啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2007-01-31

[] 胸のすくペン捌き「空飛ぶタイヤ」

「空飛ぶタイヤ」

  • 池井戸 潤 著  実業之日本社
  • 2006年 1995円

走行中のトレーラーからタイヤが外れ、通りがかりの母子を襲った。事故原因は運送会社の整備不良ということで、社長に容疑がかかる。

社長、社員、その家族、大手の自動車メーカー、刑事、銀行、学校・・・。諸々のことが見事に交ざり合い、怒濤のように話が進む。

事故車の整備をした男とその妻、社長の家族、などの人物が短い描写でキラリと描かれている。

読み終わった今日も「リコール隠し」の文字がニュースで流れ、「菓子メーカーの品質管理」も大問題になっている。

”本の虫”(自称)の私だが、吸い込まれるように読む本にぶつかることは少ない。

この本は間違いなく、その一つ。

2007-01-29

[][] 土岐善麿を評価する石川啄木

「残すべき歌論2」 土岐善麿(ー)  篠 弘


  • これほど短歌結社と無縁であった歌人は少ない。善麿は結社誌をもたなかったばかりではない。
  • 啄木が善麿の第一歌集を評価したことは有名である。「NAKIWARAIを読む」で、もっとも「歌人らしくない歌人」として、その作品に「歌らしい歌が少い」ことに着目していた。
  • 「日常生活の中から自ら歌になってゐる部分だけを一寸々々摘み出して、其れを寧ろ不真面目ぢやないかと思はれる程の正直を以て其儘歌つた」ものとして、日常の生活がモチーフとなったことを認める。生活から詩が剔出されたのが革新的であった。

雑誌「短歌」平成19年2月号 角川学芸出版

2007-01-28

[] 啄木と女性 意外な縁 『忘れな草 啄木の女性たち』

  • 第一部では、石川啄木と接点を持った60人以上の女性を取り上げた。函館の代用教員時代、同僚の橘智恵子は、若々しく清楚な女性であった。釧路の芸者小奴は「気持ちのよい女だ」と日記に記す。「姉のように思う」と、尊敬と親しみを寄せた与謝野晶子・・・。

  • 第二部では、著者が妻節子に架空インタビューする。従来いわれるような「啄木の犠牲者」でも、いわゆる「新しい女性」でもない、独自の節子像を打ち出した。

(2007_01_22河北新報

忘れな草  啄木の女性たち』

   山下多恵子 著

     未知谷 版(Tel 03-5281-3751) 2,520円

2007-01-26

[] ガイド募集--「啄木と賢治青春の道」など

盛岡の街 心が通うふるさとガイド


  • 盛岡観光コンベンション協会は第4期ガイド30人を募集している。
  • 応募できるのは18歳以上65歳未満で盛岡市内に住んでいる人。
  • 同協会は「歩いて楽しむまち盛岡」を体感してもらうため、啄木、賢治ゆかりの場所をめぐる「啄木と賢治青春の道」、「盛岡伝説と神秘の道」といった散策コースを設定している。

  •   問い合わせ 盛岡観光コンベンション協会

   盛岡市中ノ橋通り1-1-10 プラザおでって2F

   TEL019-604-3305

(2007_01_26 morioka times.com)

2007-01-23

[] 10年後には!!「不都合な真実

不都合な真実」 An Inconvenient Truth

  • 監督 デイビス・グッゲンハイム
  • 出演 アル・ゴア
  • 2006年 アメリカ

温暖化で、地球が危機に瀕している。アメリカの元副大統領、アル・ゴアは環境問題に関するスライド講演を世界中で開き、地球と人類の危機を訴えてきた。講演そのものを見せる形で製作したのが、このドキュメンタリー映画だ。

北極はこの40年間に40%縮小し、今後、消滅するといわれている。鳥インフルエンザSARSといった奇病が発生し、ハリケーン「カトリーナ」のような大きな自然災害も増えた。

『「不都合な真実」とは?』の疑問にゴア氏は答えている。

「真実の中には、耳が痛いものがあります。なぜなら、本当にそれらに耳を傾け、真実として認めてしまうと、あなたは変えなければならないからです。その変えることが、かなり都合の悪い場合があります」

ゴア氏が大統領になれば、米国の“京都議定書”批准も実現するのでは……。しかし、本人は「再び立候補する予定はない」と明言している。

地球温暖化による気候変動が場合によっては「10年後」にまで早まる、という予測データも示された。

そして、私たちにできることが提案される。「これなら出来る」というものが多い。

白熱電球を電球型蛍光灯に

タイマー機能のついたサーモスタットを設置

使っていない電気製品のスイッチを切る

・・・

科学者のようなゴア氏の講演をじっくりと聴き、そして我が胸に「自分なら…」と、問いかける好いチャンスを与えてくれた。

2007-01-22

[] 啄木偲びアイスキャンドル--釧路

啄木来釧99年目を記念

  • 石川啄木が釧路の駅に降り立った99年目の21日、啄木が歩いた道をアイスキャンドルで飾る「第4回啄木・雪あかりの町・くしろ」が釧路市の港文館と南大通り周辺で行われた。

  • 市民らの協力で1000個のアイスキャンドルが並び、歌碑めぐり、啄木一人百首、洲崎町なつかし館「蔵」の臨時開館など多彩なイベントが行われた。

(2007_01_22釧路新聞 ON THE WEB SITE)

2007-01-21

[] 啄木の実らぬ恋 バタの味

北海道岩見沢市  -Friday 旅ものがたり

  • 石川啄木ゆかりの碑は道内に数多く存在するが、啄木が思いを寄せた女性の嫁ぎ先に立つ歌碑というのは、恐らくここだけではないだろうか。

  • 「石狩の空知郡(ごほり)の/牧場のお嫁さんより送り来し/バタかな。」

  • 啄木が函館で代用教員をしていたとき、心ひかれた女性の嫁ぎ先がこの牧場だ。女性が結婚したことを知らずに歌集を郵送した啄木に、その返礼として「牧場のお嫁さん」から届いたバター

(2007_01_19YOMIURI ONLINE Friday 旅ものがたり)

[] 「あゝ上野駅」の歌手・井沢八郎さんが亡くなる

「ふるさとの訛なつかし」上野駅

  • 「ふるさとの訛(なまり)なつかし/停車場の人ごみの中に/そを聴きにゆく」。明治の詩人・石川啄木は、そう歌った。

  • 井沢さんの歌がちまたに流れたのは、東京五輪のあった1964年のこと。歌は大ヒットする。
  • 六十九歳。「生涯青春」の人の早い旅立ちだが、あの歌は昭和歌謡史に残る名曲だろう。

(2007_01_19 東奥日報 天地人)

    

2007-01-19

[] 樹木に3列の傷をつける啄木鳥(きつつき)の絵

啄木・賢治新作ポスター展


  • 岩手デザイナー協会会員による啄木・賢治新作ポスター展が開かれている。

  •  会員22人が同展のためにかきおろした44点(啄木19点、賢治24点、啄木・賢治1点)を展示。

  • 樹木に3列の傷をつける啄木鳥(きつつき)の絵が、3行書き短歌で知られた啄木を象徴する「WEEPING TAKUBOKU」などが来場者の目を引いている。

(2007-01-18 IWATE NIPPO

・2007年2月12日まで

・もりおか啄木・賢治青春館 TEL 019-604-8900

2007-01-17

[] 「語らぬ妻」節子に肉薄 -新潟日報-

忘れな草  啄木の女性たち』

   山下多恵子 著 未知谷 版 2,520円

  • 今からおよそ百年ほど前のこと、一人の青年が世紀をまたいで瞬く間に走り去った。石川啄木である。……二十六年の生涯を啄木は全力で駆け抜けた。

  • 本書は啄木と女性たちとのさまざまな出会いのかたちを探求した著作である。

橘智恵子、芸妓小奴、啄木の二人の娘(京子・房江)、母カツ、最愛にして唯一の存在・妻節子。


  • 特に第二部「節子に聞く」は圧巻だ。なんと著者は石川節子へのインタビューを敢行するのである。もとより架空の対話ではあるが、これは「語らぬ女性」節子に肉薄するための渾身の方法である。

  • 本書の節子は、自分の人生を真正面から生き抜いている。対象へ差し向ける比類のない共感力が、この著者にはある。この著者ならではの突出した才能だ。

彼女たちは、百年の後、山下多恵子という稀有の書き手を得て、私たちの前に生き生きとよみがえったのである。

   今野 哲(長岡工業高等専門学校助教授)


(2007_01_14:にいがたの一冊: 新潟日報

2007-01-12

[]「啄木・賢治 新作ポスター展」始まる 1/11-2/12

  • 岩手のデザイナーたちによる、石川啄木宮沢賢治の世界をポスターで表現した作品展が11日から盛岡で始まった。
  • この作品展は啄木生誕120年と賢治生誕110年に合わせて企画されたもの。
  • 啄木と賢治が対で描かれたものや、デザイナーの持ち味を生かした作品が多い。
  • 2月12日まで。

(2007-01-11 IBC NEWS ECHO ほか)

  もりおか啄木・賢治青春館 TEL 019-604-8900

[] 啄木と「赤心館」と深沢紅子

 野の花 深沢紅子の生涯

  • 紅子が学んだ私立女子美術学校(現女子美術大学)の校舎は、東京市本郷区菊坂町の本妙寺の境内にあり、寺をはさんで同校と同じ本妙寺坂に面した境内には、下宿業を営む赤心館があり、金田一京助が住んでいた。
  • 1907年4月29日、ふろしき包みひとつ抱えた歌人の石川啄木が訪れた。
  • 金田一は、故郷の後輩のため、2階の6畳間を借り、啄木が執筆に専念できるよう下宿代などを負担することにした。
  • 啄木の生前唯一の歌集となった「一握の砂」の大半が赤心館で生まれたのである。

(2006-12-16 asahi,comマイタウン>岩手)

2007-01-09

[] どうよ、野菜の福袋!

遠出をした道沿いに、産直野菜の店を見つけた。

「野菜の福袋」という文字が面白いので買ってみた。

     

これが中身。

写真には写しきれなかった野菜がまだまだあり、どれもはちきれんばかり。文庫本がミニに見える。

「大当たり〜!」の福袋だから、きっと今年もいいことがある……ネ。

ちなみに、野菜ひとつ70円ぐらい。

2007-01-07

[] 嫌なら辞めろ!「プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔」「The Devil Wears Prada」

ベストセラー小説の映画化。

思わぬことから一流ファッション誌の編集長アシスタントになったヒロイン。上司の悪魔のような命令に振り回され、恋も友も失いそうになり、『これでいいの?』と悩む。

印象的なシーンは、ヒロインが「どんなに仕事をやっても編集長は認めてくれない」とディレクターに訴えるところ。ディレクテーを演じたスタンリー・トゥッチが「君はやってない。それは愚痴というものだ。嫌なら辞めろ」とあの顔で言う。・・・・シビレタ。

おしゃれに興味のなかったときのアン・ハサウェイが「ステキ!」と思ってしまうのは異常だろうか。

第一線で働くことの厳しさをきちんと描き、示唆の多いしかも楽しめる映画だった。

2007-01-04

[] ドイツ語で啄木短歌を読んでみませんか

In der frischen Luft des Oktobermorgens

beginnt es einzuatmen

das Baby.


  Jûgatsu no asa no kûki ni

  atarashiku

  ikisuisomeshi akanbo no ari (529)

  十月の朝の空気に

  あたらしく

  息吸ひそめし赤坊のあり

Von der Luft des Spatherbstes

hat es nur einen Kubikmeter

geatmet, ach, mein Kind, das auf den Tod zuging.


  Osoaki no kûki o

  sanjakushihô bakari

  suite waga ko no shi ni yukishi kana (547)

  おそ秋の空気を

  三尺四方ばかり

  吸ひてわが児の死にゆきしかな

  • オーストリア・ウイーンの、ルート・リンハルトさんが啄木短歌をドイツ語訳しました。
  • 石川啄木『一握の砂』の中の子供を詠った歌を選び、自分のウェブページに載せてあります。ローマ字が併記されています。
  • これが(1)で、(2),(3)もあります。

 http://www.ruthlinhart.com/diss_tanka_4.htm

2007-01-01

[] 2007年 幸せの年に!

明けましておめでとうございます。

このページに来てくださって、ありがとうございます。昨年は皆様にとって良い年となりましたでしょうか?

私の方は、<啄木の息-ブログ版>を始めて6か月。新しいことをいっぱい学び、なかなかのスリルある年になりました。

1回ごとのつたない写真は、今のところすべて私のものです。話題に合うものもあれば、?もあり申し訳なく思っています。

これからもたゆまず努力していきます。

正月の四日になりて

あの人の

年に一度の葉書も来にけり。

          石川啄木

みなさまが訪れてくださるのを楽しみに今年も一歩一歩、進みます。どうぞよろしくお願いします。

今年もみなさまのところに幸せが訪れますように!

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1254512