啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2008-02-29

[] 「歌う記者 石川啄木」朝日新聞連載-11

【クンシラン開く】                


  おれが若しこの新聞の主筆ならば、

  やらむ──と思ひし

  いろいろの事!

              石川啄木


連載-11

「歌う記者 石川啄木 --朝日新聞社の3年間」

  • 東京朝日新聞編集長・佐藤北江は、16歳で自由民権運動の結社に加わり、現在の岩手日報の記者となった。
  • 20歳で上京。入社した新聞社が翌年買収されて東京朝日新聞となったため、そのまま移籍し、死ぬまでの27年間編集記者を務め、うちほぼ20年を編集長として貢献した。
  • 私心がなく無欲。啄木にとって願ってもない金づるだった。

(2008-02-16 朝日新聞夕刊)

2008-02-27

[] 「啄木の妻節子--ひとり語りに挑戦」

【アオキの冬芽】


「石川啄木の妻節子を題材に、ひとり語りに挑戦」

  • 釧路市の、のろ紀子さんが、石川啄木の妻節子を題材に、自作自演のひとり語り「SETSUKO-2008」にチャレンジする。
  • 公演は3月7、8日。会場は釧路市内。

(2008-02-27 釧路新聞)

2008-02-26

[] 「貧乏するにも程がある」借金生活の極意

【和の食卓】


「貧乏するにも程がある 芸術とお金の“不幸”な関係」

長山靖生著、光文社新書、720円+税 (評:三浦天紗子)

  • 貧乏が好きという人はいないだろうが、文学や芸術のためなら「貧乏、上等!」と貧困に甘んじた芸術家たちは古今東西、枚挙に暇がない。
  • 石川啄木は、花街などの遊蕩費を友人に借りるに当たっては、家族が病気だなどと嘘をつきまくっている。

(2008-02-25 NBonline)

2008-02-25

[] 「母べえ」未来ではなく、いま!

【ウメ・白梅】


「母べえ」

  • 監督 山田洋次
  • 出演 吉永小百合 浅野忠信 檀れい 志田未来 佐藤未来 坂東三津五郎 笑福亭鶴瓶 でんでん 中村梅之助 戸田恵子 倍賞千恵子 大滝秀治
  • 2007年 日本

日中戦争の頃、ドイツ文学者の夫と、その妻と二人の娘が楽しく暮らしていた。しかし、夫が治安維持法違反で検挙されてからというもの……。

夫の教え子役の浅野忠信さん。暖かく慎ましい人柄をよく出していた。吉永小百合さんは、役とはいいながらドコまでが演技でドコまでが本人の生き方か分ちがたいほど、溶け合っていた。


「あの世ではなく、この世で逢いたい」

この言葉は《未来ではなく、いま》を指していると感じた。もっといえば《過去でもなく、いま》。

山田監督のメッセージをわたしはそう受け取った。

2008-02-23

[] 「歌う記者 石川啄木」朝日新聞連載-10

【ウメと鳥居】                



  二晩おきに、

  夜の一時頃に切通の坂を上りしも──

  勤めなればかな。

              石川啄木

 

連載-10

「歌う記者 石川啄木 --朝日新聞社の3年間」

  • 渋川玄耳は奇想縦横のジャーナリストだった。因習が大嫌いだった。
  • 石川啄木をいきなり朝日歌壇の選者に据えるという大胆な人事ができたのも、そんな性格ゆえである。
  • 社内抗争が姿をあらわにし……やがて渋川も退社に追い込まれる。

(2008-02-09 朝日新聞夕刊)

2008-02-22

[] 「啄木の酒」披露パーティー

【ウメ開く】


新銘柄「ふるさとの山に向ひて」披露

  • 石川啄木の名歌にちなんだ日本酒の新銘柄「ふるさとの山に向ひて」披露パーティーは啄木の誕生日に当たる20日、東京都内のホテルで開かれた。
  • 啄木のひ孫で、この日に同じく誕生日を迎えた石川真一さんは「この酒が多くの人に愛され、地元経済にも役立てばうれしい」とあいさつ。

(2008-02-21 岩手日報)

2008-02-21

[] 「明日へのチケット」長距離列車の旅で

【ミツマタの蕾】


「明日へのチケット」TICKETS

  • 監督 ケン・ローチ 、 アッバス・キアロスタミ 、 エルマンノ・オルミ
  • 出演 マーティン・コムストン カルロ・デッレ・ピアーネ フィリッポ・トロジャーノ ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
  • 2005年 イタリア/イギリス

国際長距離列車の乗客を巡る話を、三人の名監督が綴っていく。

インスブルック駅。空港が閉鎖したため、一人の教授がローマ行きの列車に乗る話から始まる。二話目は、わがままを絵に描いたような女性になぜか仕える青年のこと。三話目、スコットランドのサッカーファン三人組と、全員分の切符を買えない移民の家族との関わり。

話がどう進むのか、人々の関わり合いはどうなっていくのか、説明が少ないぶん興味が高まる。挟み込んでいくエピソードは、重くもあり、意外でもあり、しかも楽しい。わがまま女性の「携帯電話ストーリー」とか、召使いのような青年と「同郷の少女の話」など、

終着駅で列車を降りる人々。オバカ三人組(と見えたが、実は……)の行動と、未来をめざして進む人波には希望がある。

好きな監督たちだし・・・満足!

2008-02-19

[] 「歌う記者 石川啄木」朝日新聞連載-9

【ジュウニノマキ】                


  高きより飛びおりるごとき心もて

  この一生を

  終るすべなきか

              石川啄木

連載-9

「歌う記者 石川啄木 --朝日新聞社の3年間」

  • 「広辞苑」にある啄木ら朝日新聞関係者の記述。
  • 1版(1955年)啄木は「東京朝日新聞記者」と明記、渋川玄耳は「新聞記者」。
  • 6版(2008年)啄木の項目からは朝日記者の経歴が消え、渋川には「東京朝日新聞記者」という説明が加わっていた。

(2008-02-02 朝日新聞夕刊)

2008-02-18

[] 文化講演会「啄木に露堂の影響」-釜石

【復刻した印 小国露堂展(2004年)】


「晩年の社会主義への傾倒、露堂の影響を指摘」

  • 2月16日、釜石市立図書館の文化講演会があり、毎日新聞釜石通信部の鬼山親芳記者が「石川啄木と小国露堂」と題して語った。
  • 露堂は会うたびに啄木に社会主義を説くなど熱い議論を重ねたことが、啄木日記に記されている。

(2008-02-17 毎日新聞)

2008-02-17

[] 「人生って嘘みたい」-蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ

【ヒイラギナンテン】


「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」

WOWOWドラマ3回目(チカ・蒼井優 恋人・加瀬亮 3話×4の全12回 今は3回目)

恋人を亡くしたチカは、《よる》と名付けたネコと暮らすようになる。《よる》が突然、あるよる○○に! 

「ネコって、いつも何考えてるの」

「さびしいときは、さびしいといっていいよ」

お芝居の舞台の転換のように、ライトを点けたり消したりで世界を変えていく。

(アーッ。ネタバレしたくて、ウズウズする・・・)

蒼井優さんのファッション!


1話目が終わり、来週からは高須光聖監督になる。 

 ♪わたしウソつきだから

  いつでもうるんだ瞳

  できちゃうし♪

水曜日、真夜中また逢おう。

2008-02-16

[] 「啄木ゆかりの看板設置」釧路市

【「料亭喜望楼跡」佐野碑園】


「啄木ゆかりの地を紹介 釧路市が6カ所に看板設置」

  • 石川啄木の来釧百年を記念して釧路市は、啄木にゆかりのある六カ所に案内看板を設けた。
  • 看板はA4判の金属板。港文館前、下宿跡、料亭「喜望楼」跡のそばの佐野碑園などに設置した。

(2008-02-14 北海道新聞)

2008-02-15

[] 「シャンプー台の向こうに」こんなヘアスタイルはいかが?

【ハクジュマル(白珠丸)】


「シャンプー台の向こうに」 Blow Dry

  • 監督 バディ・ブレスナック
  • 出演 アラン・リックマン ナターシャ・リチャードソン ジョシュ・ハートネット レイチェル・リー・クック レイチェル・グリフィス ウォーレン・クラーク
  • 2000年 イギリス 

 

イギリスのある田舎町が「全英ヘアドレッサー選手権」の開催地に決まった。10年も口をきかずいがみあっていた美容師夫婦とその息子、訳ありの専属モデルが、選手権出場をきっかけに……。


離婚、重い病気、ライバルの汚い手口などの暗い状況が続く。でも、奇抜な衣装、ヘアスタイル、まっすぐな恋、死体相手にカットやカラーリング、ヒツジにも! など、十分楽しめる。極めつけは市長! この人なしにこの町は語れない。

哀しくて胸が締めつけられ、やがて笑い、そして……。

2008-02-13

[] 心に残る啄木の歌「東海の小島の…」

【東海の小島?(カラスウリの種)】


<Hisao>さんから「私の心に残る啄木の歌」が届きました。

  東海の小島の磯の白砂に

  われ泣きぬれて

  蟹とたはむる

  • 私は昭和17年4月群馬県の師範学校に入学し寮生活に入りました。
  • 土曜日の午後や日曜日に寮内の拡声器でレコードの音楽を流してくれました。
  • 当時戦時下であり、国民歌謡や軍歌等が主でしたが今でも心に残る啄木の 東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて 蟹とたはむる……

つづきはこちら→My Favorite Songs

2008-02-12

[] 啄木の故郷「渋民にイオン」

【アオキの実】


「イオン盛岡渋民」4月開店

  • イオンが「イオンスーパーセンター盛岡渋民店」を4月下旬にオープンする。
  • 場所は、渋民文化会館、石川啄木記念館などが集まる玉山区の中心部。

(2008-02-11 岩手日報)

2008-02-11

[] 生誕記念企画展「石川啄木展」吉兆庵 2/1~2/28

【ハナキリン】


生誕記念企画展「石川啄木展」

 --啄木の生涯を通じて、交遊のあった人々や啄木の書簡を紹介--

  • 2008年2月1日(金)〜2月28日(木)
  • 源 吉兆庵銀座店8Fギャラリー

  東京都中央区銀座7-8-9 電(03)3569-2360

  • 10:00〜19:00

  (最終日は16:00まで)

  • 入場無料

  (2月22日(金)は休み)

2008-02-09

[] 「ローマ字日記」渋民の役場の助役の息子が…

【都会(新宿)】


「ローマ字日記 1909年(明治42)5月2日」

青年が、渋民から啄木を頼って訪ねてきた。啄木は給料の前借ばかりしているくせに、彼らの下宿探しをし手付金を払い、荷物運びを手伝い天ぷらをおごる。

そして、こんなことを想う。

「(彼らは)都会に幻惑されて、……きっと自殺したくなる時期がくる……」

Yo no Saifu wa Kara ni natta.


夜更けて、詩人になる啄木。

Mado wo hiraku to yawaraka na Yo-kaze ga nesshita Hô wo nadete, Kâb ni kishiru Densha no Hibiki no Soko kara Furusato no koto ga Me ni ukanda.

つづきはこちら→ローマ字日記「1909年(明治42)5月2日」

2008-02-07

[] ♪「あなたが好きなの ウソだけど…」

f:id:takuboku_no_iki:20140721193710j:image:w300

【雪の日】


「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」(ドラマ)

…恋人は死んでしまったのに世の中は変わらずに動いている…

ドラマを見た。3話×4の全12回。今は2回目。「嘘」をテーマに描かれる。

恋人(加瀬亮)の死のあと、立ち直れないチカ(蒼井優)。部屋で眠っていると、恋人が訪ねてくる。寝ていたベッドを振り返ると、そこには眠っている自分がいる。


「夢なのね」

「そう」

夢の中の二人。

「いままで一緒に行ったとこ、全部行きたい」

泣かせる台詞をいう、加瀬さん。


ブラ男として登場する西島秀俊さんもいいなぁ。蒼井さんは風のような声で主題歌を歌っている。

♪あなたが好きなの ウソだけど

 あなたといたいの ウソだけど

 ウソのウソでホントなんだけど♪


モーレツに優れたドラマ。

次の水曜日、真夜中、WOWOWでまた逢おう。

2008-02-05

[] 「横浜啄木の集い」4/26

【啄木が上陸した頃の横浜桟橋】

「第三回 横浜啄木の集い」


今年は啄木が横浜に上陸して100年目。啄木短歌会と横浜啄木会の合同で「第三回 横浜啄木の集い」を開催する。


  • 2008年4月26日(土)13:00〜15:00
  • 場所 横浜開港記念会館
  • 講演「啄木最後の歌集『悲しき玩具』編集の謎」

 講師 大室精一先生(佐野短期大学教授/国際啄木学会会員)

  • ミニ講演

「石川啄木と横浜に関わる人物と建物」

 大庭  主税:啄木の友人小島烏水の顕彰碑を訪ねて

 小木田久富:横浜で啄木が立ち寄った二つの建物について

 佐藤   勝:石川啄木と野口雨情、小島烏水について


  • 参加費:400円(資料&飲み物代です。当日受付にてお支払いを)
  • 「横浜啄木の集い」に参加を希望される方は「湘南啄木文庫」または「横浜啄木会」までメール又はハガキでお申し込み下さい。会場の都合で入場は先着50名様まです。

 メール takuboku@sato.email.ne.jp

 湘南啄木文庫 http://www.ne.jp/asahi/shonan/takuboku/

  • また、希望者は午前中に春の横浜港近辺の散歩を楽しむ計画等もしております。散歩への参加希望者は、合わせてご連絡下さい。

2008-02-04

[] 「歌う記者 石川啄木」朝日新聞連載-8

【雪「おっ、重いっ」】                


  ダイナモの

  重き唸りのここちよさよ

  あはれこのごとく物を言はまし

              石川啄木

 

連載-8

「歌う記者 石川啄木 --朝日新聞社の3年間」

  • 石川啄木が、新設される短歌投稿欄の選者に抜擢されたのは、「一握の砂」が出版される2カ月半前だった。
  • 社内には「なんで啄木ごときを」と渋川(社会部長)にくってかかる者もいたという。
  • 歌壇は翌年2月まで82回続き、投稿者183人、総数568首。

(2008-01-26 朝日新聞夕刊)

2008-02-02

[] 「大西民子は母校の先輩」盛岡二高

【ハボタン】


「大西民子は母校の先輩」盛岡二高

  • 短歌誌「波濤」の発行責任者、中島やよひさんが1月28日、盛岡二高を訪れ、同校文学研究部の部員と交流した。同誌の創刊に携わったのは、同校(当時は盛岡高等女学校)出身の歌人、大西民子(1924〜94年)。
  • 生徒からの「大西さんはなぜ短歌を始めたのか」という問い掛けに「多分、石川啄木ではないかと思う」と中島さん。「啄木と大西民子という素晴らしい土壌があるので、皆さんも研究だけでなく、短歌も作ってほしい」と呼び掛けた。

(2008-02-01 盛岡タイムス)

2008-02-01

[] 「しゃべれども しゃべれども」大切なものは…

【好きなもの?】


「しゃべれども しゃべれども」

  • 勝田文 著 佐藤多佳子 原作 白泉社
  • 2007年 533円+税

若手落語家・今昔亭三つ葉が、落語教室を開くハメに…。生徒は、気の強い女性、関西弁の小学生、 テニスのコーチ、元プロ野球選手など。落語家としても未知数の三つ葉が、自分も悩みながら生徒と一緒に奮闘……。


佐藤多佳子さんの同名小説を勝田文さんが漫画化した作品。前に原作も読んだが、個人的には漫画の方が面白かった。

互いに頑なな「ほおづき市の夜」のエピソードは、後のどんでん返しも含めてホロリとする。

勝田文さんの「あとがき」に「自分にとってとても大切なもの、好きなものを持っている人は、それゆえにものすごく辛いこともあるでしょう。でも、しぶとく、図太く、みっともなく頑張っている人は、やっぱり素敵だなぁ、と思います」とある。


辛くともみっともなくとも、大切なものを持っていよう!

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1387192