Hatena::ブログ(Diary)

takoponsの意味 RSSフィード

2005-09-15-木

ものまねし 08:48 ものまねしを含むブックマーク

無為徒食日記さんに倣って、引用部分の記述方法をマネしてみました。

【レベル1】

と言うか、takopons氏は拘るの使い方を間違っています。拘るとは、心が何かに囚われて、自由に考える事が出来なくなる事を言うのです。仮にtakopons氏が拘るを正しい意味で使っているならば、それこそ人格否定です。

*

ソースを開いてもらうと分かりますが、cite属性にて URI を記載してあります。

こだわるとは、「心が何かに囚われて、自由に考える事が出来なくなる事」を言うのですね。 なるほど。 では、言い換えましょう。 無為徒食日記さんは、心が W3C に囚われて、自由に考える事が出来なくなっているのではありませんか?

人間が作りだしたシステムによって、恩恵を受けるハズの人間が不便を強いられるのはナンセンスな話です。 例えば、先の脱線事故もそうですし、貨幣制度だって良いことばかりではありませんね。 まあ、こんな例をいくら挙げたところで意味はないかもですが、厳格な社内ルールに固執した結果、スムースに業務が回らなくなることってありますよね? 私は、このコラムを連想しました。

【レベル2】

この日記をブックマークしているユーザは6人で、その内コメントを書いている人が5人。その中で根拠のある批判をしているのはekken氏とlsty氏の2人だけである。残りは全員中傷。が、当の本人に中傷をしていると云う自覚は無い。馬鹿だからです。

無為徒食日記 2005年9月:14日:評判になった

*

cite要素 <cite> を利用して、出典を追加してみました。

えっと、不用意に他人を愚弄するような発言は、お控えになったほうがよろしいかと存じます。

【レベル3】

理由は挙げたのだが

正当な理由も無しに他者の文章を改竄する人間の言う台詞か!

はてなブックマーク - 無為徒食日記 2005年9月:評判になった

*

TakahashiMasaki氏は私が挙げた「表記を変更する理由」が何故正当な理由では無いのかを説明しません。だから馬鹿なのです。

無為徒食日記 2005年9月:14日:理由は挙げたのだが

*

さらに、a要素 <a> を追加して、引用先へのリンクを張ってみました。

うーん、根拠の説明がないからダメだ!と断定するのではなく、無為徒食日記さんのご納得ゆくまで理由を訊いてみてはいかがでしょうか? AAぶろぐ管理人:TakahashiMasakiさんはきっと、無為徒食日記さんのご質問に答えてくれるハズです。

  • はてなダイアリーの場合

はてなダイアリーでは、blockquote の cite属性を指定すると自動的にアスタリスク・マーク「 * 」が設けられ、リンクが張られる仕組みになっているようです。 ということは、【レベル3】の記述方法では冗長になってしまうのかな。

【レベル4】

私はUAの実装は殆ど考えずにHTML文書を作成しています。それはHTMLの理念から言って当たり前の事です。

私はあくまでも理想主義者の立場を取ります。現実主義者の立場は取りません。

無為徒食日記 2005年9月:14日:引用について:その4

blockquote に title属性を追加しました。 これで完璧?

無為徒食日記さんの立ち位置を知ることができて良かったです。

  • はてなの blockquote処理

はてな記法から離れてしまって少々面倒くさいですけど、はてなダイアリーでは、引用タグ(blockquote要素)に cite属性 と title属性 を設定することで、出典とリンクを表示してくれるみたいですね。

  • はてな記法

実は、はてなダイアリーのヘルプを読んで、引用時の cite属性 と title属性が有効に働くことを以前から知ってはいたけど、はてな記法に慣れてしまったらタグ打ちが面倒になってきますよねー、と。

つまり、W3Cの提唱する HTMLの各要素・属性の意味を厳格に守って(UserAgent上の表示をあえて無視して)記述するか、逆に、表面上の見た目が同じでリンクも辿れて便利なら(HTMLの定義から少々外れても)編集作業がラクなほうを選ぶか?の違いだと思います。

で、無為徒食日記の管理人さんは正しく前者を選択されていて、私は後者を選んでいるダメなルール違反者というワケですね。 であれば、私は W3C的ダメ人間のままで構いませんです。 はい。

お返事ヘンジ 12:13 お返事ヘンジを含むブックマーク

W3Cの仕様がいかに合理的であっても、非合理的なUAの実装がある限り、ある線での妥協はやむを得ないこともある…ということなのでしょうね、結論としては。

ko-ko-sei nikki 引用元はcite属性orリンク、それとも?

  1. W3Cへの絶対服従を誓う
  2. 現状に合わせて妥協しガマンする
  3. UserAgentでの使い勝手の良さを最優先する
  4. cite属性を正しく実装したブラウザに乗り換える
  5. W3Cの理想を実現してくれる夢のブラウザを自ら開発する

考えられる対応パターンは、この5つでしょうか。 2.と3.はチョッチ似ている気もしますけど。

〈追記 2005.9.16〉

ko-ko-sei nikki 人にわかってもらうのはめんどうくさい

日本人は、自分の考えを他人に理解してもらおうと努力したり工夫したりするのがニガテな民族なのかも? 読書「感想」文はなんとか書けるけど、ディベートなどの意見交換に慣れていないせいなのかな。 文化の問題。

〈追記おわり〉


3.詭弁の特徴のガイドラインにあてはまっている

それにしてもtakopons氏、「リンクをすれば良い」とは言いますが、もしもhref属性を表示しないUAが現れたら、今度は「リンクでは「明示されている」とは言えない」とでも主張する積もりでしょうかね。

http://lan.rgr.jp/diary/2005/09.html

これは「1.事実に対して仮定を持ち出す」ですね。

(「犬は子供を産むが、もし卵を生む犬がいたらどうだろうか?」)

AAぶろぐ:【2005-09-14】「馬鹿」はどっちやねん

「href属性を表示しないUA」なんて、私は使いたくありません。 果たしてそれはWebブラウザと呼べるのでしょうか?

あと、「a要素の href属性と表示部分は違うゾ!」とツッコマれるかもしれないので念のため書いておきますけど、<a href="URI">リンク先の名称</a> と記述された場合、UAに表示されるのは「リンク先の名称」であって、「URI」が表示されるワケではありません。 「表示」の解釈もイロイロでしょうからねー。

「href属性を表示しない」という言葉の意味を厳密に捉えると、私の使っている IE6も「href属性は」画面上に表示していないことになります。 まあ、この説明は余計な屁理屈になるかもしれませんが、細かい言葉じりを突かれてもツマラナイので、あえて書いておきます。

AAぶろぐ管理人:masaki_tmさんから、「詭弁のガイドライン」が提示されました。 これを受けて、私からも拙記事:議論のアンチ・パターン続、アンチ・パターン。を紹介しておきます。 ご参考までに。

批判のための引用 21:22 批判のための引用を含むブックマーク

主に、id:souseijiさんへの返事です。

>元記事の著者から不快感を表明されるような引用のやり方はマズイ。

これは間違ってると思います。でないと、批判時の引用ができなくなっちゃいます。

引用のやり方と著作権 の souseijiさんのコメント

確かに…。 誹謗中傷の類ではない、素朴な指摘や批判・反論に対して不快感を示す人は少なくありません。 主張者と異なる意見を述べるために引用された際、その反対意見に関してでなく、「引用されたこと」に文句を言う人はいるかもしれません。

元記事の筆者が不快感を露わにしようがしまいが、「引用すること」は万人に認められている権利でしょう。 引用の目的が賛同か批判かに関わらず、引用そのものは自由です。 ここは souseijiさんのご指摘の通りですので、訂正いたします。

今回の場合、引用時の出典元が(表面上)見えないコトについて、日々是自己主張の管理人:Akkyさんが不快感を表明されてます。 件の不快の対象は、「出典元の不明瞭さ」です。

元ネタに関しては「同意」一言では主従関係でいえば引用部が主になるので、引用とは認められません。

引用のやり方と著作権 の souseijiさんのコメント

私も同感です。 ですが、似たような引用のやり方を多くのサイトで見かけるので、殊更に主従関係を持ちだしても無意味というか、無力感が漂うだけな気がします。 「同意」以外の言葉が浮かばないのであれば、リンクを貼るだけにして、黙ってガマンすればいいに。

でもやっぱり、何かひと言、云いたくなっちゃうんでしょうねー。 その気持ちは理解できます。 同意。(笑)

ekkenekken 2005/09/15 22:21 気になる点。
「無為徒食日記」では、他者からの指摘で、正しくないと自ら認識したことについて、訂正を行うことは良いのだけど、その訂正に対するアナウンスがないようだ。よって、不都合な部分を書き換えたと悪い方向で受け取られやすい。

takoponstakopons 2005/09/16 04:49 どこを訂正したかの案内があると、読者にとっては親切かもしれませんね。 実際にアナウンスするとなると、チョッチ面倒かもですけど。

今後の、真名垣さんとAkkyさんの遣り取りを温かく見守りたいのですけれど、諸事情によりネット環境から離れます。
実は私、ちょっぴり、無為徒食日記さんのコトが好きになってきましたよ。(はあと) これからの展開を逐一追えないのが残念です。 でわでわ。

r_iizukar_iizuka 2005/09/16 10:59 「無為徒食日記」の作者は引用部分にまでabbr要素を付けるんだなあとその徹底ぶりにちょっと感動したんだけど、「takoponsの意味」を引用した部分のW3Cが「World Wide Web」になってる。
氏のやり方で徹底するなら、要素も含めてどこを変更したか書かないと、引用元に恥をかかせる可能性もあるなあと。
表記の変更にしても同じことが言えて、徹底するなら、「いわゆる」と「所謂」のゆれが意図的かどうかを本人に確認して、それから直した方が適切でしょうね。プロの校正でも、著者があえて揺らしたと主張すればそれ以上は言いません。
また、引用方法の次善の策としては引用の前か後で、「以下○○からの引用です」などと書いて、「○○」の部分をcite要素で囲み、その上で引用部分を書けばいいような気がします。そうすれば、人間の目にも機械にも明白になると思います。「○○」の部分にリンクを付けてあげればなお良いですね。

takoponstakopons 2005/09/18 05:22 r_iizukaさん

>引用元に恥をかかせる可能性もあるなあと。

恥をかくのは、劣化コピーを行った側だと思いますよ。 あ、誤解のないように補足すると、無為徒食日記さんが劣化コピーを行っているってことを言いたいワケぢゃなくて、「元記事を改変した結果、本来と違う意味になってしまったこと」の責任を負うのは、引用&改変した人ですよね、という一般論です。

>「いわゆる」と「所謂」のゆれが意図的かどうかを本人に確認して、それから直した方が適切でしょうね。

私が「いわゆる」と書く場合は、意図的に「ひらがな」を使って表現しております。 「いわゆる」を「所謂」と漢字で書くことはまずありません。
自分なりに「ここは漢字がいいだろうな。」とか「この部分はカタカナにしよう。」とか考えて綴った文章を書き換えられたら、いい気分はしませんね。

「絶対に改変するな!」と言うつもりはないけれど、「私がその言葉(表現)を選んだのには理由があるかもよ?」ってコトだけは言いたいです。

>そうすれば、人間の目にも機械にも明白になると思います。「○○」の部分にリンクを付けてあげればなお良いですね。

人間が対等に相手できるのは、もっぱら、同じ人間だけです。 機械の奴隷みたいな人間にはなりたくないものです。 でわでわ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takopons/20050915