Hatena::ブログ(Diary)

タイムと純米酒と・・・ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-02-18 母と二人で・・

[]

 その日は、カミさんが食事会でお出かけなので、老いた母と二人で晩御飯。以前は、子供を引き連れて、絶品焼鳥の『うづら屋』へよく行ったのだが、この店も無くなって数年。何処へ行こうかと悩んだ末、赤酢の鮨屋へ。淡路の奇跡的な鮨屋はまたもや予約がとれず、チョイスしたのは、京橋の すし処 広川

赤酢の鮨は合格点なのだが、酒のチョイスが・・・・惜しい・・。豊盃は吟醸香食事の邪魔で、九頭竜燗酒用らしいが酒の旨味が感じられず×××^^; 


結構高い鮨屋だが、母はいつまで覚えてるのだろうか・・

f:id:takkenm3:20180217215523j:image:left

f:id:takkenm3:20180217221622j:image:left

2018-02-12 天ぷら

[]

f:id:takkenm3:20180211173934j:image:left

久しぶりに美味しい天ぷら屋さんに出会った。まだ若いがストイックな感じのする店主で、美味しいだけじゃなく、居心地も良かった(ここが肝心)。最初にお椀が出てきて、間違ってるかもしれないが、利尻昆布とまぐろ節の出汁の中にクレソンと一緒に入っていたお肉は『ツキノワグマ』だった。エッと思ったのだが、この熊さんにノックアウトされた。本当に美味い。つかみは100%OK。この体験は、もう30年以上前に、赤坂の『楽亭』に入り、『石倉楫士』という凛とした料理人の立ち姿に圧倒された後、、付き出しとして出てきた『イカ塩辛』の美味さにノックアウトされた時と似た気分だ。30年以上前のイカの塩辛に匹敵するインパクトのツキノワグマだった。お酒のチョイスは若干問題あるものの、及第点。また行こう。

f:id:takkenm3:20180211174018j:image:left

f:id:takkenm3:20180211175536j:image:left

f:id:takkenm3:20180211185226j:image:left

2018-01-06 星野仙一氏逝去

[]

あまりここに記事を書かなくなって、たまに書くと訃報が多いのは残念ですが、またまた訃報です。星野仙一氏が亡くなりました。私の中の星野は、あくまで中日の星野ですが、彼が数年阪神の監督として、チームを再生させてくれた事は忘れられません。その時の感動の作文を追悼文として再掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:takkenm3:20030915193513j:image

 世代によって違うと思いますが、昭和32年生まれの私は、初代ミスタータイガース藤村富美男を知りません。阪神タイガースに魅せられたのは、エースは村山、1番が吉田、4番は遠井か山内という時期でした。山内はいても、小山はもういなかったのです。昭和37年、39年と阪神は優勝しているのですが、哀しいかな、私にはこの記憶はゼロです。昭和39年という年は、小学校入学の年なんですが、この年は10月1日に東海道新幹線が開通し、10月10日には、東京オリンピックが開幕した年で、日本中がこの世紀のイベントに沸きかえり、阪神が優勝したことも、南海ホークスと日本シリーズを戦ったことも、そんなことどうでもよかったのかも・・。この日本シリーズも、オリンピックの開幕前に終わるように、ペナントレース終了翌日に開催する強行日程だったと聞いています。そして、私も、アベベと円谷、三宅兄弟の記憶があっても、阪神優勝の記憶はないのです。だってまだ、小学校1年だったのですから。

この後まもなく阪神ファンとなった私が優勝シーンを初めて見たのは、人より少し長い学生生活を終えて、医者になって2年目の、小倉のぼろアパートの1室でした。もうすっかり大人であった私は(?)、この時、テレビに映る大阪の愚かな阪神ファンの熱狂振りを冷ややかに眺めながら、ひとり静かに、祝杯をあげたものでした。江夏や田渕が達成できなかった光景に涙しながら・・・これが阪神ファン本来の正しい姿です。道頓堀に飛び込む連中は、阪神ファンではありませぬ。そしてまたまた18年もの歳月が流れました・・・

f:id:takkenm3:20030913131903j:image:medium:left

その年の9月13日土曜、父親にすっかり洗脳された長男(?)を引き連れ(写真見る限り嬉しそうじゃない)、日帰り名古屋旅行(行き先はナゴヤドーム)を敢行し、悔し涙を流した私は、門真の女神のお導きで、二日後の正午には、9月中旬には似つかわしくない炎天下の3塁側アルプスにいました。

Xデイに備えて、準備は万端でした。春先からの首位独走のお陰で、入手困難となったチケットをなんとか獲得すべく、ヘソクリをつぎ込み、遂には、禁断のオークションにまで手を出し、3段構えで、チケットを押さえました。無類の強さで、快進撃を続ける阪神は、8月の中旬にも優勝する可能性があったのです。そこで、8月21日の大阪ドーム、8月30日甲子園を押さえ、そして最後の砦が9月13日ナゴヤドームでした。これで完璧や。絶対胴上げ見せたるからな、ついて来い・・・・・・・・。ところが、長男とナゴヤドームで見た阪神は、全く別のチームのようで、守ればエラー(あの金本が・・)、投げれば四球のオンパレード(藪が・・・)。 

(注:だから名古屋には行きたくなかったんや。だって高1の秋、残り試合2でマジック1となった阪神は、名古屋へ・・・。阪神の先発は江夏、中日は星野。あの時も阪神は、ガチガチのコチコチで、星野を打てんかったんや。忘れられん・・)  

流石に精魂尽き果て、胴上げを見るのは諦めていました。この頃、阪神戦のチケットは高騰し、オークションでは、1枚10万以上という、ばかばかしい値段がついてたもので・・・。そんな所に一通のメールが飛び込んできました。2日間以上徹夜で並んだ友人の友人である熱狂的阪神ファンのMT嬢からです。『チケットをゲットできるかもしれない・・・』というのです・・・・・よくは覚えていないのですが、気がつけば、目の前には、昨夜もエラーしまくった金本の姿がありました。名古屋で見た阪神ナインは、大差のついたペナントレースにも関わらず、完璧な金縛り状態で、打てない、守れない、走れないと、3拍子そろった伝統のスタイルを取り戻していたので、その日も、ベテラン阪神ファンである私は、あまり大きな期待をしないようにと自分に何度も言い聞かせながら、阪神電車に乗り込みました。ただ、2週間ぶりに訪れた甲子園は、優勝前夜のような異常な興奮状態にありました。躍る心を抑えつつ、MT嬢が確保してくれた席にたどりつきました。イエローシートやライトスタンドは何度も行きましたが、3塁側アルプスは初めてでした。でも、なかなかいい眺めです。ここ数日間、絶不調の金本に直接罵声がとどきそうな位置なのですから・・・。とりあえず、『今日はエラーすんなよ金本!』一声かけてやりました。

 そしてお昼過ぎに試合開始。予想通り打てない阪神。最近ノックアウトが風物詩的になった伊良ブーからヒットを重ねる広島。3回にはシーツにツーランを浴びてしまう(『この伊良ブー!とっととアメリカ帰れ』)。5回にやっと矢野が初ヒット。藤本がライトフライ、伊良ブーも不細工なバンドを成功させ、沖原のタイムリーで1点差。ところが6,7回とヒットなく、また嫌なムードが漂い始めました。そして、運命の8回、その嫌な雰囲気を振り払う、片岡の1発。さすが片岡。私は、彼が必ずやってくれると信じてました。本当です^^; 球場の雰囲気は一気に変わりました。もう甲子園は完全にお祭り状態です。9回表を安藤君がピシッと抑え、その裏、藤本・片岡と連続ヒットが出た時には、殆ど勝負はついていました。

星野が赤星に何か囁いています。その直後、赤星の打球がライトへ飛んだ瞬間、何がどうなったのか、しばし記憶が飛んでいます。まだ、優勝じゃないんだと、わかっている筈なんですが、この劇的なサヨナラ勝ちで、観客もナインも優勝したような大騒ぎです。マジックはこの時点でまだ1なのに・・・

f:id:takkenm3:20030915172811j:image

試合終了は、午後5時25分でした。ここから、2時間以上待ちました。でも、楽しい楽しい待ち時間です。関西医大眼科外来の2時間待ちとは違います。心うきうき、少しドキドキの2時間。当然、誰も帰りません。隣の高知から来たおじさんがラジオを聞いていて、ヤクルトが4点先行したと、絶望的な情報を提供してくれていたのですが、しばらくして、甲子園の大型ビジョンにヤクルト・横浜戦が映し出されたときは、何と、4−11と横浜が逆転しているのです。横浜いつもありがとう!どよめく5万3千人。ただ、横浜の事なので、ハラハラドキドキ、心配して見ておりましたが、2点とられたら、1点取り返し、6−12。いくら横浜でも、大丈夫やと皆が思い始めた、その時、3塁側アルプスから、ウエーブが始まりました。ノリの悪いグリーンシートで何回か止まったものの、やがてベンチに戻ってきた阪神ナインまで加わると、ウエーブは甲子園全体を巻き込み、何周も何周もまわりました。興奮してよく覚えてませんが、10周近く回ったでしょう。そしてウエーブが終わる頃、横浜戦は終盤を迎え、9回2死になると、大型ビジョンに向かって『あとひとり』コールです。ヤクルト最後の真中がショートゴロでアウトになった瞬間、全ナインがマウンドめがけて突進し、万歳万歳バンザイバンザイ・・・・そして、星野の胴上げ。夢にまで見たタイガース優勝決定シーンが目の前にあるのです。信じられません。子供のように、はしゃぎ回る阪神ナインを見ながら、この歓喜の渦の中にいる喜びを噛みしめていました。みんなに引きずりまわされ泥だらけの藤本、金網によじ登り警備員に怒られる赤星、ただ一人で、各スタンドに万歳を呼びかける桧山・・・・・ただ、喜びを爆発させる阪神の選手達が、妙に幼く子供っぽく映りました。そういえば、このシーンを見るのに40年もかかったのです。

f:id:takkenm3:20030915193606j:image

f:id:takkenm3:20030915195615j:image

HANSHIN Tigers OFFICIAL FAN CLUB No 5004882 竹内正光

2017-11-08 中村鋭一氏 逝去

[]

昭和51年高校を卒業して、大阪を逃げ出し京都の予備校へ入った頃は、

こんな事件があり、歌がながれ、番組があった時代だった。ラジオが恋人だったこの時代、何故か『おはようパーソナリティ中村鋭一です』や『フレッシュ9時半!キダ・タローです』をともに聞いてから、百万遍にあった予備校の授業に出ていたこともあった^^; 懐かしい・・。物心付いた昭和39年頃から阪神ファンであった私には、中村鋭一氏は指導的立場だった。政治家になってから、若干違和感を感じていたが、ここ数年テレビで顔を見なくなり、何かあったに違いないとは思っていたが、残念だ。阪神球団から、何らかのコメントが欲しいなあ・・

2017-10-22 初期研修

[] 

 最近は、医者になるのも大変なようです。私が医学部を卒業した頃は、何となく父や祖父の跡を継いで、眼科医になると決めていて、眼科の勉強は宇山先生の所(関西医大眼科学教室)でしようと思い、お願いしますと挨拶して終わりだったのだが、今時の医者は、まだ国試のはるか前から、希望の大学病院や研修指定病院に見学に行ったりして、情報収集。その後履歴書や卒業見込証明書や成績などの資料を用意して、初期研修を受ける病院の試験のようなものを受けます。ところが、大都市圏の給料の高めの一般病院は超人気で、理由はわかりませんが、都会の大学病院の評判のいい(学生にとって)所も大人気。その最初の関門の競争率は何倍もあるようで、のんびり構えていたアホ息子は、カルチャーショックを受けたというか、情報収集不足だったと言うべきか、大慌てのようです。一端、最初の関門でつまずくと、次は、検索して空きが残っている病院を個別にトライしていく必要があり、これがまた、小さな病院の1−2名の定員空き枠に10−20名が殺到する騒ぎに。田舎の大学いて、卒業試験の真っ最中に、こんな騒ぎに奔走していたら、卒業試験の方が危なくなるかも。大学には悪いけど、もう2年ほど(だけ?)九州でお世話になったら・・・と思うようになりました。

f:id:takkenm3:20171023100647j:image:w360

2017-09-24 MJB

[]

 高校生の頃、数少ない友人の1人がオピニオンリーダーで、当時の彼の発言は私の言動に大きな影響を与えていて、そのひとつが珈琲。美味しい珈琲を求めて幾つかの喫茶店を巡った記憶がある。最終的に落ち着いたのが、心斎橋のMJBだった。確か七色の珈琲といって、毎日ブレンドの種類が変わる。当時、心斎橋・上六・淀屋橋と3店舗以上あったのだが、今は淀屋橋だけらしい。レトロな雰囲気の店内は、当時と変わらない。もう40年以上も前の昭和48年頃から入り浸っていたのだが、昨年70周年だったらしい。もう煙草は吸わなくなったが、喫茶店に入り、煙草を吸いながら珈琲を飲み、文庫本を読む・・あの頃が懐かしい。

  1. 月曜日 アラビアン(モカマタベース)
  2. 火曜日 ブリティッシュ(ブルマンベース)
  3. 水曜日 ウィンナー(深煎2種ブレンド)
  4. 木曜日 フレンチ(強煎コロンビアベース)
  5. 金曜日 メキシカン(メキシコ豆ベース)
  6. 土曜日 ブラジリアン(ブルボン、サントスベース)
  7. 日曜日 アメリカン(粗挽きで)

2017-09-01 秋風が吹く頃なのに・・

[]

f:id:takkenm3:20170831181346j:image:left

f:id:takkenm3:20170831201400j:image:left

 またまた・・・甲子園へ行ってきました。気候的には最高の観戦コンディションの中、貧打線がとった1点を、秋山・岩崎・マテオ・ドリスで守り抜いて、気持ちよく六甲颪を歌ってきました。例年秋風が吹く頃、失速する我が阪神タイガースですが、今年は何故か好調です。メッセンジャーが骨折し、藤浪が精神的な問題で、コントロールを乱して2軍落ちするという危機的状況にも関わらず、好調を維持しています。新人・中堅・ベテランがバランス良く一体となっているのが要因なのだろう。残り25試合楽しませて下さいね。

2017-07-20 久しぶりのびわ湖バレイ

[]

f:id:takkenm3:20170720111535j:image

f:id:takkenm3:20170720111333j:image

f:id:takkenm3:20170720111216j:image

f:id:takkenm3:20170720124521j:image

 今朝、天気予報を見ていると、大阪の今日の最高気温36℃だという。ゴルフの予定もないので、涼しさを求めて出かけることにした。候補は比叡山、箱館山、そしてびわ湖バレイ。先日行った能勢の妙見山よりずっと涼しい場所がいいので、この日はびわ湖バレイへ。確か、標高1000m以上なので、相当涼しい筈だ。でも、ここは本当に久しぶり。子供の頃はサンケイバレイと呼ばれていた。ベルトコンベア上をゴンドラが動いていく『カーレーター』という乗り物で山頂まで行った記憶がある。その後もう1回だけ行ったのは、ジャズフェスティバル。医者になって何年か経ってからなので、1990年頃だろうか。だとすると・・これかなあ・・

第23回(1990年7月28日(20:00〜5:00 司会:行田よしお)

http://www.geocities.jp/smjx1969/biwakojazz.htm

 非常に混雑していたはずで、かなり下の方の駐車場に車を止めて、少しづつ会場へと上がっていく途中、上の方から流れてくるジャズが心地よかった記憶がある。懐かしい・・・と遥か過去を思いを馳せつつ、駐車場に車と止めてロープウェイ乗り場へ。最新のロープウェイのようで、秒速12m(時速43km)というとんでもない速さで標高差782mを一気に駆け上がります。山麓駅が32℃ぐらいで、山頂駅は21℃。降りてビックリの涼しさは、千畳敷カール以来? この日は母にもマイナス10℃を味あわせて上げようと連れてきました。喜んでくれたのだろうか・・

・・・色々行ったなあ・・

2017-07-16 小さな眼科の勉強会

[]

f:id:takkenm3:20170716091806j:image

可愛い後輩達からの贈り物(^o^)

 大分医科大学(現在は大分大学医学部)を1984年に卒業し、父の勧めもあり、宇山昌延先生が主催しておられた関西医大眼科に入局しました。父が亡くなった後も少し在籍させてもらい、1998年に開業することにしました。長い間大学にいたつもりですが、たった14年ほどだったのです。でも、この14年は本当に楽しい時間でした。

既に開業して19年ほど経ち、もはや開業生活の方が随分長くなりました。ただ、開業して、数年経過した時に、自分が随分医師として劣化していることに気づき唖然としました。そこで何とかしようと考えたのが、ブログと掲示板。

 ブログは、日々勉強した記録を記載していくだけ。学会勉強会でメモして帰ってきても、いつもメモはいつの間にかゴミとなっていたのだが、ちょっと勿体ない気がして、メモを文章化して、ブログにアップすることにした。最初に書いたブログは、2005年11月28日の「薬店にあるメグスリ」に文句を言い倒すという恐ろしい記事でした。 コツコツともう10年以上続けていることになります。

http://takeuchime.exblog.jp/981671/ 

 もうひとつが掲示板で2006年6月19日に開始しました。掲示板はクローズドにして、楽しかった14年間にできた友人18名ほどに声をかけました。掲示板の説明は、

『大学の医局にいた時は、そんなに勉強する気がなくても、自然と最先端の医学知識が入ってきました。ただ、1人で医院を運営するようになると、当時と違って、なかなか勉強する機会が少ないのが現状です。そこで、開業医が横の連帯をつくり、日々の臨床上の疑問をこのHPにできれば写真付きで提示し、皆でディスカッションしながら、スキルアップする機会を共有しませんか? 1人で悩んでいるより、ずっと建設的だと思いますが、いかがでしょうか。

 なお、この場は、不特定多数の人間の目に触れる通常のホームページと異なり、現時点では、私が個人的に選んだ人だけが参加できるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用しています。安心して、日々の疑問を議論できるスペースと考えています。賛同していただける方は、宜しくお願いします。』

 5年ほど掲示板で勉強した後、2011年1月にフェイスブックの秘密のグループ『小さな眼科の勉強会』を作って、現在に至っています(登録人数は20名ほどですが、幽霊会員が5−6名?)。実りあるディスカッションが得られる為には、結構真面目に勉強しないといけないので、『自分の勉強不足に唖然として』から10年以上経ちましたが、それなりに眼科医としてのレベルを底上げしてくれた歳月だったと感じています。還暦を通過した私ですが、もう少し続けようかな。

2017-07-07 鷹勇 強力 H14 BY

[]

f:id:takkenm3:20170707202825j:image:leftf:id:takkenm3:20170707202834j:image:left

日本酒を飲むようになって、40年になるけど、今思う本当に美味しい酒に出会ったのは、15−6年前だろうか。NHKは見ていないのだが、何故かあの本に出会ったしまった。『純米酒を極める』に 

カラー版 極上の純米酒ガイド (光文社新書)

カラー版 極上の純米酒ガイド (光文社新書)

・・。医者の端くれとして(?)、何事も文献から入るスタンスを大切にしているもので(笑)、この聖典を頼りに酒を探し始めた。最初に見つけたのが、室蘭の酒本酒店と埼玉の池田屋酒店だった気がする。その後素敵な酒屋さんをたくさん知ることになったが。でも鷹勇に関しては、完全に池田屋さんが悪い。この店で最初に買った鷹勇があまりに美味しかったのだ。すぐにその世界にどっぷりはまりかかっていた時に、坂本杜氏最後の作品・・なんて言葉に負けて、若干焦りを感じつつ、鷹勇の割合がどんどん大きくなってしまった。だから、一番多く呑んだのは、H19 から21年かも。一番旨かったのはH9年の山廃。そろそろ、鷹勇ワールドから卒業しないいけないのだが、今日も、60歳の記念日用にとって置いた私にとって特別の鷹勇を頂きました。平成14年BYの鷹勇強力。多分に先入観が支配しているのだろうが、冷も燗も全て旨い。満足な味わい。語彙が不足していて、残念なコメントになるのだが、こいつは確かに旨い・・