啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2006-12-29

[] 啄木・雪あかりの町-くしろ 1/21

  • 開催期日 2007年1月21日(日)17:00〜20:00
  • 開催場所 釧路市 南大通

[内容]

明治41年1月21日 新聞記者として釧路駅に到着した石川啄木。

手づくりのアイスキャンドルを沿道に並べ、「放浪の歌人」といわれた石川啄木来釧当時の雰囲気を再現します。

  • 主催者名 元気な釧路をみんなでつくる会
  • 交通アクセス JR釧路駅から徒歩で約10分

    

2006-12-27

[] 啄木が詠んだ足尾鉱毒事件

[ぶらり駅前-読売新聞]

JR両毛線・佐野駅(栃木県)

  • 足尾鉱毒事件に取り組んだ佐野市出身の元衆院議員田中正造(1841-1913)の遺骨埋葬地の一つだ。
  • 正造が1901年、鉱毒事件解決を求め、明治天皇に直訴しようとした行動について、感動した石川啄木が「夕川に葦(あし)は枯れたり血にまとう民の叫びのなど悲しきや」と詠んだ歌碑が、参道の脇にある。

(2006-12-16 読売新聞)

2006-12-25

[] 国際啄木学会 東京支部会 1/13

第45回

期日 2007年1月13日(土)14:00〜

会場 明治大学・12号館 5F 2052教室

  (リバティタワーの右隣2番目の建物)

会議   14:00〜

研究発表 14:30〜

  • 1 私の好きな『一握の砂』の歌 -大庭主税
  • 2 啄木とクロポトキン -清水健一

新年会  17:30〜 

 *一般の方 歓迎

2006-12-24

[] 先祖への敬意をこめて「武士の一分」

「武士の一分」

  • 監督 山田洋次
  • 原作 藤沢周平
  • 出演 木村拓哉 檀れい 笹野高史 桃井かおり 坂東三津五郎 緒形拳 小林稔侍

下級武士が妻とつましく暮らしている。彼の仕事は藩主の毒味役。ある日、毒に当たり高熱を出す。あやうく一命をとりとめた時は失明していた。

目が見えなければ生きていけない、という時代。

「どうやって暮らしていくのだ」と親族一同に責められる。「何をしてでも、お茶屋で働いても…」と、妻が言えば「お茶屋で働くなど家名に関わる」と、時代のしがらみが絡みつく。

『時代……か』

もどかしい思いもするが、今と何が違うかと考える。

山田監督

「幕末の日本人は謙虚で礼儀正しく、貧しくとも清潔であった」

それならば、今だって『日本人は謙虚で礼儀正しい…貧しくて清潔だ…ゾ』とも思う。

“年の暮れ”にも“新年”にもふさわしい、後味スッキリの映画。

2006-12-23

[] 石川啄木の母校

[東北名門校]岩手県立盛岡第一高等学校

  • 石川啄木(1903年中退)と宮沢賢治(1914年卒)の母校として名高い、岩手県随一の名門。
  • 日本史の教科書に名を残す2人の文人について語るとき、生徒たちは「宮沢賢治先輩、石川啄木先輩」と呼び、“一高生の誇り”を意識し続ける。資料館には旧制中学時代の2人の成績表も展示されている。
  • 啄木と前後する年代には「銭形平次捕物控」で知られる野村胡堂、言語学者の金田一京助らが在籍。

スポーツでは、サッカー日本代表の“伝説のキャプテン”八重樫茂生、野球殿堂入りした久慈次郎。他に芸能界、政界なども紹介。

(2006-12-22 スポーツ報知)

2006-12-22

[] 林芙美子に出てくる石川啄木

書物漂流 「特集・自分を生きた女たち〜林芙美子」 松島 駿二郎

  • 『放浪記』がベストセラーになったことで芙美子の懐は潤沢になった。
  • 「私は馬鹿のようになってしまって、イの一番に銀座の「山野」でハンガリアン・ラプソディのディスクを買った。」
  • 中国に行く、満州に行く、シベリアに行く。パリに行く。
  • シベリア経由の鉄道長旅ですっかりくたびれた。パリ到着後は、1週間ほど立ち上がれなかった。そして、ホテルで横になりながら、啄木がでてくる。

 「いくたびか死なむとしては死なざりし、わが来しかたのをかしく悲し」

  • この啄木の歌は、たぶん芙美子の心境にぴたりと寄り添うようなものだったに違いない。

(日経ビジネスOnline2006-12-22)

    

2006-12-20

[] デザインされた啄木「啄木・賢治新作ポスター展」1/11-2/12

  • 期間 2006年1月11日(木)〜2月12日(月) 
  • 時間 10:00〜18:00(最終入館 17:30)
  • 場所 もりおか啄木・賢治青春館 2階
  • 入場料 無料
  • 岩手デザイナー協会会員の方々が『啄木・賢治の世界』にグラフィックデザインで挑戦
  • 作品はすべて当展示のためにデザインされた最新作

 もりおか啄木・賢治青春館

    盛岡市中ノ橋通1-1-25

    TEL 019-604-8900

2006-12-18

[] ろ、ろ、ろくっ、60億!…松坂大輔さんの言葉

レッドソックスと契約した松坂大輔さんの記者会見をニュースで見た。

契約合意に至ったきっかけをひとつ挙げるとすると…


「自分にとって一番大切な家族のサポートをしてくれることが決め手となりました」

「(家族が)安心して暮らせる保証がなかったら、日本に帰っていたかも…」

どこかで聞いた言葉に似ているなと、ずっと考えていた。

思い出した! 映画「チャーリーとチョコレート工場」の主人公チャーリーの言葉。「家族は一番大事だもん。僕は家族といるよ」という決め台詞。

ティム・バートンとジョニー・デップの組み合わせがすごいのはさておいて、松坂さんにとって家族の順位が一番上にあることに、心を動かされた。


あの童顔が、渋い(?)大人に見えた瞬間だった。

2006-12-17

[] 啄木の未開封初版本「悲しき玩具」入手

  • 袋とじの装丁で出版された石川啄木の初版本「悲しき玩具」の未開封の一冊を、函館市「土方・啄木浪漫館」の佐藤豊社長が入手した。
  • 札幌の出版社が所蔵していた啄木の初版本11冊をまとめて購入したところ、その中にあった。
  • 函館市文学館や盛岡市の石川啄木記念館にもない貴重な資料で、近く同浪漫館に展示したいとしている。

「悲しき玩具」は啄木が亡くなった1912年(明治45)、初版五百部を刊行。

佐藤社長は約三百万円で落札。

(2006-12-15 The Hokkaido Shimbun Press)

2006-12-13

[] 今年の啄木は…岩手日報より

「岩手学芸 この一年」

石川啄木の生誕120年、宮沢賢治生誕110年を記念する催しが多彩に展開

  • 日本グラフィックデザイナー協会東北地区協会員による「啄木・賢治を着るTシャツ展」
  • 国際啄木学会(近藤典彦会長)は、本年度大会を東京で開いた(9月)。研究発表を大学院生ら若い世代が担当し、ベテラン研究者は講演を行った。
  • 盛岡では「ザ・啄木展」が開かれ、啄木を親しみやすく紹介した。(8−11月)。

(2006-12-6〜13 IWATE NIPPO)

2006-12-11

[] 追いつめられて啄木は…Konya dake asobo !

石川啄木「ローマ字日記」の高い人気のヒミツがわかりそうな<こ・の・日>。


宮崎郁雨の手紙がきた。啄木の妻や子を「東京によこす。旅費も心配するな」とある。

妻子が来ることで追いつめられ「どうしよう!」「どこに行こう!」と、もがく啄木。

「《死のうか、死ぬまいか》の問題が、風呂に入っているうち《(湯から)出ようか、出まいか》に変化した…」などと書いている。

26 TH , SUNDAY.


"Konya dake asobo !

"Uchi e wa kaeri taku nai : nani ka iya na Koto ga Yo wo matteru yo da.  Soshite Hongo ga Baka ni toi tokoro no yo de, kaette iku no ga Okku da.

(長音を表す記号(^)が、ここでは表記されていません)

なんと正直な啄木。

何かをしたくない気持ちの描写は、現在の人の心にもピッタリと寄り添ってくる。

つづきはこちら→「ローマ字日記 1909-04-26」・・・石川啄木

2006-12-07

[] あなたを忘れない「赤い鯨と白い蛇」

「赤い鯨と白い蛇」

  • 監督 せんぼんよしこ
  • 出演 香川京子 浅田美代子 宮地真緒 坂野真理 樹木希林
  • 2005 日本

千葉県館山の古い家を舞台に、そこに住んだことのある女性たちが偶然出会う。

彼女たちは行きがかり上ではあるが、静かに激しく「今を」「かつてを」語り合う。“赤い鯨”は戦争中、夕陽に映える○○○の姿を意味し、“白い蛇”は家の守り神である。

俯瞰で写す古い家の屋根には、魂があり、実際に語りかけてくる気がした。

流され忘れ去られていく大切な人のこと、大切なできごとを、自分が生きているあいだは覚えています。

そしてまた、次代の大切な人に伝えていきます。

心に沁みてくるウクレレの音色を聴きながら、そう思った。

“あなたを忘れない”

2006-12-04

[] 墓の代わりに木を植えて…「垂直の記憶」

「垂直の記憶---岩と雪の7章」

  • 山野井泰史・著 山と溪谷社
  • 2004年 1,575円

ギャチュン・カンを含め12年間に18回も挑戦したヒマラヤの登攀を、クライマー自ら選択し振り返る。8,000mを超えても酸素ボンベや固定ロープを使わず最低限の装備のみで登る。この過酷な“アルパイン・スタイル”をなぜ選んだか。

口絵のカラー写真は、各章ごとにとっておきのものが載っている。本文を読みながら何度も写真を開いて見つめた。

各章に「両親」「死」「夢」などのコラムがあり、短い文は著者のひととなりをよく表している。

特に印象深いのは「結婚」。「我が家では、片方が死んだときの約束がある。それは墓を立てる代わりに木を植えることだ…」そして、木の種類も決まっている。

人それぞれに違うと思うが、私は、「凍」を先に「垂直の記憶」を後に読んでよかった。文章のプロと登山のプロの違いが興味深い。

改めて、生きていくのにどうしても必要な「なにか」について考えさせられた。

2006-12-01

[] 「月に願いを!」セレーネに載せて

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、来年夏に種子島宇宙センターからH-IIAロケットで月周回衛星「SELENE(セレーネ)」の打上げをする予定だそうだ。日本初の本格的な月探査機になるという。

JAXAでは、セレーネに載せて月へ送る「名前とメッセージ」を募集している。186mm × 282mm のシートに、夢と希望が刻まれて宇宙へ飛ぶ。

なんか、夢を書くと実現しちゃいそう。

だって、メッセージを載せたまま、月のまわりを子どもの衛星2個を連れてぐるぐるまわるんだから。

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1403379