Hatena::ブログ(Diary)

takoponsの意味 RSSフィード

2008-03-21-金

ROM専の友人に向けて書くこともある 08:00 ROM専の友人に向けて書くこともあるを含むブックマーク

私は、コメント欄には登場しないけど、きっと読んでくれているであろう友人に向けて書くことがあります。ロムラーだからネット上の目に見える反応はないけど、それでも書いてます。

以降は主にMarumamekoさんへのお返事。

誰に向けて書くか - こころの風景 はてなブックマーク

はてなブックマークとトラックバックは無視されることがあるので、ブロガーとのコミュニケーションを望むなら直接コメント欄で発言したほうがレスは期待できると思います。でも、指摘や反論だと拒絶される可能性アリ

はてなブックマーク - ぽんすノート / 2008年03月18日

まず、私の以前から繋がりがある人たちに限って言えば、「はてなブックマーク」とは無縁のネットユーザーですから…。私は今後も彼らとのコミュニケーションを望んでいるので、彼らのブログを読みコメントをしたい記事があればコメントしています。ただ私のブログの傾向が彼らと著しく違うので一方通行。

誰に向けて書くか - こころの風景

他人のブログのコメント欄で発言する人は、自分もブログ持ちの人(=ブロガー)が多いと思います。自己主張の強い人がブログを開き、そして他所でもコメントする傾向にあると思うので。コメントの目的は自己主張かもしれないし、コミュニケーションかもしれない。

Marumamekoさんと以前から繋がりのある人で、かつ、ブロガーであるならば、一方通行というのは残念でしょう。なんとなく、ブログの傾向が違うことだけが原因ぢゃないような気もします。

そして和やか日記系ブログに「指摘や反論」がしにくい…実はそれが一番のくせ者。

誰に向けて書くか - こころの風景

日記系以外の、例えば主張系ブログに対しても「指摘や反論」はそれなりに覚悟が要る行為だと思います。2つの覚悟です。

  1. 場の雰囲気を壊す覚悟
  2. 嫌われ拒絶される覚悟

特に相手のコメント欄で指摘や反論を行ったら、そのブログの常連さんからも反発されてしまうオプション付きです。

もうお気づきのように、私は以前から繋がりがある人たち、ネット歴は私と同じくらいだけどもう少しネット(セキュリティや新しいサービスやweb制作の技術など諸々)のことを知ったほうがいいんじゃないと思える彼らのことがいつも頭にあり、彼らに参考にしてもらえればうれしいなあという気持ちで書いています。

誰に向けて書くか - こころの風景

気づきはしませんでしたが、Marumamekoさんから「もう少しネットのことを知ったほうがいいんじゃない」と書かれたら、その彼らは登場しづらいだろうなーと思いました。もし登場したら、「ネットに無知なのはこの僕です」と白状することになってしまうので。その彼らが「ネット上で恥はかきたくない」と考えているなら尚更、現れないでしょう。

Marumamekoさんへの返事は以上です。


  • Tristarさんへ

CONCORDE: 「雑談あってのつながり」と思うと、たしかに辛い仕組みですね。 はてなブックマーク

"気が合うひと"とのおしゃべりを楽しむ、ことにネットワークコミュニケーションの楽しみを感じるなら、雑談なくしてどうして相手を得られましょうか、と。

CONCORDE: 「雑談あってのつながり」と思うと、たしかに辛い仕組みですね。

Tristarさんは本当にブログで「雑談したい」と願っておいでなのだろうか?それとも、ブログは「雑談には向かない」から無理だと諦めているのかな?

Tristarさんご自身は現在、ネットのどこかで誰かと雑談されてますか?とコメント欄で気軽に質問しようとしたら、「メアド入力必須です」と警告されてしまったのでブクマ。

はてなブックマーク - ぽんすノート / 2008年03月16日

と、ブックマークにコメントしました。Tristarさんが本気で「雑談したい」と考えているのなら、他ブログで雑談を試みておられるだろうし、自ブログ(CONCORDE)もコメントしやすい設定にしてあるハズだと思うのです。他にも、雑談専用の記事をトップに配置するとか、プロフィールやサイドバーに「ミーと雑談しようぜ!」って明記するとか。

ブログで雑談するために、どういった工夫をTristarさんがなさっているのか?を知りたいなーと思いました。

Tristarさんへの質問は以上です。


  • 最後に

ブログで気軽に雑談してる人たちは居ると思うので、やろう!と思えばできるだろうと私は思います。そんなに難しいことぢゃないような気もします。大事なのは人が集まりやすい雰囲気作りでしょう。堅苦しいことが書かれていたら気楽に話しかけらんない。

あ、誤解のないように書いておくと、takoponsは誰かと積極的に雑談しようとは思ってないので、私はやんないです。takoponsと遣り取りしても相手の不快指数が上昇するだけで(相手は)ちっとも面白くないだろうと思うから。


marubonmarubon 2008/03/21 12:17 わざわざどうもですー.

>1.

ブログの表示モードを変更した影響です.つまり,はてなの仕様です.

>2.

気が向いたらやるです.

takoponstakopons 2008/03/21 14:58 >ブログの表示モードを変更した影響です.つまり,はてなの仕様です.

だめだなーはてなわ。

>気が向いたらやるです.

トラバまで見に行く人は少ないと思うので、後回しでいいですよ。
でわでわ。

MarumamekoMarumameko 2008/03/21 17:03 >ブログの傾向が違うことだけが原因ぢゃないような気もします。
ん?ドキッとしたりして(笑)
いえいえ、そんなに私、性格悪くないです(^^;
先方のブログの雰囲気に合わせ、ちゃんと空気を読んでコメントしてます。
でもプライバシー(子供の写真など)やセキュリティや著作権に無頓着なのが気になっても直接その場(ブログ※欄)では言えないのでブログで書いているわけで。
それもず〜っとスルーしたり我慢してきた上での、今回の「もう少しネットのことを知ったほうがいいんじゃない」なのです。
ネットコミュニティでの「情報交換型コミュニティ」と「社交型コミュニティ」が同時にうまく行えればいいのですけど、ホントになかなか難しいものです。「社交型コミュニティ」の人たちには、かえって情報交換型ブログではない雑談形式コミュニティツールで伝えていくほうがいいのじゃないかと思い出しています。

takoponstakopons 2008/03/21 18:10 >いえいえ、そんなに私、性格悪くないです(^^;

失礼しました。takoponsは性格の悪い最低なヤツなのでご注意ください。

>でもプライバシー(子供の写真など)やセキュリティや著作権に無頓着なのが気になっても直接その場(ブログ※欄)では言えないのでブログで書いているわけで。

あっさりと単刀直入に指摘したほうが早いと思いまーす。もし嫌われてしまったら、指摘を受け入れられない狭量な人だったんだと諦めて、こちらから縁を切れば良いでーす。その前に相手から絶交されてしまうでしょうけどー。

>「社交型コミュニティ」の人たちには、かえって情報交換型ブログではない雑談形式コミュニティツールで伝えていくほうがいいのじゃないかと思い出しています。

目的のない会話が雑談だと思うので、「何かを伝えたい」と目的を持った時点でそれは雑談ぢゃなくなります。私は、人との対話においては雑談を排除し、なるべく本題を語るよう心がけたいと思ってます。本題のみの会話を進めるのは、雑談よりも難しいでしょ?
無意味な雑談に参加するくらいなら、黙っておいたほうがマシです。とは言え、お酒を呑みながらの他愛もない会話を聞くのは好きです。でわでわ。

(Tristar)(Tristar) 2008/03/21 20:37 (ハンドルを括弧つきで表記したのは<はてなID>ではない(未入会)ためです)

トラックバック受領しました。

※「ブログで雑談」について

現時点では諦めています。
エントリ内容に関するやりとりが1〜2往復も続けば御の字かなと、
いわゆる”半径ワンクリック”より若干広い範囲も見て、思うに至りました。

仰るように内心の雑談志向と実際の雰囲気and/or方向性を一致させていなかったかもしれません。

※ブックマークコメントへのお返事

過去(具体的には、(ニフティの)フォーラム時代)のつながりでやってきましたが徐々にその”資産”も痩せ細り、といって新規獲得もなかなかうまくいかず、といったところです。

あの安住の地は既に無く、未だ新天地は見つからず。
関連→ http://concorde.air-nifty.com/first/2007/08/lf.html

諦めたわけではないですが、しかし、
自分のネット寿命(アクティブでいられる期間)のほうが先に尽きるかも、と正直思い始めてもいます。


・・・それでは、また画面のどこかで。

takoponstakopons 2008/03/22 23:03 Tristarさんのご発言は、ブログもコメントも堅苦しい感じがします。発言内容ではなく、口調や文体が硬派なんですよ。
拙者、Tristar殿の言葉遣いを決して「否」とは思わぬ。なれど、貴殿と気軽な雑談を交えるのは市井の民草にはちと困難であろうと存ず。
でわでわ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/takopons/20080321/1206054048