Hatena::ブログ(Diary)

make for h @ppy_things;

2012-02-27(Mon)

autotest-twitterでブヒる

最近とあるgemを書きながら付随するgemを書いてて優先すべきそれが中々進まない昨今ですこんばんは。

で、恥ずかしながらテストファーストってあんまりやったことなくて、今それを実践しながらの開発をしています。使っているツールはRSpecなんですが、コマンドひとつでテストできるとは言っても、今度はそのコマンドを実行するのがめんどくさい。ひたすら怠惰な生き物ですね。

そういう生き物たちにうってつけなのが当然あって、それのひとつにautotestってのがあります。しばらくはautotest + autotest-growlで開発してたんですが、家で使ってるマシンはMac、職場で使ってるマシンはUbuntuなんですね。Macには当然Growlインストールしてるんですが、UbuntuとなるとGrowl以前の問題です。なので「Twitterにテストの結果をツイートして、あとは各OS向けのTwitterクライアントから通知すればいいんじゃね」と思い至りました。というわけでautotest-twitterです。まあ後からよく調べたらautotest-growlLinuxにも対応してましたけどね。ちくしょう。

使い方

README読めと言いたいところですが、GitHubに置いてあるのがいい加減なのでアレです。何がアレってテストを書いていないところですよね。まあとりあえずテストの対象となるアプリケーションなりライブラリが置いてあるディレクトリに.rspecを作り:

--format nested
--color

を、.autotestに:

require 'autotest-twitter'

Autotest::Twitter.configure do |config|
  # ツイートするアカウントのアクセストークンを設定
  config.consumer_key = 'your consumer key'
  config.consumer_secret = 'your consumer secret'
  config.oauth_token = 'your access token'
  config.oauth_token_secret = 'your access token secret'

  # ラベル。アプリケーションの名前とか
  config.label = 'any application'

  # テストの結果に応じてアイコンを変えられるので、そのアイコンが
  # 置いてあるディレクトリ
  #   - missing.png: テスト自体がない場合のアイコン
  #   - failed.png: テストに失敗した場合のアイコン
  #   - pending.png: ペンディングが存在する場合のアイコン
  #   - passed.png: テストに成功した場合のアイコン
  config.image_dir = 'path/to/icons'

  # テストの結果に応じたツイートの内容。$で始まるのは変数
  #   - $label: config.labelで設定した内容
  #   - $all: テストの全件数
  #   - $failed: 失敗したテストの件数
  #   - $pending: ペンディングしてるテストの件数
  config.missing_messages = ['$labelのテストが存在しないよ']
  config.failed_messages = ['$labelのテストに失敗したよ。$all件中$failed件がダメみたい']
  config.pending_messages = ['$labelのテストに$pending件のペンディングがあるよ']
  config.passed_messages = ['$labelのテストに成功したよ! $all件あったみたいだね']
end

を、Gemfileに:

source 'https://rubygems.org'

gem 'autotest'
gem 'autotest-fsevent'
gem 'autotest-twitter', :git => 'git://github.com/takkkun/autotest-twitter.git'

こう。で:

$ bundle --path vendor/bundle

でもしてautotest諸々をインストール。後は:

$ bundle exec autotest

でテストを開始。後はファイルに変更があるたびにテストが走り、結果に応じてツイートされるはずです。config.image_dirを設定してればアイコンも変わります。ちなみにRSpecでしか試していませんし、とりあえず動いてるっぽいってことしか確認してないのであしからず。

ちなみに僕は @Shinobu_DD で試していました。まるでアイコンセットのような画像(TVアニメ偽物語の一部でしょうが)があったので。でもまあ「$labelで$pending件ペンディングがあるようじゃな。お前様の生き様が垣間見えるの。かか」とか打ってると頭抱えたくなりますし、いざブヒろうにも全然テンション上がらないのであんま向いてなかったようです。ていうか元々そういうのじゃないし!

まあでもブヒろうと思えばブヒれるので、テストがコケたらツンツンされたり、テストが通ったらデレデレされたりして、「今日も開発がんばりましゅううう」とか言ってればいいんじゃないですかね。

あとさっき思い付いたんですけど、ツイートするアカウントを自分のアカウントにし、passed.pngをいつも使ってるアイコン、failed.pngをとてつもなく恥ずかしいアイコンにすると面白いんじゃないかと思います。はやくテスト通さないとエラい思いをするハメになるというマゾい開発が出来ていいんじゃないかナーーー。