力士の小躍り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-05-23

[] 神様を信じる強さを僕に 22:40  神様を信じる強さを僕に - 力士の小躍り を含むブックマーク  神様を信じる強さを僕に - 力士の小躍り のブックマークコメント

  

 私は基本的にジブリ作品はほとんど見ていなかったのだけれども、ジブリの絵職人・男鹿和雄展を見に行った。

 私は絵のことはわからないのだけれども、森の作る陰影と木漏れ日の光の対比が非常に印象に残った。「上手い具合に描くなぁ」という極めて素人くさい感想である。

 で、絵そのものの感想ではなく、おそらくは監督の宮崎駿の趣味なのだろうけれども、その森に、祠や鳥居や社や道祖神などといった土着宗教絡みのモチーフが多く描かれていた。

 森、そこに自然というテーマがあるのだろうけれども、それ以上に、人智の及ばない奥行きとして、森を鎮守の杜にしているのだろうと思うのだが、ジブリ作品をあまり見ていない以上なんとも言えないし、おそらく見ている人の緻密な分析が既にされていると思う。

 ただ、展覧会を見て思い出す出来事があった。

  

 私はギックリ腰の癖がある。

 こないだもぎっくり腰をやって二週間ぐらい寝込んだ。

 寝込んでいるところに身内の人が一歳になる子供を連れて家に来た。

 私が動けなくて寝込んでいるのを見て、一歳の子が治そうと「痛いの痛いの飛んでけ」とやろうとした。それが痛いわけであるが、その子はさらに私の腰に「ちぅ」とキスをした。

 私はその一歳の子の接吻に思わず勃起するところであった。

 その子にとって、転んだりして痛いことがあったとき、両親や祖父母にしてもらうことを真似て、私にしているわけだ。

 それは単なる形式的な儀式であるのか、あるいは、それで本当に痛みが消えると一歳の子が信じているのか、それは私にはわからないが、とにかく微笑ましくて笑ってしまった。動けるものなら抱擁してディープキスぐらいしたい勢いだ。

  

 数日後、まだ寝込んでいる私に電話があった。

 その親子からだ。母親が「調子はどう?」と心配してくれていた。まだ寝込んでいることを告げた。

 すると母親が面白いことを言った。一歳の子が、私の腰が早く治るように「何かにお願いしてるよ」と言うのだ。

 私は何気なく「ああ、神様にお祈りしてくれてるんだ」と答えると、「うん。何かにお願いしてる」とのこと。

 ああ、違うんだ。

 「神様」ではなく「何か」。

 「お祈り」ではなく「お願い」。

  

 私は概念として「神様」に「お祈り」するという形式上のイメージを持ってしまっているが、子供にとってみたら、自分でも親でも解決できない、人の手を超えてしまっていることを叶えたいと思うのを、そのまま「未知のもの」に「願う」わけだ。*1

 手を合わせて言挙げるという、かなり原初に近いものですら、形式であることを思い知らされる。そこには「縋る」という剥き出しの欲望と謙虚さしかない。

 事実、私は、その「お願い」された「何か」によって、ぎっくり腰は治るわ、盲いた目は見えるようになるわ、聾しい耳も聞こえるようになるわ、唖した口も利けるようになるわ、萎えた足も歩けるようになるわ、癩病も治るわ、ヤコブ病も治るわ、水の上も歩けるわ、ウハウハになりました。

 御利益という観点から語ることこそ莫迦莫迦しい合理主義的視点であることを承知の上で言っても、この効果は目覚しい。なにしろ現代医学では治らないものまで治るのだから。

  

 現代日本では、なんらかの宗教を信じることが酷く格好悪いことのように思われている風潮がある。

 「僕らの生まれてくるずっとずっとずっとずっと前にはもう人類を月に行かせた科学主義が、全世界を遍く照らして闇をなくしているというのに、どうやって宗教を信じることが出来るの?」という話である。

 宗教を信じる奴は、どっかちょっと精神が弱くて若干イっちゃった奴というイメージを持たれがちだ。

 新宗教の勧誘に持っていかれちまう弱さ。オウム真理教事件における宗教やっている奴ってちょっとね感。911におけるイスラムによるテロ事件での「宗教なんか信じるから殺し合う」論。伝統宗教における坊主や宮司どもの俗物的地味さ。池田大作

 宗教なんかやっている奴は騙されている莫迦で、無宗教にあらざらむ者はみな人非人なるべしと言っても過言ではない。

  

 親を含め、宗教話が可能な関係性の人と話をすると、ほとんどの人は「宗教なんて、ねぇ。なんであんなもの信じるんだろうね」的なスタンスをとる。

 宗教を信じている奴は莫迦で、無宗教の俺って格好良い、という前提でもあるかのようだ。

 だが、たかだか現在の科学力如きで万能感を持つのは、ちょっと恥ずかしいのではないだろうか。

 ままならぬことを「何かにお願い」するという縋りたい気持ちこそ、宗教の本質であり、これを否定する「思い上がり」こそ、無様で醜悪で格好悪いを極めていると言える。

  

 しかし、その「手を合わせて言挙げる」ことすら形式的に思わされる「畏怖の念」という宗教の本質というか原初を身を以って感じてもなお、知識として「宗教は儀礼的な形式」が必須であることも知ってしまっている。

 人間は弱さ故に信仰が必要であるにも関わらず、その弱さ故に形式がないと信仰を続けられないのだ。

「本質」から離れることによってのみ、人間は信仰を続けられるというのは、もはや人間の業と言っても良いかもしれない。

 無宗教であることを自称するのは無知であり知的怠惰であるのだが、ある特定の宗教を選び取ることもまた、相当の覚悟を必要とする話である。

 とりあえず私は、最近はご利益の薄いエリカ様教を棄教し、その一歳の子に帰依することに決めた。似ているので、仮の御真影として石井萌々果ちゃんを使おうと思う。

*1:まぁ、親と寺社参りはしているから、完全に規制の概念の形式から自由なわけではないが

西元和夫西元和夫 2008/06/02 02:25 タイトルのフレーズについて、あえてそれが歌詞の一節であることをいわないのは理由がありますか。著作権?
宗教は「信じる」以外のアプローチもあります。

2007-11-14

[] 「カテゴライズで他人を判断する人たちは阿呆である」 02:16  「カテゴライズで他人を判断する人たちは阿呆である」 - 力士の小躍り を含むブックマーク  「カテゴライズで他人を判断する人たちは阿呆である」 - 力士の小躍り のブックマークコメント

  

 多くの人間は自らを分析されることを部分的に嫌う傾向があり、客体であるが故に相手の上から目線に「あの人は分析をする人」と反発を感じたりする。

 元の客体を主体として分析としている人を元の被分析者が客体として規定対象にした場合、自らを分析者として振舞うことになる。

 個人の多様性を認めよという主張が、性別や学歴などカテゴライズで人を判断するような人たちの多様性に着目しないのと同じ類の罠である。

2007-10-11

[] id:torlyさんへ質問 00:00  id:torlyさんへ質問 - 力士の小躍り を含むブックマーク  id:torlyさんへ質問 - 力士の小躍り のブックマークコメント

  

 torlyさんからトラックバックをいただきました。

 私の書いたことをきちんと踏まえて返答をしていただいた唯一のエントリで非常に面白うございました。

 ポストモダンを経た現在、踏まえたうえで、多数並列に提示されている「宗教」の中から、どれを「自覚的」に選び取るのか、という作業が重要になってくるわけで、その中で結局は「人権」とか「民主主義」とか「科学」とか「リベラル」という「宗教」をまた選び直す人も出てくるだろうけれども、そこには落とし穴があるわけです。

 少なくとも建前上であれ実質的であれ、現在の「価値観」として覆っているパラダイムを信仰する場合は、その信仰が自覚的であるのか無自覚であるのか、常に確認をしないといけないわけです。

 「体制的」ではない信仰であれば、ことあるごとに信仰を試される機会にぶち当たり「自動的」に再確認させられるわけです。

 まぁ、もっとも、現在の「価値観」として覆っているパラダイムに流されそうになるのはお互い様ではあるんですが。

 ともあれ、torlyさんは「自覚的」に「リベラル(と言ってしまっていいよね?)」を選んでの宗教対立の話にて返答をくれたわけです。

  

 宗教対立ですから、どっちの「神様」が現世利益に適っているのか、とか、どちらが極楽浄土に近いのか、とか、こっちの楽園のほうが綺麗だ、とか、こっちの水のほうが甘いぞ、という争いをするわけです。

 そのうえで、相手の矛盾を突付き合うのが「安土宗論」です。

  

 私が先のエントリにて、インテリは不用意なことは書かないという話を書いたわけですが、torlyさんは「マイノリティ(笑)差別反対(笑)」にて、きちんと腐れインテリ病を発揮されて、保険を掛けまくりのエクスキューズ満載です。

 「かもしれません」の連呼はやり過ぎなほどですが、これは私も他人の事は言えないことをしていそうなので、結構なお手前で、と申しておきます。

  

 さて、torlyさんが以下の問題をどう処理をしているのかを教えていただきたいので質問します。気が向いたらお教えください。

  

1. 「自我」とは何によって形成されるのか?

「DQNの子はDQN」という世間知て、そりゃそもそも科学ですらないし、「人間」は環境が作るが真理などというと増田だったら釣り記事扱いというのが真理。

http://d.hatena.ne.jp/torly/20070926#1190823223

 前半部分の「世間知」については、そもそも誰も「科学」と言っていないのはお互いに了解済みのことだと思うので置いておくとして、後半部分。

 ここでもtorlyさんは、自分の意見ではなくて「増田だったら釣り記事扱い」というエクスキューズが利く書き方をされているわけですが、torlyさん自身は如何にお考えなのでしょう?

 私は「人間」は環境が作る、という真理と、ここだけは断言で書いているわけですが、さらにはこちらでも人間が環境によって形成されるとわかっていると再度断言しています。

 何故に私が、ここに関してはしつこく断言しているのかというと、他の要因が思い付かないからです。

 逆に言えば、「生来的」な影響などは「遺伝」などの形質以外は思い付かないし、その差異も、「環境」に比べればほとんど無視をして差し支えない程度のものと思えます。

 さらに言えば、「近代的」な「人格」もしくは「個人」というものの「自我」の「本質論」を、その「精神」や「魂」という架空のものに預けるならば、その精神が、その遺伝を持つ身体に宿るのは、その精神の「理性的」な選択による(自己責任)と見做すのかどうか。

発言上人間性は生得的であるとしてもぼかしても、あんまり人々の下す判断は変わらないようです。

http://d.hatena.ne.jp/torly/20070929/1191083053

 というかたちで、この部分に関してはtorlyさんは「ぼかして」いらっしゃいますが、その言説の効果がどうであるかではなく、torlyさんの認識がどういうものなのかに興味があります。

  

2. 「民主主義」の特殊性から生まれる問題

さらに複雑なことに、武器として統計を積極的に援用すべきだと思っており、今のところ統計は大半「宗教」を裏付けるものであり、統計に表れるかもしれない傾向故にアンチ「宗教」格好悪いと思っています。

http://d.hatena.ne.jp/torly/20070929/1191083053

 ここでいう「アンチ宗教」は、今現在日本社会で建前上支配している「アンチリベラル」であると認識して話を続けます。

 ここで「統計」が味方をするのは「現在の支配的なパラダイムであるから」ということだと思います。

 「民主主義」というのは「啓蒙」を建前上は必須にしています。

 しかし、現状として、「現在の支配的なパラダイム」という「自覚」がある人間というのは極少数です。

 「民主的」な言い方をするのであれば、大衆は「体制のパラダイム」に「洗脳」されている状態です。

 全ての「価値観」を同じ地表に並べて、其々が各々の「理性」で選び取ったのであれば、それは「民主的」に意味のあるものになるでしょうが、そういう必要と思われる選択のための「情報」が無いままで多数支持を集めるのは、「啓蒙」の観点から「リベラリスト」はどう考えるのでしょうか?

  

 次に、政治的な実務作業として、ブラジル人排斥を支持する「世間知」で身を守ろうとする者を、坑儒焚書しようとされるわけですよね。

 「民主主義」的に、torlyさんが「脳がお花畑」とするNIMBYの連中を排除するのは、論理的な内部矛盾をどう解決するのでしょう?

 「民主主義」は多様な思想を許容するという建前が重要なポイントの一つですが、その「反民主主義」という立場に対しては、多様な思想を許さないというのであれば、他の「宗教」と同じであるし、そもそもの「理念」が吹っ飛んじゃってます。

 言ってみれば、ブラジル人を全て排斥どころか殺害した上で「私たちの地域ではブラジル人差別はありません」と言っているのに等しいわけです。ブラジル人が全滅していていないんだから、差別しようがありません。

 まぁ「リベラル」の大元が、ヴァンデに地獄部隊を派遣したわけですから、兄弟分の「宗教」が行ったホロコーストも粛清も同じ道でなんでもござれと言うことなのかもしれませんが。

  

 このあたりの整合性について、どのような処理をしていらっしゃるのか、よろしければ教えてください。

 「異教徒は殺せ。莫迦は騙せ。理念なんぞは糞喰らへ」という、「民主主義」を根底から覆す立場であるとするなら、その「反民主主義者」の異教徒認定は如何な扱いになるのでしょうか?