啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2008-05-27

[] レポート「国際啄木学会〈春のセミナー〉」

【明大F23にある「岸本辰雄記念ホール」】


「国際啄木学会〈春のセミナー〉」(私的レポート)

  2008年5月11日 明治大学駿河台校舎

啄木は国際詩人としてますます広がりと高まりをみせている。いくつめかの啄木ブームがやってこようとしている。

  • 講演「新版『評伝与謝野寛晶子』(明治編)をめぐって」逸見久美
  • インドネシア大会報告 近藤典彦「赤道直下の啄木」
  • 研究発表 特集:啄木の日記を読む
    • 村松 善「『明治四十一年戊申日誌』と『明治四十一年日誌』の一月一日の項の考察」
    • 森 義真「『甲辰詩程』考 ー 7月21日から23(28)日の書簡体日記を中心に ー 」

つづきはこちら→2008〈春のセミナー〉レポート

2008-05-26

[] 「詩歌句」掲載「雪中行 …小樽より釧路まで…」石川啄木

【カエデの実】


「詩歌句」

  • 2008年3月5日発売号 (2/5・3/5合併号)
  • 北溟社 600円
      • “詩歌句” 詩と短歌と俳句を中心に編集。川柳や漢詩も加えている。

名文再読「雪中行…小樽より釧路まで…」石川啄木

(第一信) 岩見沢にて

 一月十九日。雪。

僅か三時間許りしか眠らなかつたので、眠いこと話にならぬ。頬を脹らして顔を洗つて居ると、頼んで置いた車夫が橇(そり)を牽(ひ)いて来た。車夫が橇を牽くとは、北海道を知らぬ人には解りツこのない事だ。そこ/\に朝飯を済まして橇に乗る。いくら踏反返(ふんぞりかへ)つて見ても、徒歩で歩く人々に見下ろされる。気の毒ながら威張つた甲斐がない。

中央小樽駅に着きは着いたが、少しの加減で午前九時の下り列車に乗後れて了つた。仕方なさに東泉先生のお宅へ行つて、次の汽車を待つことにする。馳せ参ずる人二人三人。暖炉(ストーブ)に火を入れてイザ取敢へずと盃が廻りはじめる。不調法の自分は頻りに煙草を吹かす。話はそれからこれへと続いたが就中の大問題は僕の頭であつた。知らぬ人は知るまいが、自分の頭は、昨年十一月の初め鬼舐頭病(とくとうびやう)といふのに取付かれたので、今猶直径一寸余の禿が、無慮三つ四つ、大きくもない頭に散在して居る。東泉先生曰く、君の頭は植林地か、それとも開墾地か、後者だとすれば着々成功して居るが、植林の方だと甚だ以て不成績ぢやないか!

………………


(第二信) 旭川にて

 一月二十日。曇。

午前十時半岩見沢発二番の旭川行に乗つた。同室の人唯四人、頬髯逞しい軍人が三十二三の黒いコートを着た細君を伴れて乗つて居る。新聞を買つて読む、札幌小樽の新聞は皆新夕張炭鉱の椿事を伝へるに急がしい。

………………

[]「第一回 石川啄木賞」北溟社主催

ニリンソウ


「第一回 石川啄木賞」作品募集 北溟社主催

(参考のみ。期限は過ぎています)

  • 応募資格 1958年以降生まれの方
  • 応募締切 2008年4月30日(期限は過ぎています)
    • 俳句 30句(新作)
    • 短歌 30首(新作)
    • 詩 5編(新作)
    • 選考委員:

俳句/加古宗也(俳人)、黛まどか(俳人)

短歌/大塚寅彦(歌人)、加藤治郎(歌人)

詩/菊田 守(詩人)、佐藤文夫(詩人)

選考委員長/中原道夫(詩人)


*「第一回 石川節子賞」も創設された。

清貧にして早逝した石川啄木を支え、啄木の後を追うように一年後に昇天した妻、節子の顕彰の心を込めて「石川節子賞」とした。

2008-05-24

[] 『エアバスA380 まるごと解説』話題の巨人機のすべて

モックアップ展】

<背もたれが薄い A380型機日本路線就航記念座席>


エアバスA380 まるごと解説』

昨年10月、オール2階建て、世界最大の旅客機エアバスA380が世界初就航した。その開発から初就航までを解説している。

「はじめに」で著者が言っていることに深く同意した。

「旅客機は乗客を目的地へ運べばいいというだけの乗り物ではない。…旅は飛行機に乗ったときから始まるべき…」「目的地を決め、そこに行くためのエアラインを選ぶのではなく、<この飛行機に乗ろう>という思いが先にきて、その就航地の中から旅のプランを決める」

搭乗ドキュメントがすごい。

「音もなくふわりと舞い上がった」「揺れを感じない」「類いなき静寂性」「ワゴンサービス中の横を難なく通り抜けられる通路幅」「社会福祉施設に寄贈された600席分の落札額1億4,000万円(最高落札額は、スイート二人席で1200万円)」


「あの飛行機に乗ってどこかへ行きたい」と、コラムの言葉にあった。非常に深く同意した。

(この5月20日にエアバスA380は成田到着の予定だった。しかし、強風と大雨のため中部国際空港へ替わってしまったのは残念)

2008-05-22

[] 「評伝 小国露堂」啄木研究に一石

シラネアオイ


「評伝 小国露堂」

  • 石川啄木の北海道時代に言論の自由を説いたとの視点で毎日新聞釜石通信部の鬼山親芳記者が出版した「評伝 小国露堂」が、国際啄木学会「研究年報第11号」で紹介された。
  • 書評で取り上げた同学会評議員の森義真さんは「従来の啄木研究の方法に一石を投じる」と評価した。
  • 森さんは、記者になりたての後輩には必ず記者の基本を説く新聞社の慣行を挙げた著者の30年以上に及ぶ記者生活を指摘。「著者の経験と、綿密な取材で発掘した新資料によって、これまで明らかにされていなかった点を多く盛り込んで論述している」と強調している。

(2008-05-21 毎日新聞 地域ニュース 岩手)

2008-05-21

[] 「小樽啄木忌の集い」第96回 

【小樽日報社跡(現本間内科医院)】

「第96回 小樽啄木忌の集い」開催される

  • 5月10日「小樽啄木忌の集い」が小樽市立文学館で開催された。
  • 講演『「啄木・歌の生涯」-歌は悲しき玩具である 啄木-』の演題、講師は小樽在住の湯本龍二先生。
  • 啄木ゆかりの場所めぐり 妹光子が洗礼を受けたというバプテスト教会跡地、啄木が社会主義の講演を聞いた芝居小屋、「小樽日報」社屋跡地、小樽駅前の歌碑など。

(小樽啄木会会長 水口 忠 様よりの情報)

[] 「落書きの続報」

「啄木歌碑の落書き 修復」

  • 4月末、小樽公園の啄木歌碑に落書きが発見された。
  • 落書きは、5月15日、小樽市建設部の努力によって修復された。

2008-05-20

[] 「啄木歌集『一握の砂』」初のアラビア語

アラビア語版 表紙】

「啄木歌集『一握の砂』」

 ※アラビア語と日本語を併記した書籍は アラビア語圏では初

  • 翻訳 ムハンマド・オダイマ 武田朝子
  • ダール・タクウィーン社(ダマスカス シリア) 2007年
  • 日本に在庫がある場合は 1000円+送料
      • 翻訳者紹介
        • ムハンマド・オダイマ シリアのアラブ詩人。ダマスカス大学卒、パリ大学文学博士。日本文学翻訳に「古事記」「折々の歌」など。

【いのちなき砂の…アラビア語

  • 問い合わせ、購入希望は下記まで

※ 在庫のない場合がありますので、お問合せください。

2008-05-18

[] 「啄木と賢治の絵はがき集」盛岡で発売

【オーキントンブルーアイ・芝桜】


「啄木と賢治、絵はがきで共演 盛岡で発売」

  • 盛岡市の大場印刷工業は、観光絵はがき集「啄木+賢治 もりおか さんさく つれづれ」を発売した。
  • 石川啄木宮沢賢治の作品と美しい市内の写真8枚組みで1組1050円。紙製カバーの裏面が市内地図となっており、散策にも役立つ。
  • 紅葉燃える岩手公園の写真には啄木の「孩児(をさなご)の手ざはりのごとき思ひあり 公園に来てひとり歩めば」を添えた。
  • もりおか啄木・賢治青春館、石川啄木記念館、啄木新婚の家、さわや書店本店、カワトクCube ll などで入手できる。

(2008-05-17 岩手日報)

2008-05-17

[] 「“啄木”をつけて走る地域振興タクシー」盛岡

【アメージンググレイス・芝桜】


「地域振興タクシー 郷土の自慢をPR」

  • 盛岡さんさ踊り、啄木、わんこそばなど、郷土の自慢をボディーに大きく描いたタクシーを、ふるさと交通が3年前から導入している。
  • 石川啄木をあしらった車のナンバーには生まれ年の「1886」を入れたり、地元社会人サッカーチームのグルージャ盛岡のタクシーには「11(イレブン)」のナンバーを使ったりする遊び心もみせる。

(2008-05-13 朝日新聞 マイタウン 岩手)

2008-05-16

[] 「CHANGE 月9ドラマ」政治に夢を?

【フジ( TV ? )】


「CHANGE 月9ドラマ」

ある与党議員とその長男が急死する。補欠選挙には、次男である冴えないが憎めない男が担ぎ出される。これが、木村拓哉さん演じるヒーロー。選挙プランナー・阿部寛さんの陣頭指揮のもと、選挙戦がスタートする。

やがて総理になるらしいこのヒーローは、まず父親の過去の不正に謝罪する。謝ったところで何ももとに戻るわけではないのだが………。頭を下げてから物事は始まる・・・・何かが始まるかも、という期待を聞く人に持たせる。そんな力がヒーローにはあるようだ。


絵にかいた餅をどこまで手が届きそうに思わせるか、真実味を持たせるか。政治に対する夢をふくらませることができるのか。

う〜〜む、む、む、む、むりっぽい。

マドンナの歌う「マイルズ・アウェイ」を聴き、ちょっと気持ちよくなってあれこれ考えた。

2008-05-15

[] 全国俳句大会「啄木祭賞」

【フジ】


全国俳句大会「啄木祭賞」受賞作品-岩手

  • 石川啄木を記念して、第50回全国俳句大会が5月11日、盛岡市玉山区の渋民文化会館で開かれた。
  • 応募の中から最高賞「啄木祭賞」などの受賞作品が選ばれた。
  • 啄木祭賞 星川修一郎さん

  村の名を橋に残して啄木忌

(2008-05-13 毎日新聞 岩手地方版)

2008-05-14

[] 渋民公園の売店「啄木の駅」みそおにぎり・田楽……

【ニシキギ】


渋民公園の売店「啄木の駅」

  • 盛岡市玉山区の渋民公園にあるお休み処「啄木の駅」で、素朴な「あったかい味」を手作りしている人たちがいる。豆腐田楽、コロッケ、みそおにぎり……。
  • 14年ほど前、公園の空き店舗を借り売店を始めた。メンバーが2〜3人ずつ交代で切り盛りする。味だけでなく、渋民のPRも欠かさない。観光客の要望もあって、玉山の「見どころ」を満載した詳しい地図を作った。
  • 啄木の『歌碑せんべい』など、新しい土産品の開発が目標だ。

(2008-05-02 朝日新聞 岩手[ひと交差点])

2008-05-13

[] 『啄木の母方の血脈』啄木のルーツ、明らかに!

【『啄木の母方の血脈』表紙】

  啄木のルーツ 母方の血脈が 今、明らかに!

『啄木の母方の血脈』

 ──新資料「工藤家由緒系譜」に拠る──

  • 編集者 森 義真 佐藤 静子 北田 まゆみ 
  • 2008年5月11日発行 頒価 1,000円
  • 連絡先 〒020-0131 盛岡市中堤町32-48 (森 義真 方)
  • FAX 019-641-2462

[序]より

    • 詩人啄木は、父方の石川家と、母方の工藤家の血脈から誕生した。この度、母方工藤家の血脈を証かす、貴重なる「工藤家由緒系譜」が、発行されることとなった。些かの由縁を持つ私にとって、その喜びはたいへん大きい。
    • 編集者の熱意と配慮から、この書は、「工藤家由緒系譜」を中心としながらも、先行文献が取り上げた「平姓熊谷氏系図 写」も、参考として収録し、さらに、綿密なる解題も含む「解説」をもって展開する構成になっている。

2008年4月  遊座 昭吾

[目次]

      • 序 遊座 昭吾
      • 工藤家由緒系譜
      • [参考資料]「平姓熊谷氏系図 写」
      • 工藤家・家系図
      • 解説 森 義真

[解説]より

本書に収めた「工藤家由緒系譜」は、啄木研究界にとっての《新資料》である。

    • 「工藤家由緒系譜」により新しく知り得たこと
    • 岩城之徳氏の『石川啄木傅』と『石川啄木伝』について
    • 南部土沢について

……ほか

2008-05-12

[] 「啄木と郁雨」貧しくとも意気高く(新潟日報新連載)

ヤグルマギク


「啄木と郁雨」連載第一回 山下多恵子

 -友の恋歌 矢ぐるまの花-

 <恩人>

  いのちなき砂のかなしさよ

  さらさらと

  握れば指のあひだより落つ

  • 石川啄木の名を知らない人はいないだろう。
  • 交友関係は広く……綺羅星のごとく才能のある人物が啄木のもとに集まっている。
  • 中でも金田一京助と宮崎郁雨は、啄木と生涯にわたって深く交わった人物であり、その献身ぶりは、フランス文学者の桑原武夫をして、「日本友情史上の模範」となる人物、と言わしめたほどであった。
  • 金田一京助言語学の泰斗として、つとにその名を馳せているが、宮崎郁雨とは、何者であろうか。

(2008-05-08 新潟日報-水曜連載)

2008-05-11

[] 「啄木の短歌、賢治の短歌 第17回」

【ランバダ(チューリップ)】


「啄木の短歌、賢治の短歌」盛岡タイムス連載中

  盛岡大学長 望月善次


第17回 花7チューリップ、光とともに

  • 啄木の短歌

  起きてみて、

  また直ぐ寝たくなる時の

   力なき眼に愛でしチュリツプ!

    

  • 賢治の短歌

  チュウリップ

  かゞやく酒は湧きたてど

  そのみどりなる柄はふるはざり。

 

    • 現代においてもチューリップの鮮やかさ・まばゆさには、目を奪われるものがあるが、啄木や賢治の時代においては一層のものがあったであろう。
    • 啄木歌においては、結句の「チュリツプ!」に関連して、啄木自身の「tulip チューリップ」の発音はどんなものであったか、短歌定型論の上からも思った。

(2008-05-10 盛岡タイムス)

2008-05-08

[] 「啄木祭 短歌大会」受賞者決まる 

【カジイチゴ】


「第4回短歌大会」啄木祭

  • 石川啄木を記念して、第24回短歌大会の審査が渋民中央文化会館であり、応募のあった191首から最高賞「啄木祭賞」などの受賞者が発表された。
  • 啄木祭賞 初森テルさん

「五百頭の牛に紛れてわが牛ら家畜市場の風中にゐる」

(2008-05-05 毎日新聞)

2008-05-07

[] 「啄木の歌碑に落書き」小樽

【小樽公園 啄木歌碑】


「啄木の歌碑に落書き」小樽公園

  • 小樽市花園の「小樽公園」にある石川啄木の歌碑に、硬いくぎのようなもので傷つけた数字などの落書きが見つかった。中には、株という漢字もみえる。
  • 碑は「小樽啄木会」が1951年に建設したもの。
  • 小樽署が器物損壊容疑で捜査している。

(2008-05-03 毎日新聞、札幌テレビ放送 ほか)

2008-05-06

[] 「第3回 横浜啄木の集い」開催される

【ステンドグラス・横浜市開港記念会館】


「第3回 横浜啄木の集い」

  • 4月26日に横浜市開港記念会館で「横浜啄木の集い」が、開催された。
  • 石川啄木横浜上陸100年の記念講演として、大室精一氏による「啄木最後の歌集『悲しき玩具』編集の謎」、「石川啄木と横浜」として三人がミニ講演を行った。
  • 関東近県はもちろん遠く福井県や北海道からの参加もあり、満席盛況だった。

つづきはこちら→行事レポ・横浜啄木の集い

2008-05-02

[]「Under the Sky in Tokyo」東京の空の下で

ハナミズキ


「Under the Sky in Tokyo」東京の空の下で

   英語で詠む啄木 9冊目(March 1st, 2008)


  家にかへる時間となるを、

  ただ一つの待つことにして、

  今日も働けり。

I have worked

Like yesterday and before,

Waiting only the time

When I am able to come home,

Working only for waiting.


  運命の来て乗れるかと

   うたがひぬ──

  蒲団の重き夜半の寝覚めに。

I got suspicious

If the Destiny does come on

Just onto my bed

When I awoke late at night

Because of a blanket heavy.

石川啄木の作品を北海道労働文化協会会長の荒又重雄さんが英訳し、自主制作の小冊子で発表し続けている。希望者に無料で配布(送料は実費)。

問い合わせ 北海道労働文化協会(電)011-261-0020


      • 英文の歌を読むと、新しい啄木に逢える。

   おすすめ!

2008-05-01

[] 「啄木との仮想結婚式」三陸鉄道

サクラソウ


「三鉄PR兼ね啄木との仮想結婚式」

  • 石川啄木と山本玲子さん(石川啄木記念館学芸員)との仮想結婚式が4月19日、普代村の三陸鉄道普代駅で行われた。
  • 神父を前に誓いの言葉を披露。「三陸鉄道を勝手に応援する会」の草野悟会長も「三陸鉄道を盛り上げていきたい」と意気込んでいた。

(2008-04-20 デーリー東北新聞社)

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1253168