Hatena::ブログ(Diary)

タイムと純米酒と・・・ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-21 懐かしい4人

[]

内科の大きな学会が大阪であるらしく、私の数少ない友人が久しぶりに集まってくれました。同級生なのですが、皆色々あって、一番年上は64歳で、私が一番下で59歳、平均61歳の4人です。循環器・呼吸器・整形外科、そして眼科とバラバラなのですが、当時南大分明磧9組の4の植木ビルに住んでいた3名とジャスコ裏の田中町首藤アパートに住んでいた親友1人の計4人です。学費生活費全てを自分で稼ぎ出しながらの学生生活を送っていた循環器のカンちゃん。当時私の人生の師匠のように、新たな一歩を踏み出す時、いつも意見を諮問していていた呼吸器のM本さん。予想通り私には逆立ちしても真似ができない楽しい人生を歩んでいるようです。整形外科のN川氏は、よく理解できないところが多い奴ですが、昨日も意外と(?)とてもいい奴であることを確認しました。

この4人で、出会いから40年ほど経過して、私のお気に入りの店『櫓仁』で会食できるなんて、何だか夢のようで、酒が進むほどに、涙がでるほど懐かしい話を何度も何度も蒸し返しながら。皆、医師としての歩みも半ばを過ぎて、終盤に差し掛かってくると、どんなエンディングにするのか、それぞれの思いがあるようでした。あまりに懐かしい気分に支配されたので、いつものように、延岡で整形外科しているT見さんに電話を入れ、ぐだぐだ思い出せないような重要事項について話をしてると、あっという間に3時間以上も経過してしまいました。立林くん、やかましくしてゴメンね。

f:id:takkenm3:20170521104341j:image

f:id:takkenm3:20170521104340j:image

2017-05-06 奇跡の大逆転

[]

f:id:takkenm3:20170506154908j:image:w360:left

 歴史的な逆転試合だった^^;

 この日、実は甲子園にいました。最初から、少し雨がちで風も強くて少し寒いくらい。藤浪の塩カルビ焼きそばを私が、北条の明太子焼きそばをカミさんが食べつつ観戦開始。本来の先発の横山くんが体調不良で、先発はルーキーの福永。前日からの嫌な予感が的中して、最悪の立ち上がりでストライクが入らず四球と暴投でランナーためてタイムリー・・・で試合が始まり、その後もエラー・ホームラン・四球・エラー・タイムリー・・・とても見ていられない状況が続き、気がつけば0−9で敗北確実状態に。レフトスタンドの真っ赤っ赤軍団は元気一杯で、立ったり座ったりの応援を繰り広げている。私の周りでは金返せと怒鳴り声が飛び交っていました。温厚な私は静かに試合を見守っていましたが・・。

 ただ、5回裏から超変革が・・・梅ちゃんのタイムリーでの1点は焼け石に水でしたが、6回裏それまで好投していた岡田君が何故か5つの四死球と3つのヒットで何と大量7点。7回裏も江越のヒットを起点に、15分の微妙な判定審議でセーフがアウトになったにも関わらず糸原・梅ちゃんの連続タイムリーで3点入れて遂に逆転・・・・気がつけば12−9の逆転勝ちです。何度か大量点の逆転は見たことありますが、0−9からの逆転は初めてです。

 この日、かみさんの誕生日でして、近所の串かつ屋さんに予約を入れていた都合で、実はこの軌跡の大逆転を最後まで見届けることができなかったのですが、私は勝てばそれでいいのです。自分が見ていて負けるぐらいなら、見ずに勝ってくれた方がいい^^; 何回まで甲子園にいたかは永遠に秘密ですが、昼間は奇跡の大逆転。夜はカミさんの誕生日を無事スパークリングワインで乾杯できた最高の一日となりました。

f:id:takkenm3:20170506220829j:image

2017-04-17 避難訓練の必要性は?

[]

f:id:takkenm3:20170416160915j:image:medium:left

写真は、散髪したてのチョットカッコイイ愛犬。以下、写真とは無関係の文章。まだ小学生だった時に、何度も避難訓練をした記憶がある。日頃からリスクに備えるための訓練だ。ただ、3.11まで日本人は、敢えて?原発安全神話を信じて、何も対策をして来なかった。あの時、政権担当者がボンクラだったことが原因なのかもしれないが、放射性物質が流れる方向を察知するシステムを持ちながら、その方向へ避難させてしまったのは、日頃からリスクに備える姿勢が皆無だったからかもしれない。

空母第一打撃群』などという物々しい戦争システムが朝鮮半島近海へ展開しているらしい。隣国に恵まれていない日本は、最近、様々な脅威にさらされるようになった。そして、あの狂気に満ちた電話頭が、飛び道具を豊富に揃えるようになり、時々ミサイルをぶっ放しては喜んでいる。と言っても、あの圧倒的軍事力を保持する米軍が本気で攻め立てたら、一瞬で勝負がつくのは間違いないのだろうが、問題は、その一瞬の間に何発か打たれた時に、ソウルだけじゃなく、日本にも飛んでくる可能性はないのだろうか。何故、こんなに緊迫した状況の中で、我々は、避難訓練のひとつもしないのだろうか。こんな時、憲法9条を奉っている皆様は、是非北朝鮮へ話し合いに行ってほしいものだ。

2017-04-06 花見

[]

 

f:id:takkenm3:20170406124649j:image:left

f:id:takkenm3:20170406124221j:image:left

f:id:takkenm3:20170406131116j:image:left

今日は亡き父の誕生日。生きていたら92歳。グーグルカレンダーは、絶対忘れることなく、この種のイベントを教えてくれます。決して私が特別律儀な訳ではありません。夕方から雨の予報が出ていて、朝から怪しげな雲行きだったので、若干不安な気持ちをかかえつつ、まずニューオオタニ大阪のレストランSATUKIに予約していた弁当(寧々のちらし寿司)を取りに行く。いつものスーパーで、スパークリングワインを買って、家に戻って、とっておきの酒(小笹屋竹鶴 生もと純米大吟醸 H24BY)を抱えて、毎朝の散歩で心に決めていた桜の木の下にスタンバイ。雨にも降られず、弁当も意外と美味しくて、酒も当然美味しくて、いい気持ちになって花見終了。春休みの息子と夜勤明けで腹をすかせた娘と、嫁と母。久しぶりの全員集合の宴となりました。今度はいつかなあ・・

2017-04-04 大七と杜の蔵

[]

f:id:takkenm3:20170328210528j:image:left

どちらも旨い酒だった。大七は、いつものように完璧なバランスの酒で、コメント不要なのだが、杜の蔵は、ひと夏熟成と書いてあるが、いったい、何回夏を過ごしたかわからないぐらいラベルが熟成されている。ただ、ピチピチとした微発泡が残っていて意外だったし、強引に燗すると、それなりに旨いのです。守口の素敵な酒屋さんの倉庫から出てきた逸品のひとつ。全国にある素敵な酒屋さんの倉庫には、まだまだ素敵な酒が眠っている筈。

2017-03-27 誕生日

[]

f:id:takkenm3:20170317130105j:image:left

今日はタイムの11歳の誕生日です。あれから11年・・まだ老犬って感じは全くしませんが、犬の場合10歳を過ぎると、1年1年の重み(加齢性変化)がずっしりと・・・もうすぐ60になる私も同様。

今日はボーロでお祝いかな。





11年前のブログから・・

ミニチュア・シュナウザーのホワイト、名前はタイムと言います。彼女が、ついに、自宅へやってきました。2006年3月27日に生まれて、48日目にやっと家に連れてくることができました。父親は、『フジベル』という名のホワイトシュナで、なんとスペイン生まれ、INT.CH、その他欧州6ヶ国CHという、優秀な犬だそうです。見たことありませんが、母親は、『モード』という名のホワイトシュナで両親ともフランス生まれだそうです。父がスペイン、母がフランス・・・彼女はハーフです・・・そんなこと言わないか。まあ、いずれにしろ、今、目の前に、見知らぬ我が家で一夜を過ごした、タイムちゃんは、ひたすら寝ています。可愛い・・・

 三重県伊賀市玉瀧という、三重と滋賀の県境から少し三重に入ったところ。忍者で有名な伊賀と甲賀の間に位置するひたすら田舎の匂いのする長閑な場所に『モトコランド』という、犬のブリーダーがあります。井上素子という方が運営されているのですが、この方の犬に対する愛情が尋常でなく、犬の購入にあたり、あまた存在するペットショップ、ケンネル、ブリーダー直販などという選択肢を一瞬の内に放棄させてくれました。いろいろやり取りがあって、結果タイムが家にやってきたのです。この素子さんの凄さはまた後にゆっくり述べる事にします。』

2017-03-25 モンスター2

[]

 

f:id:takkenm3:20170323074525j:image:left

 汗臭いおっさんではなく、橋本マナミさんのような美人に「助けてエー・・」と言われて急に抱きつかれたら、「何してんねん」と突き飛ばしはしないかもしれない。ひよっとすると、受け止めて、「大丈夫?」と優しく声をかけるかも。ただ、その瞬間に「きゃー!痴漢!」と叫ばれて、衆人環視の中で、疑惑の眼に曝される悪夢・・・。証人喚問を見ていて、こんな妄想が出てきた。勿論、籠池氏が抱きつき、安倍昭恵さんが大丈夫?と言ったように感じたのだ。この難局を切り抜ける術は?

2017-03-24 モンスター

[]

f:id:takkenm3:20170322215935j:image:left

若干虚言癖のある怪しげな人物が、普通の人間なら緊張感に支配される場面で、笑みさえ浮かべながら臆面もなく滔々と事実でないことを話しているように見える。彼は、特殊な人間ではないのだろうか・・。モンスターと呼んでもいいかも。政治家政治家周辺・官僚官僚周辺など手当たり次第に、擦り寄っていく。直接・電話・メール・FAX・手紙・・・など様々な手段を駆使して、何度も何度も・・。当初、モンスターと気付かない間に少なからぬ関係を気づいてしまったら、そう簡単には離れてくれない。丁寧に断ったFAXさえ、彼独自の文脈の中で、深く関係をもった証拠にされてしまう。だから、言ったじゃないの、妙な人とつきあうのはやめましょう・・・と、S氏もつぶやいていたが。

※ちょこっと残っていた睡龍の純米大吟醸を燗してフィニッシュ。

2017-02-26 母の誕生祝いの会

[]

f:id:takkenm3:20170225193914j:image:medium:left

f:id:takkenm3:20170225213523j:image:medium:left

f:id:takkenm3:20170225194827j:image:medium:left

f:id:takkenm3:20170225201410j:image:medium:left






 昭和9年生まれの母の83回目の誕生日を祝う為、家族で sfida へ。初代引田天功・藤村有弘・石原裕次郎・玉置宏・坂上二郎・長門裕之・牧伸二・愛川欽也・大橋巨泉・藤村俊二・・など亡くなった人も多いが、財津一郎・宝田明中村メイコ森山周一郎・筒井康隆・前田憲男まだまだ元気な人もいる。最近短期記憶がかなり怪しくなってきたが、まだまだ元気だ。スフィーダのおまかせコースもペロリ・・(^o^)

2017-02-24 変身

[]

f:id:takkenm3:20170219100029j:image:left

f:id:takkenm3:20170219115637j:image:left

遂に改造に着手?S660はとってもいい車だが、ちょっとパワー不足。正確には軽自動車の馬力自主規制を守る為か、高回転域でのパワーを絞っている印象があり、そこを解決してくれると踏んだのが、HKSのフラッシュエディター。Kansaiサービスのオリジナルデータをインストールして、ハイオク仕様にし、ついでにマフラーもHKSのLEGAMAX Premiumに変更。行きの西名阪と帰りの369号線では、別の車に変身していました。躍動感あふれるワクワク車に変身です。次は何にしようかな・・