啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2008-03-31

[] 「第36回 新潟啄木祭」4/20

ハクモクレン


「第36回 新潟啄木祭」

  • 2008年4月20日(日)10:00〜
  • 会場 新潟県長岡市中央図書館

   JR長岡駅東口より徒歩10分

   電話 0258(32)0658

      • 講演

  講師 近藤 典彦(国際啄木学会理事・前会長、元群馬大学教授)

  「父と子・一禎と啄木」

      • 啄木歌歌唱 首藤隆司(新潟詩人会議)
  • 資料代 500円
  • 主催団体 短歌結社日本海、国際啄木学会新潟支部、新潟詩人会議

2008-03-30

[] 「啄木祭in大阪」4/13

【ひっそりとサクラ】

「啄木祭in大阪」

  • 日時 2008年4月13日(日) 13:30〜
  • 会場 大阪市立「住まい情報センター」

    電話 06(6242)1160

    地下鉄天神橋6丁目駅3号出口より1分 

  • 資料代 700円
      • 第1部 記念講演 田中礼「今を生きる啄木」

     天野仁 妹尾源市 村上悦也「啄木研究家が語る“啄木”」

      • 第2部 啄木を歌う ケイ・シュガー
  • 共催団体 国際啄木学会 関西啄木懇話会 石川啄木の会 大阪林芙美子同好会 民主主義文学会 新俳句人連盟大阪支部 詩人会議 あかつき川柳会

2008-03-29

[] 「波のうえの魔術師」プータローが巨大銀行に挑む

【満開の桜】


「波のうえの魔術師」

  • 石田 衣良 著  文春文庫
  • 2005年 500円

相場師の老人がプータローの青年を見つけ、秘書として雇うところから話は始まる。

「なぜ、おれだったんですか」と問う青年に老人が答える。「パチンコ店のまえに並んだ人々のなかで孤立していた。ロシアの小説家が『ほんとうに貧しい人というのは、みんなといっしょに貧しい人間のことだ。ひとりきり孤独に貧しいものは、まだ金をつくっていない金もちにすぎない』と言っている。きみはまさにそんなふうに見えた」

青年が相場を学んでいく方法を読んでいると、そのとおり実行すればだれでも本当に株取引で儲けられそうだ。株価の波が見えてきそうだ。

まったくそんなことあるわけないのに────。

株に興味はないが、ちょっと学んでみようかと思ってしまった。

2008-03-28

[] 3話目-3「アカバネ三姉妹」「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」

【トサミズキの簪】


「アカバネ三姉妹」WOWOWドラマ

三年続いたTVドラマ「アカバネ三姉妹」が最終回を迎えた。『第232回「さよなら三姉妹」』と銘打ってサ。

────── それもこれも全部、オオウソ。たった3回の連続ドラマなのだ。

でも、松・竹・梅の三姉妹を見ていると、本当に三年続いていたんじゃないかと錯覚する。監督の技が冴え、役者の根性が光る。


毎回紹介される人気写真家の一枚も、メイキング映像が入って楽しい。「もう少し見ていたい」と、いつも思う。


監督は山下敦弘さん。出演は、蒼井優池津祥子、野嵜好美さん。

  ♪わたしウソつきだから

   あなたのためなの

   なんて言えちゃう♪

2008-03-27

[] 「石川啄木と花にまつわるエピソード」高校合同パネル展

【アカツメクサ】


「啄木を啄木たらしめた 函館の花と砂展」

  • 函館水産高と函館商業高、大野農業高の三校が石川啄木の花にまつわるエピソードなどを読み解いたパネル展を30日まで、函館市地域交流まちづくりセンターで開いている。
  • 啄木が函館の同人誌「紅苜蓿」の編集に携わった話とともに展示したシロツメクサ(苜蓿)のドライフラワーや、短歌に出てくるのがヤグルマソウとヤグルマギクのどちらを指すのかを来場者に考えてもらうパネルなど、約三十点を掲示した。

(2008-03-26 北海道新聞

2008-03-26

[] 「歌う記者 石川啄木」朝日新聞連載-15

【トサミズキ満開】             

  かなしくも、

   病いゆるを願はざる心我に在り。

  何の心ぞ。

              石川啄木

 

連載-15

「歌う記者 石川啄木 --朝日新聞社の3年間」

  • 石川啄木には、病気願望があった。「病気!……ああ、あらゆる責任を解除した自由の生活!」と、日記に書く。
  • それから2年弱後、慢性腹膜炎と診断される。入院し、「つくづく病気がイヤになった」「窓をこわして逃げ出そうかとまで思った」と、書く。

(2008-03-15 朝日新聞夕刊)

2008-03-24

[] 「家日和」人間いたるところ青山

ジンチョウゲの花】


「家日和」

  • 奥田 英朗 著 集英社
  • 2007年 1,470円

家にまつわる短編集。どれもよい。

気に入りは「ここが青山」。36歳の妻子ある男性が主人公だ。会社が突然倒産し、妻にそのことをメールする。妻は「ふうん。わかった。今夜、何食べる?」と返信してきた。妻は翌日から前の勤めに復帰し、夫はエプロンをして朝食を作る。

家事について夫婦で話し合いはしなかったが、暗黙の了解でこんな形になった……と、ある。“夫婦はカガミ”というがこの二人もまるで互いを映している。

男性は初めのうち、できないことが多かった。しかし、料理・弁当作り・掃除・洗濯・息子を連れての公園デビューと果敢に挑戦し・・・。


1話目「サニーデイ」の、ネットオークションにはまる主婦も鋭い。「家においでよ」も描かれる男性群像がいい。

2008-03-20

[] 3話目-2「アカバネ三姉妹」「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」

アセビの花】


3話目-2「アカバネ三姉妹」WOWOWドラマ

松・竹・梅の三姉妹に突然の事実判明。血液型を調べたら真ん中のタケだけ血が繋がらないことがわかった。

「いままで、血がつながってなくてもうまくやってきたじゃん」というウメ。

「つながらないと知ったら、いままでと同じにはできない」というマツ。

酔っぱらってて正気のないタケ。

息もつけない展開で、ハラハラのうちに……。


蒼井優さんが二人に必死に喰らいついていくのがたまらなくよいゾ。細部に-30分間の隅から隅まで-ちりばめられたウソが光る。

監督は山下敦弘さん。出演は、池津祥子、野嵜好美、蒼井優さん。

水曜真夜中が、楽しみ。

  ♪わたしウソつきだから

   今から言うこと

   ウノミにしないでね♪

2008-03-19

[] 石川啄木の朝日歌壇「白面郎」の正体は松崎天民

カンヒザクラ(寒緋桜)】


石川啄木の朝日歌壇 常連は同僚記者」

  • 明治末、石川啄木を初代選者に始まった朝日歌壇で、常連入選者だった「白面郎(はくめんろう)」の正体は、同僚の名物記者・松崎天民だった——。
  • 啄木本人説もあった謎の投稿歌人の素顔が、このほど出版された平野英雄 著『啄木と朝日歌壇の周辺』(平原社)で解き明かされている。

(2008-03-19 朝日新聞)

2008-03-17

[] ライオンのしっぽは…「としょかんライオン」

ミツマタ


「としょかんライオン」

  • ミシェル・ヌードセン 著 ケビン・ホークス 絵 福本 友美子 翻訳 岩崎書店
  • 2007年 1680円

「きまりを守るなら、ライオンだって図書館に来ていいよ」という太っ腹の図書館長がいた。ライオンが館内を歩き回っても、みんなは少し恐がるくらいでそんなに違和感をもたない。毎日来ているライオンに館長は手伝いを頼む。

どんな役に立つのかとしばらく考えたが思い浮かばずに読み進めた。なんとあの立派なしっぽは棚のホコリ払い、大きな舌は手紙の封を舐めるため。そうやってみると、ライオンのしっぽはホコリ払いに最適だ。


図書館好きとしては、1館に1頭くらい欲しい。

2008-03-16

[] 「石川啄木から杢太郎あて年賀状」伊東市

【ガステリア】


石川啄木からの年賀状」木下杢太郎の特別展

  • 静岡県伊東市出身の木下杢太郎の特別展が、市立木下杢太郎記念館で開かれている。
  • 明治45年、石川啄木からの年賀状には「半ば廃人同様のからだ」と書かれ、肺結核で苦しむ姿が表現されている。啄木は杢太郎の助言で入院するが、この年の4月に亡くなった。
  • 特別展の期間は5月11日まで。

(2008-03-15 静岡新聞

2008-03-15

[] 「歌う記者 石川啄木」朝日新聞連載-14

【啄木歌碑・釧路市浦見】             

よりそひて

深夜の雪の中に立つ

女の右手のあたたかさかな

              石川啄木

 

連載-14

「歌う記者 石川啄木 --朝日新聞社の3年間」

  • 釧路は石川啄木が新聞記者として最も奔放に活躍した土地となった。詩歌の才能に次いで啄木に恵まれていたのが、ジャーナリストの素質だったことは間違いない。
  • 死ぬ半年前の日記に「女に読ませる週刊新聞を出したい!」という時代を先取りした構想がある。

(2008-03-08 朝日新聞夕刊)

2008-03-14

[]アカバネ三姉妹「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」

【ハナゾノツクバネウツギのガク】


蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」WOWOWドラマ 7回目

3話目「アカバネ三姉妹」

マツ・池津祥子 タケ・野嵜好美 ウメ・蒼井優 先生・仲本工事

松竹梅の三姉妹。監督は山下敦弘さん。

舞台のような設定で三姉妹の暮らす部屋があり、そこだけで話が展開する。台詞のない仲本工事さんもいい。笑えてしまうし、楽しいし、驚きだし。


 ♪わたしウソつきだから

  思ってもないことだって言えちゃうし

  ヤキモチやいたふりとかできちゃうの♪

2008-03-13

[] 続報「第三回 横浜啄木の集い」『悲しき玩具』編集の謎 4/26

ジンチョウゲ開く】


続報「第三回 横浜啄木の集い」

  • 2008年4月26日(土)13:00〜15:00
  • 場所 横浜開港記念会館(横浜市中区本町1−6)
  • 特別講演「啄木最後の歌集『悲しき玩具』編集の謎」

 講師 大室精一先生(佐野短期大学教授/国際啄木学会会員)

  • ミニ講演

石川啄木と横浜に関わる人物と建物」

  大庭主税:啄木の友人小島烏水の顕彰碑を訪ねて

  小木田久富:横浜で啄木が立ち寄った二つの建物について

  佐藤勝:石川啄木と野口雨情、小島烏水について

  • 参加費 400円
  • 参加を希望される方は「湘南啄木文庫」または「横浜啄木会」までメール又はハガキでお申し込み下さい。会場の都合で入場は先着50名様まです。

 メール takuboku@sato.email.ne.jp

 湘南啄木文庫 http://www.ne.jp/asahi/shonan/takuboku/

  • 希望者は午前中に春の横浜港近辺の散歩を楽しむ計画等もしております。散歩への参加希望者は、合わせてご連絡下さい。集合場所等を直接ご連絡します。

2008-03-12

[] 「歌う記者 石川啄木」朝日新聞連載-13

ジンチョウゲの蕾】             


  うたふごと駅の名呼びし

  柔和なる

  若き駅夫の眼をも忘れず

              石川啄木

 

連載-13

「歌う記者 石川啄木 --朝日新聞社の3年間」

  • 啄木は政治好きの詩人であった。そんな反権力志向は次第に社会性を帯び、ロシア知識人の革命運動や無政府主義への関心に移る。
  • とくに明治43年、朝日在社中に起きた幸徳秋水らの大逆事件は、異常な情熱をもって考察する対象となり、啄木最晩年の文学的業績の一分野をなす。

(2008-03-01 朝日新聞夕刊)

2008-03-10

[] 「啄木しのび鍬ケ崎歩く」4/6 

【啄木寄港の地碑 宮古市鍬ケ崎】


宮古上陸100年 「啄木しのび鍬ケ崎歩く」4/6

  出崎ふ頭で再現劇、昼食はうどん、講演会も…

  • 歌人、石川啄木が、海路上京の途中に今の宮古市の鍬ケ崎に上陸して100年。宮古の啄木ファンらはその日の4月6日、鍬ケ崎を歩いて啄木をしのび、往時のにぎわいに思いをはせる催しを企画している。
  • 午前10時に啄木にふんした青年が和船で海から登場し、道の駅“なあど”のある出崎ふ頭に上陸。昼食は“なあど”でうどんを食べ、啄木かるたを楽しむ。
  • 参加料は1000円。

(2008-03-07 毎日新聞)

2008-03-09

[]「愛されるために、ここにいる」私は愛されていないのでは……

【レンテンローズ】


「愛されるために、ここにいる」

主人公は法務執行官をしている中年の男性。医師に運動を勧められてタンゴ教室に通う。そこには自分の結婚式のために踊りを習っている女性がいた。男性には同じ仕事を始めた息子と、介護施設にいる高齢の父がいて……。

三世代の登場は、歴史と人生の流れを早送りで見せてくれる。男がこだわった学生時代の優勝トロフィーの行方もお見事!

言葉でうまく伝えられる人とそうでない人、そのもどかしさや哀しさをタンゴのメロディが浮かび上がらせる。


多くのことを語らず、しかし、ときめく心が美しい。

2008-03-07

[]「歌う記者 石川啄木」朝日新聞連載-12

【小樽駅前の啄木歌碑】             

  子を負ひて

  雪の吹き入る停車場に

  われ見送りし妻の眉かな

              石川啄木


連載-12

「歌う記者 石川啄木 --朝日新聞社の3年間」

  • 1908年(明治41)、石川啄木は釧路新聞に編集長格で雇われ、1月19日、小樽から列車で釧路へ向かった。
  • 「子を負ひて」の歌は、小樽に残されることになった妻の節子が長女・京子を背負って見送りに来た情景である。

(2008-02-23 朝日新聞夕刊)

2008-03-05

[] 「鉄路の啄木、追跡の旅」日経新聞

【クラッスラ】


「鉄路の啄木、追跡の旅」大田幸夫氏

  • 筆者は旧国鉄で保線の仕事に携わってきた。
  • 古いレールのことを調べていると、鉄道史に必ずといっていいほど啄木の名前が出てくる。

  真夜中の

  倶知安駅に下りゆきし

  女の鬢の古き痍あと

             石川啄木

  • この歌で啄木が乗ったのがどの列車だったのかを特定したくなった。1981年から少しずつ訪ね、調べていった。
  • 啄木は明治40年9月13日午後7時に函館を出発。倶知安駅の停車時刻は午前1時55分から2時5分までの10分間……。

(2008-02-29 日本経済新聞朝刊)

2008-03-03

[] 「バライロノヒビ」「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」

フリージア

蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」

WOWOWドラマ。(マコト・蒼井優 ワタル・新井浩文 3話×4の全12回 今は5回目)


2話目は「バライロノヒビ」。

妄想しながら走る女、マコト。

「最終オーディションに遅刻しそうなアイドル志望のマコトちゃん」「飛行機に乗り遅れそうなOLのマコトちゃん」「銭湯が閉まっちゃうと走る貧乏なマコトちゃん」妄想だけどちゃんと服装も持ち物もシチュエーションに合わせた映像が楽しい。

走るマコトを見つめる幼なじみのワタルがいる。同じ現実を二人の目線で描き分ける。


WOWOWヒットだね。水曜真夜中待ち遠しい。


2008-03-02

[] SF大河ロマン「大奥」第三巻

ロウバイ


「大奥」第三巻

大奥は全員男──の第三巻。

世継ぎのできない家光に、春日局は別の男を何人も連れてくる。引き離された有功と家光は、離されれば離されるほど精神的に繋がる。しかし、それが二人の苦悩を増し──。

2008年にいる私には、男と女のありかた、関係、社会の構造など今の形しか見えない。でも、100年さかのぼれば違う景色がある(100年前なら明治41年、啄木22歳・・・脱線してスミマセン)。過去に行くばかりでなく、未来に100年飛べば、ありえない光景があるのは当たり前だろうと思わせられる。

第一巻・第二巻

2008-03-01

[] 詩を書き継ぐ「私」谷川俊太郎詩集

【弥生三月雛祭】


「私」谷川俊太郎詩集

「自己紹介」

“私は背の低い禿頭の老人です”

始めの一行に捕まった。


「さようなら」

“私の肝臓さんよ”と呼びかける。腎臓さん、膵臓さん、心臓さん、脳髄さんと続く。“私はこれから死ぬところだが”“君らと別れて”──身軽になりすっぴんになっていく、清々しい清さ。


「未来の仔犬」

“ぼくを愛してくれる未来の仔犬が

岬の一軒家のテラスでしっぽをふっている

あいつに会える日がくるまで

ぼくはまいにち日記を書きつづける”


表紙に書かれた「私」という題字は、大岡信さんの書。美しい!

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1254150