力士の小躍り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-05

[] プチプチブル 17:59  プチプチブル - 力士の小躍り を含むブックマーク  プチプチブル - 力士の小躍り のブックマークコメント

  

 私が小学生のとき、家を新築した。

 祖父が地主であったため、上物だけを建てれば良いので、普通に土地ごと一軒家を買う人に比べたら、上物にかける金額に余裕があるため、お袋は自分の気に入ったように間取りを考え、建築家に注文をした。

 当時、私の友達で私の家よりも新しくて広くて立派な家に住んでいる者はいなくて、私は普通にプチブルであった。

 駅の反対側には大きな集合住宅地があり、いわゆる団地妻がいっぱい生息していた。その団地妻の子供たちが多く同じ学校に来ていた。

 団地住まいの親は家に子供を呼ぶのを嫌がる傾向があり、必然的に私の家に遊びに来ることが少なくなかった。

 そして、親の威を借る私は、私の家を見て「いいなぁ〜」と羨ましがる友達に対して、プチブル根性丸出しにも「そう?」などと答えたりした。嫌なガキだ。

  

 もう少し思春期になると、親の経済力というのは、ある種の諦観が芽生えるのと時を同じくして、受け入れるが故の恥ずかしさも発生する。

 給食費がみんなよりも少ない友達が、デリカシーに定評のある男に「生活保護を受けてるんだ?」などと訊かれると、そこまで訊いていないのに「うちのお父さんは、規定にほんの少しだけ満たないだけなんだって。ほんのちょっとだけなんだよ」と必死に強調していたのが思い出される。親からそう説明されていたのだろう。

 親の経済力が親の価値を判断する要素になるという、強ち全否定まではできないけれども、必ずしもそうでは全くない「真理」を気にせずにはいられなかった。

  

 いつも私の家に遊びに来ていた小川君に私は言った。

「今度、栄作(小川君のこと)の家に遊びに行こうよ」

「ウチは駄目だよ」

 にべもないとはこのことか。

「なんでダメなの?」 

「ウチはアパートだからさ、お母さんが嫌がるんだよね」

「たまにはいいぢゃん」

「隣との壁が薄いからさ、大騒ぎして遊ぶと隣に迷惑なんだよ」

「静かに遊べば良いんぢゃん」

「でも狭いし」

「ならトランプでもやろうよ」

「トランプなら瀧澤君の家でやればいいじゃん」

「だって栄作の家だって見たいぢゃん」

「ウチは駄目なんだよ」

 ここまで頑なに拒否されると私の真性ドSの魂が疼く。意地でも行ってやろうと決意した瞬間、小川君はポツリと呟いた。

「すごくボロいんだよ。ウチのアパート。だからさ、見られるの、恥ずかしいんだよね」

 私はこういうのにとにかく弱い。

 でもだからと言って「ボロいのは恥ずかしいよな。なら見るのも可哀想だからやめておくか。あっはっはー」と言うわけにもいかない。

 私はなけなしのデリカシーを発揮してインチキ臭く爽やかに答えた。

「別に恥ずかしくなんかないよ。良い家で遊びたいんじゃなくて、栄作の家で遊びたいんだよ」

 プチブルの余裕がなせる技である。

  

 あれほど頑なに嫌がっていた小川君が何故か突然折れて、早速その日、私と井本君と小川君の家に行くことになった。

 学校からの帰りの道すがら、小川君は何度も私と井本君に繰り返して言った。同じようなことを何度も繰り返して言っていた。

「本当にウチはボロいから」

「むちゃくちゃ汚いアパートだから笑うなよ」

「貧乏だから嫌なんだよね」

「汚いボロアパートが嫌だったら、すぐに外で遊ぼうな」

  

 直前まで来て、小川君は少し卑屈そうな笑みを浮かべて、私と井本君に言った。

「本当に嫌なんだよなぁ」

 まだ気にしている様子なので私は敢えて軽く返した。

「別にいいぢゃん」

「だって、絶対に想像以上のボロ家なんだぜ。本当に汚くて酷いんだよ」

「気にしないよ」

「うーん。あれだよ。想像以上にボロいだろ。いいよ、笑ってくれよ」

  

 照れくさそうに小川君が指した指の先には、私の祖父が経営していたアパートがあった。

 私はどんな家でも笑わないでおこうと心に決めていたのだが、素で笑えなかった。

2007-05-29

[] 今話題のレイプコミュニケーションについて 20:18  今話題のレイプコミュニケーションについて - 力士の小躍り を含むブックマーク  今話題のレイプコミュニケーションについて - 力士の小躍り のブックマークコメント

  

 真性ドMの人が最近「ファックコミュニケーション」というものについて突っ込んだ(byシモネタ大王)研究をしています。

http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20070526/p2

http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20070527/p1

 私は上品な人間ですので、他人を罵ったりとかはしないわけですよ。

 冗談であっても、人様を悪く言うことなどはありません。なので全くの異文化の話です。

  

 で、id:pal-9999さんに対して、id:b_say_soさんが関連エントリを書いているんですが。

http://d.hatena.ne.jp/b_say_so/20070528/1180323906

 「女の人でもやる人はやるよ」という話なんですが、やり取りの「例」を読んでみたんですけど、もうね、ぬるいんですわ。温い。

 こんなんちょっとした冗談であって、罵り合いとか罵倒とかでは全くないでしょ。

 そのことを本人に言ったところ、お返答をいただきました。

ファックコミュニケーションてよくわからんけど仲いい同士ではOKだけどそうでないひとにやるとたいへんなことになるよ!コミュニケーションのことなんじゃないんでしょうか。なので体のこと(体系、肉、足の長さ、顔など)に関する冗談というかからかいというかは下手したら致命傷になりますよ。えぇ。仲良くないといわない。

http://fragments.g.hatena.ne.jp/b_say_so/20070529/1180365973

 いや、圧倒的に温いって。ぬるくていいんだけどさ。

 というか、逆に言えば、女の人が「女の人でもやるよ」というのは、この程度の可愛いレベルなのか、という話で、逆に言えば男との温度差がわかるという話かもしれません。

  

 で、「体のことに関する冗談というかからかいというかは下手したら致命傷」というのは確かにその通りの場合がある。

 私がたしか十八歳のときだから物心のつく前のことだ。

 学校の行事のことで二十人ぐらいで役割分担を決めていたときのことだ。一浪で入ってきたために年齢がひとつ上だった山口さんが、開口一番、自分の考えた仕事の割り振りを提案した。

 ところが、その割り振りは、恐ろしく自分に有利なものだった。わかりやすく金額にたとえると「俺は五百円払うから、みんなは五千円づつ出そう」というぐらいに、自分にだけ異常に甘い、驚くべき提案だった。

 これは本気で言っているのか冗談なのかわかりかねる提案だったが、あまりにその自分にだけ甘い提案に、全員が思いっきり突っ込んだ。

 「おい、そりゃいくらなんでもねーだろー」

 「ふざけんなよ。そんなん通るわけないだろ」

 「阿呆か。なんでだよ。自分ばっかりズルいぞ」

 コテコテなまでの全員同時突込みだったわけだが、彼は私の突込みを聞き逃さなかった。

 私の突っ込みは「ちょっと待てよ。冗談は顔だけにしてしてくれよ」

 なんか、昭和生まれのレトロな表現だ。

 山口くんは、真面目な顔をして私に言った。

 「それはどういう意味だ? ちょっと外で話がしたい。出よう」

  

 別に私と山口くんは、それまで仲が悪かったということもない。しかも、山口くんは明らかに私よりも弱そうであり、暴力沙汰の心配はないため、私は露骨に「面倒臭いな」と思いつつも、山口くんに従って廊下に出た。

 山口くんは真顔で私に迫ってきた。

 「どういう意味で言ったんだ」

 「あんな自分勝手な提案で認められるわけないでしょ?」

 「僕が言っているのは提案のことじゃない。僕の顔は冗談みたいなのか!」

 はい? なんですと?

 「そんなの慣用句じゃん。そんなくだらない話ならもういいよ」

 「僕の顔がくだらない話だというのか?」

 山口くん、別にイケメンとかじゃないんですよ。地味な顔をした、オッサンみたいな顔です。十九歳なのに。眼鏡をかけて丸顔で、くたびれたサラリーマンに成長したのび太みたいな顔でした。

 「別に顔の良し悪しの話じゃないだろ。どうでもいいよ」

 私が部屋に戻ろうとすると、山口くんは私の肩に手を掛け、必死に訴えかけてきました。

 「僕は今まで誰にも変な顔だなんて言われたことはない。親にだって変だと言われたことがない。僕は初めて言われた。だから聞いてるんだ。僕の顔は冗談なのか!」

 これ、実際に言われたセリフなんですよ。しかも泣きながら。

 全然イケメンでもないんですよ。どっちかといえば、明らかに女性に受けない顔だし、事実、全く受けなかった。

 私としては自分の置かれた状況があまりにシュールだった。

  

 とりあえず私としては、顔はもう笑っちゃうわけですが、相手はどうやら真剣のようですし、しかも涙ながらに訴えてきてますし、他の友達も遠巻きにやり取りを見てますし、どうして良いのかがわからない。

 今ならば「かわいいよ。山口くん、かわいいよ」とでも言うんでしょうが、多感な性春時代にホモの噂も嫌ですから、私はとりあえず笑いながら困惑するしかなかった。

 「わかったよ。悪かった」

 「いや、ちゃんと発言を撤回しろ」

 とにかくもうチン毛も生えたもうすぐ二十歳の男が号泣しながら「撤回しろ」と言ってくるわけです。

 私も、本当にどうでもいいわけですから、簡単に撤回したわけです。

 「わかったよ。撤回するよ。冗談なのは、顔だけに限らなくていいよ」

 いや、ビックリした。十九歳、泣きながら腕を振り回してきた。私はポカポカと叩かれたわけです。

  

 見ていた友達が止めに入ってきて、山口くんは友達に宥められながらも泣きながら「撤回しろ」というわけです。

 「撤回も何も本気じゃないだろ。撤回ぐらいするよ。するけど、なんなんだよ一体」と言うと、仲裁している友達が聞いてきました。

 「一体どうしたんだよ?」

 「親にも変な顔と言われたことがないんだって」

 「?????」

 シュールです。

 人生、どこにどんな罠が隠されているからわかりません。 

  

 結局なんか、山口くんを宥めてきた友達に「まぁ、でも、やっぱり、顔のこととかを言っちゃったわけだから、謝ってきなよ」という助言を受けまして「そうだね」と言いながら、さすがにわざわざ謝ることはしなかったのですが、確かにこういうことは無いとは言えないわけです。

 だがしかし、私は「体のことに関する冗談というかからかいというかは下手したら致命傷」というよりは、山口くんの精神構造のほうが致命傷のような気がします。

 正直、そういう人間とは業務上の付き合い以外、関係が切れちゃったほうが良いとすら思えます。

2007-04-22

[] 我輩は下戸である 15:50  我輩は下戸である - 力士の小躍り を含むブックマーク  我輩は下戸である - 力士の小躍り のブックマークコメント

  

 私は酒も飲まなければ煙草も喫まなければ賭け事もやらなければ女遊びもしない。

 「それで人生楽しいの?」とか言われるわけだが、酒飲んで煙草吸ってギャンブルに金をつぎ込んで風俗行ったら、人生が楽しくなるということは、私にとっては、ない。

  

 酒は体質的に向いていない。

 しかし私は、飲み会というのは、限定的に嫌いではない。

 あからさまな上下関係がない場合。そして、人数が七人以下の場合だ。

  

 私は酒が飲めないにもかかわらず、酒が入っていないと言えないようなことをいうデリカシーを持っている。

 だから飲み会に過度なハイテンションがなければ、楽しめないことはない。

 しかし下戸にとって、ある程度楽しめるようにするにはしておかなくてはならない作業があって、それは参加者に「私は飲めない」というのを知らしめておかなくてはならない。

 最近は、飲めないという人間に、無理に勧めるというノリはかなり減っていて、これは非常に有難い風潮で助かっているのだが、未だにDQNは存在する。

  

 私が酒を飲めないというのが、どの程度のものかというと、ビールを200mlで生命の危険に至る。

 友達の結婚式の二次会で、お冷に使うような小さいコップに、ビールを一杯と半分飲んだ日、吐きに行ったトイレで、瞳孔が閉じていくのか、視界が徐々に狭くなっていき、覗き穴から覗いているように、真正面の真ん中だけしか見られないという症状になった。

 あー、これはちょっとやばいな、生命の危機かも、と思い、みんなのいる部屋に戻って、動かないようにして回復を待った。

 しっかり完全には回復はしないままながら、なんとか家に帰り、翌日には普通に戻ったわけだが、一切酒を飲まないようにしたほうがいいなと心に決めた。

 なにしろ、飲んだところで、つまらなくなるだけなのだから、飲む意味がない。

  

 ところが、DQNというのはいるもので、安田という酒癖が悪い先輩と飲みに行かなくてはならない時があった。私とは直接業務上の関係はないのだが、先輩は先輩だ。

 通称「ヤッサン」と呼ばれる、典型的な酒癖が悪いタイプで、酒を飲むと他人に絡む。絡み上戸だ。

 で、私はそのヤッサンとは一番離れたところにいて、とどこおりなく飲み会は始まった。

 が、進んでいくとヤッサンが出来上がって、私に「飲め飲め」というパターンから入り、「飲めないんで」と断ると、「なんだ俺の酒が飲めないのか」という古典パターン。

 「誰の酒でも飲めないんです。体質的に飲めないんです」と断っても「だめだ、俺の酒は死んでも飲ませる」という最悪パターンですわ。

 「このビルの屋上から飛び降りるか、このビールを飲むか、どっちか選べ」とか言い出して、さすがに回りも止めに入ったんですが、この人が一番先輩であったし、DQNですから周りの言うことを聞きもしないわけですよ。

 「俺は酒の上での無礼なら我慢するが、こいつは酒も飲まず、酔ってもないのに、素面で俺を反抗的な目で見ている。それが許せん」とか言ってるわけです。

 で、周りも困ってしまい、しかもまわりも、いくらなんでも私が、コップ一杯のビールすら飲めないとは思っていないので、「とりあえずここは一杯だけでも飲んどけよ」的な空気になるわけです。

 飲み会は険悪な雰囲気になり、もう「お前が飲んでくれれば、これで無事に帰れるんだから」的な空気が流れます。

 凄まじいまでの同調圧力に、私はそのコップ一杯のビールを一気に飲みました。

 するとヤッサンは「よし、もう一杯」とか言い出したのですが、周りが「よし飲んだ、さあ帰りましょう」とお開きに持って行き、ヤッサンは私に悪態をつきながらも納得し、帰ることになりました。

  

 地下鉄に乗るためにぞろぞろと階段を降りるとき、またヤッサンが絡んできました。

 「今度はお前、俺が『良い』と言うまで飲ませてやるからな」

 とりあえず私は「あははははははは」と酔っ払ったような笑い方で大笑いすると、ヤッサンの背中をドンと押しました。

 ヤッサンは地下鉄の階段を転がり落ちました。その様を私はまた酔った笑いで「あははははははは」と指をさして笑いました。

 押したといっても、階段の途中で十数段のところですから、残念ながら死にはしないわけで、ヤッサンは「いててててて」とか言いながら千鳥足で起き上がっています。

 それを見てまた私は「あははははははは」と笑いました。そしてヤッサンの背中をなでながら「大丈夫? あはははははは」とまた笑いました。

 その後、それぞれの家の方面へ、地下鉄に乗って帰りました。

  

 翌日、そのヤッサンの課の友達から内線電話がかかってきました。

 「ヤッサン、太腿が痛いとか言ってすごい怒ってるぞ」

 「なんで? なんかあったの?」

 「え? 覚えてないの?」

 「なにを?」

 「瀧澤さん、ヤッサンを階段から突き落としたじゃん」

 「まさか」

 「本当に覚えてないの? まわりすげー凍ってたじゃん」

 「え? どこで? いつのことだよ?」

 「マヂかよ。こえーなー」

 これ以来、ヤッサンに絡まれることはなくなり、ずっとかなり嫌われてはいたようですが、飲み会では腫れ物に触る扱いで済むようになりました。ヤッサンその後しばらくして転職したので関係なくなりましたが。

  

 それ以来、飲み会の前には「私、ビールを一杯飲んだだけなのに、全く記憶をなくして、階段から人を突き落としたらしく、絶対に酒は飲まないって心に決めてるんですよ」という話をするようになった。

 「私は体質的に酒は合わないから、ビール一杯でも身体に異変が出て危険だから飲まない」と言っても、「でもちょっとは飲めるんでしょ?」と言って勧めようとする奴はいますが、上の話をすると、今のところ、まず勧めてくる奴はいません。

  

 酒の席でのコミュから見た非コミュ

 こんなマッチョな記事が話題になっていたらしいですね。書いている花見川さんという人は、女性にも男性にも等しく優しい、同じだけ愛情を持って接する人らしい。

  

 酒を飲めない人間はね、人を階段から落としたり、いろいろと苦労があるんですよ。っま、落とした記憶はないんですけどね。

takisawatakisawa 2007/04/23 22:32 ブクマコメントの皆さん
「その手があったか」とか「これはすごい」とか「上手すぎる」とかの評価を戴くのは有難いのですが、これ、記憶がないですからいいですけど、実際には嫌な作業ですよー。
2〜3メートルの落差はあるわけだし、打ち所によっては死んだり、障碍が残ったり、流血したりという可能性もあるわけです。
これは「体質的に飲むと死ぬかもしれない」と言ったら、「飲むか、ビルから飛び降りろ」という話になったからの已むに已まれぬ正当防衛であって、でなかったら、やりたくない作業ですよー。
「いてててててて」とか言って起き上がっているから笑えましたけど、死んだり障碍が残ったりしたら、後味悪いし、どこまで情状酌量が効くのか。
主観としては正当防衛ですが、過剰防衛扱いにされる可能性もしっかりあるでしょう。まぁ、無理矢理飲まされたアルコールで記憶がなくて、心神喪失状態でしたからいいんですけど。
ただ私の話を利用して、「学生時代に酔って人を階段から落としたことがある」と言えば、落とすという嫌な思いをせずに、酒の勧めから逃げられるかもしれませんから、その手はアリだと思います。

CiboCibo 2007/04/24 01:27 お酒を飲む飲まないに関しては自由なのでいいとは思いますが、飲み会という席では他の人達も存分に飲むのだから自分も今日は羽目を外して飲もうか、なんて思って飲む訳であって、そこに一人「飲めません」と言う人が居るとかなり気まずくなる、という飲兵衛の意見も多少聞いてくれるとありがたいなあと思う今日この頃。何れにせよ幾ら低くとも階段というのは簡単に凶器になりえるので(中学生の頃友人がかなり低い位置で転び頭を数針縫う怪我をしました)、あまりそういう事はしない方がいいかと・・・・・・。

takisawatakisawa 2007/04/24 02:25 >そこに一人「飲めません」と言う人が居るとかなり気まずくなる、という飲兵衛の意見も多少聞いてくれるとありがたいなあと思う今日この頃。

そちらは、相手が自分の意のままにならないからつまらないという問題であり、こちらは、生き死にの問題なんですが、「俺たちが楽しむためにお前は死ね」という話なんでしょうか?
ならばこちらは殺すしかなくて、それで全く問題ないと思うんですけどね。

最初から酒のない食事会ならば問題ないのですが、そうすると「酒もないのかよ」と文句を言い出す奴はいるんですよね。

>何れにせよ幾ら低くとも階段というのは簡単に凶器になりえるので、あまりそういう事はしない方がいいかと・・・・・・。

あのー、こちらは、生き死にの問題を解決するために、正当防衛で相手が大怪我してもかまわないと、たぶん心神喪失状態で考えたと思うのです。
なんで「ビルから飛び降りろ」とかいう気違いに遠慮する必要があるのでしょう? 私は酒を飲んだ。ならばヤッサンはビルから飛び降りても罰は当たらないでしょう。
私は実際、ヤッサンを落とすことには何の問題もないと思います。ビルではなくて階段で済んだんですから、優しいぐらいだと思うんですが。

私が上のコメントで心配しているのは、ヤッサンの身体や生命ではなくて、落とす側の心の問題です。
なんの後ろめたい気持ちを感じる必要はないにもかかわらず、それでも心を痛めなくてはならないかもしれない、その心配をしているのです。

酒を無理強いする人間は、まずは「酒こそが簡単に凶器にな」っている事実を認識するほうが先ではないでしょうか?
というか、酒を無理強いする人間は、殺人未遂の最中なわけで、殺されてもかまわないのではないかと思いますけど。

blog49blog49 2007/04/24 09:37 おいらもあまり酒を飲まないわけですが、夜にせこせこブログを書く人はきっと酒を飲まない人が多いんじゃないかとか単なる経験則の推論。酔いながら書いているとすれば・・・それも酔論。
酔って勢いが出る人 うらやましいな〜。記憶が飛ぶという経験がないもので。犯罪ギリギリのところで記憶が飛ぶ人はきっとストレスとかたまんないだろうとか。あとで社会的にストレスをかけられるわけですが。絡み上戸は嫌いだし、会社ではあいつはあまり飲まないらしいということになっていて楽っちゃ楽ですが、誘われないときはちょっとさびしかったりするので、自分で企画するしかなかったり。

takisawatakisawa 2007/04/28 01:14 私も自分で企画することが多いかな。
酒飲まないのに、同じ飲み代で、車担当で、ただでさえ得しないのに。
記憶が飛ぶというのは、時効の問題とかありますからね。