啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2007-08-31

[] 井上信興 著「続・終章 石川啄木

【美しい表紙】


「続・終章 石川啄木」を読む -「啄木の息」管理者

  • 井上信興著 渓水社
  • 2007年発行 1800円+税

目次


    • 「東海の歌」の定説をめぐって
    • 「東海の歌」に関する諸説
    • 「終章 石川啄木」の書評について
    • 啄木の第二歌集「悲しき玩具」
    • 啄木の文学関係者達とその雅号
    • 啄木とその家族
  • 書評/随想/資料/あとがき

<あとがき>より

      • 85歳という高齢で、疾患をあれこれ抱えている、白内障が進んで、新聞雑誌など、まともに読むことができない状況…
      • 白内障の手術を受け、視界は霧が晴れたように、ぐんと明るくなり、手元もよく見えるようになった…
      • 私の本を読んで下さる熱心な読者のためにも、もう一度努力してみよう…
      • もう一度出版することを決意した…

2007-08-29

[] 「15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術」

【?ヒトヅキアイ?】


「15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術」

  • 大串 亜由美 著 ダイヤモンド社
  • 2006年 1,500円

モーレツな題名だ。初め、うさん臭い商品の売り込みテクニック本かと思った。

アサーティブ(assertive)を辞書で調べると「断定的な」「自己主張の強い」「自分に自信を持った」と出ていた。

「アサーティブ交渉術」とは、相手に気配りしながら自分の主張も通す、相手から気持ちよく「Yes!」をもらうコミュニケーション方法ということらしい。

    • 「相手になくて自分にあるもの」をじっくり探し、そこで勝負する。
    • 「私は…」で始まる話にする。「みんなが…」をオトリにせず「主語」をごまかさない。

著者は企業の人材育成業務を手がけ、年間276日の「研修女王」である。従ってビジネス上での交渉術が書かれている。

しかし、人との関わりで悩んだときの解決方法もちりばめられている。

ある意味、だれが読んでも役に立つ。

2007-08-27

[] 啄木への思い熱唱 新井満さん

ヤブカンゾウ


「啄木への思い熱唱 函館でショー」

  • 新井満さんが、啄木が函館を訪れ今年で百年になったのを記念して、函館市民会館でトークショーを行った。
  • 新井さんは「啄木の歌は小学生のころから好きだった」と、啄木に寄せる思いを語った。

(2007-08-27 北海道新聞

2007-08-26

[] レンタル家族(?)「母恋旅烏」

ネジバナ


「母恋旅烏」

  • 荻原浩 著 新潮文庫
  • 2006年 705円

元芸人一家が、親父の始めた「レンタル家族派遣業」に振り回される。

17歳の次男が「ぼく」という一人称で登場し、語り手となる。母さん、兄ちゃん、姉ちゃんとその赤ちゃん、それぞれが訳ありで魅力的な人物。レンタルを依頼した人と、“依頼されたように演ずる家族”とのやりとりの妙。このあたりは何度も読み直した。

ある家族の崩壊を描いているが、真面目に家族のありかたも問うている。


人を愛するとは、暮らしとは、家族とは………煮詰まってしまったときにおススメの本だ。

2007-08-22

[] 「インドネシア大会」国際啄木学会 9/3

【マンゴープリン】


            • 訂正・付けたしあり

2007年度 国際啄木学会 インドネシア大会

  • 期日 2007年9月3日
  • 会場 インドネシア大学日本研究センター
  • 日程

  総合司会:舟田京子(神田外語大学准教授)

  • 9:30  開会セレモニー(実行委員長あいさつ、会長あいさつ、来賓あいさつなど)
  • 9:45 バンバン・ウィバワルタ(インドネシア大学日本研究所長)「インドネシアにおける日本文学研究」、コメンテーター 舟田京子
  • 10:30 休憩
  • 10:45 木村一信(立命館大学教授)「昭和作家の南洋体験」、コメンテーター 増田周子(関西大学准教授)

  • 11:45 昼 休 み

  研究発表会の司会:若林 敦(長岡技術科学大学准教授)

  • 12:45 照井悦幸(盛岡大学准教授)「啄木作品の翻訳をめぐる問題」
  • 13:15 サパルディ ジョコ ダモノ(インドネシア大学教授)
  • 14:00 安元隆子(日本大学教授)「レオニード・アンドレーエフ『血笑記』と啄木」
  • 14:30 休憩
  • 15:50 詩歌の朗読会
  • 15:25 太田 登(天理大学教授)「歌集『一握の砂』の魅力について」
  • 16:25 閉会のあいさつ:近藤 典彦(国際啄木学会前会長)

   *懇親会場へ移動

・ビーチサンダルがあると便利。

2007-08-21

[] 「Northern songs」小樽発・読書マガジン 

クサギ


「Northern songs」スワン社 2007-07-07発行

  2007年1〜3月合併・最終号

目次

・赤き布片という記憶

・金田一、啄木の人と生涯を語る

・読書会BBSから 特集「千田三四郎」

・「小樽新聞」昭和二年の師走 4

・西川光二郎略年譜

・《違星北斗》北斗帖 私の短歌(おたるの青空 第32回)


 ・Northern songs 終刊について 新谷保人

2007-08-20

[] 「短歌甲子園2007」啄木生誕の地で

センニンソウ


「盛岡開催の短歌甲子園」閉幕

    • 最優秀作品

「喉元で母の涙の味がする姉が発つ日のきんぴらごぼう」

  • 盛岡市で行われた全国高校生短歌大会「短歌甲子園2007」が、19日閉幕した。
  • 全国から予選を勝ち抜いた33チーム、112人が啄木生誕の地で戦った。
  • 個人戦では盛岡一高の戸舘大朗さんが、最優秀作品賞に選ばれた。

(2007-08-19 IBCニュースエコー、読売新聞、岩手日報)

2007-08-19

[] 啄木の脳内は?

【クリの青いイガ】


「啄木の頭の中をのぞいたら・・・」

石川啄木の脳内を見たら、「欲」のまわりを「H」が囲んでいた。

ん〜っ、すごいな! そのままだ。

脳内メーカーとか、脳内診断とかいろいろあるので別のも見た。啄木の頭の中は「逃」と「愛」であふれていた。


ちなみに、妻・節子は「恋」の塊。

父・一禎は「迷」。

母・カツは「悲」でいっぱい。


分析結果が当たるわけない・・・・。しかし、大当たりのような気もする。

2007-08-18

[] 映画「若き日の啄木 雲は天才である」CSで放映予定

【ヒマワリ】


映画「若き日の啄木 雲は天才である」 1954年公開作品

石川啄木の人生を映画化した青春ドラマ。文学を志す若き日の啄木を岡田英次が、その妻・節子に若山セツ子。

  • CS放映予定
    • 2007年08月20日(月) 12:00
    • 2007年08月22日(水) 27:10
    • 2007年08月29日(水) 18:00

*未ビデオ化

2007-08-17

[][] 「風になった啄木」トークイベント 函館 8/26

石川啄木一族の墓・函館】


『来函100年 啄木を歌おう」

  • 天才歌人石川啄木の来函百年を記念するトークイベント「風になった啄木」が26日15時30分から、函館市湯川町の函館市民会館大ホールで開かれる。
  • 新井満さんが特別ゲストとなり、啄木研究家の桜井健治さん、石川啄木記念館の学芸員山本玲子さんと三人で啄木への思いを語り合う。

(2007-08-18 北海道新聞 道南)

2007-08-16

[]白村のふるさと「船岡駅歌碑」文学散歩

  

【啄木歌碑・宮城県船岡】


「吉野白村のふるさと船岡」

船岡駅歌碑---啄木文学散歩

  • 「啄木と特に親しい関係」の吉野白村は、宮城県柴田郡船岡村に生まれた。
  • 船岡は、栃木県の黒磯駅と岩手県の盛岡駅を結ぶJR東北本線のやや黒磯寄りにある。
  • 駅の上りホームには啄木ゆかりの「ハマナス」と「紅苜蓿」と「歌碑」がある。

 

つづきはこちら→文学散歩「宮城県:柴田町 船岡駅歌碑」

2007-08-09

[] 晶子・鉄幹・啄木「妻をめとらば」

カラスウリの花】


「妻をめとらば」明治座

  • 歌人、与謝野晶子を描く舞台「妻をめとらば〜晶子と鉄幹〜」が明治座で再演されている。
  • 藤山直美香川照之が主演。
  • 明治から大正にかけての鉄幹・晶子夫妻宅。夫婦げんかに、石川啄木岡本健一)らもからむ。
  • 大逆事件や啄木の死という暗い側面は、管野須賀子を幽霊として登場させるなどして、救いをもたせている。

(2007-08-08 朝日新聞、2007-08-01 読売新聞)

2007-08-06

[] 「世界を見る目が変わる50の事実」“知らない”ということは罪深い

【マスク】


「世界を見る目が変わる50の事実」

  • ジェシカ・ウィリアムズ 著 酒井 泰介 訳 草思社
  • 2006年 1,680円

世界を変えようとするのは、きわめてむずかしい。

・日本女性の平均寿命は84歳。ボツワナ人の平均寿命は39歳

・世界で三人に一人は戦時下に暮らしている

・世界の喫煙者の82%は発展途上国の国民

英国BBCのジャーナリストである著者は「事実を知ることが、世界を変える大切な一歩」であるという。

・アフリカのHIV陽性患者は約3000万人

・ロンドンの住民は、監視カメラで一日300回撮影される

「『知らない』ということは罪深い」と、訳者があとがきで書いている。


事実の重みに耐えられない気持ちになったが、次の著者の言葉に救われた。

「これらは事実だが、しかし変えられないわけではない」

「世界を変えるのに遅すぎることはない」

2007-08-02

[][] 「啄木花紀行と植物細密画展」釧路 8/1-30

【バレイショ】


啄木の詠んだ花 細密画と書で展示

  • 来年の石川啄木来釧百周年を前に、啄木の歌に詠み込まれたバレイショなどの花や植物を描いたボタニカルアートと、若手書家による作品の展示会「啄木花紀行と植物細密画展」が1日から、釧路市の港文館で開かれている。
  • 会場では釧路啄木会の北畠立朴会長による解説書も配布する。
  • 入場無料 30日まで
  • 問い合わせ 港文館(電)0154-42-5584

(2007-08-01 北海道新聞

2007-08-01

[] そこに大切なものが…「おっぱいバレー」

【なつみかんの砂糖漬】


「おっぱいバレー」

  • 水野 宗徳 著 泰文堂
  • 2007年 1,260円

部室で麻雀ばっかりやっているバレーボール部の男子中学生たちが、新しく顧問になった女性の先生とありえない約束を交わす。「地区予選で優勝すれば \(>o<)/ 」。契約成立してからの彼らは、激しく練習に取り組み・・・。


題名でつまずくが、実は転んでいられない真っ向勝負の話。

教師をただの職業とするような人にはなりたくないという主人公の若い女性は、「日本一の教師を目指している」と語る。

んっ? この言葉、どこかで聞いたぞ。「自ら日本一の代用教員を以て任じて居る」「此の日本一の代用教員たる自分の胸に・・・」石川啄木の小説『雲は天才である』だ。

青い豊かな時代の真っただ中で悩んでいる中学生、20歳はとっくに越えているが中身は中学生のように震えている大人たち。

みかんの郷に風が吹く。

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1253689