか見ないの。殺し屋が好きで。

*殺陣が好きなんです。今日の型や斬られ方はもうちょっと工夫すればよかったとか、あれじゃあ藤田さんがやりにくかっただろうな、とか。----ほかは天気予報とニュースがほとんどです。

子どもの頃は体が弱くて病気ばっかししていたの。それで一人遊びが多かったんですよ。特に草遊び。「スベリヒユ」ってご存じないかしら。私は「お肉」と呼んでいたけれど、肉質の芽を刻んでままごとにしたり。そういうのが友だちだった。それからにおいが好きでした。菜の花とかカラスノエンドウとか。魅力がありましたね。

*虫はねぇ、芋虫とか平気だったんですけど、親が危ないって言って嫌がられました。だけどチョウとかトンボとか----あの、やりませんでした?赤とんぼのお尻を千切って、唐辛子だって売りつけるの。

赤とんぼのおしりって唐辛子に似てますでしょう。私は子どもの時にそういう経験をさせないと、大人になってから残酷になると思うんです。無益な殺生は大人になってからはしてはいけないから。子どもの時にうんとさせとくといいと思いますよ。残酷とはどういうことか会得しますから。

*絵は子どものときから好きだったし、コンクールで入賞するぐらい、クラスでもダントツでうまかったんです。だから女学校の先生が、絶対に美術学校に行けって。それから国語がよく出来たので、国語の先生は絶対に文学の方に進めって。ところが私はなんにもする気がなかったんです。怠け者で。

*30歳になってもね、結婚するとかしないとか考えたこともなかったけど、これじゃあ飯が食えないから嫁にでも行くかと思ったら、時すでに遅し。それで仕方がないから、まず勤めたの。東京慶應大学医学部精神科で秘書をして、教授からも重宝されました。でも結局は、明日から交代がきく仕事なんです。そういう仕事はいやだって思ったんですよ。

*(怠け者はそんなこと考えませんよ)それには理由があるんです。自分で仕事を持たないと、モノが見えなくなる。これは困るなって。それで秘書をやめて、じゃあ、何をやるか。うちには好きで描いていたスケッチブックがたくさんあった。そこで、アルバイトをしながら童画の先生についたんです。それが32、33歳の頃。でもちっともうまくならない。先生からは「うちにきて4〜5年たつのに困るよ」って言われました。40歳のときに、最初は童心社で絵を使ってもらい、そこから福音館書店を紹介されて『ざっそう』という絵本を出しました。四十数年、あっという間でしたよ。

*私は絵本を作るとき、まず自分の目で対象物を観察し、対象物から教わった知識をもとに専門家の指導を受けるようにしています。先に知識を得ていると驚きがなくなってしまうので、本は絶対に読まない。それで2015年に出した『稲と日本人』の場合は15〜16年かかった。その間,ほかの仕事は何にもしなかったのよ。とにかく植物の観察には最低1年、そして描くのに半年かかります。

*(どこか、(住むのに)いいところはありませんか。)あのねえ、奈良がいい。『ひがんばな』という絵本を描いたとき奈良に通い詰めましたが、古い文化があって、奈良の人も懐が深いように感じました。

*(甲斐さんは植物や虫の時間の経過の仕方を、同じ次元で体験されているように感じたんです。)相手を知りたかったら、相手にリズムを合わさなくちゃ。一年草なんてね、1年で一生が終わるんですよ。私たちの一生は八十何年。サイクルが全然ちがうでしょう。3日見ない間に、向こうはもう何年も生きているわけ。だからものすごく忙しい。もうじき花が咲くかなと思って、行ってみたら咲いた後だったとする。大事なところを見損なってごらんなさいよ。また1年待たなきゃならない。

*わかったような気になることもあるけど、正直なところ、さっぱりわかりません。植物は何を考えているかわからないし、反応もしません。でも、だから興味がある。反応されたらつまらないでしょ。人間と同じ発想で生きているならば人間でも間に合うけれど、全然わからないのが魅力ですね。

*でも私は植物の恐ろしさは感じますよ。ぞっとするような動き方をしますから。それはじいっと写生していないと見えません。一日坐り込んで、描かいでか、というふうに思うじゃありませんか。するとみせる。

*動いてみせる。すごく怖かったのはね、葛。あれ、動いちゃって動いちゃってしようがないの。写生していて、もたもたすると向きが変わってしまう。それもなんいもないところには向かわないんです。草むらの、仲間がいるほうへ向きを変える。

*(どこが動くんですか?)全部。植物を描くときのコツは、何かほしがったらダメ。こっちの目が濁っちゃう。何も考えないでじっとしているとみせてくれるんですよ。でも、いいものをもらいたいと思うと絶対にくれない。

*人間はすごく優秀な生き物だけれど、ほかに比べたら獰猛というところがありますよね。植物もそうですけれど、生きるために相手を倒す必然がある。だけど遊びで相手を傷つけたりするのが人間という気がします。遊びが入ると残酷になるでしょう。遊びがないとちっとも残酷じゃない。蜂は我が子に餌をやるために、必死になって虫を倒しますよね。無駄がなくてきれいですよ。見惚れますね。本上さんがおっしゃるように(鴨川には欅の大木がずんずん生えていて、葉っぱが落ちるときにすごい音がする。ざわざわざわと、恐ろしいぐらいの音をたてて葉っぱが落ちてくると彼女が語ったことを受けて)相手がざわざわ語ってくれるってそういうことなんじゃないかな。私は首から上は全然使わない訓練をしようと思っているから。---私、労働者ですから。肉体労働の仕事ですから。         (この書き抜きの文責はtakikioにあり

小林聡美の対談の締めは「いつか甲斐さんに見ていただける時代劇に出なければ。」

yonnbabayonnbaba 2017/01/22 12:33 takikioさん、お帰りなさい!首を長くしてお待ちいたしておりました。
なんど覗いては落胆したことか・・・。
諦めてこのところ訪問せずにいたら・・・、なんと念頭から復帰なさっていらしたのですね。
お元気で良かったです。

2016-06-05

描く

19:36

今年もまた、近くの公民館デッサン講座に通っている。
講師は昨年と同じ永津照見先生。

昨日あった第3回ではテンペラ画なるものを初体験。先生が支持体を準備してくださり、その場で卵を使って作ってくださったテンペラ絵の具で描く。面白かった。

f:id:takikio:20160605161723j:image:w360

何に見えるだろう。トマトです。



以下2枚は最近ツレアイが広告の裏に描いたもの。

f:id:takikio:20160605161857j:image:w360

f:id:takikio:20160605161921j:image:w360

まだ未完成だそうだ。ミカンの方は表の広告がうつっている。

inuwan33inuwan33 2016/06/05 20:31 ツレアイさんはひょっとして美術の先生でしたか?

takikiotakikio 2016/06/05 23:51 いいえ、違います。
絵を描くのが好きな日本史の研究者です。

2016-06-01

日本の伝統美を訪ねて---金沢の和菓子

18:12

友人から借りている本がよい。

日本の伝統美を訪ねて」芝木好子著 日本交通公社 1973年発行

金沢和菓子

森八の取材
有名な長生殿は前田利家秀吉に献上したと伝えられる。昔は白色長方形で表面に胡麻がふりかけてあった。後水尾天皇がごらんになって「田の面に落つる雁のよう」と仰せられたので落雁の名が付いたという。三代利常の創意で墨の形にし、小堀遠州が名付けて「長生殿」の三字を篆書体で記す。これが墨形長生殿の始めとされる。

今は紅白の干菓子で紅は凜とした鮮やかさに高貴な女人のおもかげがある。これより一刷毛濃くてはくどくなり、薄くてはぼやける一瞬の決まりの色である。二つの色の取り合わせは美しい雛の一対を見る思いがする。

一個の干菓子「長生殿」を300年守り育てることは一軒の菓子舗の生きた歴史そのものであって代々の人の並々ならぬ思いがこめられ、受け継がれたことである。「伝統のあるお店の屋台は重いでしょうね。」「それはもう、自分のものという気がしません。自分たち一代を大過なく過ごせたらと思います。」

長生殿は餅米の粉と和三盆を蜜でしめらせて手早くまぜて揉み、紅色は本紅(!)をまぜる。一個50円でそのうち本紅が16、17円かかると聞いた。本紅は山形の紅花から作る天然色素で高価なのだった。(現在は250円する)

このあと「千歳」の話になり、あと菓子の木型の話と移る。



「千歳」はどんなお菓子だろうかと森八のHPに行くと、書籍も扱っているようだ。クリックすると「あなた、わたしも闘います」というタイトルで、

1995年、370年の和菓子の老舗「森八」が倒産の嵐に巻き込まれた。
「森八は私物ではない、日本文化の誇りを守れ」の激励の言葉に涙と共に決然と立った夫と妻。激励の言葉の背後にひそむ企業の生命力の本質は?奇跡のように復活した日、振り返ると父母の愛に飢えた子供たちの姿がそこにあった。暖簾を守った闘いの記録。


という内容紹介があった。注文する。


去年、森八を訪ねる機会があり、大樋焼きの美術館の前に建つその店構えはりっぱで新しい建物だが老舗の風格が感じられた。長生殿小墨と呼ばれる小さい方の長生殿をみやげに買った。お茶の世界では一目おかれていて私も知っている干菓子であったが、こんな歴史を背負う銘菓ということまでは知らなかった。あの紅色が本当に山形の紅を使っていることなどこれを読むまで全く知らなかった。


芝木好子の本はこれを含めて15の訪問記である。しばらく借りてここで紹介していきたい。

2016-05-30

どくだみ

23:43

100円で15匹あったイワシ。いかにも新鮮。頭と内臓を取って洗って水気拭き取って小麦粉まぶし、油で揚げる。おいしかった!!

今日は家にいて過ごす(といっても買い物には出た)。

鬼トレに40分ほどかかる。
カーブスも行き帰り入れて小一時間
灰形も40分は今の所かかる。
買い物に90分。
仮名のお習字に15分。

そして今日は友人に借りたビデオ「カミーユ・クローデル」(1990年代の作品かな)を見ながら先日洗っておいた着物をほどく。単衣なのでビデオの三分の一ほどを見たところでほどき終わる。アイロンをかけておく。緑の紬。キュロットスカート的なパンツをつくるつもり。

もっと時間を有効に使っていろいろなことができるはずなのに、昔ならできていたのに最近はなかなかはかどらない。

でも余り焦らないことにした。

鬼トレをやってみるといかに自分の能力が落ちているか愕然とする。この事実をしっかり直視すべきだ。

f:id:takikio:20160520074838j:image:w360

庭がドクダミの純林のようになっている。
今年もツレアイは干してドクダミ茶をつくるらしい。

caravan9336caravan9336 2016/06/20 19:05 キュロットスカートができたらアップしてくださいね。

takikiotakikio 2016/06/20 23:16 caravanさん、お久しぶりです!
ありがとうございます、コメント。
洗ってほどいてアイロンかけたところで止まっています。

2016-05-28

5月四阿歌会

00:00

明石公園には四阿が何カ所かあるが、そのうちの一つで歌会。途中で鶯の鳴き声、そのうち烏の鳴き声に変わる。雨もそぼ降る中、今日は5名の参加。

5つ提出したが1つは自分でもあまりにひどいと思え、カット。

記録のため、4つ記す。

国家資格手にする友の弾む声苦労話に用件かすむ
御影石ぐるりと並びし輪廻なるモニュメントあり舞子の浜に
パーキンソン病む義兄に柔らかき声かけ入る異国の助手は
3キロのキャベツ届きて日々思案ポトフをつくり明日はお好み

お粗末でした。


他の皆さんの素晴らしい歌の数々。了解を得ていないので記せないのが残念。


次回は9月。

Connection: close